勤怠承認

勤怠承認

勤怠承認

概要:休日申請の「承認」処理ができます

基幹システムクリックすると画像が拡大します

「勤怠承認待一覧」に表示されているのはどのような情報ですか?

ログイン者が「承認予定者」として登録されている休日申請の状態が一覧表示されています。
ログイン者が「承認権限者※」の場合は、自身以外の承認者を指定した明細も一覧表示され、代理「承認」処理ができます。
チェックボックスに✓を入れ「承認予定者」を選択し「一括承認」ボタンを押すと、まとめて承認処理が完了できます。

「承認」タブ名の横にある赤丸の数字の意味は何?

自身が承認者として申請されている休日申請のうち「未承認」の件数を表示しています。
「承認」処理が完了すると一覧から削除されます。

「勤怠申請承認」処理のフローを教えてください。

<承認パターン> <処理> <状態> <詳細>
承認者が
「最終承認者」のとき
承認 「勤怠情報承認」フォームが開く 「勤怠情報承認」欄の最終✓を入れて「承認」すると処理が完了し、一覧から削除されます
承認日に日付が入ります
次の「承認予定者」
がいるとき
承認 「勤怠情報承認」フォームが開く 「承認」処理を完了すると、一覧から削除され、次の「承認予定者」の「勤怠承認一覧」に表示されます

承認ボタンをクリックすると「勤怠情報承認」フォームが開き「承認予定者」「承認日」などの情報が登録されます

「承認」しないとき 差戻 勤怠承認待ち一覧から明細が削除される 「休日申請」タブの「休日申請」に「削除」「申請」のボタンが表示されます
必用に応じて削除または再申請を行います
承認済みの勤怠を
「確認」したいとき
承認済✓ 勤怠承認待一覧に明細が表示される 「承取」ボタンで承認の取消ができます。
承認済の勤怠を
「取消」したいとき
承取 承認済みの経費一覧から明細が削除される 「承取」ボタンで承認の取消ができます。
承認が取り消された「休日申請」の明細は「勤怠承認待一覧」に再表示されます承認者が複数いる場合は、前回承認者の「勤怠承認待一覧」に再表示されます

「承認者権限※」の設定方法は?

社員情報に登録されている権限が「管理者」および「経営者」の場合は「承認者権限※」の設定をせずに「承認」が可能です。
その他の社員に「承認者権限※」を持たせたい場合は、マスタ設定「承認者設定」の「休日承認フロー」で個別に設定することができます。
権限者がログインした時だけ「承認」ボタンが表示されるので、承認者意外の人が不用意に承認や編集・削除をしてしまう心配がありません。

<承認権限> <承認者権限※の設定> <承認できる範囲>
管理者 マスタ設定をしなくても承認できる 「承認者」に登録されている経費の承認ができる
「承認者」に登録されていない経費の承認ができる(代理承認)
経営者 マスタ設定をしなくても承認できる 「承認者」に登録されている経費の承認ができる
「承認者」に登録されていない経費の承認ができる(代理承認)
経理 マスタ設定「承認者設定」で承認者として登録する必要がある 「承認者」に登録されている経費の承認のみできる
一般 マスタ設定「承認者設定」で承認者として登録する必要がある 「承認者」に登録されている経費の承認のみできる