アイピア

ただ登録できるだけでは無意味!正しい勤怠管理システムの選び方

働き方改革の提唱を皮切りに様々な働き方が提唱されています。
サテライトオフィスや在宅勤務などのテレワークや派遣会社への業務委託見直しなど
社員がより良い環境で働ける取り組みが各社で展開されています。

それらの取り組みに対して、各社はどのように管理しているのでしょうか?

勤務体系や規定など、それぞれの状況に合わせた勤怠管理システムが必要です。
ただ入力し共有するだけのシステムなら、Excelや紙資料となんら変わりません。

目的に沿った勤怠管理システムを導入しましょう。

ルールに沿って、「通知」「入力規制」があるシステムを選ぶ

近年、勤怠管理に限らずシステムの選び方は2つに分かれています。
基準は「自由度」です。

顧客管理システムや営業支援システムと呼ばれるツールは
お客様の要望や営業活動の事情によって、様々な例外入力が発生します。
「先にコレを入力しないとこの情報は入力できない」など
システム側が用意したルールに沿って入力しなければならないシステムは
近頃敬遠される傾向にあります。

一方で、明確なルールのもとで仕組みを作ったシステムのほうが
勤怠管理業務などは適切です。

○ 36協定など仕組みにそった登録ができるか?
○ テレワーク対応として社外勤務の社員も管理ができるか?

このあたりは、必ず押さえておきましょう。
とくに36協定については、入力内容によっては「入力できない」「警告が出る」くらいの
仕組みがあったほうがリスクを回避できます。

また、部署によってはシフト管理を併用することもありますので、
シフト管理機能やスケジュール登録・調整機能のあるシステムを選ぶことも必要です。

おすすめ勤怠管理システム

「TimePro-VG Cloud」
クラウドサービスなので場所を選ばず利用することが可能です。
また、36協定に則り時間外労働の上限を超えそうな従業員を通知します。

「勤労の獅子」
24時間営業やフレックスなど様々な勤務形態に対応可能です。
専属のエンジニアが、導入から運用まで常にサポートしてくれます。

「WiMS/SaaS」
出退勤のほか、休暇・残業などの申請書や勤務シフト表などを一元管理できます。
ワークフローに沿った管理が可能。

勤怠だけでなく、あらゆる業務を一元管理する基幹システム

近年注目を集めているのは、「情報の一元管理」です。
さまざまなシステムやクラウドツールを複数使った結果、
社内での管理がうまく行かず、人によってやり方や考え方が異なってしまう「属人化」を
生み出してしまうケースは後を絶ちません。

勤怠管理も含め、業務管理に関するあらゆる情報を1つの場所でまとめて管理する必要があります。
それを可能にするのが「基幹システム」です。

参考:
 基幹システムとは?企業の基盤となるシステムと情報系システムを学ぶ

関連記事

  1. 【工務店向け】LINE@とは?集客コスト減なのに案件数UPの秘密…
  2. 【工務店向け】現場写真の管理はスマホアプリ×顧客管理システムで行…
  3. 購買管理システムとは?仕入れを管理してロスをなくす!
  4. 目標管理 マネジメント モチベーション向上 業務改善 目標管理制度(MBO)とは?社員のやる気が出るマネジメント手法
  5. 建築 リフォーム 原価管理 粗利管理 システム 建築会社が抑えておくべき原価計算と原価管理とは?
  6. 目標管理 フレームワーク OKR KPI OKRとは?限界突破する目標管理フレームワーク
  7. 購買の作業が1/2以下に?!バックオフィスの業務改善になる購買管…
  8. 人事管理システムとは?多くの企業でやっているようでやっていない管…

おすすめ記事

  1. 始めてのシステム検討に不安な方必見!生産性向上と業務改善ができる簡単情報共有ツール「ミエル君」 生産性 向上 業務改善 クラウドツール 情報共有
  2. 業務改善を提案する。企業の利益向上につながる課題発見の視点とは? 業務改善 提案 課題 提案書 書き方
  3. 社員がイキイキと働く!種類別。ユニークな福利厚生を紹介 福利厚生 ユニーク 働き方

おすすめ記事

生産性 業務改善 アイピア 活用 生産性が向上するアイピアの機能100連

アイピアは企業が継続して成長していくために多くの機能がオールインワンしています。アイピアの生産性…

業務改善11のポイント 【最初に見る】業務改善を行う際に知っておきたい11のポイント

業務改善とは働き方改革働き方改革とは、新たな政策として「希望…

ERP 基幹システム ゲーミフィケーションとは?基本と実施方法

「ゲーミフィケーション」という言葉をご存知でしょうか?キーワードとして現れたのはもう6,7年ほど前に…

報連相 情報共有 共有義務 本当の意味 情報共有の基本「報連相」はもう古い?ほとんどの社会人が間違えている「報連相」の本当の意味とは

社会人の基礎、上司への報告やチームでプロジェクトを進める際の情報共有の基礎の1つとして「報連相」があ…

基幹システム 比較 導入 目的別 【基幹システム簡単比較】自社にあったシステムを比較検討をしている人にお勧めしたい24種類のシステム

基幹システムは企業の根幹を担うシステムになるので、企業にとってどの基幹システムを導入するかを選択する…

Googleアプリ有償化から考えるクラウドツール導入リスク対策

2018年10月16日、Google社から衝撃的な発表がありました。GmailやGoogleマッ…

PAGE TOP