タスク機能

タスク機能

タスク機能

概要:登録した未完了のタスクが一覧表示されます

クリックすると画像が拡大します

 

案件情報の「タスク情報」と左メニューの「タスク」の使い方の違いは?

各案件情報に関するタスクは「案件情報」の「タスク情報」タブから登録します。

案件に関連しない種類のタスクは左メニューの「タスク」ボタンから登録します。

どちらの「タスク一覧」にも、初期表示されているのは、担当者ごとの「未完了」のタスク情報です。

「完了済表示」にチェック✓を入れると、実行済タスクの確認もできます。

 

左メニューの「タスク」について

①案件情報に登録されている「タスク」を含む、すべての登録済みタスクの確認ができます。

②マスタ管理者以外は「ログイン者」のタスクのみ表示されます。

③初期は「未完了」のタスクが表示されています。

④当日に完了処理をしたタスクは、当日中は表示されています。

⑤実行済のタスクは非表示になっていますが、完了済表示にチェック✓を入れると表示できます。

⑥過去のタスクを確認したい場合は、「担当者」や「期間」等での検索ができます

案件情報の「タスク情報」について

①案件情報に関連したタスクを登録し管理します。

②初期は「未完了」のタスクが表示されています。

③当日に完了処理をしたタスクは、当日中は表示されています。

④実行済のタスクは非表示になっていますが、完了済表示にチェック✓を入れると表示できます

完了列のチェックボックスクリックで、タスクを完了させる

タスク一覧では、簡単にタスクの完了処理ができるように、完了処理したいタスクのチェックボックスをクリックすることで、今日の日付で完了日が登録されます。
本日完了したタスクは、背景色がグレーになり、下に移動します。
前日以前に完了したタスクを表示させたい場合は、帯の完了タスクを表示するにチェックをいれてください。