アイピア

クラウドで請求書作成とは? バックグラウンド業務を激減させる方法

毎月の請求書作成は確認事項や手間が結構かかっています。
請求金額が内容を間違えてしまうとトラブルになりかねませんし、
請求漏れをしてしまうとせっかくの売上がなくなり、アッという間に赤字になることもあります。

その為、請求書作成の手間の軽減と漏れのない管理をするために、
最近では、「クラウド型の請求書作成サービス」が注目されています。

作業の負担も軽減でき、コストの削減にもつながるクラウド型請求書作成サービスを詳細させていただきます。
ぜひ参考にしてみてください。

クラウド型 請求書作成サービスを使うメリットとは

まだまだ多くの企業ではExcelに会社のテンプレートやデザインで請求書を作成して、郵送やFAXやメールにて送られています。

業務作業の効率化

クラウド型の請求書作成サービスで有名なサービスは「マネーフォワード クラウド請求書」や「Misoca」ですが、
導入のメリットとして簡単にクラウドで請求書が作れることはもちろんのこと、請求書の郵送代行ではないでしょうか。
請求書の郵送代行で業務作業が激減します。

一般的に請求書を発行するためのステップを見ていきましょう。

1. 担当者より請求書の作成依頼がある
2. 請求金額が確定する
3. 請求書を作成する
4. 印刷をする
5. 押印をする
6. 封入をする
7. 郵送をする

請求書を発行するという1つのタスクでも細分化させると
7つもの工程に分けることが出来ます。

次に、クラウド型 請求書作成サービスを活用した際のステップを見ていきましょう。

1. 担当者より請求書の作成依頼がある
2. 請求金額が確定する
3. 請求書を作成する
4. 送付ボタンを押して郵送をする

4~7の手順をボタンをワンクリックするだけで完了します。
1通や2通ならまだしも数十通、数百通にもなると作業時間が激減するのがお分かりいただけると思います。

データの安全性

Excelでの請求書作成は大きなリスクを持った状態ということをご存知でしょうか?

データ破損の恐れ

Excelのデータはパソコンに保存されています。
Excel自体に不具合が発生することもありますが、パソコンが壊れるといったことは普通に起こりえます。
しかも、突然壊れることがあります。

復旧ソフトを使ってデータの復旧ができればよいですが、復旧ができなかった場合は、今まで作成したデータが
すべてなくなるということになります。

最近では、災害なども頻繁に起きており、パソコン内にデータを保存することを懸念する人も出てきました。

クラウドツールを活用することで、データの破損やパソコンの破損によるリスクを下げることが出来ます。
また、最近のクラウドツールのセキュリティは暗号化システムを使用することが当たり前になっており、
中小企業が行う社内のセキュリティよりも強固になっております。

計算式のズレ

Excelで作業をしていると、いつの間にか計算式がずれていた。ということはありませんか?
計算式のズレに気づかずに間違った計算式で請求書を送ってしまうと企業としての信用に関わります。

また、セルの計算式を戻す際に多くの時間がかかったことはありませんか?
セルがずれるたびに、Excelの詳しい人に直してもらったり、自分で直そうとしてかなりの時間がかかってしまった。
ということはよくあります。

クラウド型 請求書作成サービスを活用することで、計算式のズレといったトラブルはなくなります。

クラウド型 請求書作成サービス比較

マネーフォワード クラウド請求書

請求書業務をもっとカンタンに。

・請求書を作成して一括送信、一括郵送ができる
・売掛金や買掛金の管理に対応
・同社の会計システムと連携が可能

豊富なテンプレートやカード決済や毎月の自動作成機能など、充実した請求書作成サービスを提供されています。
また、同社の会計システムとの連携で仕分けも自動で行うので、業務作業の手間が大幅に削減できます。
※自動仕分け機能はプランによって変わります。

月額費用 ¥500円/月 ~ ¥5,980円/月
郵送費用 190円/通 ~ 170円/通
無料プラン あり

Misoca

見積書・納品書・請求書を1分で作成
・シンプルな操作で作成できる
・弥生会計やfreeeなどの会計システムと連携ができる
・請求書の自動作成予約や自動メール送付ができる
低価格で始めることができるため、フリーランスや中小規模の法人が多く利用しています。
親会社が弥生の為、安心感があります。

月額費用 ¥800円/月 ~ ¥10,000円/月
郵送費用 ¥70円/通
無料プラン あり

請求管理ロボ

請求業務まだ手作業ですか?
・請求、集金、消込、催促の手作業をすべて自動化できる
・Salesforceやkintone等のSFAと連携ができる
・4つの決済手段を一元管理できる

銀行振込、口座振替、カード決済、コンビニ決済と4つの決済方法に対応している一元官営ができる請求書作成サービスです。
SalesforceやkintoneといったSFAやPCA会計、勘定奉行、弥生会計などの会計ソフトとも連携ができます。

月額費用 要お問合せ
郵送費用 要お問合せ
無料プラン 要お問合せ

クラウド会計ソフト freee(フリー)

確定申告も日々の経理もまとめて効率化
・請求書、見積書、納品書を一括で作成できる
・郵送代行もできる
・会計業務もまとめて管理できる

freeeは会計ソフトですが、請求書の作成や郵送代行も可能です。
また、見積書や納品書も一括で作成することができるので、転記ミスを防げます。

月額費用 ¥2,380円/月 ~ ¥4,780円/月
郵送費用 要お問合せ
無料プラン あり

おすすめ記事

  1. ERPとは?
PAGE TOP

最新の記事情報やオススメITツール情報をお届けします!
メルマガ登録はこちら

 

過去のメールマガジンはこちら