アイピア、クラウド業務管理が人気

アイピア(兵庫県神戸市)が開発・販売するクラウド業務管理システム「アイピア」を利用するリフォーム事業者が増えている。2年ほど前に開始し、利用者は約50社。8~9割がリフォームなどの建築事業者だ。

アイピア クラウドシステムでリフォーム業の効率化を図る

 同ソフトは、顧客管理、商談進捗管理、見積もり作成、原価管理、発注書作成などがクラウド上で行えるというもの。さまざまな機能があるにもかかわらず、基本プランは月2万円から利用できる手軽さが人気だ。元々エクセルなどで業務管理をしていた会社の利用が多い。

 特にリフォーム会社から支持されている機能はクラウド上で発注書が作れ、案件ごとに原価がわかる点だと森社長。「どの会社にいくら発注したのかが一目で分かるようになっているので、粗利がわかりやすい。発注書を出したかどうか忘れてしまって、後々知らない請求書が来て困ってしまうといったケースを防げます」(森社長)

 さらに、入金予定管理機能もあり、代金回収もしやすくなる。また、クラウドのため営業先や工事現場でもいつでも情報が見られる点も効率的な働き方につながる。

 森社長は「機能を充実させることにも力を入れていますが、どう使いやすくするかに気をつかって開発しています。例えばクリックするボタンを大きくするなど、誰でも利用しやすいシステムにしたい」と話す。今後は200社を超える導入企業を目指す。

https://www.reform-online.jp/news/reform-shop/16453.php