アイピア

ただ登録できるだけでは無意味!正しい勤怠管理システムの選び方

働き方改革の提唱を皮切りに様々な働き方が提唱されています。
サテライトオフィスや在宅勤務などのテレワークや派遣会社への業務委託見直しなど
社員がより良い環境で働ける取り組みが各社で展開されています。

それらの取り組みに対して、各社はどのように管理しているのでしょうか?

勤務体系や規定など、それぞれの状況に合わせた勤怠管理システムが必要です。
ただ入力し共有するだけのシステムなら、Excelや紙資料となんら変わりません。

目的に沿った勤怠管理システムを導入しましょう。

ルールに沿って、「通知」「入力規制」があるシステムを選ぶ

近年、勤怠管理に限らずシステムの選び方は2つに分かれています。
基準は「自由度」です。

顧客管理システムや営業支援システムと呼ばれるツールは
お客様の要望や営業活動の事情によって、様々な例外入力が発生します。
「先にコレを入力しないとこの情報は入力できない」など
システム側が用意したルールに沿って入力しなければならないシステムは
近頃敬遠される傾向にあります。

一方で、明確なルールのもとで仕組みを作ったシステムのほうが
勤怠管理業務などは適切です。

○ 36協定など仕組みにそった登録ができるか?
○ テレワーク対応として社外勤務の社員も管理ができるか?

このあたりは、必ず押さえておきましょう。
とくに36協定については、入力内容によっては「入力できない」「警告が出る」くらいの
仕組みがあったほうがリスクを回避できます。

また、部署によってはシフト管理を併用することもありますので、
シフト管理機能やスケジュール登録・調整機能のあるシステムを選ぶことも必要です。

おすすめ勤怠管理システム

「TimePro-VG Cloud」
クラウドサービスなので場所を選ばず利用することが可能です。
また、36協定に則り時間外労働の上限を超えそうな従業員を通知します。

「勤労の獅子」
24時間営業やフレックスなど様々な勤務形態に対応可能です。
専属のエンジニアが、導入から運用まで常にサポートしてくれます。

「WiMS/SaaS」
出退勤のほか、休暇・残業などの申請書や勤務シフト表などを一元管理できます。
ワークフローに沿った管理が可能。

勤怠だけでなく、あらゆる業務を一元管理する基幹システム

近年注目を集めているのは、「情報の一元管理」です。
さまざまなシステムやクラウドツールを複数使った結果、
社内での管理がうまく行かず、人によってやり方や考え方が異なってしまう「属人化」を
生み出してしまうケースは後を絶ちません。

勤怠管理も含め、業務管理に関するあらゆる情報を1つの場所でまとめて管理する必要があります。
それを可能にするのが「基幹システム」です。

参考:
 基幹システムとは?企業の基盤となるシステムと情報系システムを学ぶ

おすすめ記事

  1. 情報共有ツール
  2. リフォーム 見積 システム 建築
  3. プロジェクト管理 ガントチャート 業務改善 情報共有
  4. 生産性 向上 業務改善 クラウドツール 情報共有
PAGE TOP