アイピア

ERP(基幹システム)の導入失敗|多くの企業が間違っているERPの導入方法とは?

ERP 基幹システム

近年クラウドERPパッケージ(以降ERP)や国産のERPの登場により中小企業のERPの導入をする企業が増加しています。しかし一方で、「ERPの導入を失敗した」という話も増えています。

企業全体の業務に関わるERPの導入失敗は影響範囲も大きいので、「失敗したから他のシステムに変えよう」といったように簡単には変更することはできません。

この記事ではERPの導入を失敗した理由についてみていきます。ERPを検討している企業で下記の内容に当てはまる項目があった場合は注意しましょう。

それでは見ていきます。

 

ERPとは?

ERPとは、(Enterprise Resource Planning)の略で、日本語では「統合基幹業務システム」と訳されます。ERPの目的は、企業の全体最適化であり、企業が所有している「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」を適切に管理と活用することで、経営効率を向上させることです。

ERPについて詳しく記載したページがありますので、気になる方はこちらからご連絡ください。

ERPの導入を失敗の理由

ERPの導入は決して簡単ではありません。多くの企業が失敗をしています。そこで、ERPの導入を失敗した企業から聞いた話をもとに私なりにERPの導入を失敗した理由を考えてみました。当てはまる項目がないか確認してみてください。

  • 現場担当者が入力しない
  • 運用方法が決まっていないまま導入をした
  • 自社の業務にあっていないERPを導入した
  • システム部門やベンダーに丸投げしている
  • ゴールが明確になっていない
  • 使用感を確認しないまま導入した

それでは、各項目の内容を確認していきます。

現場担当者が入力をしない

「導入をした際に、現場が入力ができるか?」というのは、多くの企業がERPを導入する際に気になることであり、実際に現場が入力をしないということで導入を失敗した企業が多いです。

理由としては、「業務にあっていないERPを導入した」「UI(インターフェース)が良くなく使いづらい」「機能が多くてよくわからない」「社員のITリテラシーが低い」などが考えられます。

 

運用方法が決まっていないまま導入をした

運用方法が決まっていない場合も現場に定着しづらくなります。なぜなら、入力する目的や活用方法がわからなければ、現場の担当者もERP使用の優先順位が下がりますし、ERPを使っていくことのやる気が起きません。逆に不満につながることもありますので、気を付けましょう。

 

自社の業務にあっていないERPを導入した

ERPパッケージの場合、パッケージになっている以上、やりたいことが全て出来る。もしくは自社のやり方がそのまま出来るERP無いと言ってもいいでしょう。多少なりとも機能ややり方をシステムに合わせる必要があります。

自社の業務にあっていないとは例えば、少額で件数をまわして売上を上げている企業が入力項目や機能が多いERPを導入しても現場がまわらなくなります。逆もあります。高額で件数が少ないビジネスに簡単さを売りにした入力数や機能が少ないERPを導入した場合、やりたいことができずERPとしての役割を果たすことができません。

業種に特化したものやカスタマイズ性が高いERPもありますので、自社の業務にあったERPを探すようにしましょう。

 

 

システム部門やベンダーに丸投げをしている

ERPは企業活動の広範囲をカバーするシステムである以上、使う人や影響も全社的になります。経営者を含む管理職やシステム担当者のみでERP導入を進めていくと危険です。

経営視点では素晴らしいERPでも現場視点で見た場合、使えない。といったことは多くの企業で起きています。ERPを検討する際は、管理職やシステム担当、営業、経理など各業務を行う人の意見や場合によっては説明を一緒に聞いてもらうと、導入後に現場とのギャップが少なくなりスムーズな運用をスタートすることができます。

また、ベンダーに丸投げしている企業も失敗する傾向があります。ベンダーはシステムやERPの知識はありますが、ユーザー企業の業務内容や業務プロセスについては知りません。ユーザー企業の事業内容や業務プロセスをしっかりと理解した社員がベンダーと密に打ち合わせをしなければ、最適な導入は不可能なのです。

 

ゴールが明確になっていない

ERP導入に向けた取り組みでは、パッケージ機能と業務のすり合わせ、業務フローの見直し、データベースの設計など、さまざまな判断が求められます。その指針になるのがERP導入の目的、つまりプロジェクトのゴールです。具体的な目的があいまいなままスタートしたプロジェクトは、どれだけ優秀なメンバーを集めてもほぼ間違いなく暗礁に乗り上げてしまいます。

ERP導入では、何よりもまず具体的なゴールを設定することが重要です。まずは明確な目的と段階を踏んで実現したい目標とを、時間軸に沿って設定することをおすすめします。

 

使用感を確認しないまま導入した

ERPの導入を検討する際は、必ずデモやトライアル版を利用するようにしましょう。商品資料やベンダーの説明だけ導入を決めると、導入をした後に使い勝手が悪かったりやりたことができなかったりします。

デモやトライアル版を実際に使ってみると、商談時は漏れていた必須の機能や項目、普段は当たり前にようにやっていた為に気が付かなかったポイントにも気づくことができて、導入後のイメージもつきやすくなります。

 

オススメERP比較

ERP導入を検討している方向けに、クラウドERPを中心に会社の規模別で比較をしましたので、ぜひ参考にしてください。(中堅企業向けERP4社、中小企業向けERP3社、小規模企業向け3社)

ERP 基幹システム 比較

まとめ

ERP導入をすでに検討している企業の中で、今回の導入失敗の理由に該当する項目がある場合は、一度プロジェクトの見直しをしてみてはいかがでしょうか?

ERPを導入し運用することで、企業の生産性や業務改善は大幅に向上します。ERPの導入を成功させるためには、上記の失敗理由を対策すれば自然とERPの導入失敗を回避することができるでしょう。

関連記事

  1. 業務改善 提案 課題 提案書 書き方 業務改善を提案する。企業の利益向上につながる課題発見の視点とは?…
  2. ITコンサルタント 無料 いまアイピアを導入するとITコンサルタントサービスが無料!!
  3. 報連相 情報共有 共有義務 本当の意味 情報共有の基本「報連相」はもう古い?ほとんどの社会人が間違えてい…
  4. クラウド管理システム|災害で被害が出る前に切り替えよう!
  5. 基幹システム 情報系システム 情報共有 比較 基幹システムとは?企業の基盤となるシステムと情報系システムを学ぶ…
  6. 業務改善 ITツール 活用 情報共有 業務改善に活用できるITツール9選
  7. ただ登録できるだけでは無意味!正しい勤怠管理システムの選び方
  8. 建築業 業務管理システム リフォーム 建築会社必見!業務フローにマッチした建築業向け業務管理システムと…

おすすめ記事

  1. 現場写真が管理できる基幹システム 現場写真 共有 粗利向上 見積作成
  2. これで出来る!PDCAサイクルをうまく回しきる為に必要な事とは? PDCAサイクル 業務改善
  3. 基幹システムで見積管理!Excelから変えるべき理由とは? 見積ソフト 基幹システム 情報共有 建築 リフォーム

おすすめ記事

人事管理システムとは?多くの企業でやっているようでやっていない管理!

人事管理とは?人事管理とは、社員に関する情報を一元で管理し、社員情報をもとに給与や勤怠や昇進…

Wiki 属人化 業務改善 情報共有 社内Wikiで属人化を防ぐ仕組みを作る

働き方改革の煽りを受けて、業務改善や属人化が注目を浴びています。多くの企業で、すでに業務改善や属…

購買の作業が1/2以下に?!バックオフィスの業務改善になる購買管理システム10選

購買管理システムとは購買管理システムとは、企業が業務を行っていく上で必要なモノやサービスを購入を…

「PIA DMP」、CCIが提供する「BEYOND X PMP」へのデータ提供を開始

ぴあデジタルコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長島靖弘)は、国内…

リフォーム 工務店 見積 システム ソフト リフォーム会社が見積システムを検討する際に押さえておくべきポイントとは?

リフォームは家の構造やリフォーム内容や依頼する業者によって費用が変わってきます。その為、毎回見積…

OODAループ PDCA 業務改善 フレームワーク OODAループはPDCAにとって代わるのか?

「PDCAサイクルを回すように」ビジネスの世界で長年言われてきました。しかし、昨今の…

PAGE TOP