経営

【リフォーム会社の集客ノウハウ】インスタグラム編

一つの画像と少しの言葉で全世界の人と繋がることが出来るインスタグラム。
今回はこのインスタグラムで集客をすることがどういった効果を生むか書いていきましょう。

インスタグラムの概要

若者の間で流行しているという印象のあるインスタグラム。
ですが、その利用者の割合をみると、実はそんなこともないのかもしれません。

インスタグラムの利用者数

国内のSNSの中でインスタグラムの利用者数は現在2,900万をこえています。
しかしこれはSNSの主なものを見てもあまり多い数字とは言えません。

現在日本で一番使われているのはLINEです。
この数字はなかなか超えることは無いと思いますが、
インスタグラムの利用者数で注目すべき点はその増加率にあります。

このように、2014年から2018年の公式発表での推移をみると、
右肩上がりののち、伸び率も上がっていることが分かります。

インスタグラム利用者の年齢層

インスタグラムというと、若い女性がおしゃれなカフェやクレープを
「映え」とアップしているというイメージですが、
驚くことに、インスタグラムの利用者の年代1位は「40代」なのです。
sns-users-instagram
参照:5大SNSユーザー数

このように、意外にも中高年が多く、男女の割合にもあまり差はありません。
やはり、写真一つでより簡単に自分の情報を発信できるという点で、
インスタグラムは優れています。

インスタグラムの活用法

では、そのインスタグラムを集客に使うにはどうすれば良いか、考えていきましょう。

ハッシュタグを多くつける

インスタグラムには、最大30個のハッシュタグがつけられます。
ハッシュタグは、一つの投稿から何千、何万と他の投稿を見られる便利な機能です。
これを逆手に取り、お客様がリフォームを考えているときに
分かりやすいハッシュタグを出来るだけいっぱいつけましょう

例えば、「名古屋市でトイレのリフォームをした」時に、
リフォーム後のトイレ写真と共に、
「#名古屋リフォーム」「#トイレリノベーション」や、
ときには「#ピカピカのトイレ」のような感覚的なワードでも、
お客様の目には留まるかもしれません。

更に、「#ママが楽しくなる」というハッシュタグを、
トイレ、キッチン、お風呂などのリフォーム写真に入れておくと、
奥様方に向けたリフォーム提案も可能です。

プロフィールはしっかりと

個人で使われているアカウントですと、プロフィールは簡単に書かれていたり、
時には何も書いていないプロフィールも見かけます。
ですが、企業の為のインスタではそういうわけにはいきません。

リフォームの写真がお客様の目に留まった時に、
何の投稿なのかが分からず、
「きれいなキッチンだなー、どこのメーカーだろう」や
「おしゃれな家はいいなあ」で終わってしまい、
会社の宣伝にならなくなってしまいます

ハッシュタグの活用と共に、会社の情報や、
インスタグラムでどんな情報発信をしているかなど、
お客様がフォローするメリットを伝えることが出来ます。

でも、フォロワーが少ないと意味ないんじゃないの?」と
思われるかもしれませんが、フォロワーが少なくても効果的に購入へつなげる方法もあります。
それは、購入方法や予約方法などを明記しておくことです。
実際に、リフォームをしたいと考えているお客様で、
自社の写真に目が留まっても、会社名だけわかっている程度では
なかなか申し込みには至りません。
そこで、「この製品の問合せはこちらから」というように、
お客様の次のアクションを誘導することで、より効率的な集客に繋がります。

ストーリー機能を使ってみる

ストーリー機能は、いわば「24時間限定配信」なので、
そこに対してお得情報を発信してみたり、
今流行りの製品などを紹介してみたりすることで、
お客様が自社の発信にたいして触れる機会を増やすことが出来ます。

こういった動画を使っていく方法は、あまりつかっている会社はありません。
他がやってない事にも挑戦してみるのも、一つの手かもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。
インスタグラムなんて、会社の集客で使えるわけないでしょ、と思っている方もいらっしゃるかと思います。
ですが、お客様の家をきれいにするリフォーム会社だからこそ、
キレイになった時の写真を出したり、ビフォーアフターを入れたりすることで、
より感覚的に分かりやすくお客様へ情報の発信ができ、
使い方次第でお客様の関心度を上げ、実際の集客につなげることも可能です。
一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事