アイピア

SFAとは?今更聞けない営業支援システムを導入する際の3つのポイント

SFA 営業 支援 ツール アプリ

商品での差別化が難しくなってきた現在、「人で売る」や「ものがたりで売る」といった言葉が

出てきており、お客様に時間をよりかけれるように営業活動の効率化や顧客の管理が重要視されています。

そういった中、競争力を高めるためにSFAが注目を浴びております。

今回、そもそもSFAとは何か?や導入する際のポイントをご紹介いたします。

営業支援ツールSFAとは

SFAとは、(Sales Force Automation)で一般的は「営業支援ツール」「営業支援システム」と言われています。主にBtoBのビジネスで使われます。

目的としては、営業活動を効率化して受注率を高めることであり、

SFAに情報を蓄積・分析することで、営業活動のプロセスを可視化して、

属人化している営業手法や活動を会社のノウハウ・財産にすることができます。

具体的には過去の商談の履歴や進行中の商談の状況、営業活動で得ることができた、

顧客(企業)の情報や担当者の情報が蓄積・共有されていきます。

情報が共有されることで、困ったことがおきた際にすぐに相談や

アドバイスをもらうことができたり、他の担当者が同じような案件を

以前に行っていて、解決策を持っていたり。と営業活動の最適化を行うことができます。

よく「実際、CRMと何か違うの?」という話を聞きます。

SFAとCRMの違いについては次項でまとめていきます。

 

SFAとCRMの違いとは?

SFAは営業担当者の行動やノウハウを管理・共有することで、業務の効率化をすることで、

これまで、「契約になりました」「失注しました」といった報告が、どのような行動・

アプローチがその結果になったのかという、過程を確認することができるようになります。

そして、問題点があれば、PDCAサイクルを回すことで、契約件数を向上させることができます。

CRMとは(Customer Relationship Management)の略で直訳すると「顧客関係管理」になります。顧客情報を管理・情報共有することで、顧客をセグメント化することでニーズに合ったアプローチを行うことができます。

なので、SFAは営業に対してのシステムで、CRMは顧客に対してのシステムと言えます。

SFAとCRMの機能の違い

CRM
顧客情報の管理
  • 顧客データに属性をつけることでセグメントして管理が可能。
  • 顧客へのコンタクトの履歴を時系列で管理が可能。

マーケティングの補助

  • メールを特定のセグメントに一斉送信が可能。
  • お問合せフォームの作成が可能。
  • ホームページのアクセス分析が可能。
  • テレアポを行うリストの抽出や履歴の管理が可能。
  • ダイレクトメールの作成と送信管理が可能。
SFA
営業活動の可視化
  • 商談の進捗や商談の履歴の共有・管理が可能。
  • 予算の管理が可能。
  • 見積書の作成が可能。
  • 日報で日々の振り返りが可能。

営業活動の数値化

  • 契約件数・契約金額をレポートにて確認が可能
  • アポ率・契約率などの数値を可視化可能。
  • 見込み案件から今後の売上を予測可能。

 

SFA導入でよくある3つの失敗

営業支援ツールなのに営業が使ってくれない。といった声をよく聞きます。

本来、SFAを営業担当者が活用することで、会社としての生産性の向上や情報・ノウハウの蓄積といったメリットはもちろんのこと、営業担当者としても、管理がしやすくなったり、次のアクションが明確になったりとメリットが沢山有ります。

しかし、入力をしなければ、SFAもツールなので本来の能力を発揮することができません。

なぜ、せっかくSFAを導入したのに活用されないといったことが起こるのでしょうか?

SFA導入でよくある失敗をまとめてみました。

入力が目的になっている

よくあるのが、SFAを使うのではなく、SFAに使われている営業担当者が多いことです。

SFAに入力することが目的となっていて、入力したことによって「管理が楽になった」や

「契約率の向上」といった本来の目的ではなく、入力しただけで終わっていることがあります。

また、「評価が厳しくなるのでは?」「業務が増えるのでは?」と営業担当者に思われてしまうと入力したくなくなってしまいます。

SFAを導入する際は、「なぜ、SFAを導入しないといけないのか?」「SFAを導入することで営業担当者に対してのメリット」などをしっかりと伝えることが必要です。

やらされている感が否めない

 経営陣やシステム担当者がSFAを決めて「今後、これに入力をするように」と言われれたが、

現場の動きとあってなく、使いづらい。といったことがあります。

SFAに入力された情報を管理・分析をするのは経営陣やシステム担当者ですが、

情報を蓄積していくのは営業担当者になるので、SFAを検討する際に必ず、営業担当者と一緒に

検討する必要があります。

機能が多すぎてよく分からない

高機能のSFAを導入したが、機能すべてを活用することは難しいです。

なぜなら、パッケージシステムは様々な企業に対応できるように作られているからです。

システムになれていない段階で、今までやってこなかった業務をやろうとすると、

ほとんどの場合、難しい・使いづらいといった不満につながり、次第に入力されないようになります。

システムを導入する際はスモールスタートから徐々にやることを増やしていくことをオススメいたします。

SFA導入でよくある3つの失敗

導入目的と課題を明確にする

SFAを検討・導入する上で重要なこととして、「導入の目的と課題を明確にする」があります。

現状のどういった問題を解決するためにSFAを導入するのか?

どういった機能があれば解決できるのか?

を経営者・営業・事務・経理など業務に関わる担当者に確認して、認識を共有する必要があります。

必要な機能とあれば嬉しい機能を分ける

各担当者にヒアリングする際に、気を付けなければいけないのが、

「ついつい話が大きくなる」ということです。

全ての問題を解決できるシステムが見つかることは稀です。

「あれもやりたい。」「これもやりたい。」けど全部を解決出来るシステムがなく、

システムを検討することに疲れて、システム検討を見送ることにして、

結果、問題は解決されないまま今までのやり方を続けるといったことがよくあります。

解決したい問題に対して必要な機能とあれば嬉しい機能をしっかりと分けるとよいでしょう。

自社の業務にあったSFAを導入する

問題が解決できるシステムがあったとしても、自社の業務フローに合っていなかったり、

営業担当者が使えないシステムでは、結果問題を解決することはできません。

「問題を解決できる」かつ「現場が使えそう」なSFAを導入するようにしましょう。

SFA比較一覧

Senses | 営業組織全体を進化させる新しい営業支援ツール

特徴
  • データ分析AI搭載
  • グループウェア連携(G Suite・Office 365・Garoon)
  • カード形式の案件ボードで直感的に営業管理
価格
  • 初期費用:100,000円~
  • 月額費用:1ユーザー5,000円〜
  • カスタマイズ費用:要見積もり
  • フリートライアル:あり
ワンポイント 大企業や案件数が膨大な企業、営業管理に特化したシステムを検討したい企業向け。

 

 

Sales Cloud | 世界No.1の営業向けCRMプラットフォーム

特徴
  • 同社のマーケティングオートメーションツールとの連携可能
  • コンポーネントを組み合わせることでカスタマイズが可能
  • 社内SNS機能で社内のコミュニケーションを活性化
価格
  • 初期費用:情報なし
  • 月額費用:1ユーザー9,000円〜
  • カスタマイズ費用:要見積もり
  • フリートライアル:あり
ワンポイント 細かいカスタマイズの必要性がある企業向け。

 

アイピア | 成長企業のノウハウが詰まった経営を導き助けるSFA

特徴
  • 経営分析機能がついている
  • シンプルで使いやすいインターフェース
  • 請求・入金管理まで一元管理ができる
価格
  • 初期費用:¥120,000~
  • 月額費用:1ユーザー6,000円〜
  • カスタマイズ費用:要見積もり
  • フリートライアル:あり
ワンポイント さらに成長を考えている中小企業向け。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SFAを導入するメリットや導入する際に気を付けるポイントが分かっていただけたと思います。

SFAを検討する際の参考にしていただければと思います。

関連記事

  1. 基幹システムで見積管理!成約率を上げる見積書とは?
  2. クラウド 見積 ソフト 比較 見積ソフトを導入する際に知っておきたい!クラウド見積ソフトとイン…
  3. 福利厚生 ユニーク 働き方 社員がイキイキと働く!種類別。ユニークな福利厚生を紹介
  4. マーケティングオートメーション MA 集客 自動化 業務改善 業務効率向上 マーケテイングオートメーションとは?|機能と導入効果から学ぶ導入…
  5. ただ登録できるだけでは無意味!正しい勤怠管理システムの選び方
  6. PDCAサイクル 業務改善 これで出来る!PDCAサイクルをうまく回しきる為に必要な事とは?…
  7. コラボレーションツール 情報共有ツール 業務改善 社内コラボレーションツール|社内の情報共有を円滑にして業務改善
  8. 業務改善11のポイント 【最初に見る】業務改善を行う際に知っておきたい11のポイント

おすすめ記事

  1. 【工務店向け】見積システムで施主の不満と工務店の悩みを一気に解消するポイント
  2. PDCAサイクル・OODAループ・D-OODA 業務を回す3つのフレームワーク PDCAサイクル OODAループ D-OODA フレームワーク 業務改善 営業
  3. 「人工知能で人材不足を解消、働き方改革に貢献」をテーマに、「株式会社ティファナ・ドットコム」がこの度、AIにおけるリサーチで3部門NO.1獲得!!(日本マーケティングリサーチ機構調べ)

おすすめ記事

現場写真 共有 粗利向上 見積作成 現場写真が管理できる基幹システム

現場写真を案件情報(現場)毎に整理(1)アイピアとGoogleDrive連携   メリット…

【工務店向け】原価管理で利益を創出する5つのポイントとシステム3選

リフォーム工事や新築工事などを行う工務店が特に注意して管理すべき原価管理。最も気を付ける点だと意…

業務改善 バックオフィス 管理システム 活用シーン 【バックオフィスの業務改善】活用シーンで見るアイピアの機能

業務改善をする際に、営業の業務改善に目が向きがちですが、実は、バックオフィスも多くの課題を抱えて…

Googleアプリ有償化から考えるクラウドツール導入リスク対策

2018年10月16日、Google社から衝撃的な発表がありました。GmailやGoogleマッ…

参加者総勢120名越えの大盛況、複業家と企業のマッチングイベント『TEN TO SEN vol.1』パラレルワークコミュニティのCACTASがWeWork新橋にて開催。新プロジェクト始動も発表!

パラレルワーカーのコミュニティを運営している株式会社CACTAS(カクタス 本社:東京都港区、代表取…

情報共有ツール 【2018年版】目的別で選ぶ!効果の違いと情報共有ツール11選+1

近年、情報共有の重要性が注目を浴びています。それに伴い、多くの情報共有ツールが世の中に出てきまし…

PAGE TOP