原価管理

在庫管理をする際に知っておくべき分析手法と在庫管理システム4選

在庫管理システム4選-660x400

ABC分析

ABC分析とは、商品を売上高などの重要度によってABCに分類する方法で、重要分析といわれることもあります。

例えば、売上高割合の70%を占める商品をAグループに分類し、

残りの20%をBグループ、10%をCグループに分類します。

在庫回転期間

在庫回転期間とは、商品を仕入れてから販売できるまでの月日を見る指標です。

 

在庫回転期間が短いほど、仕入れから販売までの期間(在庫)が短いという事になり、

商品が回転している(よく売れている)ことを意味します。

在庫回転期間の算式

在庫管理 クラウド 管理システム

在庫回転率

在庫回転率とは年間で在庫が何回入れ替わった(回転したか)を見る指標です。

 

回転率が多い方が在庫が動いているので、売上になっていると言えます。

在庫回転率の算式

在庫管理 クラウド 管理システム

交差比率

在庫回転率に粗利を加えてのが交差比率です。

在庫回転率では、在庫の動き(回転)は分かるのですが、

その在庫がどのくらい儲かっているのかが分かりません。

儲けを見る場合は交差比率を活用します。

交差比率の算式

在庫管理 クラウド 管理システム

つまり

在庫が少なく粗利益が多ければ交差比率は高くなり、

在庫が多く粗利益が少なければ交差比率は低くなります。

交差比率の目安としては、

優:200%以上

良:150~200%

可:100~150%

不可:100%以下

活用方法:

交差比率 150 = 粗利率 25(%) × 商品回転率

商品回転率 = 150 ÷ 25 = 6

となり、年間6回転、2カ月に1回転が目安になってきます。

 

2つの発注方式

定期発注方式

定期発注方式とは、一定の期間を決めて期間ごとに都度、在庫量や需要量に応じて発注をする方法です。

発注する際に都度、在庫量を確認してから発注を行うので、出庫量が変動しやすい商品などに適しています。

また、定期的に在庫をチェックして必要分だけ発注するので、在庫が増えすぎたという事が少なく、

資金繰りの節約につながります。

ただし、消費量の見積や予測を間違えると在庫が多くなったり、逆に足りないといった事態になりますので、

重要になります。

定量発注方式

定量発注方式とは在庫量が事前に決めた数量(発注点)を下回った際に一定量の商品を

発注する方式です。

事務用品や一般市販品のように需要が安定している商品や、単価が安く消費量が多い商品などに

適した方式です。

発注点の管理とその際の発注量が重要になり、発注点を下回っていないか定期的な確認が必要になります。

 

在庫管理システム比較4選

Aladdin Office

在庫管理 クラウド 管理システム

特徴 ・様々な業種にも対応可能。
・導入実績5,000社超。
・同社の別システムと連携可能。
初期費用 要問合せ
月額費用 要問合せ

Orange Operation

在庫管理 クラウド 管理システム

特徴 ・ネイティブアプリによるスムーズな操作性とオフラインでも使用可能。
・様々な基幹システムと連携可能。
初期費用 要問合せ
月額費用 要問合せ

 

Web型 在庫管理システム みえぞう

在庫管理 クラウド 管理システム

特徴 ・複数拠点の在庫情報の一元管理が可能。
・引当や発注残を管理し、有効在庫数を自動算出。
・要望に合わせた導入形態を選択可能。
料金プラン 要問合せ
体験版 要問合せ

 

 

 

ZAICO スマート在庫管理

在庫管理 クラウド 管理システム

特徴 ・低コストで利用できる。
・会計ソフトとデータ連携できる。
・リアルタイムで情報共有。
初期費用 0円
月額費用 980円/月

 

※無料プランあり

関連記事

  1. 属人化 業務改善 アイピア 具体例 属人化体質を本気で変えたくなったときは管理システム
  2. 基幹システム 比較 導入 目的別 【基幹システム簡単比較】自社にあったシステムを比較検討をしている…
  3. 経営理念伝え方 経営理念の伝え方|社員に浸透する方法とは?
  4. 福利厚生 ユニーク 働き方 社員がイキイキと働く!種類別。ユニークな福利厚生を紹介
  5. 情報共有 手段 業務改善 属人化 情報共有を効率的に行う方法と効率的な手段とは?
  6. 建築 業務改善 アイピア 原価管理 顧客管理 システム 建築会社が業務管理システムを検討する際に気を付けるべきポイント
  7. 属人化原因と対策 【属人化】長期的に見るとリスクがある業務のやり方の原因と対策方法…
  8. 属人化 見積 案件 情報共有 【属人化を防ぐ】活用シーンで見る営業の業務が見える化するアイピア…

おすすめ記事

  1. こっそり教えます!基幹システムってこんなに種類があるの?導入する前に是非読んでください。 基幹システム 管理システム 種類
  2. 情報共有の基本「報連相」はもう古い?ほとんどの社会人が間違えている「報連相」の本当の意味とは 報連相 情報共有 共有義務 本当の意味
  3. Excel管理から基幹システムに乗り換える企業が急増。その理由を読み解く Excel エクセル 基幹システム 乗り換え 業務管理

おすすめ記事

営業 業務改善 属人化 日報 現場写真 【活用シーンで見る】アイピアを活用すると営業の業務は改善する!

営業マンの業務改善をしたいと思っている経営者は多いです。いろいろ試しているが効果が出ずに前のやり方に…

CRM 顧客管理 業務改善 Excel 限界 【CRMで改善】Excelでの顧客管理に限界を感じた時が業務効率改善のチャンス

Excelでの顧客管理に限界を感じていませんか?多くの企業がスタートアップ時にExcelで顧客管…

基幹システム 比較 導入 目的別 【基幹システム簡単比較】自社にあったシステムを比較検討をしている人にお勧めしたい24種類のシステム

企業にとってどの基幹システムを導入するかを選択することは今後の成長に大きく関わってくる重大ことです。…

経営理念伝え方 経営理念の伝え方|社員に浸透する方法とは?

経営理念についての重要性や作り方については、「経営理念の作り方|経営者の想いを形にする方法」で書…

経営理念作り方 経営理念の作り方|経営者の想いを形にする方法

企業ホームページに「経営理念」を掲載している企業が多くなってきました。おしゃれな企業だと「クレド」と…

基幹システム 情報系システム 情報共有 比較 基幹システムとは?企業の基盤となるシステムと情報系システムを学ぶ

みなさん基幹システムをご存知でしょうか?基幹システムというと私はERPをイメージするのですが、皆…

PAGE TOP