人事/給与

1on1ミーティングとは?シリコンバレーで使われる人材育成の手法

1on1ミーティング 人材育成 コミュニケーション エンゲージメント 離職率

ここ最近では、「1on1」という人事制度が注目されています。1on1に力を入れている企業としてはヤフー社が有名で、最近も話題になっていました。

また、アメリカのシリコンバレーにも「1on1 ミーティング」という文化が根付いています。人材が企業にとって重要な資源であるという考えが根付いている為です。世界的にも注目を集めている人材育成施策となっています。

例えばこんな課題はありませんか?

  • 優秀な社員がすぐに離職してしまう

  • 部下が育たない

  • 社員のやる気が感じられない

こういった課題の原因のほとんどはコミュニケーションがきちんと取れていないことです。

1on1ミーティングはこういった課題を解決するに効果的です。

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは、簡単に言うと上司と部下で定期的に行う1対1のミーティングの事です。

定期的に1対1でミーテングを行い、「社員の成長や学びを深める」「コミュニケーションの活性化」

といった目的を定期的で行います。

1週間に1回や1カ月に1回で時間は30分ぐらいが目安です。

1on1ミーティングと面談の違いとは?

■面談

 面談の場合、部下・後輩に対し、先輩・上司がアドバイスや評価をする場、と捉えられることが多いですよね。「人事考課面談」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。頻度は四半期や半期に一度程度、一度に多くのメンバーと話す必要があるため、所用時間は15分~30分程度、というケースが多いのではないでしょうか。

■1on1ミーティング

「1on1」の場合、上司一人・部下一人が向き合います。時間は30分程度で、頻度高く実施することがポイントです。

上司が部下を一方的に評価したり、アドバイスしたりするのではなく(時にそれは上司の自慢話やエゴにもなりがちです)、部下の成長を加速するための時間、ということも重要です。

つまり、「1on1」の目的はあくまでも部下の成長なのです。実施頻度はケースバイケースではありますが、できれば毎週30分程度、少なくとも月に合計60分程度はコミュニケーションを取っておきたいところです。

1on1ミーティングのメリット

1on1ミーティングを導入するとどういったメリットがあるのでしょうか?

大きく下記があります。

  • 社内の人材育成

  • コミュニケーションの円滑

  • マネージャーが現場の状況を把握

  • 従業員エンゲージメントにつながる

  • 離職率の低下

 

社内の人材育成

前回の1on1ミーティングから今日までの中で、どういった経験をしたのか?

その際に、どういった事を考えたのか?何を学んだのか?といった業務の中で体験したことや

得たことを振り返ることで、成長を促します。

ポイントはマネージャーは聞き役に徹することと、すぐに解決策やアドバイスをしないことです。

部下が自身で考え、気づきを得ることでが重要です。自身での気づきは行動に移しやすくなります。

また、業務進捗の報告だけにならないように注意しましょう。

コミュニケーションの円滑

通常、業務内では「報・連・相」に関する話がほとんどです。

1on1ミーティングを行う事で、上司と部下のお互いがしっかりと向かう時間を作ることができます。

自身の成長についてやキャリアアップ、やる気や働き甲斐などを話、共有する事で、

お互いの人となりを理解することができます。

マネージャーが現場の状況を把握

マネージャーになると、会議や打ち合わせなどで離席することが多くなり、

社内の状況把握が数値や報告ベースで判断しがちになります。

その為、リアルタイムの実務が把握できず、現場が非効率なやり方をしていたり、

トラブルが発生して報告が上がって来ないと分かりません。

1on1ミーティングを行う事で、現場の状況が把握しやすくなり、

部下に適切な気づきを与えることができます。

また、今後テレワークやコワーキングなど様々な働き方が出てくると、

さらに現場の状況を把握しづらくなるので、1on1は有効な方法になります。

従業員エンゲージメントにつながる

1on1ミーティングを行う事で、企業と社員の意思疎通がとりやすくなります。

会社の目標と社員の目標が一致することが従業員エンゲージメントにつながります。

従業員エンゲージメントについてはこちらからご覧ください。

「【生産性向上】やる気のない社員は従業員エンゲージメントで変わるのか?」

離職率の低下

社員が離職する大きな理由は社内の人間関係です。

上司と部下の信頼関係が構築している会社は、コミュニケーションが活発で、

職場の雰囲気も良い傾向があります。

雰囲気の良い職場は社員に充実感や働き甲斐を与えるので、離職率の低下につながります。

1on1ミーティングを行う事で、会社への不満や人間関係について話し合ることができ、

解決策を一緒に探すことができます。

また、配置換えなど関係が悪化する前に対策をとることもできます。

まとめ

1on1ミーティングは様々な企業に導入されてきています。

業務内で一人一人ミーティングをするとなると多くの時間がかかり非効率のように感じてしまいます。

5人とミーティングをした場合、2.5時間、10人だと5時間もの時間をかけるわけですから当然だと思います。

今週、今月など短期的な時間で見れば確かに非効率かもしれませんが、

1年後、3年後をみた場合、毎週のように上司と振り返りをしながら、業務の質や自身と向き合ってきた社員と、

普通に働いていた社員では大きな差が生まれます。

成長した社員は業務の質や業務効率を各段に向上させます。

冒頭で、シリコンバレーの企業は人が企業にとって重要な資源と考えていると書きましたが、

その通りではないでしょうか?

1on1ミーティングを取り入れてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 【工務店向け】見積システムで施主の不満と工務店の悩みを一気に解消…
  2. 【工務店向け】現場写真の管理はスマホアプリ×顧客管理システムで行…
  3. ただ登録できるだけでは無意味!正しい勤怠管理システムの選び方
  4. 在庫管理システム4選-660x400 在庫管理をする際に知っておくべき分析手法と在庫管理システム4選
  5. 購買の作業が1/2以下に?!バックオフィスの業務改善になる購買管…
  6. 生産性向上 5S 業務改善 5Sで始める業務改善
  7. 目標管理 フレームワーク OKR KPI OKRとは?限界突破する目標管理フレームワーク
  8. はじめての人事管理システム導入で失敗?5つの注意点とは

おすすめ記事

  1. これで出来る!PDCAサイクルをうまく回しきる為に必要な事とは? PDCAサイクル 業務改善
  2. テレワーク導入の成功の秘訣!優秀な人材を確保するための一手 テレワーク 生産性管理
  3. 【属人化を防ぐ】活用シーンで見る営業の業務が見える化するアイピア活用 属人化 見積 案件 情報共有

おすすめ記事

プロジェクト管理 ガントチャート 業務改善 情報共有 ガントチャートツールを活用したらプロジェクト管理の業務効率は改善するのか?

プロジェクト管理をする際によく耳にするのが、ガントチャートです。Excelでガントチャートを作成…

DMPとは データの整理 DMPとは?活用方法から学ぶ基礎知識

皆様は、データの活用を効果的に出来ている自信はありますか?アンケートや、購買履歴を取っているが、…

購買の作業が1/2以下に?!バックオフィスの業務改善になる購買管理システム10選

購買管理システムとは購買管理システムとは、企業が業務を行っていく上で必要なモノやサービスを購入を…

ホットリンク、SNSマーケティングツール「BuzzSpreader®」に2つの新機能を追加Twitterのフォロー&RTキャンペーン管理、Instagram画像へのハッシュタグレコメンド

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長内山幸樹、以下ホット…

情報共有ツール 【2018年版】目的別で選ぶ!効果の違いと情報共有ツール11選+1

近年、情報共有の重要性が注目を浴びています。それに伴い、多くの情報共有ツールが世の中に出てきまし…

購買管理システムとは?仕入れを管理してロスをなくす!

購買管理システムをご存知でしょうか?販売管理システムや給与管理システムなどと同じように基幹システ…

PAGE TOP