電気工事見積ソフト厳選5選!導入のメリットやおすすめの選び方を解説

電気工事見積ソフト厳選5選! 導入のメリットやおすすめの選び方を解説

電気工事を受注する場合、見積書の作成は必須です。
しかし、案件ごとに異なる材料を使用する電気工事では、見積の作成が複雑です。
そのため、見積り業務の効率化を目指し、見積ソフトの導入を考えている企業は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、見積ソフトを導入する際に役立つ情報をまとめました。
ソフトの提供形態の違いや、メリット・デメリットをはじめ、見積ソフトの選び方を解説していきます。

電気工事の見積ソフトとは

既に確認したように、電気工事は、使用する材料が特殊であり、工事ごとに資材が異なります。
このため、エクセルなどの表計算ソフトを用いて見積作成を行うのは、相当な手間がかかります。

そこでおすすめしたいのが、電気工事の見積ソフトです。
ソフトを活用することで、より簡単に、より正確に見積を作成することができます。

使用する材料を材料マスタから選択し、数量を入力するだけで見積書の作成が完了します。
また、見積作成のみならず、工事台帳の作成することも可能です。

複合単価と材工別単価の切り替えも可能なので、工事に合わせた見積書を作成することができます。

電気工事の見積ソフトおすすめの選び方4選

これまで、電気工事の見積ソフトのメリット、デメリットを確認しました。
いざソフトの導入を検討するとなると、どの製品を選べばよいのか迷うことがあると思います。
以下では、電気工事の見積ソフトを選ぶポイントについて解説します。

電気工事見積ソフト選び方①:インストール型?クラウド型?

見積ソフトを探していると、「インストール型」「クラウド型」という言葉を多く目にすると思います。
これは、見積ソフトの提供形態を表すものです。
以下では、「インストール型」と「クラウド型」の違いやそれぞれの特徴について詳しく紹介します。

インストール型

インストール型は、パソコンに見積ソフトをインストールして利用するものです。
ネット環境に接続されていなくても、パソコンがあればソフトを利用することが可能です。

インストール型の特徴

  • 処理速度が通信状態に影響されない(PCスペックに依存する)
  • システムのカスタマイズが簡単
  • 多階層の見積に対応
  • 運用コストが安い

ただし、パソコンにデータを保存するため、情報共有に時間がかかるというデメリットがあります。

クラウド型

クラウド型は、インターネットを介してデータを管理するものです。
ネットが繋がる環境であれば、外出先でも利用可能です。

クラウド型の特徴

  • 情報共有がスムーズ
  • データ紛失のリスク回避
  • 外出先やスマートフォンでの操作が可能
  • 他のシステムと連携できるものもある

クラウド型の場合、データはシステム会社が外部委託したサーバー管理会社で管理されます。
そのため、紛失のリスクは回避できますが、毎月の利用料の支払いが発生します。

クラウド型見積ソフト・システムのメリットは?選び方のポイントもご紹介

電気工事見積ソフト選び方②:導入目的に合っているか

見積ソフトを選定する際には、導入の目的を明確にしておきましょう。
見積り業務だけを効率化したい場合、無料のソフトで十分にまかなえることがあります。
多様な機能が搭載されていれも、使用しなければ意味がありません。
見積作成とともに、納品書や請求書の作成なども効率化したい場合は、複数の機能が搭載されている見積ソフトや、一元管理システムの導入を検討すると良いでしょう。
建築業の場合は特に、階層機能が搭載された製品がおすすめです。
何段階の階層まで対応しているのかという点も注目すると良いでしょう。

電気工事見積ソフト選び方③:既存のシステムとの連携は可能か

会計ソフトなど、別のソフトを既に使用していたり、導入を検討したりしている場合は注意が必要です。
導入予定の見積ソフトと別ソフトとの連携が可能か、データを移行することはできるかといった点を確認するようにしましょう。

電気工事見積ソフト選び方④:サポート体制は整っているか

サポート体制の充実度は、企業によって異なります。
見積ソフトを使いこなせなかったり、トラブルが発生したりした場合、サポート体制が整っていれば、すぐに問題を解決することができます。
電話やメールでのサポートに加え、遠隔操作によるサポートが提供されていると安心です。

電気工事見積ソフト厳選5選!

電気工事見積もりソフト 比較表
これまで、電気工事の見積ソフトのメリット、デメリットや選定ポイントについて解説してきました。
以下では、おすすめの電気工事の見積ソフトを5つ紹介します。

アイピア

弊社が提供するアイピアは、建築・リフォーム業に特化した一元管理システムです。
見積作成はもちろん、顧客管理や請求管理など、工事に関する情報を一括で管理することができます。

特徴

  • エクセルのような操作感!
  • 作成した見積明細を一括で編集できる
  • 原価情報の流用が可能で、同じ情報を複数回入力する手間を省ける
  • 5階層までの見積作成が可能
  • 過去の見積情報や見積テンプレートの取り込みが可能
  • 申告・承認機能付きで入力漏れやミスを回避できる
提供形態クラウド型
価格初期費用120,000円~、月額10,000円~
体験版無料体験デモあり

でんきやさんV5

でんきやさんV5は、電気設備工事に特化した積算・見積ソフトです。
電気設備工事に関する積算・見積を簡単に行うことができます。

特徴

  • 約11,000件の電気工事用材料マスタ搭載
  • 「国土交通省標準歩掛」と「民間用歩掛」を搭載
  • 複合単価の同時計算が可能
  • 図面の拾い出し機能で図面の分割取込ができる
  • 法定福利計算が可能
提供形態インストール型
価格買取価格710,000円~、月額12,000円~
体験版体験版ダウンロードあり

みつもりランド

みつもりランドは、電気設備・配管機械工事業に特化した見積積算システムです。
設備工事全般に対応しています。

特徴

  • 材工分離方式、複合単価方式、混合方式に対応
  • 共通費の自動算出機能を搭載
  • 法定福利計算が可能
  • 最低制限価格を参考に見積金額を変更可能
  • 3種類の歩掛が用意されており、用途に応じて活用できる
提供形態インストール型
価格98,000円~
体験版

積算らいでん(電気工事業版)

積算らいでんは、電気工事業版の積算システムです。
原価らいでんや取込名人などのシリーズとの連携が可能です。

特徴

  • 単価マスタが充実
  • 材工別単価と複合単価、労材別単価を提供
  • 多様な歩掛の自動算出機能を搭載
  • 前原価、見積額の同時さ低機能を搭載
  • 実行予算初作成システムなどオプション機能が充実
提供形態インストール型、クラウド型
価格980,000円~(インストール型)
体験版リモートデモあり

PlusCAD電気α

PlusCAD電気αは、電気工事専用のCADソフトです。
図面作成に加えて、見積作成機能も搭載されています。

特徴

  • 分かりやすい日本語表記のメニュー
  • 約50,000点の電材データを収録
  • 設定金額を入力し、選択材料内で金額を割り振る機能を搭載
  • 図面から電材を自動集計
  • 原価計算や請求書・納品書などと連動
提供形態インストール型
価格お問い合わせ
体験版デモあり

電気工事の見積ソフトを導入するメリット

以下では、電気工事の見積ソフトを導入するメリットを詳しくみていきましょう。

メリット①:業務効率化

エクセルなどの表計算ソフトを利用して見積作成を行っている企業も多いでしょう。
しかし、使用する材料を書き出し、それぞれの単価を入力していくのはかなりの手間がかかります。
エクセルを使い慣れている場合であっても、入力ミスや入力漏れをなくすのはなかなか難しいです。

電気工事の見積ソフトは、使用する材料を選択し、数量などの必要項目を入力するだけで見積を作成することができます。
エクセルなどでの作成に比べ、記入ミスのリスクも減り、業務効率化につながります。

また、電気工事の見積ソフトの多くは、値引き計算や入力内容のチェックを自動で行う機能が搭載されています。
計算や数字が苦手な方でも安心して見積作成業務を行うことができます。

さらに、手書きの図面をソフトにスキャンして、自動で見積を作成できる製品もあります。
自社の求める機能を吟味して、導入する見積ソフトを選びましょう。

メリット②:正確な見積作成が可能に

見積作成には、正確な積算が欠かせません。
材料の拾い忘れや、数字の間違いは見積金額に大きく影響します。

電気工事は、他の工事に比べて使用する材料が多く、手作業で書き出すのはかなり時間がかかります。
ソフトを活用すれば、歩掛や複合単価などを確認することもでき、より正確な見積を作成することができます。

また、電気工事の見積ソフトのなかには、メーカーのカタログ情報を取り込んでいる製品もあります。
自社に合った製品を選ぶことで、見積作成の手間を大幅に減らすことができます。

メリット③:書式が統一される

電気工事の見積ソフトには、電力会社申請書の様式をはじめ、分電盤、系統図など、電気工事に関する様々な書類のひな型が搭載されています。
これらを活用すれば、各種書類の書式が統一されます。

どのような書式で作成すればよいか迷う必要もなく、一から書式を整える必要もありません。

メリット④:リスク削減

見積ソフトを導入することで、データ紛失のリスクを回避できます。

特にクラウド型の見積ソフトの場合、インターネット上で情報を入力するため、パソコンが壊れたとしても別の端末から見積作成を継続することができます。

電気工事の見積ソフトを導入するデメリット

見積ソフトを導入することによるデメリットとして、費用の負担が大きいことが挙げられます。
エクセルなどの表計算ソフトは、多くの場合パソコンに備わっており、無料で使用することができます。
また、機能は制限されていますが、無料で使える見積ソフトもあります。

一方で電気工事の見積ソフトの場合、高価なものであれば数十万円の初期費用がかかります。
しかし、長期的に考えれば初期費用の負担の大きさは、必ずしもデメリットとはいえません。

見積ソフトは、一度使用したら終わりというわけではなく、継続的に使用できるものです。
導入後の業務効率化を見据えて、導入のタイミングを十分に考慮すると良いでしょう。

まとめ

今回は、電気工事の見積ソフトについて紹介しました。

ひとくちに見積りソフトといっても、提供形態や機能は製品によって様々に異なります。
見積ソフトを導入する前に、自社の抱える課題、特に効率化したい業務などを明確にしておくようにしましょう。

弊社が提供する『アイピア』は、建築業・リフォーム業に特化した一元管理システムです。
電気工事専用ではありませんが、原価管理や発注機能など、工事に関する情報を一元管理することが可能です。
また、見積書だけでなく、建築業で必要な各種書類をワンクリックで作成することができます。

見積りソフトの導入を考えている方は、ぜひ一度アイピアをご検討ください。
見積書のテンプレートも無料で提供していますので、ぜひご利用ください。

建築業向けの管理システム「アイピア」

工務店・リフォーム会社が選ぶ「建築業向け管理システム アイピア」社内の情報を一元管理!

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • IT導入補助金を使って「最大80%」まで補助が受けられるチャンス!!今こそお得にアイピアを導入しよう!
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • GoogleDrive x アイピア|GoogleDriveで誰でも簡単対応!「改正 電子帳簿保存法対応ガイド」βユーザー募集中!「詳しい情報はこちら」