アイピア

【気になる】具体例から見るSFAの導入効果とは?

近年、SFA導入する企業が増えてきています。
特にIT導入補助金の恩恵もあり、クラウドのシステムを導入する中小企業が増えています。
一方で気になるけど実際どうなんだろうと思っている経営者の方も多くいらっしゃいます。

そこで、今回は具体例をもとにSFAの導入効果を見ていきます。

見積書 リフォーム 工務店

SFAとは

SFAとは「Sales Force Automation」の各頭文字をとったもので、日本では「営業支援システム」のことを言います。
SFAは営業活動を支援することを目的として導入をされており、「営業の売上が伸び悩んでいる」「営業部のマネジメントを強化したい」「営業によってスキルがバラバラで差がある」など営業に関する問題を解決することが出来ます。

また、最近では働き方改革によって業務効率を今まで以上に求められるようになりました。短い時間でより多くの成果を求められるようになった今日では、SFAなどのシステムを活用することが今後会社が生き抜いていくためには必須と言えるのではないでしょうか。
SFAについてさらに詳しく知りたい方はこちら

SFAとは?今更聞けない営業支援システムを導入する際の3つのポイント

お困りごとから見るSFAの機能とは

・案件が多く放置してしまったお客様に連絡がしづらくなりキャンセルにした

案件数が多くなるとお客様への連絡漏れが発生して、気まずくなりお客様へ連絡をせずにキャンセルにしたことがありませんか?
一度連絡をし忘れると、よりアツいお客様に注力するようになるので、どんどん優先順位が下がっていき、さらに連絡をしづらくなります。

SFAの営業進捗管理とタスク管理を活用することで、連絡をしないといけないお客様のリストが簡単にわかるようになります。
また、クラウドのSFAでは、情報を共有できるので、各社員の情報を一元管理することで、会社全体でチェック体制ができるので、漏れを予防できます。

・営業担当者の確度の精度が低く、目標達成の見通しが立たない

営業担当者から契約になりそうと聞いていた案件が急にキャンセルになったということは起きていませんか?
営業担当者の感覚に頼った確度は、人によって精度にばらつきが出てきます。そのため、「予定は未定」状態になり毎月締め付近でバタつくことになります。

SFAでは、案件の情報が一元管理され、マネージャーは各案件の情報を逐一確認することが出来ます。
また、システムの活用することで、共通の基準で確度を選択するので、確度の精度が安定するようになります。

・「半年以内に契約になったお客様」にアプローチをしたいが、集計に時間がかかる

データの集計・分析は意外と時間がかかります。
毎月の決まった営業資料を作成する場合でも、各営業担当に確認をとったり、
数字に差異があると原因を調べなければならない為、時間と手間がかかっています。
SFAを活用することで、さまざまな集計や資料などがボタン一つで作成することが出来ます。

立場から見るSFAの機能とは

営業担当者から見たSFAとは

自身が抱えている案件の情報や進捗状況が一目でわかるようになり、案件の管理がしやすくなるので、「今日連絡をしないといけないのに忘れていた」ということがなくなります。

また、自身で行動目標を決めて達成していくことは、セルフマネジメントの練習になり、達成した際の達成感も得ることが出来ます。
営業は外出していることが多く、商談内容の入力や見積書作成などを会社に帰ってから入力しなければいけません。
SFAを活用することで、出先の隙間時間にスマホやタブレットから入力できるので、事務所に戻ってからの事務作業が減り帰る時間も早くなります。

マネージャーから見たSFAとは

部下の案件状況がリアルタイムで分かるようになるので、進捗状況や確度から売上の予測がたてられるようになります。
また、必要であれば、アドバイスをすることが出来ます。
各営業担当者の案件数・訪問説明数・見積提出数などを数値化することが出来るので、営業担当者のボトルネックを見つけやすく、改善していくことで営業担当者の成長と会社全体の営業の強化につながります。

管理者から見たSFAとは

営業資料が手元に届くまで1~2週間かかるということはありませんか?
SFAを活用することで営業担当者が入力した契約予定日や受注予定金額といった予定ベースや契約日や受注金額や粗利など、結果ベースの数字をリアルタイムで把握することが出来るようになります。

アイピアとは?

アイピアは建築業(リフォーム会社や新築会社)向けの基幹システムです。アイピアではSFAのように顧客管理・案件管理・営業進捗・見積作成など効率的に営業活動が行えます。

アイピアの営業進捗管理

アイピアの営業進捗は進捗具合によってアイコンや色を分けているので、初めてアイピアを触る方でもすぐにご利用いただけます。

まとめ

SFAを上手に活用すれば、営業の効率は大幅に向上します。
しかし現状あまり使いこなせていません。理由は「使いこなせなかった」「入力時間がかかる」などです。
アイピアは「現場が使いやすいシステム」をコンセプトに作ったシステムになりますので、
今回の記事で、ドキッと思った方は是非アイピアにお問合せください

おすすめ記事

  1. 報連相 情報共有 共有義務 本当の意味
  2. テレワーク 生産性管理
  3. 経営理念作り方
  4. ITコンサルタント 無料
  5. 建築業界 リフォーム 工務店 新築
  6. 属人化 見積 案件 情報共有
PAGE TOP