【随時更新】IT導入補助金2021 最新情報のお知らせ

  • お知らせ

「IT導入補助金」は、経済産業省・中小企業庁が生産性向上を目的に中小企業のITツール導入支援を行う事業です。

2021年度の実施詳細は未定ですが、最新情報が「令和2年度第3次補正予算案お呼び令和3年度予算案等」のオンライン説明会で公表されました。
今回はこの情報に基づく最新情報をお伝えします。

 IT導入補助金事業概要

IT導入補助金は、中小企業庁が実施する「中小企業生産性革命推進事業」で行われる施策のひとつです。
新型コロナウィルス感染症の影響が長期化するなか、感染拡大防止・経済の立て直しを行うための経済構造の転換が目的です。

コロナ以降の新しい働き方・生産性向上を支える補助金制度のうち、設備投資等には「ものづくり補助金」、販路拡大等には「持続化補助金」、そしてITツール導入には「IT導入補助金」が利用できます。

【通常枠 A類型】

通常枠は、バックオフィス業務の効率化などの付加価値向上につながるITツール導入を支援します。対象となる業務の数によってA類型・B類型いずれかで申請することが可能です。

「バックオフィス業務」とはいわゆる事務業務・管理業務のことを指し、営業活動や施工など売上に直結する業務を支援する作業のことです。

申請条件1つ以上の業務プロセスを有するソフトウェアの導入
補助内容補助率1/2、補助額30万円以上、150万円未満

【通常枠 B類型】

通常枠B類型は、A類型よりも多くの業務プロセスを効率化できるツールが対象です。

申請条件4つ以上の業務プロセスを有するソフトウェアの導入
補助内容補助率1/2、補助額150万円以上、450万円未満

【新特別枠類型①(連携類型(仮称))】

特別枠は、新型コロナウイルス感染症への対策を目的とした類型です。事業の非対面化や非接触化へ転換するためのITツール投資が対象となります。

また、特別枠は昨年度(IT導入補助金2020)から申請条件が変更されているため注意してください。

【新特別枠類型①(連携類型(仮称))

申請条件①導入するITツールが非対面・非接触に資するものであること
②業務プロセスが2プロセス以上含まれるITツールを導入すること
③導入したITツールが業務プロセス間において連携し、業務上の情報の共有が行われることで、複数の業務工程が広範囲に非対面化、DX化されること
補助内容補助率2/3、補助額30万円~450万円

【新特別枠類型②(テレワーク類型(仮称))】

申請条件①・②連携類型と同じ、
③導入するITツールがクラウドに対応していること
補助内容補助率2/3、補助額30万円~150万円

 IT導入補助金申請の流れ

2021年度のIT導入補助金申請の流れに変更や新項目の公表はありません。参考までに昨年度の流れを記載しますが、変更される可能性があります。

  1. ITベンダー(ITツールを提供する企業)が事務局に事業者情報およびITツールを登録
  2. ツール導入を希望する中小企業等とITベンダーが補助金の申請

IT導入補助金の特徴として、申請はツールを導入する側の中小企業だけでなくITツールを提供する「ITベンダー」も協力しながら行うという点です。それぞれが必要情報を入力、確認しあいながら申請を進めるため、手続きへの戸惑いや不安を減らすことが出来ます。

 実施開始日は未定

IT導入補助金の第一次公募がいつになるかは現時点では不明です。昨年度は3月中旬に開始されましたが、新型コロナウィルスの影響に応じた臨時対応であったため今年も同じと断定しきれない部分があります。

公募期間は「通年」になる可能性が高い

開始時期は未定であるものの、IT導入補助金をはじめとする本事業は1年を通して公募することが予告されています。2020年度も12月中旬まで申請できたことを考えると、今から準備に慌てる必要はないかもしれません。

本件に関するお問い合わせ先

最新情報が公開され次第、本ページも更新予定です。

本件に関してご不明点等ございましたら、以下までお問合せください。
株式会社アイピア問合せ窓口:078-335-8975(担当:森)

×
アイピアを導入するメリットが解る!もっと詳しい資料があります!建築業の営業・経理・経営管理者は必見!「詳しい資料をダウンロード」