原価管理

諸経費は必要! お客様に見積書の内容を説明する際に 知っておきたい諸経費の内容

諸経費 見積 建築 ツール リフォーム 業務改善

見積書の明細に諸経費が入っている業種があります。例えばキッチンやトイレ、外壁塗装などの住宅リフォームや不動産業や自動車業などです。
お客様の立場からすると諸経費は不透明な項目で、気になる項目でもあります。
諸経費について質問されてもきちんと説明してお客様に納得してもらうことで、お客様から信頼されるようになります。
あえて、諸経費について説明することで他社との違いをアピールすることができますので、知っている方ももう一度内容を確認してみましょう。

■■見積に関連する記事■■
見積書の有効期限はどれくらいが一般的?有効期限と設定する際の注意点
見積ソフトを導入する際に知っておきたい!クラウド見積ソフトとインストール見積ソフトの違いとは?
建築業に特化した見積ソフト比較一覧。見積作成時間を短縮して業効率改善。

見積書 リフォーム 工務店

そもそも諸経費とは

まず、諸経費とは何でしょうか?ご存知かと思いますが、改めて確認していきましょう。
諸経費は、会社を運営するための人件費や移動費、通信費など会社を運営していくための費用が入っています。
会社の規模が大きくなると比例して諸経費の%は高くなる傾向がありますが、一般的には5%~10%ほどです。
高いところ20~30%取っている企業もいます。
例えば100万の工事だった場合、5~10万円ほど追加されるという事になります。
お客様からすると気になるのは当然です。
では、諸経費にはどういった内容が含まれているのでしょうか?
基本的に諸経費に含まれる項目としては下記の内容です。

作業車両のガソリン代
作業車両の償却費
写真代
帳票代
近隣対策
労務管理費
保険料
福利厚生費
事務用品費
広告宣伝費
事務所家賃
交際費
雑費

諸経費 見積 建築 ツール リフォーム 業務改善

諸経費の内訳

諸経費は大きく2つに分けることができます。

現場経費

労務管理費:現場監督が現場を管理する費用・写真管理
保険料:工事の際の労災や瑕疵保険等保険
交通費:車両のガソリン代
機材損料:道具は使えば消耗・破損していくのでその交換費用
事務用品費
など

一般管理費

労務費:従業員の給与
広告宣伝費:チラシやWEBの広告費用
事務所家賃:事務所の家賃
運営費:光熱費や備品
租税公課:印紙代や登録免許税など
など

諸経費が安い会社は良い会社?

諸経費が高い会社はよくない会社と言われる傾向があります。
かといって、諸経費を材料費や工事費に振り分けると他社と価格を比較されて失注になる可能性もあります。
諸経費が高くても契約なっている企業はあります。
その会社は諸経費の必要性をお客様にきちんと伝えています。
お客様から諸経費の内容について質問されたらきちんと説明しましょう。
参考例
・現場管理費
・外注業者との事前打ち合わせにかかる経費
・役所へ出す書類等の作成費
・近隣の方への挨拶時などで使用する粗品の経費

♦一緒に見られている記事♦
見積書の有効期限はどれくらいが一般的?有効期限と設定する際の注意点
Excelでの顧客管理に限界!顧客管理と情報共有を簡単にできるツール アイピア

簡単見積作成ツール アイピア

アイピアで諸経費を作る方法紹介します。
事前に作成していた原価の情報を、見積作成時に原価率を計算して引き込むことのできます。
もちろん見積金額だけで入力も可能です。

見積書作成時に見積金額と原価金額を一緒に登録することできます。

その他見積機能
・価格単価表の作成
・過去見積からの複製機能
・社内間で見積書の共有
・見積書のオンライン承認
・外出先からの見積書の閲覧、作成可能
などありますので、気になる方はお気軽にお問合せください。

おすすめ記事

  1. 基幹システム 比較 導入 目的別
  2. 従業員エンゲージメント モチベーション 顧客満足度 生産性向上
PAGE TOP