アイピア

業務改善に活用できるITツール9選

業務改善 ITツール 活用 情報共有

最近多くの業務改善を目的としたツールが注目されています。

業務改善ツールと言っても、用途や目的によって導入するツールの種類は様々です。

今回は多くの企業で改善したいと思っている資料の共有・社内のコミュニケーション・タスクの管理の3つの目的に絞って活用できるツールをご紹介いたします。

 

♦合わせて読んでおきたい記事♦

社内コラボレーションツール|社内の情報共有を円滑にして業務改善

社内Wikiで属人化を防ぐ仕組みを作る

日報アプリは業務改善なるのか?|導入の目的と効果から見るオススメ日報アプリ4選

クラウドストレージツール

クラウドストレージとは、クラウドを活用して提供されるオンラインストレージサービスです。

書類や写真などをインターネット上に保存することができ、アクセスをすれば、どこからでも

確認をすることができます。

現在様々なクラウドストレージツールがあります。

一般的には、使用する容量を月額利用を払う事で、ストレージ容量の上限までファイルを保存することができます。

基本的な用途としては、店舗間や部門間のファイルの共有や情報のバックアップ用にデータを保存することです。

また、企業用に同時編集や閲覧・編集権限が付いたプランなどもあります。

Box

http://www.box-ctc.com/

Boxの特徴は容量が無制限が特徴の法人向けクラウドストレージサービスです。

フォルダ単位でアクセス制限を設定することができたり、セキュリティが強固です。

また、シングルサインオンにも対応しています。

プラン 容量 料金/月
Busness 無制限 1,800円
Busness Plus 無制限 3,000円
Enterprise 無制限 4,200円

※1ユーザーあたりの料金

※それぞれ初期費用30,000円が必要

 

Fileforce

https://www.fileforce.jp/

Fileforceの特徴は追跡機能です。

レポート&統計機能により、全てのファイルの履歴の管理や共有したファイルがどこでどのように利用したかを

証跡ログ機能で管理することができます。

プラン 容量 料金/月
トライアル(30日) 3ID 10GB 0円
ビジネス 5ID〜 1TB〜 要見積り

 

Fleekdrive

https://www.fleekdrive.com/

Fleekdriveの特徴は同時編集です。

1つのファイルを共有した全員で同時に編集することができます。

また、自動で原本をバックアップ保存しているので、安心して編集することができます。

チャット機能がありリアルタイムでコミュニケーションが取れるのもうれしい機能です。

プラン 容量 料金/月
Team 10GB 500円
Business 10GB 1,500円

※それぞれ1ユーザーあたりの価格、10ユーザーより利用可能

※それぞれ30日間の無料トライアルあり、追加料金でストレージ容量拡張も可能

社内SNSツール

社内SNSとは会社に属している人だけが閲覧可能なSNSです。

補足ですが、SNSとは(Social Networking Service:ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、

訳すと、社会的な繋がりを提供するサービスとなります。代表的なツールとして、FacebookやTwitterやLINEなどがあります。

近年、社内SNSを導入する企業が増えてきています。

理由としては、コミュニケーション方法が変わったことです。

スマホの普及やLINEの登場により、チャットでコミュニケーションをすることが当たり前になってきました。

今まで、メールで一方的に発信していたものが、会話に近いスピードで情報を伝えることができるようになりました。

 

Chatwork(チャットワーク)

https://go.chatwork.com/ja/

Chatworkの特徴は簡単な操作性とタスク管理ができる事です。

その他の機能として、ファイルの管理やビデオ電話を行う事ができます。

プラン 料金/月
フリー 0円
パーソナル 400円
ビジネス 500円
エンタープライズ 800円

※ビジネス・エンタープライズプランは5ユーザー~

 

LINEWORKS(ラインワークス)

https://line.worksmobile.com/jp/

LINEworksの特徴は使いやすさです。

LINEworksはセキュリティを強化して企業向けにしたLINEです。

個人用のLINEと同じ仕様で使えるので操作性がよく導入がしやすいです。

プラン 料金/月
ライト 360円
ベーシック 600円
プレミアム 1,200円

※無料トライアルあり

※年額プランで割引あり

 

SLACK

https://slack.com/intl/ja-jp

SLACKはエンジニア向けのチャットツールなので、デザイナーやマネージャークラスが使用するとなると導入の障壁が大きいと思いますが、使い始めると大変使いやすいです。 導入後は細かい設定変更ができ、チームに合ったカスタムができる点が便利です。

プラン 料金/月
フリー 0円
スタンダード 960円
プラス 1,800円

※年額プランで割引あり

 

タスク管理ツール

Todoist(トゥードゥーイスト)

https://ja.todoist.com/

Todoistの特徴はシンプルで分かりやすデザインで簡単にタスク管理ができる事です。

機能も「中央集権管理」「アクティビティ ログ」「ファイルのアップロード」など豊富です。

また、Googleカレンダーやdropboxなど100以上の連携が可能なので、効率的のタスク管理ができます。

プラン 料金/月
無料版 0円
プレミアム 3,500円
ビジネス 3,500円

JOOTO(ジョートー)

https://www.jooto.com/

JOOTOの特徴はドラッグ&ドロップでタスク管理ができる操作性とガントチャートがついていることです。

かんばん方式のインターフェースなので直観的に操作・管理することができます。

プラン 料金/月
無料 0円
スタートアップ 980円
ベーシック 1,780円
アドバンス 3,280円
プロフェッショナル 7,980円

※管理者の1名のみ課金される仕組みになっており、その他のユーザーは無料版で有料版と同じ機能が使えます。

なので、上記の費用は1社での価格となります。

 

Trello(トレロ)

https://trello.com/home

Trelloの特徴は、初心者でも簡単に使いこなせることです。かんばん方式でタスクを管理できるので、

タスクの量や進捗具合などを視覚的に把握する事ができます。

また、Googleのアカウントをもっていればすぐにログインして利用することができるので、

導入もしやすいです。

プラン 料金/月
無料 0円
Gold $5
Business Class $9.99
Enterprise $20.83

まとめ

ITを活用することで、業務を効率的にすることができます。

用途に合わせたツールを活用していきましょう。

また、今回ご紹介したツールは、情報共有(クラウドストレージ)と社内SNSとタスク管理になりますが、

これらのツールはコミュニケーションを既存の方法よりスピーディーかつ円滑にしたり、漏れを防止する為に利用されます。

これらの機能を飽和的に会社の情報をまとめて管理したい方は、業務基幹システムがオススメです。

業務基幹システムはERPといわれることがありますが、顧客情報から営業進捗の管理、バックオフィスの管理を

一元で管理することで、会社全体の業務効率を改善する為のシステムです。

会社全体の業務効率は行いたい方はこちら↓↓↓

「クラウド経営管理システム アイピア」

関連記事

  1. 目標管理 フレームワーク OKR KPI OKRとは?限界突破する目標管理フレームワーク
  2. 生産性向上 5S 業務改善 5Sで始める業務改善
  3. PDCAサイクル OODAループ D-OODA フレームワーク 業務改善 営業 PDCAサイクル・OODAループ・D-OODA 業務を回す3つの…
  4. ペルソナ マーケティング 効果 ペルソナとは?|効果的なマーケティングをする為の手法
  5. 【工務店向け】現場写真の管理はスマホアプリ×顧客管理システムで行…
  6. ERP 基幹システム ERPの導入効果とは 管理者・マネージャー・現場それぞれから見た…
  7. 属人化 見積 案件 情報共有 【属人化を防ぐ】活用シーンで見る営業の業務が見える化するアイピア…
  8. 建築 業務改善 アイピア 原価管理 顧客管理 システム 建築会社が業務管理システムを検討する際に気を付けるべきポイント

おすすめ記事

  1. 購買管理システムとは?仕入れを管理してロスをなくす!
  2. 元クラウドワークス取締役の佐々木翔平がLeapMindの取締役CFOに就任
  3. MARK.SPACE、日本国内の消費者および事業者に向けて、ブロックチェーンベースの3D、VR、AR対応ウェブサイトによるオンラインプラットフォームのサービスを提供開始

おすすめ記事

NEWS:ネクストエンジン、商品レコメンドAIをβリリース

Hamee(ハミィ)株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士、東証一部:証券コード…

建築 業務改善 アイピア 原価管理 顧客管理 システム 建築会社が業務管理システムを検討する際に気を付けるべきポイント

働き方改革や業務改善の推進が言われるようになり、多くの中小企業でも取り組みが広がっています。取り…

【工務店向け】見積システムで施主の不満と工務店の悩みを一気に解消するポイント

見積作成といえば、工務店が施主(お客様)とやり取りするにあたり最初にぶつかる壁ではないでしょうか…

SFA 営業 支援 ツール アプリ SFAとは?今更聞けない営業支援システムを導入する際の3つのポイント

商品での差別化が難しくなってきた現在、「人で売る」や「ものがたりで売る」といった言葉が出てきてお…

採用 求人 中小企業 中小企業が行うべき採用!戦略的に採用をするためのポイント

「求人募集をしているのに応募が来ない」「応募は来ているが求めている人材が来ない」といったこと…

見積書 見積書書き方 見積作成システム ソフト 意外と知らない?見積書の正しい書き方とポイント

会社ごとにそれぞれの見積書のフォーマットがあり、入社してから教えられた方法で見積書を作成していると思…

PAGE TOP