営業支援

忙しいリフォーム営業マンに必須な時間管理ノウハウ

リフォーム会社の営業マンは、他業種の営業マンに比べても
「忙しい」「残業が多い」と、大変な業務環境で戦っている方々が多いようです。

忙しい割には利益が上がらない・・・と悩んでいる方はたくさんいます。
今回は、リフォーム営業の生産性を高めるためのちょっとした考え方をお伝えします。

営業マンの働く時間を管理する

「営業マン 時間」の画像検索結果

「働く時間を管理する」というと、何やら営業マンをがんじがらめに監視するかの
ような印象を受けますがそういうことではありません。

簡単に言えば、「何にどんな時間を使っているのか」を把握するということです。

営業マンの業務時間を4つに分類する

もちろん会社規模によりますが、
リフォーム会社の営業マンは営業活動以外にも様々な業務への対応を
求められることが、他業種に比べても多いようです。

その結果「忙しい」という認識になるわけですが、
逆に言えばいろいろなことをやりすぎて何故忙しいのかが分からなくなりがちです。

まずは、現状の業務時間を分類してみましょう。

  • お客様との接触時間(商談や飛び込み訪問、OB訪問など)
  • 事務作業時間(見積作成、発注対応などの事務時間)
  • 会議時間
  • 移動時間
  • 現場管理時間(施工現場での対応など)

最後の「現場管理時間」は、他業種の営業マンには発生しない業務です。
これもあってリフォーム会社の営業マンは忙しいと言われるのかもしれませんね。

1日の業務時間のうち、何にどれくらいの時間を使っているでしょうか?
「事務作業時間」や「移動時間」「会議時間」に、意外にも多くの時間を使っていることに
気が付いた方も多いのではないでしょうか。

「削減すべき時間」と「削減してはいけない時間」を考える

営業マンの本分はお客様と接点を持ち、契約を頂戴することです。
この「お客様との接触時間」を増やすことと、そのために
他の「事務作業時間」「移動時間」「会議時間」「現場管理時間」を減らすことを考えます。

このように、「削減すべき時間」と「削減してはいけない時間」を
明らかにして取り組むことが非常に大切です。

まずは時間管理から始める

これらのポイントを明らかにするためには、
まずは「自分が日々、何にどれくらい時間を使っているか」を
整理して明らかにする必要があります。

まずは自分で、手帳を使ってみる

ひとまず自分自身で時間管理をしてみましょう。
自分用のノート・手帳を用意するなら「フランクリン手帳」がおすすめです。

【参照:フランクリン・プランナー】

タスク管理の仕組みを用意する

会社として全社的な対応を行うなら、タスク管理の仕組みを用意するのがおすすめです。
マイクロソフトのOutlookやGoogleカレンダーなどのスケジュール管理ツールでも可能ですが
せっかくなら抜け・漏れの出ない環境づくりと並行して整備しましょう。

参考記事:
【リフォーム・工務店向け】タスク管理の成功は「今やるべき事」の明確化から

 

おすすめ記事

  1. 営業日報 情報共有 業務改善 形骸化