運用保守一覧

運用保守一覧

運用保守一覧

概要:ストック型の案件情報を管理します

基幹システムクリックすると画像が拡大します

運用保守一覧に表示されている案件とは?

案件情報の「ストック型案件」にチェックを入れると「運用保守一覧」に表示されます

ストック型案件として登録するのはどのようなケースでしょうか?

提供している商品やサービスが継続的であり、定期的な入金予定が発生するような取引形態の案件の管理に向いています

各項目について教えてください

<項目> <内容> <備考>
次回予定日 ・案件情報「打合履歴」に登録されている最新の「進捗」の「次回予定日」が表示されます 打合履歴に複数の「進捗」が登録されている場合、最新の進捗の「次回予定日」が優先されます
次回入金予定日 ・案件情報「入金情報」入金一覧にある、未入金の入金項目のうち直近の「入金予定日」が表示されます ストック型取引特有の継続的な「入金予定」を、案件情報「入金予定」に登録しておくことで、常に「次回入金日」が表示されるので管理が容易です
入金済み金額(締め金額) ・案件情報「入金情報」入金一覧にある入金済みの「入金金額」の合計が表示されます 案件情報「入金予定」に登録されている項目ごとの「入金金額」の合計がリアルタイムに反映されます
粗利率 ・案件情報の「締め金額」の粗利率を表示しています ①締め金額「金額」=(入金済金額の合計)

②締め金額「原価」=(請求金額合計+現場経費合計+入金手数料合計)

③締め金額「粗利」=①-②

④締め金額「粗利率」=③÷①

  ・案件情報の粗利率が案件分類ごとに設定されている「目標粗利率」を満たしているときは晴れマーク 案件分類ごとの「目標粗利率」はマスタ設定「案件分類」より自由に変更できます

「案件分類」を新たに追加することもできるので、案件情報ごとの「粗利率」をきめ細かく設定し管理することもできます

・案件情報の粗利率が案件分類ごとに設定されている「目標粗利率」を満たしていないときは雨マーク 案件分類ごとの「目標粗利率」はマスタ設定「案件分類」より自由に変更できます

「案件分類」を新たに追加することもできるので、案件情報ごとの「粗利率」をきめ細かく設定し管理することもできます