アイピア

建築業・リフォームに特化した見積ソフト比較一覧-見積作成時間を短縮して業効率改善

建築業の皆様が見積書を作成する際、
メンテナンスなどの小工事なら手書きで対応することもあるかもしれませんが
標準的な見積書を作成する際には、Excelや見積作成ソフトなどのツールを使われていることがほとんどです。

案件を受注する為には見積書が必要ですが、
見積書の作成にはどうしても時間がかかります。

見積書の作成時間を短縮することができれば、大きな業務改善に繋がりますよね。

「業務改善が必須」と謳われて久しい今日、
建築業向け
見積作成ソフトを見直すチャンスです!

見積書 リフォーム 工務店

建築業向けの見積作成ソフトとは?

現在、さまざまな見積作成ソフトが販売されていますが、
建築業向け見積作成ソフトにはどのような特徴があるのでしょうか?

まずは建築業向けの見積作成ソフトの特徴から見ていきましょう。

建築業向け見積作成ソフトの特徴

階層見積が作成できる

水漏れやトイレ取替工事などの小工事の場合だと、
1枚モノの簡易な「1式」見積で作成することがあります。

ところが複合工事になると、工事場所別や業種別など
階層を作成しないと見づらい見積書になりますよね。

そのため、建築業の見積作成ソフトは階層ごとに見積書が作成できるようになっています。

見積書が表紙・集計・明細で印刷できる

お客様に伝わりやすい、分かりやすい見積書は契約率に直結します。
階層表示の出来るソフトで作成した見積は、
「表紙」「集計」「明細」
の3つのブロックで構成されているので、
日頃、見積書を見慣れていない素人の施主様でも内容が分かりやすい見積書を作成することが出来ます。

階層表示がオプション(導入費用とは別に追加購入できるもの)で利用できる見積作成ソフトもありますが、
はじめから階層に対応した見積書がある見積作成ソフトを選ぶのが無難です。

見積書を効率的に作成できる見積作成ソフトとは?

見積作成ソフトは、システムの導入手順に関係して2つに分けることができます。

「インストール型」の見積作成ソフトと「クラウド型」の見積作成ソフトです。
インストール型とクラウド型ではそれぞれにメリット・デメリットがあり
実業務でどのように運用していくかによって、どちらを選ぶべきかは分かれます。

以下の表に特色を簡単にまとめましたが、重要な部分ですので
こちらの記事にも目を通しておくとシステム検討がスムーズになるかもしれません。

参考:見積ソフトを導入する際に知っておきたい!クラウド見積ソフトとインストール見積ソフトの違いとは?

インストール型のメリット インストール型のデメリット
・基本的に動きが速い(PCスペックに依存)
・長期的で見たら価格が安い(初期はかかる)
・見積の階層が多い場合でも対応できる
・パソコンにデータが保存するので情報共有に手間がかかる
・見積書が属人化してい
クラウド型のメリット クラウド型のデメリット
外出先やスマホからでも入力・閲覧ができる
・社内で情報共有ができる(標準単価を作れる)
・他のシステムとの連携ができるシステムもある
・月額費用が掛かる
・明細の量が増えると動作が重くなる

では弊社が提供する「アイピア」を例に、どのようなことができるか見ていきましょう。

簡単見積作成 アイピアとは?

https://www.aippearnet.com/

特徴 ・過去の見積書の検索や見積単価表を簡単に作成できる
・見積の情報はもちろんのこと、業務の情報を一元管理できる
・申告・承認機能でミスを防ぐ
価格 初期費用:¥120,000~
月額費用:¥30,000~
環境 クラウド
体験版 あり

建築業向け「業務管理システム アイピア」は業務管理システムですが
見積作成専用のシステムと比べても引けを取らないくらい、見積書が簡単に作成できます。
※その他の業種にも対応できる仕組みで設計しておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

初めてのシステムでも簡単に使える操作感!

簡単なシステムにはいくつかのポイントがあります。

1.一目で内容が分かる見た目
2.使い慣れた操作感

アイピアでは、ボタンの大きさや配置、情報量など現場担当者が使いやすいシステムになるように
設計をしており初めてシステムを導入する方でもすぐに活用していただけます。

また、アイピアは新しいシステムに慣れる時間を極力減らせるよう、
見積作成の手順を「Excelと同じような感覚」になれるよう操作感を徹底しています。

例えば見積明細を作成する際に、Enterで次の項目に改行して入力ができます。
見積システムにありがちな「わざわざ項目をマウスで選びなおす」
「別の情報を入れるためにページを切り替える」などは無いように設計しているので、
いつもと同じような感覚でスペースに情報を入力しておくだけで、
見積書を作成することができます。

建築 リフォーム 見積 システム ソフト 積算

アイピアの機能紹介

積算ができる
建設業の見積の場合、工事ごとに積算をすることで、ブレのない見積書を作成することが出来ます。
市販の汎用的な見積書では対応できないことが多いので、多くの建築業の企業は建築業向けの見積ソフトを導入しています。

予算から見積書の作成
アイピアでは「見積書」と「実行予算」を作成する事ができます。

事前に作成した実行予算をベースに粗利や掛け率で見積を作成できます。
また、見積から予算に反映させることも可能です。

建築 リフォーム 見積 システム ソフト 積算

明細の一括編集
情報をすべて入れてから、桁数や単位が間違っていたことに気付いてしまうことはありませんか?
また1つずつ項目を編集していく作業ほど苦痛なものってありませんよね。

アイピアでは作成した見積明細を「一括編集」をすることで
その見積書の明細が全て編集可能状態になり、
任意の場所を自由に編集することができます。

過去の見積取込

過去に同じような工事をしていたりすると、都度新しい見積を1から作っていくのは時間の無駄ですよね。
アイピアなら以前に作成した見積書を検索して今回の案件に引き込むことができます。

前回、いくらで見積書を作成していたのか?
他の営業はいくらで見積書を作成しているのか?
などを確認しながら、手間を省いて見積を作成できます。

見積テンプレートの取込
事前にマスタ設定で作成した見積書のテンプレートを検索して見積書に引き込むことができます。
基本となる見積テンプレートを作成する事で、見積作成時間の短縮や項目漏れの予防や新人や事務でも
見積書を作成できるようになります。
また、よく売れている商品やお勧めしたい商品などを価格単価表として登録することで、入力が簡略化します。

建築 リフォーム 見積 システム ソフト 積算

申告・承認機能漏れを防止
アイピアの見積機能には申告・承認機能があります。
見積作成後、管理者に申告をして確認をしてもらう事で、漏れの防止や明細の見せ方などのアドバイスをもらうことができます。

管理者はアイピア上にアラートが出るので、部下から申告された見積情報をすぐに確認することができます。
誰がいつ、承認したのかも全て保存されるので、安心です。

建築業に特化した見積作成ソフト一覧

では実際にどのような見積作成ソフトがあるのでしょうか?見ていきましょう。

みつもり主任

見積 見積作成ソフト 業務改善

http://www.mitsumoris.com/

特徴 ・かんたん操作で見積作成時間を短縮
・クラウド対応
・Webカタログと連携可能
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール、クラウド
体験版 あり

建築見積ソフト みつもりLight

http://www.bton-s.com/mlight/

特徴 ・Excelのように簡単に使える操作性
・様々な帳票を作成できる
・システムを自社用にカスタマイズできる
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 あり

建築みつも郎12

http://www.kobec.co.jp/kenchiku/

特徴 ・最大6階層まで構造化することが可能
・多くの建築・リフォーム業が利用している実績
・Excelのような表デザインなのですぐに使える
価格 初期費用:¥82,000-
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 あり

やよいの見積・納品・請求書18

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/seikyu/index.html

特徴 ・帳票のテキストサイズ、フォントなどカスタマイズ可能
・弥生株式会社が作成したシステムなので安心
・時期製品を無料で提供される
価格 セルフプラン付き:¥5,400円
ベーシックプラン付き:¥5,400円
トータルプラン付き:¥14,040円
環境 インストール
体験版 あり

みつもりくん

https://compcare.co.jp/index.html

特徴 ・空調・衛生、電気設備の業務フローに対応
・公共営繕や設計に業務フローに対応
・図面からの拾い出しが可能
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 不明

Kensuke Neo

http://www.advan-jpn.co.jp/lp/kensuke_neo/

特徴 ・小規模工事からおい規模工事まで対応可能
仕上げ概算→見積書→実行予算→工事原価まで連動。
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 不明

MtWin

http://www.ichiho.co.jp/mtwin/

特徴 ・実行予算・基準見積(定価)・提出見積の3種類の単価を登録可能
・深い階層でも分かりやすい画面と快適な操作性
・同社の工程表システムと連携可能
価格 年間ライセンス:¥16,200円
USBパッケージ:¥62,640
ワンインストールライセンス:¥58,320
環境 インストール
フリー版 あり(機能一部制限)

まとめ

建築業向けの見積ソフトをご紹介しましたが、建築業の見積書は階層が何階層も作成できたり、明細項目の行数が多いためか、インストール型の見積ソフトが多いようです。

日進月歩のスピードでIT技術は発展しているので、今後、クラウド見積ソフトの数は多くなるのではないでしょうか。
建築業に特化した基幹システム アイピアの見積書の作成方法が気になる方は下記よりお問合せください。

アイピアが気になりましたか?お気軽にお申し付けください。

おすすめ記事

  1. データ管理とは
  2. 属人化 見積 案件 情報共有
  3. 基幹システム 管理システム 種類
PAGE TOP

最新の記事情報やオススメITツール情報をお届けします!
メルマガ登録はこちら

 

過去のメールマガジンはこちら