アジテーターとは?詳しく解説します!

アジテーターとは?詳しく解説します!

アジテーターという言葉は、大衆を率いる人に対して用いられる言葉で、政治・音楽・建設の各分野で使用されます
それぞれの分野で持つ意味は違ってきます。

この記事では建設業者の方に向けて、建設の分野でのアジテーターの意味について特に詳しく解説していきます。

アジテーターとは

アジテーターとは、「大衆を扇動する人・扇動者」という意味を持つ言葉です。

「扇動」の意味は、自分の思うままに相手の心をかき乱すなどして動かそうとする人や、人の気持ちを煽り立てることで行動するように仕向けることです。

アジテーターの由来は、英語の「agitator」という単語で、「扇動者・運動員」「政治的な活動者」という意味を持つ単語です。
また、「agitate」という英単語には「かき混ぜる」という意味があることで、「撹拌機(かくはんき)」という意味で「agitator」と使う場合もあります。

アジテーター(wikipadia)

大衆を扇動する人

アジテーターは主に、政治的な意図をもって大衆を指揮したり、特定の世論を形成するために動く人のことを指します。

リーダーとの違いとしては、リーダーは勇気や希望をもって先導し、アジテーターは恐怖や怒りで扇動するという点があります。
なのでアジテーターは、単に大衆を「動かす」というよりも「自分の意のままにコントロール」しようとする意図があります。

例としては、自らの主義や主張を掲げ民衆を指揮し、政治を動かした歴史上の偉人などはアジテーターだといえるでしょう。

音楽のパートのひとつ

音楽の分野でのアジテーターとは、「観客を盛り上げる役割」を意味します。
ライブ会場などで、観客を煽り会場を盛り上げ、一体感を高めるような場面がありますが、その役割を担っている人が「アジテーター」です。

これはボーカルが担うケースも多くありますが、ボーカルなしの楽器のみで構成されるインスト形式では、メンバーの1人がアジテーターを担うバンドも存在します。

生コンクリートを作る機械・装置

建設の分野でのアジテーターとは、「生コンクリートを撹拌する機械(装置)」のことを示します。
具体的にいえば、コンクリートを練り混ぜた後、コンクリートが固まらないように撹拌する機械(装置)です。

この装置を備えたトラックのことを「アジテーター車(トラック)」といいます。

コンクリートミキサー車じゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、見た目は同じでも厳密にいえばこの二つは異なるものです。

その違いについてはこの記事で後述します。

▼ブリーディングについての記事はこちら
ブリーディングとは?原因からコンクリートひび割れなどの対策までご紹介!

  • 施工管理システム

アジテーター車とは


アジテーター車とは、生コンクリートが固まらないように撹拌する機械が備え付けられたトラックのことです。

生コンクリートは放置すると成分が分離してしまうため、分離しないよう回転(撹拌)しながら工事現場へ届ける車です。
アジテーター車は以下のような装置や部品を搭載しています。

ドラム

生コンクリートを詰めるための円筒状の容器です。
内部にらせん状のプレートが付いており、走行中は常にドラムが開店することで生コンクリートを撹拌しています。

ホッパ

ドラムの上部にある、バケツのような部分です。
そこからドラムに生コンを流し込みます。

シュート

工事現場でコンクリートを流し込む際に、シュートと呼ばれる滑り台のようなもので流し込みます。
上下左右に動かすことができ、どんな場所にも運ぶことができます。

その他、ドラムやホッパ、シュートを洗浄するための水タンクや水ポンプ、汚水受け装置なども備え付けられています。

アジテーター車とミキサー車の違い

アジテーター車とミキサー車は似たようなもので、実際見た目だけでは判別がつきません。

しかし、その役割をそれぞれ説明するなら

ミキサー車・・・ドラムにコンクリートの材料であるセメント、骨材、水などを直接入れ練り混ぜながら運ぶ車
アジテーター車・・・工場であらかじめ練り混ぜた生コンクリートをドラムに入れ、固まらないように混ぜながら運ぶ車

という風に異なるものです。

現在は一昔前よりも生コンの管理基準が厳しくなっており、工場で品質管理をし試験をクリアした生コンを出荷するようになりました。
そのため、ドラムの中で材料を練り混ぜながら車を走らせるという事はほぼなくなっています。

なので、現在道を走っている車は厳密にいうと、既にできた生コンをドラムで練り混ぜながら走行する「アジテーター車」だということになります。

▼業務効率化に使える建築業向けクラウドシステムおすすめはこちら
業務効率化に使える!建築業向けクラウドシステムとは?おすすめも紹介

  • 施工管理システム

建築業向け業務管理システム『アイピア』

業務を効率化するための便利なITツールはたくさんあります。
建築業に合ったシステムは何か、と悩む方もいるのではないでしょうか。
そこで、誰でも簡単に業務の管理・共有ができる『施工管理システム アイピア』をご紹介します!
建築業向け管理システム アイピア
アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。

  • 情報が連動するため金額や顧客名など関連する情報を何度も入力する手間が無く、作業時間が短縮可能!
  • お客様の情報が共有されるので担当者でないとわからないといった属人化を防げる!
  • 書類作成はワンクリック!売上・粗利も一目で分かる!
  • アイピアの見積は5階層まで対応しているので小規模工事から大規模工事の見積を作成可能!
  • 見積をもとに原価計算から発注までワンクリックで完結!

まずは、体験デモで使用感を体感してみませんか?

まとめ

いかがだったでしょうか。

アジテーターには、大衆を扇動する人という意味のほかに、撹拌機という意味もあることを解説しました。
分野に合わせて、アジテーターの意味は変わることになります。

また、普段見かける「ミキサー車」は、正確には「アジテーター車」と呼ぶことが分かったかと思います。

建設に関わらない人でも、ひとつの知識として覚えておくとよいかもしおれませんね。

執筆者情報

side bnr

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ