見積機能

見積機能

見積機能

概要:工事の種類や内容ごとに分類(階層を設定)した見積明細を作成できます。

基幹システムクリックすると画像を拡大します

 

「階層見積」とはどのようなものですか?

見積書に「階層数」を設定することで、業種や目的ごとに分類したきめ細かな見積明細を作成できます。

「階層数」は5層まで設定できます。

「階層」が不要な場合は「0階層」の見積書を作成できます。

見積明細書の作成方法を教えてください

1.見積表紙を作成する

「+新規作成」ボタンから「見積表紙」となる基本情報を入力し「見積書追加」を押すと見積作成画面が表示します。

※登録した情報は「見積表紙」ボタンから確認できます。

見積表紙を複数作成した場合は、「見積名称:」にプルダウンで表示されます

2.見積明細書を作成する

新規で作成するとき

明細の作成手順を以下にまとめています

<手順> <登録方法> <備考>
①階層を設定する プルダウンから見積書の内容に適した「階層数」を選択し「登録」します 一つの「見積書」に異なる「階層数」の明細を作成することはできません
②「分類名」を追加する 「階層TOP」を選択した状態で「分類追加:」のテキストボックスに「分類名」を入力します 登録した「分類名」の並びは「上/下」ボタンで変更できます

「分類名」はダブルクリックで編集できます

③2階層以下の「分類名」を追加する 登録したい「分類名」を選択(黄色になる)した状態で「分類追加:」のテキストボックスに更に下の階層となる分類名を入力します 登録した「分類名」の並びは「上/下」ボタンで変更できます

「分類名」はダブルクリックで編集できます

④明細を追加する 指定した階層の最下層の「分類名」を選択(黄色になる)すると、「見積明細一覧」に明細作成フォームが表示されます。

必要な項目を入力し登録します

最下位の「分類名」にのみ、明細の作成が可能です

「見積明細一覧」の「切替」ボタンから、明細の一括編集ができます

既存の見積情報から明細を取込むとき

他の案件情報に登録されている「見積情報」を検索し、明細を取込むことができます

⑤見積明細検索取込 「見積明細一覧」にある「見積検索取込」ボタンから、他の案件情報で作成済みの見積情報を検索し明細の取込みができます 検索時に「階層数」は考慮されていません

見積マスタに登録されている「見積情報」を検索し、明細を取込むことができます

⑥見積明細マスタ取込 「見積明細一覧」にある「マスタ検索取込み」ボタンから、見積マスタに登録済みの見積情報を検索し明細の取込ができます 検索時に「階層数」は考慮されていません

作成した見積明細から「発注書」を作成できますか?

①同じ案件情報の「原価情報」タブにある「見積明細取込み」ボタンから「見積名称」を選択して取込むことができます

(※設定した階層に関わらず、全ての明細を取り込むことができます。)

②取込まれた見積明細は「原価一覧」に表示されます

③発注したい明細にチェックを入れて「発注書作成」ボタンを押すと「発注書」を登録できます

その他の機能を教えてください。

<ボタン種類> <機能> <備考>
検索取込 既に登録されている「見積情報」を全ての案件から検索し、取込むことができます

見積作成日・見積コード・見積名称・契約番号・案件名での検索が可能です

階層数が同じ見積のみ検索が可能です
マスタ取込 見積マスタに登録されている「見積情報」を検索し、取込むことができます

見積コード・見積明細での検索が可能です

階層数が同じ見積のみ検索が可能です
コピー 表示している「見積明細」をコピー(複製)することができます 見積名称に「コピー」として表示されます
印刷 表示している「見積書」を印刷できます 使い方に応じた見積書を選べます
※帳票の種類は設定で変更可能です
ダウンロード 表示している「見積書」のダウンロードができます 帳票のダウンロードができます

初期に選択されている見積情報が変わるのはなぜですか?

前回開いた情報が最初に開く仕様になっています。

調整金額の「変更」ボタンとは?

外税計算の見積を税込金額で表示した際に生じる「税額」の誤差に対応するための機能です

調整金額に入力した金額は「見積金額」に反映されます