建築業に役立つノウハウ集

施工管理システムを比較!導入するメリットや機能、選び方まで解説

施工管理システム

施工管理システムは工事管理をデジタル化して、現場の仕事を効率化するためのシステムです。導入によって、管理作業をペーパーレス化してコストカットするとともに、ミスをなくして生産性アップにつなげることが可能になります。

本記事では、施工管理システムが備えている基本機能や導入するメリット・デメリットを解説するとともに、おすすめの製品を紹介します。

施工管理システムとは?

施工管理システム
施工管理の仕事は多岐にわたるため、業務効率が悪くなり、ミスも発生しがちです。最新技術の導入が加速する工事現場では、従来の人手による管理だけでは間に合わなくなっています。このような課題をまとめて解決するうえで役に立つのが、施工管理システムです。
ここでは、システムの概要と基本的な機能について解説します。

工事の各種データを一元管理するシステム

施工管理システムとは、工事に関するデータを一元管理するシステムのことです。資金管理や工事の進捗確認などの煩雑な情報をまとめて管理できるため、業務を効率よく進められます。現場の生産性を高めるためには、システムの活用が必要不可欠です。

最近では場所やデバイスを問わず利用できるクラウド型のシステムも増えています。多種多様な製品が登場しているため、よく比較検討して導入を判断することが大切です。

施工管理システムの基本機能

施工管理システムの基本的な機能は9つあります。

1.受注工事管理
工事の契約情報、契約日、工期などを一元管理します。従来、手入力で行っていた管理・登録作業を簡略化することが可能です。入力した情報は現場で閲覧できるため、引き継ぎ漏れなどのミスが起こる心配もありません。

2.実行予算管理
実行予算を一元管理するため、案件ごとの予算が立てやすくなり、売上や最終的な利益を可視化できます。

3.発注管理
実行予算データに基づいた発注金額の管理をする機能です。工事や業者ごとに発注金額を記録できます。

4.請求管理
請求情報を工事や工種で分類して、発注元に対する請求書の発行や明細書の管理などがスムーズに行えます。原価情報は自動的に更新されるため、事務作業の効率化が可能です。

5.支払管理
各仕入先への支払日ごとに、支払い依頼書の作成や支払い方法の調整を行い、支払額の仕訳を自動作成できます。業者別の集計表示も可能です。

6.入金管理
発注元からの入金情報を管理します。請求金額に対する現時点での入金額と残金を管理できるため、重複請求などのミスが起こる心配はありません。

7.工事原価管理
工事案件ごとに仕入などの原価管理を行い、赤字のリスクを回避します。支払い予定や売上に対する原価率の管理も可能です。

8.工程管理
工事案件ごとの進捗状況を管理する機能です。現場の状況を可視化して、工程の見直しや人員の配置変更などに早めに対応できます。

9.作業日報管理
工事案件ごとに作業日報の管理を行います。原価管理の見直しにより、日報報告による作業の進捗や問題点の確認も効率化できます。

  • 施工管理システム

施工管理システムを導入するメリット

施工管理システム
施工管理システムを導入することで、工事を行う現場だけでなく、事務や営業などの全体的な業務に大きなメリットをもたらします。工程や工期、人員スケジュールなど、これまでバラバラに管理されていたデータをシステム上でまとめて管理できるため、経営判断をスピードアップすることも可能です。

ここでは、導入によって得られる主な3つのメリットを紹介します。

仕事を効率化できる

施工管理システムを導入する最大のメリットは、業務効率を改善できる点です。

部署ごとに工事の情報をまとめていると、現在の状況を把握するためにさまざまな連絡のやり取りが必要になるため、手間と時間がかかります。しかし、システム導入後は現在の状況を一目で把握できるので、業務を大幅にスピードアップできるでしょう。

工事に関する情報は一度入力するだけで済むため、手間もかかりません。これまで手入力で行われていた情報入力も効率化でき、建築業の生産性を高めることが可能です。

ミスを削減できる

これまで手入力や人伝えなどで管理していた情報を一元管理できるようになれば、情報管理ミスの防止効果が期待できます。正確な情報をいつでも取り出せるようになるため、情報管理にかかる人員を減らして、コストを削減することも可能です。確認ミスや重複入力などのヒューマンエラーを防ぎ、作業の大幅な効率化を同時に実現できるでしょう。

情報をスムーズに伝えられる

工事現場の情報を一元管理すれば、現場が可視化されるため、現場ごとに進捗状況を確認する手間がかかりません。工事の進捗報告がスムーズになるため、業務効率化や生産性の向上につながります。

部署同士の連携だけではなく、外部のクライアントや発注業者とのやり取りもスムーズになるため、計画どおりに工事を進行できます。

施工管理システムを導入するデメリット

施工管理システム
施工管理システムの導入方法を間違えると、かえって業務に支障が出る可能性があります。ただ単にシステムを導入すればよいわけではなく、導入する準備を整えたうえで、自社に適したシステムを導入することが大切です。メリットだけで導入を判断すると、思わぬ落とし穴にはまる可能性があるので注意しましょう。

ここでは導入時に生じるデメリットについて解説します。

管理体制がないと使いこなせない場合がある

現場での管理体制が整っていない状態で施工管理システムを導入してしまうと、現場で混乱が生じる可能性があります。システムを導入する前に、管理体制を整える必要があります。自社内の管理体制や業務の進め方などを見直して、システムを導入するタイミングが適切かどうかを見極めることが大切です。

また、システム導入後の業務の進め方や管理方法を十分に想定して改善を行い、導入後にトラブルが起こらないように準備しておきましょう。管理部門および現場での管理体制を十分に整えておけば、施工管理システムの効果を最大限発揮できます。

多機能なシステムは操作が複雑になる

高性能な施工管理システムは便利な反面、操作が複雑で使いこなせない可能性があるため注意が必要です。機能が増えるとコストも増えるため、かえって会社の負担になる可能性もあるでしょう。

最初から高性能なシステムを導入しようとせず、自社が求める機能が備わったシステムを選択してください。はじめは必要最低限の機能だけで構成し、必要に応じて機能を追加することで、無駄なコストが生じることはありません。

自社にとって本当に必要な機能は何かを考えて、システムの選定を行いましょう。

  • 施工管理システム

施工管理システムの選び方

施工管理システム
施工管理システムは多様な種類があり、どれを選ぶかによって使い勝手や得られる効果も異なります。いくら高性能なシステムであっても、管理者と現場の双方にとって使いやすく、自社にとって必要とする機能が備わっていなければ導入する意味がありません。

ここでは、導入する際にチェックすべき3つのポイントを紹介します。

使いやすいものを選ぶ

現場の管理や作業をスムーズに進行するには、使い勝手の良いシステムを選ぶことが大切です。せっかく導入しても、使いにくいシステムだと、かえって仕事の邪魔になる可能性があります。

現場の混乱を招くことがないように、管理者と現場側双方にとって便利なシステムを導入しましょう。事前に現場の声を聞き、使用する側にとって利便性の高いものかどうかを検証することが大切です。

自社に適した機能を選ぶ

施工管理システムは搭載されている機能がそれぞれ異なります。機能が多いシステムを選べばできることも多くなりますが、導入作業が膨大になってしまい、コストもかさみがちです。導入後に変更できない機能は多いため、多機能なシステムを選んでしまうと、使いこなせずに終わってしまう可能性もあります。

まずは自社の現場管理・経理作業にある課題を整理しましょう。自社にとって必要な機能を見極め、課題を解決できるシステムを選ぶことが大切です。

カスタマイズができるかを確認する

施工管理システムに搭載されている機能は、導入後に変更ができない場合があります。 そのようなシステムを選ぶと、導入後の環境変化に柔軟に対応できません。

最初からカスタマイズ可能なシステムを導入しておけば、他の業務もシステム化したいと思ったときにスムーズに対応できます。さらなる業務の効率化を目指すのであれば、機能のカスタマイズに柔軟に対応できるシステムを選びましょう。

人気の施工管理システム5つを比較

施工管理システム
施工管理システムには複数の種類があるため、どれを選べばよいのか迷ってしまう人も多いでしょう。会社や業種によって適したシステムは異なるため、機能やサポート体制などをよく比較検討して慎重に判断する必要があります。

ここでは、おすすめの施工管理システム5つを紹介します。導入する際の参考にしてください。

1.ANDPAD(アンドパッド)

株式会社アンドパットが提供しているANDPADは、現場の作業の効率化から経営改善までを一元管理できるアプリケーションです。これまで紙で管理していた写真や資料を自動でクラウド整理できるため、場所を問わず、好きなタイミングで最新のデータを確認できます。

チャットを活用すれば、関係者全員に一括で連絡することも可能。工事現場での電話・FAXの連絡を削減し、コミュニケーションを効率化できます。

パソコンやスマホでオンライン発注・請求ができるため、月末の経理作業を軽減するとともに、ペーパーレスでコスト削減を実現できます。

また、国交省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録しており、利用者数10万社、ユーザー数26万人以上という豊富な実績もポイント。オンラインサポートも充実しているため、スムーズに導入できるでしょう。

2.アラジンオフィス

株式会社アイルが提供するアラジンオフィスは、販売・在庫管理に必要な機能をまとめたシステムです。あらゆる業種・業態に対応することができ、輸入管理も可能なため、資材などを海外から取り寄せている場合にも対応できます。

要望に合わせて必要な機能だけをカスタマイズできる柔軟性も魅力。不要な機能に費用をかける必要がなく、コスト削減に繋がります。

クラウドを利用した在庫管理・販売管理もできるので、外出先や複数デバイスからアクセス可能です。場所を選ばずに業務を進行でき、テレワークや在宅勤務に活用できます。

システム導入前からシステム導入後まで一貫したサポートを提供するアラジンオフィスなら、施工管理システムを初めて導入する人も安心でしょう。

3.ダンドリワーク

株式会社ダンドリワークが提供しているダンドリワークは、写真や図面などをクラウド上で一元管理できるシステムです。現場で撮影した写真はその場でアップロードでき、インターネット環境さえあれば場所を問わずどこでも閲覧できます。

カレンダー表示を利用すれば工事日程が一画面で確認できるため、工事全体の動きを把握する手間がかかりません。

導入後も継続的にサポートするなど、アフターサポートも充実しています。専属サクセスチームが協力会社の利用状況まで分析して課題を改善し、ビジネスを成功へ導きます。

4.SMILE V コストマネージャー

株式会社大塚商会が提供するSMILE V コストマネージャーは、発注から原価管理までトータルに管理できるシステムです。

パッケージ標準機能では出力できない機能を追加するなど、独自のシステム構築に柔軟に対応できるのがポイント。予定時刻になると帳票を定期的に自動出力する自動実行機能を使えば、オフィス業務を簡略化できます。

また、材料費・労務費・外注費・経費などを要素別に登録することができ、過去の実行予算を元に実行予算を作成することも可能。プロジェクトに携わる従業員の労務費を管理して、日報の入力漏れも確認できます。

5.Aippear(アイピア)

株式会社アイピアが提供するAippearは、リフォーム・建築業に特化した多機能システムです。顧客管理、見積作成、発注書作成などの建築業務に必要な機能がすべて搭載されているため、事務から管理者にいたるまで、あらゆる関係者の業務効率を改善できます。

クラウドシステムなので、出張先で見積書や顧客情報を確認することも可能です。インターネットが繋がる環境なら場所を問わず、スマホやパソコンからいつでも利用できます。

また、要望に合わせたカスタマイズに対応。機能の追加や各修正を行い、ユーザーに適したシステムを提供します。

パソコンが苦手な人でも使いやすい操作性も魅力。誰でも直感的に操作できるように画面レイアウトを工夫しているため、幅広い年齢層がストレスフリーで利用できます。

アイピアの施工管理システムで業務を効率化しよう

施工管理
工事に関するデータをまとめて管理できる施工管理システムを導入すれば、作業の効率化とミスの削減を同時に実現できます。生産性をアップして受注件数を増やし、よりスピーディーに工事を進行できるでしょう。

商談対応から入金処理までを一元管理できるアイピアなら、業務管理を劇的に効率化できます。施工管理システムの導入を検討している方は、アイピアを選択肢の一つに入れてみてください。

おすすめコンテンツ

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP