アイピア

クラウド勤怠管理システムでバックオフィスを業務改善!

勤怠管理 システム クラウド 基幹システム

勤怠管理の方法を見直す企業が増えてきています。
大きな理由として、働き方改革の浸透やスマホ・タブレットの普及により、様々なクラウドシステムが登場し、営業ツールや基幹システムや見積ツールなど、業務を使うシステムがExcelから専用のシステムやクラウドシステムに移っており、バックオフィス業務で手間がかかる勤怠管理も一緒に見直されています。
勤怠管理システムとは?
まずは、そもそも勤怠管理とは?について見ていきましょう。
勤怠管理とは、企業や組織で働く社員の労働日数や労働時間を計測し、集計・管理することです。
集計した勤怠管理のデータは社員の給与計算や労働基準法に遵守や就業規則の遵守のデータとして使われます。

勤怠管理システムとは?

勤怠管理の方法として一般的なのは、タイムカードを使用した打刻式の集計です。
出退勤の際にタイムカードをを使いタイムレコーダーで打刻をすることで、記録をしていく方法です。

タイムカードによる打刻式のメリットは、とにかく簡単という事です。
タイムカードをタイムレコーダーに差し込むだけで、勤怠の記録を残すことができるので、
老若男女問わず使用することができます。

しかし一方で、デメリットもあります。
それは、集計が大変という事です。タイムカードに出退勤の時間が打刻されているだけなので、
タイムカードを1枚づつ確認して集計をする必要があります。
その為、集計に時間がかかり、ミスが起きる可能性もあります。

勤怠管理システムのクラウド化が進む理由

クラウドの勤怠管理システムが進む背景として、
住宅勤務やモバイルワークという新しい働き方の出現と、
他のシステムとの連携をすることで、業務改善を図ることの2点があげられます。

クラウド勤怠管理システムを導入することで、
ネットが繋がっているパソコンやスマホからでも出退勤の記録や、
給与システムと連携することで、給与の業務作業の削減も可能になります。

勤怠管理システムの基本的な機能

打刻機能
シフト・勤怠スケジュール機能
申告・承認機能
集計機能
通知機能
などがあります。

勤怠管理もできる基幹システムアイピア

アイピアなら基幹システムなので勤怠管理もできます。
クラウドの勤怠管理システムだと他のシステムと連携できるとご紹介いたしましたが、
アイピアなら機能の一つとしてあります。

アイピアでは、顧客管理や案件管理、見積機能、入出金の管理もまとめて行う事ができるので、
別のシステムを導入する必要がありません。
なので、作業効率はより向上し、費用は押さえることができます。

■アイピアの勤怠管理

クラウド勤怠管理システム○選

jinjer勤怠

​https://hcm-jinjer.com/service/kintai/

特徴 ・PC、タブレット、スマホ、ICカードなど多彩な打刻方法、組み合わせも自由。
・人口知能による、エンゲージメントアラート機能を搭載!モチベーションが下降傾向にある社員の情報が、人事担当者へ事前にアラート。離職率の低下へつなげることができる。
・GPS打刻含め、出勤/シフト/申請管理などが直感的に簡単に行うことができる。
料金プラン  初期費用:¥0円
月額:¥200円/1ユーザー
提供形態 クラウド
無料トライアル あり

キングオブタイム

http://www.kingtime.jp/

特徴 ・タイムレコーダーシステムとして多彩な種類の打刻手段を用意。
・リアルタイムに勤務集計、残業状況、アラート、人件費の概算などの確認、管理が可能。
・シフト管理(スケジュール)機能や、ワークフロー機能、多彩なタイムレコーダー機能により、業務改善に貢献。
料金プラン  初期費用:¥0円
月額:¥300円/1ユーザー
提供形態 クラウド
無料トライアル あり(30日)

ジョブカン

 http://jobcan.ne.jp/

特徴 ・ICカード打刻、指静脈打刻、モバイル打刻など、多彩なシーンに対応。
・シフト管理、出勤管理、スタッフ管理、データ集計が簡単に行える。
・細かな勤怠ルールに対応する豊富な機能。
料金プラン  初期費用:¥0円
月額:¥200円/1ユーザー
提供形態 クラウド
無料トライアル あり(60日)

おすすめ記事

  1. 基幹システム 情報系システム 情報共有 比較
  2. SFA 営業 支援 ツール アプリ
PAGE TOP