マーケテイング

ネットマーケティング検定とは?オススメする理由と試験対策!

ネットマーケティング検定とは?オススメする理由と試験対策!

マーケティングの在り方は時代とともに常に変化し続けています。

今通用する考え方もいずれは古いやり方になってしまうでしょうし、逆に今活用されていない古い考え方が技術の発展に伴ってまた主流になるかもしれません。

インターネットを活用したマーケティング手法は、まさにこの時代ならではの考え方です。

マーケティングの基本知識とは別に、ウェブマーケティングのスキルを身につけなければならない時代になってしまったのですからマーケターは大変です。

今回は、Webの知識・技術とインターネットを活用したマーケティングスキルのどちらも学ぶことができるネットマーケティング検定をご紹介します。

マーケターはもちろんのこと、各企業のWeb事業担当者必見の資格です。

ネットマーケティング検定とは?

ネットマーケティング検定とは?オススメする理由と試験対策!

ネットマーケティング検定とは、株式会社サーティファイが実施する、インターネットを活用したマーケティング全般の基本スキルや手法を測定する検定試験です。

以下の4項目から構成されており、ウェブ担当者はもちろん、営業職など直接業務とかかわりのない方が一般知識として備えておくのにも適しています。

項目名 詳細
ファシリテート能力 Webディレクションや関連会社との連携の場において、

会議参加者が意見を出しやすい環境を作り、適切な

会議のゴール(結論を出す・予定を決める等)に導くこと

Webに関する知識や技術 セキュリティ、プライバシー保護などの含む、

Web環境に関する基本知識やサイト構築などの基本技術

ネットマーケティングに関する知識 集客、プロモーション、SEOなどの基本知識
経営戦略と連動したWebブランディング能力 顧客や競合などの市場分析等、マーケティングの

基礎知識

運営する株式会社サーティファイは多種多様な資格検定を運営しており、今回のネットマーケティング検定はサーティファイの内部機関「Web利用・技術認定委員会」が実施しています。第一線で活躍したのちに有名私立大学で教鞭を執る認定委員によって構成されているので、資格の公平性は担保されているといえるでしょう。

どんな方が受験するのにオススメ?

断片的なマーケティング知識を体系化したい方

ネットマーケティング検定は、インターネットを活用したマーケティングの基礎知識を体系的に学べる資格です。

現在進行形でウェブマーケティング業務に携わっている方の中でも、「その都度必要な知識を我流で勉強したために知っているスキルと知らないスキルがある」という方におすすめします。

ネットマーケティング検定を受験するにあたって1点気を付けていただきたいのは、試験の回答が必ずしもマーケティングの正解にはならない、という点です。

例えば、ホームページのサンプル問題として出題されているこの問題ですが…

問題  次の【事例】を読み、【問題】に答えよ。

【事例】 ある自動車メーカーX社は、昨今の若者の自動車離れに歯止めをかけるべく、画面上で日本各地をドライブできるオンラインゲームを子会社Y社を通じてリリースすることとなった。本商品は専用WEBサイトから購入・ダウンロードできる方式をとり、X社から実際に販売されている様々な自動車を選択できることや、画面上にカーナビが出現しルート案内をしてくれること、さらには、助手席に乗る恋人をキャラクターの中から自分で選べ、デート気分を味わえるという機能を本商品の目玉として売り出すこととした。具体的なターゲットの層としては20代から30代までの男性を考えており、子会社Y社によるスマートフォン市場への対応のためのアプリ化も視野に入れている。

【問題】 この商品のインターネット上での広告手法に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

ア)商品の認知度向上とユーザーのサイトへの誘導という2つの効果を期待して、
恋人役のキャラクター
  の画像を様々なサイズのバナー広告として掲載した。

イ)若者がターゲットであるため、スマートフォン用サイトにも広告を貼ろうと考え、
通信データ量が
少ない上に掲載スペースも少なくて済むテキスト広告を主に利用した。

ウ)ゲームの魅力を知ってほしいため、購入サイトにアクセスしたときに自動的にポップアップ広告が表示され
、ゲーム内と同じカーナビ音声によるゲーム内容の説明動画を流した。

エ)購入客との中長期的な関係を築いていきたいと考えていたので、
個人のユーザーに直接配信できる
DM型広告を用いた。

回答 ウ

ウ)不適切。購入サイトを訪問したユーザーに広告を見せる必要はない。
ポップアップ広告はユーザーに広告を強制的に見せるため、
ユーザーからの反感を買いやすいといわれる、近年では、ポップアップをブロックする機能を有するブラウザも普及しているので、
今回の広告手法としては適切とは言えない。

模範解答では ウ を不適切としていますが、購入サイトでも申し込みフォームにいるとは限りません。商品が知りたくてアクセスしたユーザーだからこそ、興味のないユーザーでは閲覧しにくいポップアップ動画を表示することがユーザーの興味を引く事にも成りえます。

一方、適切とされた イ のテキスト広告や エ のDM型広告もペルソナの年齢層によっては効果を発揮しないケースもありますし、そもそも「自動車離れに歯止めをかける」のであれば若年層向けゲームが適切なのかどうかも検討の余地があります。

マーケティングの手法や考え方は絶え間なくどんどん進歩していきます。

インターネットツールともなれば、そのスピードは私たちが考える以上のものでしょう。

そんな中で模範解答を「1つの考え方」として捉えられるかどうかはマーケターとしての資質でもあります。

そういった意味で、ある程度ウェブマーケティング業務に携わっていて、必要な情報を取捨選択できる方のほうがこの資格は効果を発揮するでしょう。

ネットマーケティング担当者とより密に連携したい営業担当者

ネットマーケティング検定の項目の1つである「ファシリテート能力」は、Webディレクションなどで関連業者や担当者間でやり取りする際に大変有効なスキルです。

そもそもファシリテートとは「会議の場を円滑に進める」ことで、より明確な結論を出すためのサポートすることがファシリテーターの目的です。

ファシリテート能力をネットマーケティング担当者だけでなく、会議に参加する営業担当者が持っていれば、よりスムーズなディレクションが可能になるでしょう。

申し込み方・受験までの手順

申し込み方法 ホームページからの申し込み(マイページ登録)
料金(税込) 5,800円
次回日時 平成30年2月11日(日)10:50~12:10(10:30集合)
申込期限 平成29年8月7日(月)~平成30年1月21日(日)
受験形式 40問(基本問題30問+事例問題10問)の4択問題

ホームページから申し込むことが可能です。マイページを登録して申し込みを行うため、受験の履歴や支払いの記録がしっかり保管することができます。また、合否速報も確認できます。

難易度

40問中70%以上の正答で合格です。
出題内容はすべて参考書からの出題ですので、参考書さえ理解していれば問題なく合格することができるでしょう。
過去問題集も出版されているので参考にしましょう。
少し前まではウイネットというネット通販サイトからでしか購入できませんでしたが、最近はAmazonでも販売されています。

また、ホームページから過去問題のWEBテストを受けることもできます。
有料(¥1,000-)ではありますが本番と同じような条件(80分制、40問)に挑戦できるうえにすぐ結果を確認できるので、
現状の実力確認や試験前の最終調整にはちょうどいいでしょう。

まとめ

ネットマーケティング検定は難易度としては大変易しく、
知識を体系的にまとめたり担当者間で共通認識を持つために有効な資格と言えます。
ただし、この資格を持っていることが業務に活かせるかという点では少し疑問が残ります。
上述した試験内容の揺らぎもあるので、
これからネットマーケティングに触れる方はまずほかの資格でマーケティングの基礎知識を身につけてから受験するのがいいかもしれません。

 

 参考:【2017年版】マーケティング担当者の必須資格一覧13選

 

 

関連記事

  1. 分析麻痺症候群とは?マーケターの落とし穴と対策 分析麻痺症候群とは?マーケターの落とし穴と対策
  2. マーケティング・ビジネス実務検定 合格のための対策・資格の価値は? マーケティング・ビジネス実務検定 合格のための対策・資格の価値は…
  3. 【すぐに実践でき、集客を最大化させる】ターゲット別マーケティング手法 【すぐに実践でき、集客を最大化させる】ターゲット別マーケティング…
  4. ホームページを作成しただけでは、問合せは発生しない ホームページを作成しただけでは、問合せは発生しない
  5. Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格の難易度は? Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格の難易度…
  6. 従業員エンゲージメントの向上で業績が上がる?影響を受ける要素とは 従業員エンゲージメントの向上で業績が上がる?影響を受ける要素とは…
  7. 求人媒体で応募数が変わる!中小企業がとるべき採用戦略とは
  8. 【マーケッター必見】Webマーケティングで活用できる心理学10の手法 【マーケッター必見】Webマーケティングで活用できる心理学10の…

ピックアップ記事

  1. 基幹システム 土地net
  2. 基幹システム スマブル