アイピア

PDCAとは?もう古いと言われている今だからこそ確認しておきたい

PDCA もう古い サイクル フレームワーク

今さら「PDCA?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、
社会人のみならず、学生でも知っている「PDCA」ですが、日々の業務で「PDCAサイクル」を
回せている方は少ないです。

マネジメントスキルの中でもメジャーなので、改めて振り返ってみましょう。

PDCAサイクルとは

みなさん周知だと思いますが、
P(Plan:計画)、D(Do:実行)、C(Check:評価)、A(Act:改善)の頭文字をとって
PDCAサイクルといいます。

PDCAサイクルを回していくことで、業務の品質や改善を行うことが目的です。
多くの方が知っているが、なかなかで思うようにできていないというのが現実です。

簡単にPDCAの歴史について説明をすると、
PDCAサイクルはもともと品質管理の手法として考えられたものです。
米国のウィリアム・エドワード・デミング博士が提唱し始めたといわれていています。

P(Plan:計画)

まずは、Planからですが、計画とは具体的には何を決めていけばよいでしょうか?

ポイント1:細分化する
「Who:誰が」「When:いつ」「Where:どこで」「What:何を」「Why:なぜ」「How:どうやって」「How much:いくらで」と、「5W2H」で細かく計画していくことが重要です。

 

ポイント2:目標と計画を分けて考える
Planを設定する際に「目標:売上5億円」や「目標:契約数:30件」といった数値が出てきますが、
これは目標であった、目標を「どうやって」達成するかの計画がありません。
Planを設定する際は目標と計画の両方を設定しましょう。

D(Do:実行)

Planの設定が完了したら次はDoに移っていきます。
Do(実行)ということで、ただ実行をすればよいという訳ではございません。

ポイント1:適正な評価ができる仕組みを作る
次項のC(評価)で適正な評価ができる仕組みを作っておく必要があります。
基本的は実行した内容をきちんと残しておくことです。
残すべき項目については次項のC(評価)で説明します。

ポイント2:スムーズに実行ができる仕組みを作っておく
計画通りにD(実行)を行うために報連相のやり方を決めておく必要があります。
例えば、こういったことはありませんか?

・報告がない
・もっと早く報告してほしかった
・その報告はメールじゃなくて直接だろ

これは、報連相のルールを事前に決めていない為に発生します。
マネジメントが上手な人は、報連相に関する指示を、「事後」ではなく「事前」にしています。

計画と実績がずれないようにするためには、進捗を把握し、

ずれが生じている場合には即座に軌道修正を行う必要があるので、
報連相の頻度やタイミング、欲しい内容や手段などを事前に決めておくとよいでしょう。

C(Check:評価)

​​ポイント1:数値で評価する
個人の感覚や感想ではなく、誰もが共通認識できる数値で評価するようにしましょう。
例えば、売上に対する評価をする際に指標として、量・質・時間・スピードがあります。

:提案数や見積書作成数などの行動量で評価します。
:売上で言うなら営業の質、つまり契約率になってきます。
時間:そもそも全体の業務の中で、計画通りの量が行えるだけの時間を割くことができたかどうかです。
スピード:1件の提案や見積書作成にかかる時間です。1時間かかる人もいれば30分で終わる人がいた場合、 より早い時間で終わるように目指します。

A(Act:改善)

評価ができたら結果に対しての改善や、
このプロジェクトの継続していくのか?といった全体のことを含めて改善をしていきます。

ポイント1:Pにつながる改善を意識する
PDCAサイクルのサイクルになるかどうかはこのA(改善)にかかっています。
P(計画)につながるように改善を行うことで、次のPDCAサイクルに移ることができます。

PDCAサイクルが回らない問題点

PDCAサイクルがうまく回っていない企業のほとんどが、
やるべきことに追われて日々が過ぎていくという理由で、C(評価)を怠っていたり、
計画を立てても結果がついてこないという状態です。

C(評価)ができていなければA(改善)もすることもできませんし、
ましては、Pに戻ることもありません。

PDCAサイクルを回していく場合は、必ず回すというところを意識してやっていきましょう。

PDCAサイクルに代わる手法?OODAループ

​​OODAループという言葉をご存知でしょうか?読み方は「ウーダ」と読みます。

ビジネス雑誌やWEBなどで「PDCAは古い!これからはOODAだ」と書かれています。

OODAとは、
Observe:(観察)
Orient:(情勢判断)
Decide:(意思決定)
Act:(行動)

の頭文字になります。

OODAループについて詳しく知りたい方は別記事がありますので

こちらからご覧ください。

「OODAループはPDCAにとって変わるのか?」

まとめ

​いかがでしょうか?
PDCAサイクルを回すためのポイントは理解できましたでしょうか?

特に気を付けてほしいことは下記です。

P(計画)は5H2Wの考えのもと計画する
Cは適正な評価ができるように数値化する
C→Aまできちん回す

最後に出てきたOODAループもPDCAサイクルは
業務をよくするためのノウハウになるので、PDCAサイクルがなくなることはありません。
結局はそのノウハウを使う人が上手に使いきれるかになります。
業務の中でしっかりとPDCAサイクルを回していけるようにしましょう。

関連記事

  1. CRM 顧客管理 業務改善 Excel 限界 【CRMで改善】Excelでの顧客管理に限界を感じた時が業務効率…
  2. 基幹システム 管理システム 種類 こっそり教えます!基幹システムってこんなに種類があるの?導入する…
  3. 建築 業務改善 アイピア 原価管理 顧客管理 システム 建築会社が業務管理システムを検討する際に気を付けるべきポイント
  4. 建築業 業務管理システム リフォーム 建築会社必見!業務フローにマッチした建築業向け業務管理システムと…
  5. 業務改善 提案 課題 提案書 書き方 業務改善を提案する。企業の利益向上につながる課題発見の視点とは?…
  6. Excel エクセル 基幹システム 乗り換え 業務管理 Excel管理から基幹システムに乗り換える企業が急増。その理由を…
  7. 属人化 見積 案件 情報共有 【属人化を防ぐ】活用シーンで見る営業の業務が見える化するアイピア…
  8. 建築 リフォーム 原価管理 粗利管理 システム 建築会社が抑えておくべき原価計算と原価管理とは?

おすすめ記事

  1. マーケテイングオートメーションとは?|機能と導入効果から学ぶ導入のメリット マーケティングオートメーション MA 集客 自動化 業務改善 業務効率向上
  2. ガントチャートツールを活用したらプロジェクト管理の業務効率は改善するのか? プロジェクト管理 ガントチャート 業務改善 情報共有
  3. 【最初に見る】業務改善を行う際に知っておきたい11のポイント 業務改善11のポイント

おすすめ記事

経営理念作り方 経営理念の作り方|経営者の想いを形にする方法

企業ホームページに「経営理念」を掲載している企業が多くなってきました。おしゃれな企業だと「クレド」と…

基幹システム 情報系システム 情報共有 比較 基幹システムとは?企業の基盤となるシステムと情報系システムを学ぶ

みなさん基幹システムをご存知でしょうか?基幹システムというと私はERPをイメージするのですが、皆…

建築業 業務管理システム リフォーム 建築会社必見!業務フローにマッチした建築業向け業務管理システムとは?

建築業の業務管理の現状建築業界では顧客管理や案件管理をするためのシステム導入は進んで…

社内Wiki 情報共有 社内Wikiで情報共有をする際のメリットと注意点とは?

情報共有ツールが注目を浴びています。社内チャットやファイルストレージなど様々な情報共…

業務改善 提案 課題 提案書 書き方 業務改善を提案する。企業の利益向上につながる課題発見の視点とは?

業務改善を提案したが却下されたということはありませんでしょうか?業務改善は企業が今よりもより良い…

営業日報 情報共有 業務改善 形骸化 その営業日報、形骸化していない?営業日報の4つ目的と書く際のポイントとは?

営業日報を運用すると様々な効果があります。しかし、多くの企業で形骸化しているのが現実としてありま…

PAGE TOP