アイピア

Excel管理から基幹システムに乗り換える企業が急増。その理由を読み解く

まだまだ中小企業の多くはExcelで顧客管理や案件管理を行っている企業が多いですが、
近年、クラウドの基幹システムを導入した企業が増えています。

Excelでの管理に限界を感じて基幹システムを検討する企業が多いですが、そのほかにもさまざまな理由で基幹システムを検討・導入しています。
そういった企業はなぜExcelからクラウドの基幹システムに乗り換えたのかを見ていきましょう。

そもそもExcelでの管理に限界を感じたとは?

そもそもどういったところで、Excelでの管理に限界を感じるのでしょうか?

・データ量が多くなり、Excelを立ち上げるのに時間がかかる
・操作ミスでExcelに設定していた式がずれて、直すのに時間がかかる
・入力ルールが一応あるが、入力する人が守らないとデータがグチャグチャになる
・顧客、案件、原価、入金など様々なExcelデータに分かれて管理が大変になる
・データの転記、重複入力が大変になる
・別Excelと組み合わせた集計が大変

といったことが主な理由です。
いかがですか?Excelで管理をしている方で当てはまるものはありますでしょうか?
上記の課題に当てはまる企業は一度、システム検討をしてみるとよいでしょう。情報共有システム ソフト アイピア 見積 リフォーム 建築 原価管理 粗利管理

企業の成長スピードを上げたい

 

企業の業績が安定してきて、顧客数と案件数が増えてきたので、
業務を効率化して成長スピードを上げたいという企業がシステムの導入を検討しています。
企業の成長スピードを上げる為には、営業活動の効率化と社員が増えることによる社内ルールの確立を目指す企業が多いです。

特に営業活動の効率化は今まで、個人の能力や手法に頼っていたところを、システムを導入して営業活動の見える化を図ることで、マネジメントがしやすくなり誰でも一定水準の営業活動ができるようになります。

お困りごと例

・社員が増えることによる情報共有を円滑にしたい
・社内のルールを明確化したい
・社長1人では把握しきれなくなった

などです。

働き方改革を機会に社内環境を考えた

 働き方革命が世間で言われるようになって、業務効率を含めて社内の環境について見直す企業が増えています。
業務効率をはかる順番としては、バックオフィス(社内業務)の業務を効率化と情報の共有を最初に行う企業が多いです。

例えば、請求書の作成や入金管理や資料の作成時間などで、時間がかかっている企業でしたら基幹システムを検討してみてはいかがでしょうか。

知人に薦められたから

 同業者の組合や勉強会で業績を伸ばしている企業の社長から話を聞いて、自社の課題を解決したいという事で、システムを検討される企業もいます。

導入をして成果しっかり出ている企業からの紹介だと、安心感がありますよね。

まとめ

今後ますますExcel管理から基幹システムに移行する企業は増えていきます。
特に、クラウドの基幹システムを導入する企業は多くなるでしょう。

理由としては、
・オンプレミスと比べ初期費用が抑えられる
・外出先からスマホで確認ができる
・情報がリアルタイムで反映される

などです。

クラウドの基幹システムを検討している方は、一度アイピアにご相談ください。
アイピアは、顧客管理・案件管理・営業管理・原価管理・タスク管理・書類共有・経営分析など、
業務管理ができるクラウド基幹システムです。

建築 リフォーム システム 業務改善 見積 粗利管理

おすすめ記事

PAGE TOP

最新の記事情報やオススメITツール情報をお届けします!
メルマガ登録はこちら

 

過去のメールマガジンはこちら