ニュース

様々なセキュリティミスから身を守るにはどうすればいい?

近頃は、様々な情報漏洩によるトラブルが多発しています。

【参考】Alexaが勝手に録音した会話データを全く関係ない第三者に送信してしまう
https://gigazine.net/news/20181221-amazon-alexa-private-voice-reveals/
【参考】Facebookが150以上の企業にユーザーの個人情報へのアクセスを特別に許可していたことが判明
https://gigazine.net/news/20181220-facebook-user-data-giveaway/

実際のところ、トラブルが起こった後ではサービスを受ける側に対処のしようがない事が多いのも事実です。
ただ、適切な知識を持っていれば、トラブルに巻き込まれるのを防ぐことが出来るはずです。

セキュリティトラブルは確かに脅威ですが、情報不足による誤解も十分に脅威です。
見えない敵を警戒しすぎて生産性の低い旧体制に固執しないで済むように対策していきましょう。

情報漏洩の理由って?

1.システムの不具合・システム提供側のトラブル

システム側のトラブルなので、システムを購入する側ではなかなか対策ができない部分です。
各システムのホームページに必ずある「セキュリティ要件」に関するページをしっかり確認するか、
システムの営業マンを通じて以下のポイントを確認しておきましょう。

◆「過去にセキュリティトラブル(情報漏洩など)はあったか?」
◆「セキュリティ対策としてどのような対応を取っているか?」
◆「万が一セキュリティトラブルが発生した際にはどんな対応をしてくれるか?」
◆「セキュリティトラブル対応として、ユーザーに求める行動はあるか?」

2.盗難や紛失

システムがインストールされているパソコンやスマートフォンなどを紛失してしまったり
盗難被害を受けてしまった場合はどうすればいいでしょうか?

まずは紛失や盗難に合わないような防犯対策も必要ですが、
万が一紛失や盗難の事態に陥った場合に、そのパソコンやスマートフォンからシステムへの
アクセスができないように遠隔操作ができるのが重要です。

導入を検討しているシステムがどうか、確認しておくといいでしょう。

パスワードの抜き取り

セキュリティトラブルの原因として最も多いのが、パスワードの抜き取りです。
パスワードを書いた紙をデスク貼っておくなどは当然避けるべきですが、
システムのパスワードを解析して不正にアクセスを行うマルウェアがあり、
それによる被害が近年大きくなっているのも事実です。

パスワードの抜き取りは、設定したパスワードが簡単であればあるほど容易になります。
「よくあるパスワード」としてアンケートをもとに作られたランキングは以下のようになっていました。

【参考】The Worst Passwords of 2018 100-50 | SplashData
https://www.teamsid.com/100-worst-passwords-top-50/

・1位~10位
1位:123456
2位:password
3位:123456789
4位:12345678
5位:12345
6位:111111
7位:1234567
8位:sunshine
9位:qwerty
10位:iloveyou

まずはご自身のパスワードを見直して、複雑なパスワードに変更できないか検討してみましょう。
パスワードを自動生成・管理ができるツールもあるので、そちらの利用も有効です。

 

関連記事

  1. F Ventures、aviators司法書士事務所と提携し、ファイナンス支援体制を強化〜最先端の資金調達ノウハウを提供し、福岡における資本政策の失敗をなくす〜 F Ventures、aviators司法書士事務所と提携し、フ…
  2. 日本初! Vtuber、YouTuber向けLIVEコマース、投…
  3. NHK、日テレNEWS24、フジテレビ系列のFNNなど20媒体が新規参画!全47都道府県のメディアが「LINEアカウントメディア」に集結 NHK、日テレNEWS24、フジテレビ系列のFNNなど20媒体が…
  4. ウェブインパクト “1日単位”でITスペシャリティを提供する新サービス『バーチャル・ラボ』を開始!! ウェブインパクト “1日単位”でITスペシャリティを提供する新サ…
  5. 人工知能(AI)を活用して公共事業の入札価格を予測する新機能を3月2日に追加 ~経営管理システム「アイピア」~ 人工知能(AI)を活用して公共事業の入札価格を予測する新機能を3…
  6. 企業向け睡眠改善プログラム「My Sommnie(マイ ソムニエ)」にオンライン型メニューを本日より提供開始いたします。複数拠点に従業員が点在する、同時間に全社員を集められないなど、集合型の企業研修開催が難しいというニーズにお応えすることで、企業の健康経営をさらに推進してまいります。 企業向け睡眠改善プログラム「My Sommnie(マイ ソムニエ…
  7. AIやIoT分野での起業家育成を目指すイベント&コワーキングスペ…
  8. 大企業社長が、就活生に戻り、新卒採用に挑む?!『社長、新卒採用に挑んでみた。』 大企業社長が、就活生に戻り、新卒採用に挑む?!『社長、新卒採用に…

ピックアップ記事

  1. 基幹システム 土地net
  2. 基幹システム スマブル
PAGE TOP

最新の記事情報やオススメITツール情報をお届けします!
メルマガ登録はこちら