アイピアヘルプ

見積書の作成手順

見積書の作成手順

案件に紐づく見積書を複数作成し登録できます

 

見積書の表紙を作成する

①案件情報「見積情報」タブを開きます
②新規作成ボタンをクリックします
③見積表紙画面に必要な情報を入力します
④見積備考はマスタ設定に登録済みの文言を取り込めます
⑤見積書追加ボタンをクリックすると見積書の表紙が登録されます

 

見積書の階層を決める

⑥見積表紙ボタンをクリックすると編集できます
⑦階層数を決定します(※初期値はマスタ設定)
⑧階層名を入力します
⑨追加ボタンを押すと登録できます
⑩階層一覧に階層名が表示されます

 

見積書の明細を登録する

⑪階層名を選択します
⑫階層ごとに明細を入力し登録します
⑬登録した明細が見積明細一覧に表示されます
⑭切替ボタン:明細を一括編集できます
⑮コピー:階層や明細を複製できます
⑯編集:明細ごとに編集ができます

 

見積書や明細を取込む/コピーする

⑰検索取込:登録済みの見積情報を検索し取り込めます
⑱マスタ取込:見積マスタに登録済みの見積情報を検索し取り込めます
⑲コピー:選択中の見積書を複製できます

⑳見積明細検索取込:既存の見積書から明細のみの取り込みができます
㉑見積明細マスタ取込:見積マスタから明細のみの取り込みができます
㉒Excelコピー:明細をExcelからコピーして取り込めます
㉓割合入力:階層や明細に対して割合を設定し登録できます
㉔粗利率一括反映:階層や明細に対して割合を設定し登録できます

 

見積書を印刷する

㉕見積書の種類を選択します
㉖印刷ボタンから帳票を出力できます
㉗ダウンロードボタンから帳票をダウンロードできます

 

動画を見る👇

 

帳票:見積書

帳票:見積書

・帳票名
見積書
・使用方法
A4サイズの用紙(縦・横)印刷に対応。
見積り明細の階層有無に応じて帳票種類を選べます。

出力可能な見積書の種類

A4サイズ 階層あり 階層なし
①横_階層あり_改ページあり ③横_階層なし_改ページなし_A
②横_階層あり_改ページなし ④横_階層なし_改ページなし_B
⑤横_階層なし_改ページなし_C
⑥縦_階層あり_改ページあり ⑧縦_階層なし_改ページなし_数量単位なし_A
⑦縦_階層あり_改ページなし ⑨縦_階層なし_改ページなし_数量単位なし_B

見積書(表紙)の引き込みデータ

≪項目名≫ ≪引き込み場所≫ ≪引き込みデータ≫
宛名  見積情報
 
 
 
見積表紙>宛名
見積番号 見積表紙>見積番号
見積作成日 見積表紙>見積作成日
御見積金額(税込) 見積金額(税込)
消費税 見積税額
税抜金額 見積金額(税抜)
会社名 マスタ設定(会社) 会社情報>会社名
ロゴ/印影 会社情報>社印画像(登録している社印画像が引き込まれます)
郵便番号/住所 マスタ設定(店舗) 店舗情報>郵便番号+住所(※案件店舗となります)
TEL 店舗情報>TEL(※案件店舗となります)
FAX 店舗情報>FAX(※案件店舗となります)
Mail 店舗情報>E-Mailアドレス(※案件店舗となります)
担当印 マスタ設定(社員) 社印情報>印影
* * *
件名 案件情報

案件名(※初期値として表示されます。編集にて変更可能です)
工事場所 現場住所
支払条件 見積情報  見積表紙>支払条件
(※マスタ設定「会社情報」にて初期値文言を登録できます)
見積有効期限 見積表紙>見積有効期限
(※マスタ設定「会社情報」にて初期値文言を登録できます)
工期 見積表紙>工期
(※マスタ設定「会社情報」にて初期値文言を登録できます)
備考 見積表紙>備考
(※マスタ設定「見積備考」から引き込めます)

内訳明細書の引き込みデータ

1枚目:階層の一覧 2枚目以降:見積明細一覧
タイトル 無し 並び順、階層名を表示
No 階層TOP>階層の並び順 見積明細一覧>明細の並び順
項目 階層TOP>項目 見積明細一覧>項目
仕様・摘要 階層TOP>摘要 見積明細一覧>摘要
数量 固定表示:1.00 見積明細一覧>数量
単位  固定表示:式 見積明細一覧>単位
単価 空白 見積明細一覧>単価
金額 階層一覧>小計>見積小計(税抜) 見積明細一覧>金額
備考 階層TOP>備考 見積明細一覧>備考
【小計】(税抜き) 階層一覧>小計>見積小計(税抜)>合計 見積明細一覧>金額(税抜)>小計

階層のある見積書に対応(横)

①横_階層あり_改ページあり

基幹システムクリックすると画像が拡大します基幹システム基幹システム

②横_階層あり_改ページなし

基幹システムクリックすると画像が拡大します

階層のない見積書に対応(横)

③横_階層なし_改ページなしA

基幹システムクリックすると画像が拡大します

④横_階層なし_改ページなしB

基幹システム基幹システムクリックすると画像が拡大します

 

⑤横_階層なし_改ページなしC

基幹システムクリックすると画像が拡大します

階層のある見積書に対応(縦)

⑥縦_階層あり_改ページあり

基幹システムクリックすると画像が拡大します

⑦縦_階層あり_改ページなし

基幹システム

階層のない見積書に対応(縦)

⑧縦_階層なし_改ページなし_数量単位なし_A

基幹システムクリックすると画像が拡大します

⑨縦_階層なし_改ページなし_数量単位なし_B

基幹システムクリックすると画像が拡大します

見積書のプルダウンリストに、非表示を設定できます

マスタ設定「帳票」から、見積書の種類ごとに表示・非表示を設定することで、
不要な帳票をプルダウンリストから省くことができます

 

 

 

発注情報

発注情報

概要:案件情報ごとに「発注情報」を管理します

クリックすると画像が拡大します

切替ボタンから「取引先」ごとの表示に変更できます

「階層一覧」の「切替」ボタンで、「取引先」ごとの表示に切替えることができます。
選択した「取引先」が黄色く表示され、選択した「取引先」の原価情報だけが表示されます。

発注書を作成して印刷する方法

「階層一覧」から階層名(※取引先)を選択し「原価一覧」に表示している明細にチェックを入れ「発注書作成」ボタンを押すと発注書が作成されます。
「発注書一覧」の並び順は発注日の昇順になっています。

<手順> <詳細> <備考>
1)階層を選択する 発注する「階層名(※取引先)を選択すると、「原価一覧」に明細が表示される
・「切替」ボタンで「取引先」ごとの表示に切替できます
・「全選択」ボタンで全ての明細が表示
階層一覧に表示されているのは「原価情報」で登録済みの 「階層名」です
2)原価を選択する 「原価一覧」に表示している原価明細にチェックを入れる※複数選択可能 選択中の明細は背景色がグレーに表示
※「編集」は発注書が未作成、「詳細」は作成済み
3)発注書を作成する 「発注書作成」ボタンを押すと発注書が作成され「発注書一覧」に表示される ※発注作成時に取引先名を変更すると、原価情報も上書きされます
4)発注書を印刷する 「発注書一覧」に表示している発注明細毎に「発注書」を印刷できます 印刷済みの「発注書」はチェックボックスがグレーになります

 

発注書登録フォームの詳細について

「発注書作成」ボタンを押すと発注書登録フォームが開きます

クリックすると画像が拡大します

≪発注書登録フォームの詳細≫

<項目名> <詳細> <項目名> <詳細>
発注番号 自動発番 税率 案件情報の税率
取引先* 発注作成時に選択した取引先名の略称を表示
取引先名を業種で絞り込めます(※マスタ設定時のみ)
発注金額 選択した原価明細の合計金額(税抜)
担当者 案件情報の主担当者を表示 発注税額 発注金額の合計に対する税額

※各発注明細税額の合計ではありません

発注日 作成当日を表示(初期値) 発注税込  選択した原価明細の合計金額(税込)
邸名 案件情報の案件顧客名(初期値)
件名 案件情報の案件名(初期値)
工期 工期(初期値は空白) 見積No 取引先から届いた見積書のNoを入力
支払期日 支払期日 ※マスタにて項目初期値を設定できます 支払条件 支払条件 ※マスタにて項目初期値を設定できます
支払予定月 翌月を表示(初期値)
備考 発注備考 発注備考マスタ マスタ設定の「発注備考マスタ」から「選択」ボタンで発注書の備考に引き込み

※発注書の「摘要」項目は、マスタ設定から表示または非表示を選択できます。(ただし、発注書に摘要項目は表示されません)

発注書作成時に、「業種」から「取引先名」を絞り込むことができます(※マスタ設定)

発注書作成時に「業種」から「取引先名」を絞込むことができます。
マスタ設定「会社情報」から業種絞込機能を設定し、取引先情報に「業種」を登録することで絞込が可能になります。
※業種名は項目マスタ「業種」に登録します

発注書のプルダウンリストに、非表示を設定できます

マスタ設定「帳票」から、発注書の種類ごとに表示・非表示を設定することで、
不要な帳票をプルダウンリストから省くことができます

発注書(帳票)の引き込みデータについて

※各発注書の詳細ヘルプをご確認ください
発注書_請求書なし⇒詳細ヘルプはこちら
発注書_請求書あり⇒詳細ヘルプはこちら
発注書+請求+発注請書⇒詳細ヘルプはこちら

 

見積検索

見積検索

概要:登録されている全ての見積情報の検索ができます

クリックすると画像が拡大します

見積情報の検索方法は?

初期値では、登録されている全ての見積情報が作成日の昇順で一覧表示されています。
検索項目:見積作成日/見積コード/見積名称/契約番号/案件名
見積一覧の見積名称と案件名リンクから、それぞれの詳細ページを確認できます。

詳細検索で店舗の絞り込みができます

画面右横の+ボタンで、詳細検索画面が開きます。※複数選択が可能です。
検索項目:店舗

検索結果のダウンロードが出来ます

権限が管理者の方のみダウンロードができます。
検索条件を変更した状態から直接ダウンロードすることもできます。
(※画面に表示している検索結果と違う条件でのダウンロードが可能)

見積一覧の表示項目について

項目名をクリックすると表示順が変わります

<項目名> <内容> <備考>
No 連番 検索結果に対する連番を表示しています
作成日 見積情報・見積作成日を表示 見積表紙を作成した日付です
見積コード 見積情報・見積コードを表示 案件コードに枝番をつけて登録されています
見積名称 見積情報・見積名称  見積名称のリンクから見積情報を確認できます
契約番号 案件情報・契約番号 案件情報に紐づく契約番号
案件名 案件情報・案件名 案件名のリンクから案件情報を確認できます

見積機能

見積機能

概要:工事の種類や内容ごとに分類(階層見積)した見積書を作成できます。

基幹システムクリックすると画像が拡大します

階層見積とはどのようなものですか?

見積書に「階層数」を設定することで、工事内容ごとに分類したきめ細かな見積明細を作成できます。
「階層数」は5層まで設定できます。
「階層」が不要な場合は「0階層」の見積書を作成できます。
※階層数の初期値はマスタで設定されています

見積書を作成して印刷する方法

1.見積表紙を作成する

「+新規作成」ボタンから基本情報を入力し「見積表紙」を作成します。
見積名称に引き込む初期値を「顧客名」または「案件名」から選択でます(※マスタ設定「管理情報」で設定できます)
帳票に出力する「担当印」の担当者を、見積表紙ごとに登録できます。(※マスタ設定「社員情報」に事前に担当印の画像が必要です)
登録した情報は「見積表紙」ボタンから確認できます。
作成した場合は「見積名称:」にプルダウンで表示されます。
複数の見積書の作成も可能です。

クリックすると画像が拡大します

 

2.見積明細書を作成する

《新規作成》※新規明細の見積明細を作成

<手順> <登録方法> <備考>
1)階層を設定する 見積書の内容に合わせた「階層数」を選択し「登録」します 一つの「見積書」に異なる「階層数」の明細を作成することはできません
2)分類名を追加する 「階層TOP」を選択した状態で「分類追加:」のテキストボックスに「分類名」を入力します(階層数ごとに分類名を登録します) 登録した「分類名」の並びは「上/下」ボタンで変更できます
「分類名」はダブルクリックで編集できます
3)明細を追加する 明細は最下層の分類にのみ明細を作成できます
「分類名」を選択する(黄色になる)と、「見積明細一覧」に明細作成フォームが表示されます。
必要な項目を入力し登録します
「見積明細一覧」の「切替」ボタンから、明細の一括編集ができます

《既存の見積書を検索》※既にある見積書を活用

4)検索取込 案件情報に登録済みの全ての見積書を検索できます
階層数が同じ見積書のみ取込むことができます
見積書を選択し、階層の項目ごとにチェックを入れ「取込」ボタンを押します
5)マスタ取込 マスタに登録すみの全ての見積書を検索できます
階層数が同じ見積書のみ取り込むことができます。
見積書を選択し、階層の項目ごとにチェックを入れ「取込」ボタンを押します
6)コピー 作成中の見積書を複製(コピー)できます 見積提出済みで編集できない見積書を複製し、内容を一部変更するときに便利です

《既存の見積明細を検索》※既にある見積明細を活用

7)見積明細検索取込 「見積明細一覧」にある「見積検索取込」ボタンから、他の案件情報で作成済みの見積情報を検索し明細の取込みができます 全ての階層数の見積が検索できます
8)見積明細マスタ取込 「見積明細一覧」にある「マスタ検索取込み」ボタンから、見積マスタに登録済みの見積情報を検索し明細の取込ができます 全ての階層数の見積が検索できます

≪その他の機能≫※便利な機能

9)Excelコピー Excelコピーボタンを押すと、登録済みの見積明細がExcel同様の状態に一括転記され表示します。
明細の追加・削除・コピー等、Excel同様の操作で編集が可能です。
編集した明細は「登録」ボタンを押すと見積明細一覧に反映されます。
マスタに登録済の「取引先名」の略称がプルダウンに表示され、コピぺで登録できます
項目の列ごとにコピペができます
単価と数量のみ登録ができ、金額は自動計算され登録されます
10)割合入力 全ての階層、または画面に表示している階層どちらかを選択し、「価格」「原単価」それぞれに割合を設定した見積明細を作成することができます。 割合いを設定し算出された金額は、四捨五入されてます
11)粗利率一括反映 全ての階層、現在の階層、選択レコードから、粗利率一括反映する対象を選択します。
「粗利率」と「丸め処理」の単位を設定し、登録ボタンを押すと、指定した全明細の「粗利率」が一括更新されます。
原単価を基準に「丸め処理」の単位を考慮した上で、指定した「粗利率」を満たした金額で登録されます
※原価にマイナス金額が入力されている場合は粗利率一括処理は行われません

見積書(帳票)の引き込みデータについて

※ヘルプページで詳細をご案内しています。
⇒帳票:見積書ヘルプへ

 

登録した見積書の原価情報から発注書を作成できます

1)同じ案件情報の「原価情報」タブにある「見積明細取込み」ボタンから「見積名称」を選択して取込むことができます
※契約見積は、【契約】の文字があり青色で表示しています。
※設定した階層に関わらず、全ての明細を取り込むことができます。
2)取込まれた見積明細は「原価一覧」に表示されます
3)発注したい明細にチェックを入れて「発注書作成」ボタンを押すと「発注書」を登録できます

各種ボタンについて

<ボタン種類> <機能> <備考>
新規作成 見積書を新規作成ができます
見積表紙情報を登録すると新規明細作成画面に切り替わり、明細の作成が可能になります
作成した見積書は、見積名称のプルダウンから選択できます
見積書ごとに案件情報に紐付く見積コードが発行されています
見積表紙 見積表紙情報の確認ができます
見積書を印刷する際に表紙として表示される情報になります
マスタで登録した見積備考のテンプレート情報を、備考欄に引き込むことができます
見積表紙の削除ボタンで、全ての明細が削除されます
検索取込 既に登録されている「見積情報」を全ての案件から検索し、取込むことができます
見積作成日・見積コード・見積名称・契約番号・案件名での検索が可能です
階層数が同じ見積のみ検索が可能です
マスタ取込 見積マスタに登録されている「見積情報」を検索し、取込むことができます見積コード・見積明細での検索が可能です 階層数が同じ見積のみ検索が可能です
コピー 表示している「見積明細」をコピー(複製)することができます 見積名称に「コピー」として表示されます
印刷 表示している「見積書」を印刷できます 使い方に応じた見積書を選べます
※帳票の種類は設定で変更可能です
ダウンロード 表示している「見積書」のダウンロードができます 帳票のダウンロードができます

初期に選択されている見積情報が変わるのはなぜですか?

前回開いた情報が最初に開く仕様になっています。

税表示の切り替えについて

税抜・税込ボタンで表示の切替えができます。
各明細ごとの価格は、全て外税計算になっています。
税抜と税込の表示を切り替えても計算方式は変わりません。
単価×数量=税抜価格(税抜)
税抜価格×税額=税込価格(税込)※税込単価×数量ではありません

税込み金額の端数を調整したいときは?

外税計算の見積を税込金額で表示した際に生じる合計金額の端数を調整したい場合は、合計表示欄の「調整金額(変更)」ボタンから行います。
調整金額は税額から差し引かれ、合計見積金額に反映されます。

価格の背景が黄色になっているのは?

「税込金額」から入力した「金額」と、税抜金額+税額の合計金額に差異がある場合に、黄色で表示されています
例:¥20000を税込(8%)から入れた場合→税抜金額¥18519+税額¥1481=20000となる
¥18519  を税抜から入れた場合→税抜金額¥18519+税額¥1482=20001となる(※税額は四捨五入しています)

明細ごとに粗利率が表示されています

見積明細ごとに、原価と金額に対する粗利率をリアルタイムに算出し表示しています

取引先選択で表示されているのは取引先名の略称です

取引先名の選択箇所に「株式会社」等を省いた「略称」を表示しています。
略称に屋号を登録しておくことで取引先名の選択箇所に屋号を表示することがきます。
※帳票の取引先名欄には今まで通り「取引先名(正式名称)」を表示してます。

取引先の選択には取引先(略称)が表示されています。

取引先名が略称(屋号)になっている箇所

・見積の明細の取引先(手入力)
・Excelコピーの取引先
・原価一覧の取引先
・発注書の取引先
・請求書の取引先(取引先からの届いた請求書の突合せ)

 

粗利率一括反映機能とは?

選択した全ての明細に「粗利率」を一括反映することができます。

・反映対象:一括反映する明細の範囲を選択できます。(全体・階層・選択レコード)
・粗利率:原価に対して「粗利率」を設定し「単価」「価格」を自動で算出しています。
・丸め処理:一括反映する明細に金額の丸め処理(端数を無くす)ができます。
※「税抜き単価」に対して丸め処理を設定した場合も「希望粗利率」を超えるように自動計算します。

見積の階層数とは?

見積の階層数についてご案内いたします。
クリックすると画像が拡大します

発注一覧

発注一覧

概要:全ての案件情報の「発注書」を確認できます

 

基幹システムクリックすると画像が拡大します

 

「発注一覧」に表示されている条件は?

案件情報に登録されている全ての「発注書」の検索が可能です。

案件情報ごとに請求・支払状況を一目で確認することができます。

経理ご担当者様などが請求・支払状況を一覧で確認できることで、請求や支払い漏れなどを未然に防ぐことができます。

発注日、発注担当者、取引先などの条件を絞った検索ができます。

「請求残」をチェックしたときに表示されるのはどのような情報ですか?

請求登録処理が未完了の発注書が一覧表示されています。

請求漏れなどが無いかを一目で確認できます。

発注金額より少ない金額を請求してる(請求残額がプラス)または、未請求のまま「請求完了」処理をしている発注は金額が赤字で表示されます。

追加請求など、登録済みの請求情報を修正したい場合に対応できますか?

「完了取消」処理をすることで、同じ発注書に紐付いた請求書を追加で作成できます。

「請求登録」済の発注書の修正や削除は、「請求一覧」から変更できます※支払済みの請求登録は削除できません。

 

処理欄の「請求未完了」と「完了取消」の違いを教えてください

<処理> <内容> <備考>
請求未完了 発注書の請求登録が未完了の状態です 「請求登録」タブから「取引先」を検索し、届いた請求書情報をもとに、金額を確認の上請求登録処理を行ってください
完了取消 1.発注書の請求登録が完了している状態です

2.発注書の「請求完了」処理がされている状態です※未請求状態

「完了取消」処理を行うと、「請求登録」の未請求一覧に再表示されます

確認の上、請求登録または請求完了処理を行ってください

 

 

 

 

 

原価情報

原価情報

概要:工事の種類や内容ごとに階層を設けた原価情報を作成できます

クリックすると画像が拡大します

原価情報に階層を設定できます

原価情報に「階層数」を設定することで、業種や目的毎に分類されたきめ細かな原価明細を作成することができます。
「階層数」は5層まで設定できます。「階層」が不要な明細には「0階層」を設定できます。
※マスタに、階層数の初期値を設定できます。

原価情報の作成方法

●新規で作成したいとき

明細の作成手順を以下にまとめています

<手順> <登録方法> <備考>
1)階層を設定する 作成する原価情報に適した「階層数」をプルダウンから選択し「登録」します 一つの「原価情報」に異なる「階層数」の明細を作成することはできません
2)最上位の「分類名」を追加する 「階層TOP」を選択した状態で「分類追加:」のテキストボックスに「分類名」を入力します 登録した「分類名」の並びは「上/下」ボタンで変更できます
「分類名」はダブルクリックで編集できます
3)2階層以下の「分類名」を追加する(5階層まで) 登録したい「分類名」を選択した(黄色になる)状態で「分類追加:」のテキストボックスに次の階層となる分類名を入力します 登録した「分類名」の並びは「上/下」ボタンで変更できます
「分類名」はダブルクリックで編集できます
4)原価の明細を登録する 指定した階層数の最下位の「分類名」を選択(黄色になる)すると、「原価一覧」に明細作成フォームが表示されます。
必要な項目を入力し登録します
最下位の「分類名」にのみ、明細の作成が可能です
「原価一覧」の「切替」ボタンから、明細の一括編集ができます

 

●既存の原価情報を活用したいとき

既に登録されている「見積情報」を検索し、「原価情報」だけを取込むことができます

見積検索取込 「原価一覧」にある「見積検索取込」ボタンから、別の案件情報で作成済みの見積情報の検索と原価明細の取込ができます 検索時に「階層数」は考慮されていません

見積マスタに登録されている「見積情報」を検索し、「原価情報」だけを取込むことができます

マスタ検索取込 「原価一覧」にある「マスタ検索取込み」ボタンから見積マスタに登録済みの見積情報の検索と原価明細の取込ができます 検索時に「階層数」は考慮されていません

見積情報タブで作成した原価を引き込むことができます

クリックすると画像が拡大します

同じ案件情報で作成している見積情報から原価を取込むことができます。
※「契約」進捗を登録時に「見積情報」を選択している場合は、プルダウンの初期値にセットされています

見積明細取込 同じ案件情報の「見積情報」に登録されている見積明細を、「見積明細取込」ボタン横のプルダウンから選択し取込むことができます 階層数が一致する見積書のみ引き込むことができます。
※階層数の初期値にはマスタ設定が反映されていますが、変更できます。(原価情報作成後は変更できません)

複数の明細をまとめて編集したいときは?

画面を切り替えることで、内容の一括編集と更新ができます

登録した明細を一括編集したいときに、画面を切り替えます 切り替わった画面から、登録済の明細をまとめて編集し更新できます
原価情報の取込みや、見積検索、見積マスタなどから取り込んだ明細をまとめて編集したい場合に便利です
登録した明細をまとめて削除できます チェックボックスに✓をした明細だけを簡単に削除できます
原価情報の取込みや、見積検索、見積マスタなどから取り込んだ明細をまとめて編集したい場合に便利です

登録した明細の並び順を変更できます チェックボックスに✓をした明細の並び順を上下ボタンで自由に移動できます

税表示の切り替えについて

税抜・税込ボタンで表示の切替えができます。
各明細ごとの価格は、全て外税計算になっています。
税抜と税込の表示を切り替えても計算方式は変わりません。
単価×数量=税抜価格(税抜)
税抜価格×税額=税込価格(税込)※税込単価×数量ではありません

価格の背景が黄色になっているのは?

「税込金額」から入力した「金額」と、税抜金額+税額の合計金額に差異がある場合に、黄色で表示されています。
例:¥20000を税込から入れた場合→税抜金額¥18519+税額¥1481=20000となる。
¥18519  を税抜から入れた場合→税抜金額¥18519+税額¥1482=20001となる。(※税額は四捨五入しています)

発注書の作成方法を教えて下さい

1)原価一覧に登録されている明細(右端)にチェックを入れます。(※複数選択可)

2)「発注書作成」ボタンをクリックします。

3)発注書登録フォームにチェックした明細が表示されます。
(※ここから明細の追加もできます)

4)業種を絞込み取引先を選択します(近日リリース)
(※発注登録時に取引先名を変更すると、原価情報も上書きされます※発注書作成後の変更では更新されません)

5)「発注登録」ボタンを押すと、発注書一覧に登録されます。

6)「編集」ボタンから作成済みの「発注明細」を更新できます。

 

発注書作成時に、「業種」から「取引先名」を絞り込むことができます(※マスタ設定)

発注書作成時に「業種」から「取引先名」を絞込めるようになりました。
マスタ設定「会社情報」から業種絞込機能を設定し、取引先情報に「業種」を登録することで絞込が可能になります。
取引先情報に「業種」を登録することで絞込が可能です。
※業種名は項目マスタ「業種」に登録します

クリックすると画像が拡大します

原価一覧の「No」欄の背景色が「グレー」になっているのは?

発注書が作成されている原価明細です。
「編集」ボタンが「詳細」ボタンに変わり、更新と削除が不可になります。

発注書一覧の「印刷」マークの背景色が「グレー」になっているのは?

発注書が印刷されている明細です。

発注書のプルダウンリストに、非表示を設定できます

マスタ設定「帳票」から、発注書の種類ごとに表示・非表示を設定することで、
不要な帳票をプルダウンリストから省くことができます

 

見積情報(簡易版)

見積情報(簡易版)

概要:案件情報ごとに見積書の明細を作成できます基幹システム

クリックすると画像が拡大します

 

見積書の明細の作成方法を教えてください

はじめに「新規見積書」ボタンを押し、見積表紙を作成します

次に、見積明細を登録します

見積書が複数必要な場合は、新規に見積表紙を作成し明細を登録します

状況に応じて、様々な方法で簡単に素早く明細を作成できます

 

<目的> <登録方法> <便利な使い方>
1.見積明細から作成する 見積の明細を一から作成したいとき ①見積明細一覧にあるテキストボックスに情報を入力し登録します よく使う「取引先」はマスタ設定「取引先情報」に登録しておくことで、プルダウンから選択できます。
2.原価から作成する 原価情報をもとに作成したいとき ①原価情報ページで原価明細を登録する

②見積情報ページの「原価明細取込み」ボタンから原価明細を取込む

③取り込んだ「原価明細」の内容を必要に応じて編集する

「原価明細」を取込むときに「粗利率」または「原価掛率」の比率を設定すると「見積明細」の金額から自動計算され登録できます
3.見積マスタから作成する よく利用する標準的な明細を作成したいとき ①事前に見積マスタに汎用性の高い見積明細情報を登録しておく

②「見積マスタ取込」ボタンから見積マスタを検索し取込みます

問合せの多い「見積書」を正確に素早く作成できます
4.既存の見積から作成する 既に登録済みの明細を活用したいとき ①「見積検索取込み」ボタンから見積情報を検索し取込みます

②既存の見積明細情報をもとに、「編集」ボタンから項目名や単価、数量などの変更も自由にできます

見積検索では「作成日」「見積名称」「契約番号」「案件名」などの条件で絞り込み検索ができます

取引先や金額なども、取り込んだ後に自由に変更できます

複数の明細をまとめて編集できますか?

画面を切り替えることで内容の一括編集と更新ができます

登録した明細の一括編集ができる画面に切り替わります 切り替わった一括編集画面から情報をまとめて更新できます

原価情報の取込みや、見積検索、見積マスタなどから取り込んだ明細をまとめて編集したい場合に便利です

登録した明細をまとめて削除できます チェックボックスに✓をした明細だけを簡単に削除できます

原価情報の取込みや、見積検索、見積マスタなどから取り込んだ明細をまとめて編集したい場合に便利です

登録した明細の並び順を変更できます チェックボックスに✓をした明細の並び順を上下ボタンで自由に移動できます

税額の表示はどうなっていますか?

税抜・税込ボタンで表示の切替えができます