工事管理(施工管理)と工事監理の違いとは?管理方法や必要資格を解説

工事管理(施工管理)と工事監理の違いとは?管理方法や必要資格を解説

「工事管理(施工管理)」「工事監理」は、同じ読み方ですが、意味は全く異なります。

しかし、違いがはっきりと分からない方も多いのではないでしょうか。

建設プロジェクトには多くの管理業務がありますが、特にこの二つは重要な役割を果たします。

本記事では、工事管理と工事監理の違いを明確にし、それぞれの管理方法や必要資格について詳しく解説します。
適切な管理体制を構築するための基本知識を身につけ、建設プロジェクトの成功にお役立てください。

工事管理(施工管理)とは?

工事管理(施工管理)とは、土木・建設・建築の現場において、現場監督(現場管理者)が工事全体の流れや従業員の安全確保、予算管理を行うことを指します。

特に大規模な工事では、計画通りに工程が進んでいるか確認することや、作業員や周辺住民の安全を確保することなど、総合的な配慮が求められます。

また、現場管理だけでなく、書類作成や役所への手続き、設計者や業者との打ち合わせも行います。
さらに、請負工事の現場代理人として工事依頼主への対応も業務に含まれます。

工事管理(施工管理)は建設工事プロジェクトにおいて不可欠であり、効率的な進行を実現するための重要な役割を果たしています。

工事管理(施工管理)と「工事監理」の違いとは?

工事管理

建設業における「カンリ」には、「工事管理(施工管理)」と「工事監理」の2つがあります。
これらの違いを明確にすることで、現場での効率的な運営や安全性の向上に繋がります。

そこで、「工事管理(施工管理)」と「工事監理」の違いについて詳しく掘り下げ、それぞれの役割や重要性を解説します。

工事管理(施工管理)

工事管理(施工管理)とは、現場監督が実際の工事現場で工事全体の流れを把握し管理することです。

工事管理における重要な業務は以下の4つです。
工事管理の仕事内容 ①原価管理 ②工程管理  ③品質管理  ④安全管理

POINT01

工事管理における管理者は?

工事管理における管理者は、現場の責任者である「現場監督」です。
現場監督は、現場代理人と呼ばれており、現場に常駐し工程管理や安全確認、原価管理などを行います。

現場管理とは?施工管理との違いや現場監督に必要な資格を解説

POINT02

工事管理の目的は?

「工事管理(施工管理)」は、建築や建設現場において、工事の工程のスケジュール管理を行い、全体の流れを把握し、円滑かつ安全に工事が進められるようにマネジメントを行うことを目的としています。

工事監理

同じ「カンリ」という言葉ではありますが、意味は全く違います。

工事監理は、建築士が工事が設計図通りに進んでいるか、国土交通省によって定められた「工事監理ガイドライン」を基に行います。
具体的な内容は以下の通りです。

  • 工事が設計図通りか確認する
  • 欠陥の発生を未然に防ぐ
  • 工事現場の担当者との打ち合わせ
  • 材料の品質証明
  • 工事監理終了を建築主に報告

POINT01

工事監理における責任者は?

「工事監理」における責任者は、「建築士」のことを指し、「工事監理者」と呼ばれています。

工事監理者は原則として現場に常駐せず、必要なタイミングで検査を行い、現場に問題がないかを確認します。
また、問題が起こりそうな箇所について事前に現場監督に通知したり、抜き打ち検査を実施したりするのも業務の一環です。

一級建築士か二級建築士、または木造建築士の資格が必要で、工事現場への配置を義務付けられている重要なポジションです。

建築主、施工会社、工事監理者の関連図。

POINT02

工事監理の目的は?

「工事監理」は、工事が設計図通りに進んでいるかを確認し、施工会社がミスを起こさないよう建築主の代理人として現場を監視する役割を担っています。

代理人として、担当者と打ち合わせを行い、品質管理や工程が計画通りに進んでいない場合には修正の指示を出すことが目的です。

  • 施工管理システム

工事管理(施工管理)の4大管理とは?

工事管理

工事管理には、「4大管理」と呼ばれる重要な業務があり、これらを軸にプロジェクト全体を管理する能力が求められます。

複数の作業員や協力企業に指示を出して動かすためには、チームをまとめるリーダーシップも重要です。

以下の4大管理をしっかりと理解し、実践することで、工事の成功につながります。

  • 工程管理
  • 原価管理
  • 品質管理
  • 安全管理

工程管理

工程管理とは、工期内に工事を完了するためにスケジュールを管理する業務です。

現場の職人など、工事に関わるさまざまな人員の配置やスケジュール調整、必要な重機の手配も行います。

大規模な建設工事では、プロジェクトが年単位で続くことも珍しくありません。

規模が大きくなるほど関わる人も増えるため、工程管理を適切に行うには、知識や経験に加えて、コミュニケーション能力やマネジメント能力が必要です。

工程管理とは?実施目的、手順、効率化方法まで解説!

原価管理

原価管理とは、工事において利益を確保するために、人件費や資材費を予算内に収めるよう管理する業務です。

顧客が求める建築・建設物の質と施工会社の利益のバランスを考え、見積金額に基づいた計画を立てることが求められます。

予算には人件費も含まれているため、材料費だけでなく工事にかかるさまざまな費用を細かく計算し、管理する必要があります。

この原価管理が適切に行われない場合、予算をオーバーして会社の利益が減少することになるため、非常に重要な業務といえます。

【建設業向け】原価管理とは?その目的とメリットを簡単にご紹介。

品質管理

品質管理とは、建物などが設計図や仕様書に沿って進んでいるかどうかを管理する業務です。

品質試験は各品質評価項目ごとに定められており、作業ごとに品質の確認を行い、事故や欠陥が起きないように未然に防ぐことも重要な業務です。

プロセスの品質が重要であるため、各工程を写真で記録し、施工の証拠として品質を証明します。

施工管理での品質管理とは?業務内容やスキル、資格について解説!

安全管理

安全管理とは、常に危険と隣り合わせの建設現場で働く従業員や近隣の方々の安全性を確保する業務です。

建設現場では、高所作業や重機の出入り、体への負担が大きい作業など、労災事故のリスクが高い要因があります。

そのため、作業員の安全と健康を確保するために設備管理や健康管理、安全教育を徹底して行います。

また、通行人の安全も考慮し、交通誘導や現場のパトロールなどを実施して、作業を進めます。

さらに、ヒヤリハットの報告を収集し、共有して安全対策を強化することが、工事を無事故で完了するために重要な安全管理の一環です。

安全管理者とは?建築業界を安全に支える役割りを紹介

工事管理(施工管理)のフローとは?

工事管理

「工事管理(施工管理)」は、現場監督が中心となり、工事全体の進行を適切に管理する重要な業務です。

工事を受注してから予算を立て、その後実際の工事に着手します。

ここでは、工事管理(施工管理)の手順を詳しく説明し、現場での実践的な管理方法を紹介します。

1工事受注

工事を受注して最初に行うことは、「実行予算管理」です。
実行予算とは、工事受注後に原価を契約金額の範囲内で抑え、利益を確保するために原価計算を行うことです。

また、工事のスケジュールを計画し、品質や作業環境の安全性にも配慮して、具体的な計画書を作成します。

この段階で、クライアントの要望に合った計画書であるかを確認しながら作成を進めます。

2施工管理

施工管理では、主に、先ほど説明した「4大管理」を行いながら工事を進めます。

工事が計画通りに順調に進行しているかを確認し、品質の証明や安全面を考慮した管理が重要です。

3売上管理

次に売上管理を行います。
工事においてどれだけの売上を達成できたのかを管理する業務です。

請求書や入金の確認を行い、工事による損失がないよう適切に管理することが求められます。

4完成検査

建造物がクライアントの要望を満たし、設計図通りに仕上がったかどうか、品質や出来高に問題がないかを検査します。

また、受注や仕入れの実績と計画書を比較し、費用の未払いを把握し、資金管理を行います。
支払い管理を適切に行わないと、会社の信用問題につながる可能性があります。

  • 施工管理システム

工事管理(施工管理)の方法3選とメリット・デメリット

工事管理(施工管理)には、複数の管理方法が存在し、それぞれにメリットとデメリットがあります。

「エクセル」「アプリ」「システム」といった代表的な管理手法を比較し、どの方法が自社に最適かを考察してください。

各管理方法を説明していきますので、それぞれの特性を理解し、工事の効率化と管理の向上を目指しましょう。

工事管理(施工管理)の方法1:エクセルで管理

コストをかけずに工事管理(施工管理)を行いたい場合は、エクセルを用いるのが一般的です。

エクセルを利用して工事台帳を作成し、工事現場ごとの取引内容や原価を詳細に記録します。

CHECK!

エクセルで管理するメリット

工事管理をエクセルで行うメリットは以下の2点です。

  • コストが低い
  • オリジナルの管理表を作成できる

エクセルは、パソコンさえあれば導入費用がかからず、工事管理を効率よく行うことができます。
さらに、エクセルの関数を活用することで、自社独自の工事台帳を作成できます。

工事台帳は、無料でダウンロードできるテンプレートもあるので、コストをかけずにエクセルを使いこなせるでしょう。

CHECK!

エクセルで管理するデメリット

エクセルを使用するデメリットは以下の3点です。

  • 円滑な情報共有ができない
  • 人為的なミスが起きやすい
  • 情報の分散・損失が起きる

エクセルでの工事管理では、複数の人が同じファイルを同時に編集できず、リアルタイムで情報を共有することができません。
そのため、円滑な情報共有が難しく、現場の進捗状況を即座に把握することが困難です。

さらに、工事の件数が増えると、管理すべき情報も増え、多くのファイルが必要になります。

複数のファイルを管理すると、手書きの場合に記入ミスが増えるリスクもあります。

これにより、情報が分散し、請求書の支払い期限を見逃して未払いになる可能性もあるため、注意が必要です。

工事管理(施工管理)の方法2:アプリで管理

近年注目されているのが「アプリによる管理」です。

図面や作業工程表の作成や報告など、施工管理業務を効率化するためのITツールです。

現場で作業する自社や協力会社のスタッフが、スマホやタブレットにインストールして利用します。

近年、スマートフォンやタブレットを導入し、工事管理を行うことも増えてきました。
アプリを使用することで、現場でも簡単に操作できます。

CHECK!

アプリで管理するメリット

工事管理にアプリを使用するメリットは、以下の3点です。

  • 円滑な情報共有
  • 工期の遅れを防ぐ
  • 情報の紛失をなくせる

アプリを使用することで、現場でのやり取りをチャットに集約することができます。

電話などでは、情報を共有するまでにタイムラグが生じることがありますが、アプリを使用することでこのタイムラグを防ぐことができます。

また、現場で報告書を作成し、写真を撮影することができるため、事務所に戻る必要なく作業を進めることができます。
リアルタイムで報告書を閲覧し、工事の進捗状況も即座に共有することが可能です。

CHECK!

アプリで管理するデメリット

アプリを利用するデメリットは、以下の2点です。

  • 事務所のシステムと連携できない場合がある
  • データの一元化ができない

アプリは便利ですが、システムと連携できないことがあり、アプリで管理しているデータをシステムに移す必要がある場合があります。

二重の作業を避けるためには、既存のシステムと連携可能なアプリを選ぶと良いでしょう。

また、アプリには使用できる機能が制限されている場合があり、複数のアプリを使用する必要が出てきます。
これにより、データが一元化されず、情報が分散する可能性があります。

アプリを導入する際には、既存のシステムとの連携が可能かどうかや、データを一元管理できるアプリを選ぶことがおすすめです。

工事管理(施工管理)の方法3:システムで管理

エクセルやアプリでは、個人の端末に情報が保存されます。
情報の共有を効率的に行いたいという場合は工事管理システムを導入することをおすすめします。

システムには、「クラウド型」「インストール型」があり、それぞれ機能もさまざまです。

主な工事管理システムの基本機能は以下の通りです。

  • 受注工事管理
  • 実行予算管理
  • 発注管理
  • 請求管理
  • 支払管理
  • 入金管理
  • 工事原価管理
  • 工程管理

工事管理システムでは、工事の受発注、顧客情報、工事の進捗、工事写真などを一元管理し、共有することができます。

紙ベースや複数のシステムを使用している場合、同時に作業することが難しくなり、情報の共有も困難です。

情報を工事管理システムに集約することで、社内のコミュニケーションがスムーズになります。
業務全体の効率が向上し、結果として顧客満足度が向上することが期待できます。

CHECK!

システムで管理するメリット

工事管理システムを利用するメリットは以下の3点です。

  • 情報の一元管理ができる
  • 作業を効率化できる
  • ミスを削減できる

工事管理システムを導入することで、工事管理に必要なあらゆる情報を一元管理できます。
エクセルやアプリに比べ、利用できる機能が多く、複数のシステムを導入する必要がありません。

また、部署ごとに工事の情報をまとめていると、工事の進捗情報の共有に時間がかかることがあります。

データを一元管理することで、リアルタイムに一目で進捗情報を把握できるため、大幅に業務を効率化することができます。

システム上で工事の進捗をリアルタイムで管理できるので、現場で何か問題が起きても迅速に対応することができます。

CHECK!

システムで管理するデメリット

工事管理システムのデメリットは以下の2点です。

  • コストがかかる
  • 操作の難しさ

パソコンに備わっているエクセルとは違い、システム導入にはコストがかかります。

また、これまでエクセルや紙で情報を管理していた場合、システムに慣れるまで担当者に負担がかかる可能性もあります。

機能の多さよりも、自社が必要とする機能を事前に明確にし、それを満たすシステムを選ぶことが重要です。

工事管理(施工管理)システムの選び方・比較のポイントとは?

工事管理(施工管理)システムを導入する際には、自社の業種や業務ニーズに合ったシステムを選ぶことが重要です。

システム選定の際には、既存のシステムとの連携が可能か、必要な機能が揃っているか、そして使いやすさも考慮する必要があります。

これらのポイントを詳しく説明していきます。

自社の業種に合ったシステムか

工事管理システムは、さまざまな業種向けに設計されており、一般的なものから特定の業種に特化したものまで幅広い選択肢があります。

自社の業種に合わないシステムを選んでしまうと、不要な機能が含まれたり、余計な費用がかかることがあります。
また、必要な機能が不足していたり、使いづらい場合もあります。

業務の性質に応じて適切なシステムが異なるため、自社の業務に適した機能が搭載されているシステムを選ぶことがおすすめです。

業務効率化したい範囲とマッチしているか

工事管理システムを導入する際は、自社の業務効率化を目指すために必要な機能が含まれているかを確認することも大切です。

一元管理されたシステムでは、必要な情報にスムーズにアクセスでき、変更や修正もリアルタイムで反映されるため、情報の伝達ミスを防げます。

さらに、自動集計機能が備わっているシステムを選べば、利益の予測も可能です。
集計作業の手間が省けるため、業務の効率化に大きく貢献します。

どの業務をどう効率化したいかを明確にしておくと、システム選定の際の基準になります。

既存のシステムとの関連性

工事管理(施工管理)システムと既存システムの関連性についても確認しましょう。

システムには、チャットツールや情報共有ツールが組み込まれている場合があります。

既存のチャットツールや情報共有ツールがある場合、重複したシステムを使用すると情報が混乱する可能性があるため、注意が必要です。

また、連携が可能であれば、既存データを工事管理システムに移行できるため、過去の情報を活用できます。
連携ができない場合は、手動でデータを入力する必要があり、それには労力がかかり入力ミスのリスクもあります。

システムを導入する際には、重複したシステムに注意することや、既存のシステムと連携可能なものを選ぶことがおすすめです。

自社に必要な機能が備わっているか

システムを選ぶ際には、自社に必要な機能が備わっているかを確認することが重要です。

工事管理システムは、それぞれ得意とする機能が異なります。

1つの機能が優れていても、他の部分が効率化しなければ、業務全体の効率化に繋がらない可能性があります。

そのため、自社が解決したい課題や効率化したい業務を明確にし、それに合致するシステムを選ぶことが大切です。

使いやすいか

せっかくシステムを導入しても、使いにくいと感じると慣れるのに時間がかかります。

特に年配の方や、ITに苦手意識を持つ方は、工事管理システムの導入に不安を感じることがあります。
そのため、誰でも使いやすいシステムであることが重要です。

サポート体制が整っているシステムを選ぶと、操作に困った際にすぐにサポートを受けられるので、安心して利用できます。

現場管理(施工管理)ソフト 選び方のポイントとおすすめフリーソフト6選

  • 施工管理システム

工事管理(施工管理)システム7選

工事現場の効率を向上させるために欠かせない、工事管理(施工管理)システムには多くの種類があります。
そのため、どのシステムが自社に合うのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、現場の作業効率化や管理の最適化に貢献している、注目すべき7つのシステムを紹介します。
各システムの特徴やメリットを詳しく解説していますので、システム選びの参考にしてください。

工事管理システムとは?おすすめ15選(クラウド型)や導入メリットも調査!

施工管理システム アイピア

『施工管理システム アイピア』は、建築業務に特化した一元管理システムです。

顧客管理から見積作成、予算管理、請求支払管理、入金管理などの業務が1つのシステムで管理できます。
Excelのような使用感で、粗利集計や工事台帳など、必要書類も簡単に作成することが可能です。

また、工程表の作成機能もあるので、工事の遅れを管理したり、原価割れを防ぐことができる点がポイントです。

【価格】
初期費用 120,000円~
月額利用料 10,000円~

ダンドリワーク

ダンドリワークは、建築業の現場に精通したメンバーが開発したサービスです。

図面や資料といった、施工現場に必要な情報をクラウドで一元管理することができ、電話やFAXによる連絡ミスを防ぎ、施工進捗をスムーズに管理します。

また、パソコンはもちろんスマートフォンからもアクセス可能で、現場からの情報共有や確認がスムーズに行えるため、作業効率を大幅に向上させることができます。

現場写真のアップロードや、図面や仕様書の管理もでき、様々な機能をカスタマイズできるのも魅力です。

【価格】
初期費用 200,000円~
月額利用料 19,800円~

現場ポケット

現場ポケットは、建築工事会社向けに特化した、施工現場で活躍する職人向けの施工管理アプリです。

使い方が簡単で、一般的なSNSのトーク機能と同じように操作できる特長があります。

ITに不慣れな職人さんでも簡単に利用できるように設計されており、現場との連絡や情報の伝達、施工写真の整理、書類作成など、さまざまな業務が効率化できます。

スマートフォンに対応しており、外出中の移動時間などにも業務を行えるため、帰社後の仕事が減り、残業時間を削減できます。

【価格】
月額利用料 11,880円(税込)

SMAC工事管理

SMAC(スマック)工事管理は、見積から予算、受発注、日報、原価、仕入、支払、請求の流れを一元化できるシステムです。

工事管理の手間を削減するために必要な機能が、豊富に揃っています。

総合建設業から、土木、建築、舗装、造園、設備、電気、管工事や機械設備などの専門工事業まで、あらゆる業種の多様な業務に対応しています。

必要な機能のみ選んで導入できるため、低コストでスタートできます。

また、外部ソフトとの連携もあり、既存のソフトを見直す必要がありません。

万全のサポート体制が整っているため、初めて工事管理システムを導入する企業でも安心して利用できるでしょう。

【価格】
〈基本ソフトウェア〉
見積管理 100,000円
実行予算管理 100,000円
発注管理 100,000円
日報管理 150,000円
労務機械管理 100,000円
仕入管理 100,000円
支払管理 150,000円
請求管理 150,000円

QOSMOS

QOSMOS(コスモス)は、メンテナンス現場に特化したクラウド型のサービスです。

アプリケーション不要・利用者ID数無制限で利用でき、メンテナンスの業界構造を踏まえたサービス設計となっているのが特長です。

現場の状況記録や発注元への報告作業を、スマートフォンやタブレットから簡単に行え、関係者とリアルタイムで情報を共有できます。

案件ごとに専用のURLが発行され、そこに案件の内容や報告テンプレートを紐づけることができます。

案件管理、報告テンプレート、写真帳票作成、点検結果出力などの機能が備わっており、写真報告書の自動作成機能もあるため、業務管理の作業効率が向上します。

【価格】
要問合せ

brick

brick(ブリック)は、「施工以外の時間を効率化する」というコンセプトでつくられている施工管理ツールです。

施工管理における課題は、見積もり作成や工事会社との情報共有、現場への移動など、施工以外の業務に時間がかかり、実際の施工時間を確保するのが難しいことです。

brickは「施工以外」の業務を効率化し、施工時間を確保するのに役立ちます。

さまざまな業務アプリと連携し、業務フローを可視化する機能も備えています。

業務フローを固定していないので、まず使いたい担当部署から使い始めることができるのも特長です。

【価格】
無料プランあり
月額利用料
Starter 9,900円
Business 39,900円
Enterprise 95,000円

Photoruction

Photoruction(フォトラクション)は、建設、土木業界の生産性と品質の向上を目指して開発されたクラウドサービスです。

現場で使用する図面や写真などのデータを統一管理し、関係者間でリアルタイムに共有することで、現場の状況や業務を見える化できます。

写真や図面、工程表、タスク、検査など豊富な機能に特化しており、技術者が本質的な仕事に集中できます。

日々の現場内業務による余分な仕事を削減することで、業務効率を向上させます。

【価格】
無料トライアルあり
要問合せ

「工事管理におすすめ 『施工管理システム アイピア』とは?

工事管理システムを導入する際、上述したように自社とのマッチ度や操作性の高さを検討する必要があります。
しかし、工事管理システムは多種多様であり、自社にあったシステムを探すのは困難です。
そこでこの章では、工事管理におすすめの『施工管理システム アイピア』をご紹介します。

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア
アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。
必要な機能だけをカスタマイズして使うことができ、操作も簡単です。

施工管理アイピアの便利な特徴!

  • 情報が連動するため金額や顧客名など関連する情報を何度も入力する手間が無く、作業時間が短縮可能!
  • 工事管理に必要な機能をすべて搭載しているため、コストを大幅カット!
  • やり取りの履歴がすべて残り、スケジュール漏れを防ぐ!
  • アイピアの見積は5階層まで対応しているので小規模工事から大規模工事の見積を作成可能!
  • 見積をもとに原価計算から発注までワンクリックで完結!

まずは、体験デモで使用感を体感してみませんか?

初期費用120,000円~
月額利用料(5ユーザーまで)10,000円~
ユーザー追加2,000円/名

「まとめ

「工事管理」と「工事監理」の違いは、管理者や目的の違いを理解することで見極めることができます。
工事管理では各々で情報を管理しており、情報が分散しているため、リアルタイムに情報が共有できない、といった問題を抱えていることも多いのではないでしょうか。

工事管理システムを活用することで、各工事に関する情報を一元管理でき、リアルタイムに情報を共有することができるため、業務を効率化させることができます。
現場監督の負担が大きく、業務の効率が悪い場合は、システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • IT導入補助金を使って「最大80%」まで補助が受けられるチャンス!!今こそお得にアイピアを導入しよう!
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • GoogleDrive x アイピア|GoogleDriveで誰でも簡単対応!「改正 電子帳簿保存法対応ガイド」βユーザー募集中!「詳しい情報はこちら」