建築業に役立つノウハウ集

施工管理とは?転職に有利な資格 ~建設業界のこれからの働き方~

施工管理 転職

施工管理とは

工事現場の管理だけではなく、建築計画計図にそって設計図設計を作るところから始まり、工期が終わって建築物が竣工するまでを適正に管理する役割りがあります。最適と考えられる技術や建材で、経済的にも安全面からもスムーズに仕事が捗るようにするのが仕事です。

施工管理と現場監督の違い

施工管理の仕事の中に現場監督の仕事が含まれています。その他、資格の有無で違いを区別しています。

施工管理

工事現場で発生する仕事を全てこなすのが施工管理です。具体的には、施工の予算を立てることから始まり、安全面の管理、各方面の手続きや書類作成など、工事に関わることに全て携わります。ですから、現場監督との大きな違いはデスクワークもこなすところにあります。また施工管理には施工管理技士という国家資格がありますが、現場監督には特に資格はありません。

現場監督

こちらはあくまでも、工事現場の管理を中心に行う仕事になります。作業員への的確な指示をしたり、工事の進捗状態など把握し、効率よく現場での仕事が捗るように工事現場を管理します。とくに資格はないのですが、現場の把握能力の高いベテランが司令塔のような役割を果たします。会社によって、施工管理者を現場監督と呼ぶところもあれば、その逆もあります。

求人情報で【施工管理・現場監督募集】という両方の記載があった場合は、仕事内容をしっかりチェックすることが必要です。

施工管理の主な仕事

施工管理の仕事の内容で特に重要な4つの仕事を解説します。

工程管理

作業現場では作業の工程表を作り、その通りに進んでいるかをチェックしながら作業を進めていきます。これが上手くできないと工期の遅れにつながります。また、作業の進め方、作業員の配置、必要な重機の手配の管理も重要な仕事の一つになります。作業を滞りなく進めるために、細心の注意を払う必要があります。

工程表

出典:「建築業向け管理システム アイピア」の工程表

安全管理

作業現場では重機が動き回り、機械でなければ動かせない機材を運びます。そのため常に危険を伴いますから、建設作業にあたる作業員の他にも、出入りの業者などが安全に作業ができる環境を整える役目があります。危険な場所に看板設置する、ヒヤリハットの周知徹底に努める、手すりや消化設備を設置する、使用機材の安全点検など業務内容は多岐に渡ります。

品質管理

実際に使用する材料の規格や材質が、設計書や仕様書にある条件を満たしているかを確認するのも仕事の一つです。経済面でも適切な建設をするための役割りです。尚、品質評価が必要な項目をチェックし、長期的に品質の高い状態を維持できるように管理を行います。完成後の建築物の強度や密度が規定を満たしているかの管理も行います。

出典:戸田建設 品質マネジメントシステム

原価管理

予算と実際に発生する経費を把握し、チェックすることで、予算との差異を調整しながら作業の進行を進めていきます。予算との差異が大きく生じた場合は、状況をいち早く把握し、計画や工程の見直しを図ります。その上で、適正な利益を確保することも原価管理の大切な役割りです。

転職に有利な資格

施工管理に携わる上で役立つ資格がいくつもありますので、資格の種類や仕事内容を解説していきます。仕事をより充実させるため、またキャリアアップを意識しているのであれば、自分に合った資格の取得を検討してください。

建築施工管理技士

施工管理に携わる人には必須と言われる資格です。キャリアアップを目指すなら、まずこの資格取得をおすすめします。1 級と2級があり、1級は特定建設業の専任技術者、または現場に配置される監理技術者となります。2級は特定建設業の専任技術者、または建築工事の主任技術者として認められます。

マンション・戸建住宅・ビル・商業施設・公共施設など建築工事の施工管理を行います。建築工事はたくさんの専門工事から成り立っています。ところが、各種専門工事業者は個々の専門に特化しているため、他の工事との関連を把握していません。その専門工事を総合的にまとめるのが「施工管理」であり、施工管理の責任者が「施工管理技士」となります。

建築施工管理技士について詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

建設機械施工技士

ブルドーザーやショベルカーといった、各種建築機械を使用する工事現場の施工管理を行うことができる国家資格です。建設用機械の操縦ができる人が、キャリアアップしやすい資格です。機械を操縦するだけの資格とは違い、専任技術者・主任技術者・監理技術者といった資格を得ることができます。また、公道や建設現場で重機を操縦する場合は、それぞれの機械によって「車両系建設機械運転者」や「不整地運搬車運転者」などの資格が別途必要になります。

建設機械施工技士について詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

土木施工管理技士

1級と2級がありますが、受験資格が違います。また、工事現場の規模で1級と2級に分かれます。橋や道路、トンネルやダムなどの土木工事の建設現場で、施工管理ができる技術を証明する資格です。土木工事では建設現場が大きくなるため、どちらかというと人手不足になりがちです。そのため、資格を持っていると採用の際に有利になるとも言われています。

土木施工管理技士について詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

管工事施工管理技士

空調設備・ガス配管・ダクト工事・上下水道設備など管工事のエキスパートととも言われる資格です。管工事はインフラとしても、設備としても欠くことのできない技術です。そのため、どんな施工現場でも、高い需要があります。管工事の業務はに関しては、資格がなくてもできますが、施工管理を行うにはこの資格が必要となります。

管工事施工管理技士について詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

電気工事施工管理技士

電気工事のスペシャリストとも言われる国家資格です。1級と2級がありますが、仕事の内容は変わらず、工事現場の規模に違いがあります。工事現場では電気工事の施工計画を始め、変電設備・送電設備・照明・配線といった、あらゆる電気設備の工事で施工管理を行います。多様な工事を行いつつ、安全の管理も担うため、資格者は企業にとっても必要とされる人材ととなります。

電気工事施工管理技士について詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

電気通信工事施工管理技士

2019年に新設された資格で・固定電話・携帯電話・インターネット社内LANなどの通信など幅広い分野の仕事の管理を行います。また、1級電気工事施工管理技士は、特定建設業では各営業所に置くことが義務付けられている管理技術者・専任技術者・主任技術者として配置することかできます。2級電気工事施工管理技士は、一般建設業の専任技術者・主任技術者になることができます。

電気通信工事施工管理技士について詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

造園施工管理技士

造園の分野で施工管理ができる資格です。緑地工事、・庭園工事・公園工事・道路緑化工事などの工事に携わります。造園施工管理技士の国家資格は受験資格に実務経験が必要になりますので、造園会社などで経験を積み、資格取得を目指すのが一般的です。またこの仕事は技術職ですから、下積みから真面目に経験を積んでいく姿勢が必要ですが、経験やスキルがある人ほど収入に結びつきます。

造園施工管理技士について詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

施工管理の収入

施工管理と全職種の比較

施行管理として働いている人1,435人の平均収入は630万6373円(平均年齢44.1歳)です。厚労省の調査では、サラリーマンを含む全職種の平均年収は497万2000円、建設業に携わる人の平均年収は509万3000円となっています。全職種より130万円も年収が高いのですが、資格によるところもあれば、工期のある危険を伴う仕事であるからとも言えます。

ジャンルべつのランキング

ジャンル別の年収では、圧倒的に「プラント・エネルギー」の分野が高くなっています。どちらかと言えば、企業規模の大きい「プラント・エネルギー」「ゼネコン」「ディベロッパー」といった分野が高く、「不動産管理会社」「専門工事会社」「自営業」などの規模が小さい会社ほど低いことが分かります。

残業時間と年収

ここで注目してほしいのは、残業時間0時間の人(6%)の平均年収「628万円」と平均年収の630万円とではほとんど変わりがないことです。さらに、残業時間が40時間を超えた場合も、残業時間に比例して年収が高くなるとは言えません。

残業時間が20時間以下の場合は、全体の平均年収を下回っていますが、残業時間が増えれば年収が高くなる訳ではないんですね。

施工管理の働き方

建築業界では政府の方針として、働き方が変る流れが来ています。

上の図は、建築業界で週休2日を取り入れている会社が、全体の一割以下であることを示しています。建築業界は仕事が無くなることがありませんので、未来は明るいと言えます。しかし、課題もたくさん抱えています。

働き方改革

・休日が少ない
・仕事に収入が見合っていない
・人手不足
・残業が多い
・女性が活躍できる場が少ない
・資格試験か難しい

などなど挙げればきりがありません。国家に取って必要な仕事であるにも関わらず、建築業界は働き方が整っていないところが多いのも事実です。この状況が続けば若い人材が入ってこないことに、国は危機感を覚えました。国土交通省の「働き方改革実行計画」によれば労働時間に上限を設け、違反した会社には罰則(受注を減らすなど)を設けています。

これからの施行管理はシステム化される

管理業務は多岐に渡りますので、国が一括管理のできるシステム化を推奨しています。政府が将来指している情報管理化を視野入れるのであれば、システム化は必須となります。
クラウドで一括管理できるシステムは多くありますが、自社にあったシステムを導入する必要があります。そこで、弊社で開発している 「建築業向け管理システムアイピア」を簡単にご紹介させて頂きます。

建築業向け管理システム アイピア

アイピアは、クラウド上で、建築業に必要な機能が揃った一元管理システム。
工程管理や発注業務などの施工管理に必要な機能以外にも、営業進捗や、勤怠管理、経営分析など機能が搭載されています。
また、定期的にバージョンアップを行っている為、より便利にお使いいただけます。

施工管理者専門の転職サイト

施工管理は資格を持つ技術職です。自分の技能を正しく評価してくれるところで働くことが、実績を積み上げたり、キャリアアップにもつながります。若ければ若いほど転職に有利と言われますが、多少遠回りしても自分に合った職場を見つけることも大切です。

施工管理ジョブ

人材派遣の大手トライトグループは医療・福祉・建設等の業界に特化した人材事業で成長を続けています。
そのトライトグループが運営する転職サイトです。大手ゼネコン・サブコン・工務店など、全国の建設業の求人を多数ご紹介しています!

施工管理求人ナビ

運営している㈱ウィルオブ・コンストラクションは、東日本大震災発生直後に、被災地の早期復興と施工管理技士の地位向上を目的に創設されました。復興支援に情熱を抱く施工管理技士たちと、人手不足に悩む復興工事の現場とのマッチングに加え、被災地での施工管理技士たちの待遇改善に尽力!

俺の夢

建設業界で、まだまだ働きたい!活躍したい!という方を俺の夢で応援します!建設業界の求人に特化した、業界最大規模の求人ポータルサイトです。
こちらで運営しているコラムサイトでは、建設業界のトレンドや施工管理の働き方などを発信しています。こちらからどうぞ

情報化施工について

建設の前段階として、建設事業の調査・設計・施工・維持管理などの工程がたくさんあります。この中の「施工」に注目して、各工程から得られるデータをICTで活用します。このデータを施⼯に関わる多種多様な他のデータと相互に連携させることで、より効率的に・高精度な施工の実現を目指します。さらにそこで得られた電子データを他の工程に活用することで、今後の建設計画全体を管理します。効率化や生産性の向上、また品質の確保、政府の推進する建設事業に対する信頼性の向上なども図ることを目的として、現在もシステムの構築が進められています。
*2013年に既に実用化段階にあり、従来と比べコストが縮減することが期待できる技術であるため、一般化するための計画的な普及を促進しています。

*CIMとは、Construction Information Modeling / Management、コンストラクション インフォメーション モデリング/マネージメント)の略。土木工事の3次元のデータ(3次元モデル)と各種のデータを結びつけて活用できます。海外では建設分野で3次元データを活用(BIM)が一般化しており、国土交通省がこれにならってCIMを提唱。 日本ではBIM/CIMという呼び方が広まってきています。
CIMを詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

*ICTとは、ITに「Communication(通信、伝達)」という言葉が入っており、ITよりも通信によるコミュニケーションの重要性を強調しています。
今後はIT(情報技術)→ICT(情報通信技術)となっていきます。
ICTを詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

まとめ

工事現場では施工管理の仕事は欠かせませんが、その施工管理に欠かせないのがシステム管理です。今後建設業界では、仕事がたくさんあるにも関わらず、人手不足が加速します。「今より少ない人数で多くの仕事をする」ことが避けられない事態へと進んで行きます。それ故に、働き方改革や労働生産性の向上が急務です。具体的には、AIやloTの導入・ロボットの活用などを多くの企業が検討を始めています。これは解説にもあるように、国の方針でもあります。loTの導入が本格化すれば、今後はどの業界においても、企業の投合が進んで行きます。

残念ながら建築業界では、他の業界と比較した場合にIT化が進んでるとは言えません。良いと分かっていても、いきなり全てをITすることはできません。まず、社内でできるシステム管理を目指しましょう。そして次のステップに行くことを目指してください。
IoTを詳しく解説しているサイトはこちらからどうぞ

おすすめコンテンツ

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP