アイピア

マネージャーのモチベーション管理

モチベーション管理

モチベーションとは?

モチベーションとは、「動機・刺激・やる気」という意味の単語です。
一般的にビジネスシーンで使われている『モチベーション』は、動機付けとして解釈する事が多くあります。
つまり、何か、行動を起こす時の『意欲』や『ヤル気』の事です。

モチベーションが上がった、下がったって会話はよく聞きますが、『意欲』、『ヤル気』が上下した事になります。

モチベーション 管理

モチベーションを管理するとは

モチベーション管理とは、自身のモチベーションが下がらないように、音楽を聴いたり、目標を設定するなどの対策をすることです。
また、マネージャーの役割の一つに、メンバーのモチーベーションを高め・維持する事ことがあります。
同じ能力の持った人であっても、モチベーションの高さが異なっていると生産性も大きく変化してきます。
そのため、メンバーのモチベーションを管理することは、非常に重要な業務の一つだと認識すべきです。
本記事では、組織が従業員に対してのモチベーション管理についてメインに紹介します。

モチベーションを左右させる要因

  1. 業務内容
  2. 人間関係
  3. 給料・昇給・賞与
  4. 福利厚生
  5. 評価制度
  6. 信頼度
  7. 将来性・目標・ビジョン
  8. 周りの仕事の質
  9. 個人の能力
  10. 役割
  11. 私的な生活環境・家族構成など

モチベーションを左右させる要因は多くあります。
また、人それぞれ、要因の重要性は違っているため、一人ひとりと面談し、メンバーを理解することが大切になってきます。

モチベーションを下げる例を紹介

  1. 納得できない理由で上司に怒られた
  2. 仕事で失敗して自信を失ってしまった
  3. 査定時に、自分が思っていた評価と違っていた
  4. 人間関係が悪化し、コミュニケーションが取れない環境になってしまっている
  5. 自分の頑張りを分かってもらえない、誰も見てくれていない
  6. 悩み事があるが、誰にも相談できなく、仕事が進まない
  7. 目標値が大きすぎて、そもそも達成できなくても良いと思ってしまっている
  8. 尊敬できる人がいない

マネージャーは、モチベーションを下げないように上記の事柄には、注意が必要です。
また、自身でもモチベーションを下げるような事があった場合は、一度忘れて、息抜きするなど、モチベーションを管理する必要があります。

モチベーションを上げる例を紹介

  1. 自分の頑張りを評価される
  2. 査定時に、予想以上の評価をもらえた
  3. 仕事に楽しみ・やりがいを感じる
  4. 同期など、切磋琢磨できるライバルが存在する
  5. 少し、難しいぐらいの丁度いい目標が設定されている
  6. 尊敬できる人が身近に存在する
  7. 褒められる
  8. 何か失敗するが、同じ失敗はしないという思いから、意識が向上する

何気ない一言で、メンバーのモチベーションが上がる事もあります。
特に上司の言葉は重みがあるため意識した発信を心掛けましょう。

自身のモチベーションを上げる方法

  1. モチベーションが上がる、映画や本を見る
  2. 自己啓発本などで、ヤル気をアップさせる
  3. 自分が好きな音楽を聴く
  4. ライバルや尊敬できる人を見つける
  5. 大きい目標と、小さい目標を設定する
  6. 自分へのご褒美を用意する
  7. メリハリをつける
  8. 成功後をイメージする

モチベーションの管理をマネジメント目線で、お話しておりましたが、自分自身でモチベーションを管理することがとても重要です。
どの環境でも、最高のパフォーマンスを発揮できるように、自身でも管理しましょう。
特に、マネージャーの方は、自分自身の管理ができなくては、部下の管理もできません

『アイピア:ERP』でモチベーション管理

情報共有 方法

モチベーションを管理するには、一人ひとりの状態の把握が必要で、様々な対策が必要になってきます。
指導・教育・相談・進捗確認・メンタルケア、目標管理だけではなく、チーム間の人間関係や、社内環境(職場環境・福利厚生)など、多くの事を意識し、改善・維持する必要があります。従業員の増加とともに、ITを活用するこで、効率よく管理することがポイントになってきます。

① 【メンタルケア】日報・メンタル管理機能で、部下のメンタルケアが可能です。
② 【人材育成】タスクに価値を設定することで、定量評価の測定が可能です。
③ 【目標管理】目標の達成状況をリアルタイムに把握し、適切なアドバイス・意思決定が可能です。
④ 【課題発見】商談履歴・お客様対応・見積情報などあらゆるデータを一元管理し把握することで、課題を発見します。
⑤ 【生産性向上】見積作成の手間を削減、情報検索時間の削減、資料作成時間の削減などが期待できます。

現状、様々なデータが散乱しており、有効活用できていない。
管理がしっかりとできているか不安な方は、基幹システム(ERP)の導入をお勧めします。
※詳しくはページ下のバナーよりご確認ください。

さいごに

マネージャーにとって、モチベーションを管理することは重要な役割の一つになります。
部下一人ひとりの体調や、状態を把握し、適切な対応を心掛けてください。

<関連キーワード>
マネジメント、やる気アップ、維持、仕事、従業員、部下、必見など

 

おすすめ記事

  1. 生産性向上 業務効率化 業務改善 スキル習得 情報共有
  2. 生産管理 システム 方式 製造
PAGE TOP