アイピア

見積ソフトを導入する際に知っておきたい!クラウド見積ソフトとインストール見積ソフトの違いとは?

クラウド 見積 ソフト 比較

最近では、見積書や請求書などの書類がクラウド上で作成できるツール・サービスが多く出てきました。

今まで、パソコンに見積ソフトをインストールして使うインストール型の見積ソフトを使っていた企業も

クラウドの見積ソフトへの乗り換えが進んでいます。

クラウド見積システム(ソフト)とインストール見積システム(ソフト)の違いについて見ていきましょう。

クラウド型見積ソフトとインストール型見積の違いは?

見積ソフトは大きくクラウド型の見積ソフトとインストール型の見積ソフトに分けることができますが、

それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか?

クラウド見積の特徴

簡易見積に適している

スマホやタブレットからでも使うことができる

パソコンが壊れても新しいパソコンですぐに見積の続きが作成できる

見積データがクラウドにある

同僚との共有が簡単

月額費用が発生する

インストール見積の特徴

処理速度が速い(PCスペックの依存)

階層が多い見積(明細行が多い)でもスピードが落ちにくい

カスタマイズがしやすい

月額費用が発生しない

CADシステムと連携できるモノもある

 

クラウド見積ができるアイピアとは

基幹システムアイピアの見積機能をご紹介いたします。

明細の入力

アイピアでの明細入力はEnterで次の項目にフォーカスが移動するので、
Excelのような使用感で利用することができます。

 

一括編集

作成した明細を全て編集可能な状態に切り替えることができます。
これによりクラウド見積ソフトで手間がかかっていた明細の編集が行ごとではなく明細全体で行う事ができます。
編集ボタンクリック→修正→更新を一度に行う事ができます。

原価からの引込

業者から見積をとってからお客様への見積を作成する企業向けに、
入力した予算をもとに掛け率をかけた明細を見積へ引き込む事ができます。

同じ内容を何度も入力する必要がありません。

見積マスタからの引込

アイピアでは事前に企業としての価格単価表を作成することができます。
作成した単価表を検索して任意の見積書に引き込むことができます。

営業担当者によって見積価格が変わることを防ぐことができ、
新人担当者でもベテラン営業と同じ見積を作成することができます。

過去見積からの引込

アイピア内で作成した見積は自動でデータベース化して蓄積していきます。
過去に作った見積書を現場名や担当者などで検索することができ、今回の見積に引き込むことができます。

オススメ見積比較12選

では実際にどのような見積作成ソフトがあるのでしょうか?見ていきましょう。

見積RICH

http://www.mitsumoris.com/

特徴 ・どこからでも入力可能
・承認機能あり
・商品・顧客マスタがある
価格 初期費用:0円
月額費用:¥5,000~/5ユーザー
環境 クラウド
体験版 あり(2カ月間)

MFクラウド請求書

https://invoice.moneyforward.com/quotes-lp/http://www.mitsumoris.com/

特徴 ・見積ステータスで簡単管理
・送付履歴の管理ができる
・郵送代行あり
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:¥2,980(ベーシック)
環境 クラウド
体験版 あり

MISOCA

http://www.mitsumoris.com/

特徴 ・とにかく簡単に見積が作れる(簡易見積)
・請求書の代行あり
・電話サポートあり
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:¥3,000~
環境 クラウド
体験版 あり

ツカエル見積・請求書オンライン

http://www.mitsumoris.com/

特徴 ・シンプル、かんたん直観的な操作画面
・クラウドならではの、安心と体験
・お求めやすい価格設定
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:¥500円
環境 クラウド
体験版 あり

board

https://the-board.jp/

特徴 ・有料継続率99%
・書類やステータスなどを案件単位で管理
・通知機能で漏れ防止
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:¥3,980/15ユーザー
環境 クラウド
体験版 あり

みつもり主任

見積 見積作成ソフト 業務改善

http://www.mitsumoris.com/

特徴 ・かんたん操作で見積作成時間を短縮
・クラウド対応
・Webカタログと連携可能
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール、クラウド
体験版 あり

建築見積ソフト みつもりLight

http://www.bton-s.com/mlight/

特徴 ・Excelのように簡単に使える操作性
・様々な帳票を作成できる
・システムを自社用にカスタマイズできる
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 あり

 

建築みつも郎12

http://www.kobec.co.jp/kenchiku/

 

特徴 ・最大6階層まで構造化することが可能
・多くの建築・リフォーム業が利用している実績
・Excelのような表デザインなのですぐに使える
価格 初期費用:¥82,000-
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 あり

やよいの見積・納品・請求書18

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/seikyu/index.html

特徴 ・帳票のテキストサイズ、フォントなどカスタマイズ可能
・弥生株式会社が作成したシステムなので安心
・時期製品を無料で提供される
価格 セルフプラン付き:¥5,400円
ベーシックプラン付き:¥5,400円
トータルプラン付き:¥14,040円
環境 インストール
体験版 あり

​​

みつもりくん

https://compcare.co.jp/index.html

特徴 ・空調・衛生、電気設備の業務フローに対応
・公共営繕や設計に業務フローに対応
・図面からの拾い出しが可能
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 不明

 

Kensuke Neo

http://www.advan-jpn.co.jp/lp/kensuke_neo/

特徴 ・小規模工事からおい規模工事まで対応可能
仕上げ概算→見積書→実行予算→工事原価まで連動。
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 不明

MtWin

http://www.ichiho.co.jp/mtwin/

特徴 ・実行予算・基準見積(定価)・提出見積の3種類の単価を登録可能
・深い階層でも分かりやすい画面と快適な操作性
・同社の工程表システムと連携可能
価格 年間ライセンス:¥16,200円
USBパッケージ:¥62,640
ワンインストールライセンス:¥58,320
環境 インストール
フリー版 あり(機能一部制限)

関連記事

  1. 目標管理 マネジメント モチベーション向上 業務改善 目標管理制度(MBO)とは?社員のやる気が出るマネジメント手法
  2. 建築 リフォーム 原価管理 粗利管理 システム 建築会社が抑えておくべき原価計算と原価管理とは?
  3. 給与管理の基本!給与計算のやり方を振り返ろう
  4. 生産性向上 5S 業務改善 5Sで始める業務改善
  5. 情報共有 手段 業務改善 属人化 情報共有を効率的に行う方法と効率的な手段とは?
  6. 社内Wiki 情報共有 社内Wikiで情報共有をする際のメリットと注意点とは?
  7. 【工務店向け】現場写真の管理はスマホアプリ×顧客管理システムで行…
  8. 勤怠管理 システム クラウド 基幹システム クラウド勤怠管理システムでバックオフィスを業務改善!

おすすめ記事

  1. 意外と知らない?見積書の正しい書き方とポイント 見積書 見積書書き方 見積作成システム ソフト
  2. 諸経費は必要! お客様に見積書の内容を説明する際に 知っておきたい諸経費の内容 諸経費 見積 建築 ツール リフォーム 業務改善
  3. 【最初に見る】業務改善を行う際に知っておきたい11のポイント 業務改善11のポイント

おすすめ記事

生産性向上 5S 業務改善 5Sで始める業務改善

5Sという言葉を一度は耳にしたことがあります。やった方が良いということは分かっていてもなかなか出…

ERP 基幹システム 改善  ERPとは?基幹業務を改善したいと思っている方必見!

企業である以上、顧客管理・営業進捗管理・原価管理・入金管理などの管理を何かしらで管理していると思…

リフォーム 工務店 見積 システム ソフト リフォーム会社が見積システムを検討する際に押さえておくべきポイントとは?

リフォームは家の構造やリフォーム内容や依頼する業者によって費用が変わってきます。その為、毎回見積…

営業日報 情報共有 業務改善 形骸化 その営業日報、形骸化していない?営業日報の4つ目的と書く際のポイントとは?

営業日報を運用すると様々な効果があります。しかし、多くの企業で形骸化しているのが現実としてありま…

報連相 情報共有 共有義務 本当の意味 情報共有の基本「報連相」はもう古い?ほとんどの社会人が間違えている「報連相」の本当の意味とは

社会人の基礎、上司への報告やチームでプロジェクトを進める際の情報共有の基礎の1つとして「報連相」があ…

ERP 基幹システム ERPの導入効果とは 管理者・マネージャー・現場それぞれから見たメリットとは

ERPは企業全体の最適化を目的としており、導入することで、業務効率化や営業活動の見える化、請求入金の…

PAGE TOP