建材店とは?販売商品や仕事内容についてご紹介!

建材店とは?販売商品や仕事内容についてご紹介!

建築業などで仕事をしていく上で、欠かせないのが建材です。
この建材の仕入先の一つが、建材店です。
最近はホームセンターの建材売り場も充実しており、業者御用達の大型量販店も増えてきました。
一方、昔ながらの建材店も重要な役割を担っています。
建材店の意義や販売商品、仕事内容についてご紹介します。

建材店とは


建材店とは、建物を建てるための材料、すなわち建材を取り扱う業者のことです。
建築や建設に用いる幅広いアイテムを、工務店やハウスメーカー、ディベロッパーといった建設業者をはじめ、リフォーム業者や外構工事業者、塗装業者や左官業者など建築関連業者に販売を行っている卸売会社です。

建材店の重要性

工務店やハウスメーカーなどが建物を建てる際やリフォームを行う際、その案件ごとに必要となる建材の種類やグレード、数量などは異なります。
あらかじめ建材を大量購入しても、次の工事で使うとは限りませんし、保管しておく場所もありません。
そのため、工事ごとに必要な建材を発注し、現場に届けてもらいます。

必要な建材を必要な量だけ無駄なく利用し、工事をスムーズに進めていく上で建材店は重要な役割を果たしています。

  • 施工管理システム

販売されている商品

建材には幅広い商品があり、取引先のニーズや時代や環境の変化によって、取り扱う商品が多様化されています。
建材店によっても販売商品は異なりますが、たとえば、以下のような商品を扱っています。

  • 基礎工事用資材
    鉄筋、吊幅留め金具、型枠剥離剤など
  • 外壁材
    サンディングボード・モルタルなど
  • 鋼材や骨材
    鉄筋、ワイヤメッシュ、差筋アンカー、メッシュ型枠など
  • エクステリア商品
    玄関ドア・サッシ・網戸など
  • 住宅設備商品
    システムキッチンユニットバストイレ・洗面化粧台など
  • 和素材
    畳・障子・襖など
  • 左官資材
    セメント系下地調整材・左官用混和材・タイル用の圧着セメント・漆喰など
  • 土木・舗装用資材
    常温合材・地盤改良材・路盤用骨材・防水シートなど
  • その他
    断熱材・石膏ボード・ベニヤ・合板、工具や道具類

建材店の仕事内容


建材店の主な仕事内容は商品の提案・販売、資材の運搬、仕入れ、倉庫管理です。
以下で詳しく見ていきましょう。

商品の提案・販売

建材店は反響営業だけでなく、積極的に建築業者を回り、建設現場に出向いて提案や受注を得ることも仕事の一つです。
次回の工事に必要とされる商品を受注するだけでなく、直接取引先に出向いて打ち合わせや商談を行い、取引先のニーズを満たす商品を提案・販売することが求められます。

こうした取引先の新規開拓だけでなく、力を入れている商品や特定のメーカーの販売代理店などになっていれば、新商品などの説明を行い、新たに採用してもらえるよう売り込むこともあります。
提案や販売にあたっては、図面からの積算業務や見積書作成、納入する商品の納期の打ち合わせなども欠かせません。

積算業務とは?必要となるスキルや資格について一挙公開

資材の運搬

受注した商品は取引先と約束した納期に、取引先の保管場所または直接工事現場に届けます
納期に遅れた場合や商品間違えや数量不足などが起これば、工事の着手ができない場合や工事の進捗に大きな影響を与えます。
注文通りに確実に運搬することが重要です。

仕入れ

取引先と打ち合わせて納品が決定した商品の仕入れを行います。
国内の建材メーカーをはじめ、輸入建材については商社などが仕入れ先です。
仕入れに伴い、原価管理や納期の調整を行うことや自社の倉庫の在庫状況を把握し、今後の出荷予定を予測して、適切な在庫数量の管理も欠かせません。

倉庫管理

仕入れによって発注した建材商品は、倉庫に納品されます。
入荷したら速やかに商品の名称や型番、数量に誤りがないか確認を行います。
数量等の確認だけでなく、取引先に納品した際に破損して使い物にならないのでは取引先に迷惑が生じるため、入荷段階での破損のチェックも欠かせません。

改めて手配すると納期が何週間もかかる商品もあるため、入荷したら速やかに確認を行い、万が一破損があった場合には速やかに代替品を手配するなど、きめ細やかな対応が必要です。
納期に正確に納品できるよう、スケジュール管理を行い、商品と数量を検品したうえで運搬担当者に連携します。
倉庫管理業務は営業、仕入れ、運搬など各業務担当者と密接に関わり、互いが連携し合って一連の業務を担っています。

  • 施工管理システム

リフォーム・工務店の工事管理なら『施工管理システム アイピア』

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。 さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。


まとめ

建材店とは建物を建てるために必要な幅広い商品を、工務店やハウスメーカーなどの建設業者やリフォーム業者などに販売している卸売業者です。
各工事現場で必要となる建材を無駄なく、スムーズに仕入れて無駄なく活用していくために、建材店は重要な存在です。

建材店の仕事内容は商品の提案・販売、資材の運搬、仕入れ、倉庫管理で、互いの業務が連携し合っています。
取引先から要望された商品を納期通りに、確実に現場まで届けることが求められます。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

執筆者情報

side bnr

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ