初心者用!セミナー集客についての基礎学習。

集客方法には、イベント集客、Web集客、セミナー集客など多くの方法があります。
本記事では、セミナー集客について目的・効果・内容・集客方法の基本的な基礎知識を学ぶことができます。

集客方法一覧

・セミナー集客
・ホームページからの集客
・メディア運営からの集客
・SNS(twitter・facebook・インスタなど)
・テレビCM
・ラジオ
・メルマガ
・紙媒体(チラシ、FAX)など
・イベント集客
・ランディングページ
・動画メディア(youtubeなど)
・紹介、人脈
・団体に所属する

集客一覧については、下記の記事が参考になります。
集客の方法総まとめ! あなたにも使える63のアイディア

セミナー開催の目的と効果

セミナーを開催するにあたって、まずは、目的を明確にする必要があります。
・自社の商品を購入してもらいたい
・自社の商品の見込み客を集めたい
・自社のブランド力を上げたい
・多くの名簿を獲得したい

目的によって最適なセミナーを開催する必要があります。
よくありがちなのが、『自社の商品の見込み客を集めたい』が本来の目的なのに、
ただ、名簿を集めるセミナーになってしまい、セミナー開催後に、なんの効果も得れないなど。
この場合、セミナーの内容がそもそも、自社と無関係になってしまっているケースがあります。
もしくは、ペルソナがずれてしまっているなど。
※ペルソナ:具体的なお客様のイメージ

セミナーの内容について

セミナー内容をきめる。
・コンセプトの設定
(自社のセミナーを受ける理由を考えます)
・ターゲット(ペルソナ)を設定
具体的に誰に向けたセミナーなのか
・セミナーの内容を決定
コンセプト・ターゲットから、講義内容や勧め方(講義・体験)を決定します
・目標の設定
セミナーの集客目標・満足度目標など目標を設定

セミナーの集客方法

セミナーを開催するとなっても、集客は簡単ではありません。
経験や知識がなければ、自社だけで、集客するのは困難でしょう。
資金がある場合は、外部委託するのが手っ取り早く確実です。

・オフラインでの集客(紹介・知り合い・団体などのから集客)
一番集客率が高いのは、やはり紹介になります。
自分のネットワークに、簡単に宣伝できるキャッチフレーズや紹介チラシなどを作成しておきましょう。

・ホームページ・ブログ集約
自社のホームページ・ブログから宣伝。
PV数や、対象者のアクセス数が多いことが前提となり、普段からのホームページ・ブログに力を入れておく必要があります。
PV数が少ない状態で、宣伝しても効果は0に等しいです。

・同業者のセミナーに参加する
同業者のセミナー参加者は、勉強意識の高い人や、自身のセミナーにも興味を持っていただける可能性が高いため、
積極的に参加し、人脈を構築するといいです。

・SNSでの集客(twitter、facebookなど)
 SNSで集客に活用する場合は、すぐには難しいです。
普段からつぶやいたり、いいねボタンで様々な方と交流を持つ必要があります。
最低でも有効なフォロワー数は1000人程は必要でしょう。

・外部に集客を委託(専門家)
外部の専門家に依頼するのが一番確実です。
人脈や、宣伝ルートを既にもっているため、自社では難しい集客も代行してくれます。
費用対効果を考慮し考えてください。

・有名講師・実力者をを招待する
 有名講師・実力者が参加するというだけで、十分集客効果があります。
極端にいうと、ビル・ゲイツが参加しますって聞いたら、参加したくなりますよね。

他にも下記の内容もあります。

・チラシを作成・配布
・FAX・DMを活用する
・広告を出す(Facebok広告・PPC広告・インフルエンサーへの依頼)
・セミナーを相互に紹介する
・申込者から同行者を連れて行きやすくする
・セミナーのキャッチコピー・効果を明確にする

セミナー集客で一番お勧めなのは、SNSの活用です。
SNSで自社の価値をアピールし、多くの方と交流を深めておくこができれば、
金額の高い、広告や外部に委託しなくても、効果を発揮できます。
自分自身がインフルエンサーになってしまえってことですね。
※SNS活用方法については、別に記事を作成します。

さいごに

セミナーを開催することは、見込み客の名簿を獲得できるだけではなく、
自社のブランド力アップにもつながります。
最近では、オンラインセミナーなど、どこからでも参加できるセミナー方法もあります。
積極的に活用してはどうでしょうか?