エクステリア・外構業向け顧客管理ソフトおすすめ4選

住宅に欠かせないエクステリア・外構工事は、リフォームなどその他建築工事と同様に丁寧な業務管理が求められる業種です。エクステリア・外構の他関連する造園業などで求められる顧客管理におすすめのソフトを紹介します。

【参考記事】建築業向け顧客管理システム7選

エクステリア・外構業の顧客管理ソフトを選ぶポイント

顧客管理ソフトは数多くあるため、事前準備なく選定を始めると導入までの期間が長引いてしまいます。まずは押さえるべきポイントを整理しましょう。

ポイント①一元管理する

大前提として、お客様に関する情報は「一元管理」するべきです。一元管理とは「ひとつにまとめて管理する」という意味で、作業に応じて様々なソフトを導入するのではなく、ひとつのソフトであらゆる業務を管理することを指します。

一元管理することで管理コストを大幅に削減し、資料などの作成作業を効率化したりお客様の情報をすぐ探し出せて対応力を高められたりと様々なメリットがあります。

ポイント②工事進捗が分かる

下請け工事を主業務とする一人親方でもない限り、会社としていくつかの工事を同時に請け負うこともあるかと思います。

そんな時、原価の管理を各担当者に任せきっていると万が一のトラブルへの対応力が下がるかもしれません。

請け負った工事や商談中の案件の進行状況や利益が一目で分かる仕組みを用意して会社の状況を認識しておくのが重要です。

ポイント③工事原価や粗利の状況が分かる

エクステリア・外構工事では、追加工事や補修などで実行予算通りにいかない場面もよくあります。

現場ごとにていねいな原価管理を行っておかないと「気付いたときには利益がほとんど残っていない」ということにもなりかねません。

エクステリア・外構業の顧客管理ならアイピア

アイピアは、エクステリア・外構工事をはじめとする建築業向けの一元管理ソフトです。顧客情報をはじめ、工事に必要な情報をまとめて管理することが出来ます。

【アイピアでできること(一部)】
顧客管理・DMリスト作成
見積作成
請求書作成・入金管理
原価管理・実行予算作成
発注書作成・業者請求管理
工程表作成
案件進捗管理

お客様単位で必要な情報をまとめて登録できる

顧客管理画面

アイピアの顧客情報は、過去の施工履歴や進行中の案件などをお客様単位でまとめて作成・保存できます。

お名前など様々な情報で検索してすぐ必要な情報をピックアップできるので、リピート客などのお客様対応スピードを大幅に上げることが可能です。

進行中の案件を一覧で確認

営業進捗管理画面

同時進行している工事の進捗状況は一覧表示ですぐ把握することが出来ます。

それぞれどこまで進行しているかだけでなく、現時点での粗利益も把握できるため万一のトラブルも見つけやすい仕組みです。

もちろん、必要な情報を出力できる帳票も用意しています。

出先でも見られるクラウドソフト

アイピアは、インターネット環境があればいつでもどこでもアクセスして利用できる「クラウド型」のソフトです。

事務所内でも「このパソコンからじゃないと情報が分からない」ということが起こらないことや、外出先でスマートフォンからアクセスして情報の確認や入力ができます。

その他おすすめのエクステリア・外構業向け顧客管理ソフト

にわ・なびM

NiwaNaviImage
にわ・なびMは、住宅エクステリア・リフォームの業務管理の中でも「再受注(リピートマーケット)」をいかに増やすかという視点で作られた顧客管理ソフトです。

OB顧客の情報を蓄積し再受注のためのお声がけタイミングを分かりやすくしたり、メンテナンスのご案内などのための販促メールやPRチラシが作成できます。

その他、関連する資料を「ビジュアルシート」というかたちで保存できるのも特徴的です。

ワード、エクセル、PDFなどデータ形式を問わず一元管理できるため必要情報を漏らす心配を減らすことが出来ます。

「にわ・なびM」開発元ホームページはこちら

EXらくらく業務番


EXらくらく業務番は、エクステリア業に特化した業務管理システムです。顧客管理のほか、見積作成、実行予算、入金管理、発注、原価管理など多くの工程をまとめて管理できるので業務が効率化できます。

パソコンに直接インストールして利用する「インストール型」のソフトなので通信速度などに影響を受けず安定した運用が可能ですが、外出先での閲覧等が難しい点には注意が必要です。

現場業務と併せて担当される方の場合、情報入力のために「一旦帰社する」ことが求められます。

「EXらくらく業務番」開発元ホームページはこちら

造園クラウド

造園クラウドは、顧客情報の登録・管理や顧客とのやり取りの進捗状況が把握できる顧客管理ソフトです。

日次・週間・月間のスケジュールや、空きスタッフを探すことが出来る機能が搭載されているので、顧客対応の品質・スピードの向上が期待できます。

また、併せて請求情報や入金情報を管理することも可能です。滞納されている状況や過入金のある状況などイレギュラーな事態もすぐに把握できる仕組みです。

造園クラウドは名前の通り、インターネット環境で利用する「クラウド型」のソフトです。お客様のご自宅など現場での対応後、スマートフォン等で情報の入力ができるため業務効率化が見込めます。

「造園クラウド」開発元ホームページはこちら

まとめ

今回はエクステリア・外構業向けの顧客管理ソフトを紹介しました。ほかの建築工事と同様、様々なイレギュラーに対応したりOB顧客への連絡をしたりと顧客情報の活用が鍵を握ります。ぜひソフトを導入して効率化を図りましょう。

おすすめコンテンツ

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP