ECRSとPDCAを組合せた手法で、業務改善の効果を2倍にする

本記事は、PDCAサイクルをECRS(イクルス)の原則でチェックし、業務改善するという内容です。
PDCAとECRSを知っている方からすれば、『あ~なるほどね~』ぐらいのことでしょう。
ですが、効果は抜群です。
私は普段から様々の業務でPDCAをまわしており、日々成長していると実感しています。
まずは、PDCAとECRSの意味から見ていきましょう。

 1.ECRS 〔イクルス〕とは?

ECRSとは、プロセスを次の4ステップで改善していくための指針のことです。
(1)排除(Eliminate):不要な業務を排除する。
(2)統合(Combine):2つ以上の業務を統合することにより業務の数を減らします。
(3)順序の変更(Rearrange):業務を機械化等他のやり方に変える。
(4)単純化(Simplify) :業務を単純化する

 参考:
 ECRSで業務改善!AippearNetの活用事例をご紹介

ECRSとPDCAを組合せた手法で、業務改善の効果を2倍にする

2.PDCA 手法とは?

PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。
(1)Plan(計画)
(2)Do(実行)
(3)Check(評価)
(4)Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する

 参考:PDCAサイクルで業務を効率的に回す方法と具体例

ECRSとPDCAを組合せた手法で、業務改善の効果を2倍にする

3.PDCAをECRSで、チェックしてみる

業務改善の施策を考え実行後、やりっぱなしになってはいないでしょうか?
実行するだけではなく、効果を測定し、振り返ることは、とても重要です。
実際は、効率を落としてしまっているかもしれません。
それでは、下記の手順で業務改善を実施してみてください。

手順1【PDCA:P】ECRSの原則で、業務改善の内容を考える
手順2【PDCA:D】業務改善実施
手順3【PDCA:C】業務改善前と改善後の状態をチェックする
手順4【PDCA:A】ECRSの原則を利用し、改善点を洗い出す

※手順4の内容を含め手順1に戻る

このように凄く簡単な内容になります。
ですが、これを実践するかどうかで本当に効果が違ってくるのです。
やりっぱなしにならないように注意しましょう。

4.まとめ

PDCAとECRSのことはご理解できましたでしょうか?
わざわざ記事にしたのは、私の周りでは、対策を考え、実施はするが、効果の測定をしないケースがとても多いと感じているからです。
ひどい場合は、対策が実施されたのかどうかも分からない場合があります。
そうならないためにも、PDCAを意識しては如何でしょうか??

コメントを残す