建築見積ソフトおすすめ16選!建築業向けに選ぶポイントや特徴を解説!

建築見積ソフトおすすめ16選!建築業向けに選ぶポイントや特徴を解説!


建築業の見積書を作成する際、どのような方法で作成していますか。

メンテナンスなどの小工事であれば、手書きで作成することもありますが、一般的な見積書は、エクセルや建築見積ソフトを使用する場合が多いでしょう。

エクセルでの見積書作成は、コストがかからず便利な一方、どうしても時間がかかります。

そこで本記事では、建築業に合ったおすすめの見積ソフトをご紹介します。
見積ソフトを選ぶ際の比較ポイントや、無料の建築見積ソフトについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

建築見積ソフト完全比較表!おすすめの建築・建設見積ソフトは?

見積ソフト比較表

建築見積ソフトとは、建築プロジェクトにおける費用や材料、工程などの見積を作成するためのソフトです。
従来の手作業に比べて、効率的かつ正確な見積を素早く作成できるため、建築業界で徐々に浸透してきています。

そこで、この後紹介するおすすめの建築見積ソフトを一覧表にまとめました。

備わっている機能や、どのくらいのコストがかかるかなど、ソフトの導入に迷っている方は、比較しながら確認してください。

時間削減・利益UP・情報共有ができる

     

建築業の見積業務がラクになる!

     

一元管理システムならアイピア

     

アイピアは建築業に特化したシステムであり、見積管理をはじめ工事に関するあらゆる情報を一括で管理できます。さらにアイピアはクラウドシステム。外出先からでもデータを確認できます。

     

建築見積ソフトおすすめ16選!無料ソフトも?

ここでは、建築業で利用できるおすすめの見積ソフトをご紹介します。

機能や価格などを確認し、自社に合ったソフトを選びましょう。
※当記事は2024年5月時点での調査内容です。

建築見積ソフトおすすめ①建築業向け管理システム アイピア

『建築業向け管理システムアイピア』は、建築業に特化した業務管理システムです。
見積作成はもちろん、顧客管理や入金管理、原価管理等様々な業務を一括で管理できます。

見積りを基に原価計算から発注までを処理できるため、業務時間が短縮され、入力ミスや発注漏れなどを減らすことができるでしょう。

また、使いやすい操作性のため、ITに慣れていない人でもスムーズに利用できます。

アイピアでできること(一部)

  • 過去に作成した見積書の検索・見積単価表の作成が簡単にできる!
  • 見積の情報はもちろんのこと、業務に関する情報を一元管理できる!
  • 申告・承認機能でミスを防ぐ!
  • アイピアの見積は5階層まで対応!工事の規模を問わず見積を作成可能!
  • 見積書をエクセルデータからコピー&ペーストで登録できる!
環境クラウド型
機能見積作成、原価発注管理、工程管理、書類・写真管理、顧客管理、営業進捗管理、請求管理、入金管理、帳票作成、現場日報管理、物件管理、労務管理、在庫管理、その他
価格 【プラン15】年額 8,000円
【プラン100】年額 30,000円
【プラン1000】年額 100,000円
体験版無料プランあり

建築見積ソフトおすすめ②建築みつも郎17

『建築みつも郎17』は、建築業に特化した見積ソフトです。
ゼネコンだけでなく土木会社や住宅会社、専門工事会社など建築業界に関わる多くの会社に向けて作られています。

多階層見積りの作成や歩掛け対応など、建築業界特有の機能が揃っており、効率よく見積り作成できます。

また、作成した見積りデータをエクセルに出力できるなど、外部ツールとの連携も可能で、柔軟な使い方ができます。
使い込むほど使いやすさが実感できる仕様になっており、利用するほど便利さを感じることでしょう。

特徴

  • 粗利率からの金額調整機能搭載
  • 簡易法定福利費の算出機能あり
  • 最大6段階層まで構造化できる
環境インストール型
機能見積書作成、実行予算・原価管理機能
価格80,000円
体験版

建築見積ソフトおすすめ③工務店応援隊(みつもり主任 よさん主任)

『工務店応援隊』は、「みつもり主任(見積ソフト)」「よさん主任(発注・予算管理ソフト)」「あんけん主任(顧客管理)の3本で構成されています。

見積ソフトである「みつもり主任」は、「せきさん係長」や「あんけん主任」などとも連携できるため、業務全体の効率化を図れます。

見積作成のための機能だけでなく、マルチモニターへの対応や自動上書き保存など、見積り作業を効率的に行うための機能が備わっています。

さらに、セキュリティ対策がしっかりしているため、テレワークでも安心して利用できます。

エクセルや現在使用している見積ソフトからの移行にも対応しているため、乗り換えの手間は掛かりません。

特徴

  • 見積明細書に画像やコメントを挿入できる
  • 過去のデータをもとにした見積作成が可能
  • 自動上書き保存機能あり
環境インストール型/クラウド型
機能見積書作成
価格要問合せ
体験版体験版あり(100回起動)

建築見積ソフトおすすめ④みつもりLIGHT

『みつもりLIGHT』は、建築会社・工務店向けの見積書作成ツールです。
幅広い業種に対応しており、見積りの編集や印刷、管理ができます。

また、エクセルに似た操作感覚で、エクセルの経験があれば誰でも簡単に使えます。

見積書のテンプレートは複数用意されていますが、自社のオリジナル書式を作ることもできます。
自社の仕様になるように、自由に設計できるのが特徴です。

特徴

  • エクセルのような操作感
  • 階層は無制限に作成可能
  • 過去も見積明細を流用できる
環境インストール型
機能見積書作成
価格132,000円~
体験版体験版あり(100回起動)

建築見積ソフトおすすめ⑤Kensuke Neo

『Kensuke Neo(ケンスケ ネオ)』は、建築業に特化した見積作成ソフトです。

工事の規模・種別を問わずエクセル感覚の簡単操作で見積作成が可能です。

仕上積算ソフト「Neo仕上」と連動させることができ、PDF図面などから積算した結果を、そのまま見積作成に落とし込むことができます。
そのため、入力の二度手間が発生しません。

特徴

  • 既存データを流用できる
  • 7階層まで対応
  • IT導入補助金対象製品
環境インストール型
機能見積書作成、仕上積算ソフト「Neo仕上」と連動
価格要問合せ
体験版

建築見積ソフトおすすめ⑥MtWin

『MtWin』は、建設工事業に特化した見積ソフトです。

使いやすい画面と簡単な操作で、深い階層でも簡単に操作できます。

複雑な階層構造の見積書でも、見積金額調整機能と実行予算書作成機能によって、画面表示がわかりやすくなるため、スムーズな操作ができます。

特徴

  • 実行予算・基準見積・提出見積の3単価構成
  • 7階層まで対応
  • 見積書の同時編集が可能(10件まで)
環境インストール型
機能見積書作成、業者管理
価格【年間ライセンス】16,500円
【USBパッケージ】63,800円
【ワンインストールライセンス】59,400円
体験版フリー版あり

建築見積ソフトおすすめ⑦見積Goo!

『見積Goo!』は、設備業・建設業者向けの簡単操作の見積ソフトです。

あらかじめ様々な単価が登録されているため、材料を選択し必要な数量を入力するだけで、短時間で見積作成が完了します。

また、官庁基準の複合単価や主要材料データが標準搭載されているため、複雑な官庁基準のデータが確認できます。

物件ごとに見積書をファイルとしてデータ保存することも可能です。

特徴

  • 官庁基準の複合単価・主要材料データを20,000件搭載
  • 法定福利の計算機能搭載
  • 物件ごとにファイルを保管できる
環境インストール型
機能見積書作成、請求書作成、物件管理
価格(税込)【総合設備見積ソフトOne】220,000円
【機械設備見積ソフトEst】88,000円
【電気設備見積ソフトVolt】88,000円
【建築工事見積ソフトArc】88,000円
体験版体験版あり

建築見積ソフトおすすめ⑧使えるくらうど建築見積V2

『使えるくらうど建築見積V2』は、建設業向けの見積書作成ソフトです。

クラウドソフトなので、インターネットに接続できる環境であれば、社内外問わず、どこでも見積作成が可能です。

あらかじめ登録した明細マスターから明細を選択すると、必要な情報が自動的に入力されます。

使いやすい操作で、見積業務の効率化が実現します。

特徴

  • 単価・諸経費を一括で変更できる
  • 5階層まで対応
  • 原価や利益率を把握しながら見積を作成できる
環境クラウド型
機能見積書作成、実行予算管理
価格要問合せ
体験版デモあり

建築見積ソフトおすすめ⑨見積革命

『見積革命』は、パソコン初心者でも利用できるインターフェースと、見積作成・実行予算作成・発注先管理が同時に行える建築見積システムです。

操作性、即応性、自由性とあらゆる観点から見積業務の理想を追求して開発されました。

多くの機能を搭載しつつも、わかりやすく簡単な操作で見積書を作成することができます。

特徴

  • 行単位、ページ単位で掛け率による金額設定が可能
  • 6階層まで対応
  • マスター化できる項目が豊富
環境インストール型
機能見積書作成、実行予算管理
価格要問合せ
体験版無料デモあり

建築見積ソフトおすすめ⑩楽王Crew・楽王Link

『楽王Crew・楽王Link』は、建設業向けの見積ソフトです。

サブスクリプションサービスなので、追加費用が発生しません。

「楽王Crew」は、積算担当者が1人の法人および個人事業主向けで、「楽王Link」は、チームでデータ共有できる法人向けです。

リーズナブルな価格でありながら高機能が備わっており、材料を選んで数値を入力するだけで使用できます。

特徴

  • オリジナルの材料マスタ、「全日出版社」の単価情報を収録
  • 過去の見積のコピー機能あり
  • 操作画面をアレンジできる
環境インストール型
機能見積書作成、集計機能
価格(税込)【楽王Crew】月額 8,800円
【楽王Link】月額 14,800円
【楽王3】要問合せ
体験版デモあり

建築見積ソフトおすすめ⑪工事見積書Super4

『工事見積書Super4』は、建設業向けの見積書作成ソフトです。

専用のエクセルファイルを使用すれば、AndroidやiPhoneから編集することもできます。

必要に応じて階層をいくつでも作れるため、大規模な工事にも対応しています。

法定福利費の計算にも対応しており、請求書や注文書、注文請書の作成にも対応しています。

特徴

  • 階層見積・隠し階層に対応
  • 法定福利費の計算が可能
  • 自動保存機能あり
環境インストール型
機能見積書作成、請求書作成、注文書作成
価格【簡易版】7,700円
【標準版】15,400円
体験版無料体験版あり

建築見積ソフトおすすめ⑫建て役者

『建て役者』は建築・リフォーム業界向けの業務一元管理システムです。

顧客情報や商談、工程の進捗状況、原価管理、受発注管理、そしてアフターフォローまで、すべての業務を一元管理できます。

過去に作成した見積もりを再利用できるため、見積もり情報が貴重な資産として蓄積されます。

経験の浅い担当者でも、経験豊富な担当者の見積もりを参考にすることで、高い精度の見積もりを作成できます。

特徴

  • リフォーム・新築に必要な機能を搭載
  • 過去の見積を有効活できる
  • 商談・工程・アフター管理まで全て一元化できる
環境クラウド型
機能見積作成、発注書作成、顧客管理、商談管理、実行予算、工程管理、原価管理、アフター管理、その他
価格 【ライト】月額 4,000円〜
【スタンダード】年額 40,000円〜
【プレミアム】年額 80,000円〜
体験版無料デモあり

建築見積ソフトおすすめ⑬見積RICH

『見積RICH(ミツモリッチ)』は、見積書の作成から請求書の発行作業まで完結できるシステムです。

見積作成担当者が1名の場合や、フリーランスの方には、建築見積ソフトの価格が無料になる、1ユーザープランがおすすめです。

インターネットに接続できる環境があれば、社内にいなくても見積書の作成から承認、納品書や請求書の作成まで、すべてウェブ上で行えます。

承認作業も見積RICHで行えるので、印鑑を押すためだけに出社する必要がなくなります。

さらに、承認作業が外出先でも行えるので、書類が承認されるまでの待ち時間を短縮できます。

特徴

  • 社内外どこでも見積書作成が可能
  • 全ての見積を一元管理できる
  • 柔軟かつ厳格な承認フローで見積トラブルを未然に防止
環境クラウド型
機能見積書作成、見積承認、案件・営業管理、帳票出力、その他
価格 【1ユーザープラン】月額 0円
【複数ユーザープラン】月額 5,000円〜
体験版無料お試しあり(最大2ヶ月)

建築見積ソフトおすすめ⑭Misoca

『Misoca』は、弥生株式会社が提供している見積作成システムです。

見積書の他にも、納品書や請求書をかんたんに作成でき、無料プランの場合は、ずっと0円で利用できるのもポイントです。

Misocaで作成した帳票は、メール送付・PDF発行・郵送などワンクリックで完了する手軽さも便利です。

さらに、自動メール送信や確定申告ソフトへの仕訳自動送信などの自動化機能があり、経理業務を大幅に効率化できます。

弥生の会計ソフト、freee、MFクラウド会計・確定申告への仕訳連携や、発行した請求書に売掛金の回収保証を付与できる「Misoca回収保証」など、連携サービスが充実しています。

特徴

  • 見積書・納品書・請求書をあっという間に作成
  • 請求書の自動作成や自動メール送信機能で、請求業務を大幅に削減
  • 連携サービスが充実
環境クラウド型
機能見積書作成、請求書・納品書作成、見積・入金・売上管理、その他
価格 【無料プラン】月額 0円
【プラン15】年額 8,800円
【プラン100】年額 33,500円
【プラン1000】年額 114,00円
体験版無料プランあり

建築見積ソフトおすすめ⑮ツカエル見積・請求書オンライン

『ツカエル見積・請求書オンライン』は、クラウドで見積書・納品書・請求書・領収書を作成・印刷できる見積・請求書作成システムです。

月額550円で利用できる手軽さが魅力で、豊富なテンプレートを使ってドキュメントの作成や管理が簡単にできます。

システムのカラーや、会社のロゴや社判の位置など、自社のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

特徴

  • シンプルな操作画面で使いやすい
  • 申請/承認ワークフローに対応
  • 帳票のカスタマイズ可能
環境クラウド型
機能見積・納品・請求・領収書作成、申請・承認フロー
価格【Stdプラン】月額 550円
【Proプラン】月額 1,100円
体験版無料トライアルあり(30日間)

建築見積ソフトおすすめ⑯AnyONE

『AnyONE(エニワン)』は、建材販売会社が開発した工務店・建築・リフォーム会社に特化したソフトです。

見積り作成だけでなく、施工管理・請求管理や図面や写真もひとつのシステムで管理できます。

システムで情報を一元管理できるため、業務効率化の促進にもなるでしょう。

見積作成は、業者や原価があらかじめ決まっているものであれば、テンプレートとして登録できます。

見積作成時のミスを減らし、ヒューマンエラーの減少にもつながります。

特徴

  • 見積り書は多数階層に対応し、幅広い工事に適応
  • 「一括更新機能」で過去の見積りを活用し、より効率的に新規作成できる
  • エクセルとの親和性が高い
環境インストール型
機能見積作成、実行予算、発注管理、顧客管理、工事・施工管理、入出金管理、アフター管理
価格 要問合せ
体験版無料デモあり

【動画で解説】建築・建設業向け見積ソフトを選ぶポイント5選!

建築・建設業向けの見積もりソフトを提供している会社は多いため、どれを選べばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで、具体的なソフトの選び方のポイントを5つご紹介します。
上記の動画を参考にしながら見ていきましょう。

「インストール(ソフト)型」「クラウド型」を理解する

見積ソフトは、「インストール型」と「クラウド型」の二つに分けられます。
それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解することで、見積ソフトの選定をスムーズに行えます。

CHECK!

インストール型のメリット

  • 基本的に動作が速い(PCスペックに依存)
  • 長期的に見ると価格が安い(初期費用のみかかる)
  • 見積の階層が多い場合でも対応できる

インストール型は、CD-ROMやホームページを介してパソコンに直接ソフトをインストールする利用形式です。
動作の軽量さはパソコンのスペックに依存するため、インターネット回線などの影響を受けることなく利用できます。

また、基本的に買い切りなので、長期的にはクラウドソフトよりも安く済むケースが多いです。
ただし、見積作成機能を含む一元管理システムの場合、定期的なバージョンアップが必要です。
この作業を行うために、インストール型でも月額保守費用を求められる事があります。

CHECK!

インストール型のデメリット

  • パソコンにデータを保存するため、情報共有に手間がかかる
  • 見積作成業務が属人化しやすい

インストール型の見積ソフトで作成した見積のデータは、パソコンに保存されます。
そのため、使えば使うほどパソコンの容量を圧迫してしまいます。

また、データを個人が抱えることとなり、情報共有に手間がかかる点もデメリットといえるでしょう。
誰がどんな見積書を作っているか共有できず、見積業務が属人化しやすいというリスクがあります。

CHECK!

クラウド型のメリット

  • 外出先やスマホからでも入力・閲覧ができる
  • 社内で応報共有ができる(標準単価を作れる)
  • 他のシステムと連携できる製品もある

クラウド型は、インターネット回線を通じてデータを管理・利用する形式です。
インターネットが利用できる環境であれば、出先や自宅からでも見積書の作成や承認作業が可能です。

データの共有もリアルタイムで行えるため、他の人が作った見積書を流用するなど効率化施策を取りやすいのが特徴です。

CHECK!

クラウド型のデメリット

  • 月額費用が発生する
  • 明細の量が増えると動作が重くなる可能性がある

クラウドソフトのデータは、システム会社が外部委託するサーバー管理会社に保存されるのが一般的です。
セキュリティは万全ですが、管理などのために月額の保守費用が必要です。

他にも、定期的なバージョンアップを行うための開発費や問合せサポートスタッフの人件費などが発生します。
そのため、月額費用の値引き対応は受け付けない企業がほとんどです。

クラウド型のソフトを選ぶ場合は、初期費用に加え、運用費も考慮するようにしましょう。

必要な機能をチェックする

見積ソフトを選ぶ際、まず自社の課題を洗い出すことが重要です。
効率化したい業務を明らかにすることで、必要な機能がみえてきます。

自社に必要な機能を把握し、それらが搭載された見積ソフトを選ぶようにしましょう。

基本機能

  • 発送代行機能
  • データ送付機能
  • データ管理機能
  • データ変換機能
  • テンプレート作成機能
  • ステータス管理機能
  • 入力ミス防止機能
  • 一括作成機能
  • ロゴ・印影の登録

便利な機能

  • 承認ワークフロー機能
  • PDF・CSV出力機能
  • 消費税自動計算機能
  • 権限設定・管理

操作性

建築見積りソフトでは、ソフト内での入力のしやすさもポイントとなります。

「ソフトでの入力が難しい」「使いにくいインターフェース」といった問題があると、作業効率が低下し、見積もり作成にかかる時間も増えてしまいます。

誰もが同じレベルでソフトを利用できるような、簡単に操作できるソフトを選びましょう。

多くの製品は、体験版やデモで事前に使用感を確認できます。

デジタル機器の操作があまり得意でない方に体験してもらい、使いやすいソフトを選ぶと良いでしょう。

サポート体制・セキュリティ

見積もりソフトを導入すると、トラブルが起きたり操作方法を忘れたりすることがあります。
そのような場合、すぐに問い合わせられる製品 を選ぶと安心です。

また、見積もりソフトは会社や取引先の重要なデータを扱うため、セキュリティ対策も重要です。

導入前に、どのようなセキュリティ対策が講じられているか 確認しましょう。

コスト

建築見積システムを選ぶ際は、費用についても考えなければなりません。

機能や使いやすさ、サポートの充実度などを考慮して、コストが妥当かどうかを判断する必要があります。

インストール(ソフト)型とクラウド型では、必要なコストが変わってきます。

また、機能を追加したりサポートを受けたりすると追加費用がかかる場合があります。

提示された価格にはどの機能やサービスが含まれているか、よく確認しましょう。

  • 施工管理システム

簡単見積作成 業務管理システム『アイピア』とは?

ここでは、弊社が提供する『アイピア』についてご紹介します。

建築 見積 見積ソフト

アイピアでできること(一部)

  • 過去に作成した見積書の検索・見積単価表の作成が簡単にできる!
  • 見積の情報はもちろんのこと、業務に関する情報を一元管理できる!
  • 申告・承認機能でミスを防ぐ!
  • アイピアの見積は5階層まで対応!工事の規模を問わず見積を作成可能!
  • 見積書をエクセルデータからコピー&ペーストで登録できる!

まずは、体験デモで使用感を体感してみませんか?

環境クラウド型
価格【ライトプラン】初期導入費 120,000円、月額 10,000円
【ベーシックプラン】初期導入費 420,000円、月額 20,000円
【プロフェッショナルプラン】初期導入費 510,000円、月額 30,000円
*月額は5ユーザーまでの場合
体験版無料体験デモあり

アイピアは建築業に特化した一元管理システムです。
しかし、見積作成専用のシステムと比べても引けを取らないほど、簡単に見積書を作成できます。

また、建築業以外の業種にも対応できる仕組みで設計しておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

初めてのシステムでも簡単に使える操作感!

初めてのシステムでも簡単に使える操作感!

アイピアは、ボタンの大きさや配置、情報量など、現場担当者が使いやすいシステムになるよう設計しています、
そのため、初めてシステムを導入する方でもすぐに活用していただけます。

またアイピアは、新しいシステムに慣れる時間を極力減らせるよう、「エクセルと同じような感覚」の操作感を徹底しています。
たとえば、見積明細を作成する際には、Enterで次の項目に移動し、入力できます。

見積ソフトにありがちな「項目をマウスで選びなおす」「別の情報を入れるためにページを切り替える」などの手間を省き、短時間で操作できるよう設計しています。

エクセルと同じ感覚で必要な情報を入力するだけで、見積書を作成することができます。

アイピアの見積機能のポイント

ここでは、アイピアの見積機能について詳しくご紹介します。
「誰もが簡単に使いこなせる」ことに加え、次のようなポイントがあります。

POINT1

積算ができる

建設・建築業で精度の高い見積書を作成するには、積算が不可欠です。
しかし、積算は専門性が高く、市販の汎用的な見積ソフトでは対応できない場合があります。

アイピアは積算にも対応しているため、精度の高い見積書を簡単に作成することが可能です。

POINT2

明細の一括編集が可能

情報を全て入力してから、桁数や単位の間違いに気付くことはありませんか?
またいちから1つずつ項目を編集していくのは、非常に面倒な作業です。

アイピアでは、作成した見積明細を一括で編集できます。
見積明細すべてが編集可能状態になり、任意の場所を自由に編集することが可能です。
桁数や単位を間違えて入力しても、後から一括編集できるので安心です。

POINT3

過去の見積りを取り込める

過去に同じような工事をしている場合、都度新しい見積りをいちから作っていくのはかなりの手間です。
アイピアなら、過去の工事で作成した見積書を検索し、引き込むことができます。

  • 前回、いくらで見積書を作成していたのか
  • 他の営業はいくらで見積書を作成しているのか

などを確認しながら、手間を省いて見積書を作成できます。

POINT4

見積書テンプレートを取り込める

見積書テンプレートを取り込める

アイピアでは、事前に作成した見積書のテンプレートを検索し、見積書に引き込むことができます。
基本となる見積書のテンプレートを作成することで、見積書の作成時間を短縮でき、項目漏れを防ぐことが可能です。
見積書の作成に慣れていない新人の方でも、簡単に作成できるようになります。

また、よく売れている商品やおすすめしたい商品などを価格単価表として登録することも可能です。

POINT5

申告・承認機能を搭載

アイピアには、見積りの申告・承認機能があります。
見積書作成後、管理者に申告し確認をとることで、記載漏れやミスを防止することができます。
また、明細の見せ方などのアドバイスをもらうことも可能です。

申告が行われるとアイピア上にアラートが出るので、管理者は部下から申告された見積情報をすぐに確認することができます。
承認者や承認日などの情報は全て保存されるため、安心です。

CHECK!

その他アイピアの特徴

  • 原価に粗利率を指定して一括で見積価格を更新できる
  • 基本的なエクセルの機能が使える(並び替え、切り取り、張り付け、行コピーなど)
  • 作成した帳票はエクセルファイルで出力できる
  • 値引き機能搭載
  • IT導入補助金対象製品

IT導入補助金2024について:令和5年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業

建築見積ソフトを選ぶ時によくある質問を紹介!

建築業界での見積作成に関して、わからないことや疑問に思うことは、たくさんありますよね。

特に、見積ソフトを選ぶ際には、どのようなソフトが最適か、どのようなメリットがあるのか、など様々な疑問が浮かびます。

そこで、建築見積ソフトを選ぶ時によくある質問について、紹介します。

建築業での見積作成は特殊?

建設業の見積作成は他業種とは少し異なります。

建設業界では、一定の価格相場がある場合と、そうでない場合に分かれます。

例えば、軽量鉄骨住宅などは、建物の大部分が工場で作られた部材で構成されるため、一定の価格相場が存在します。

しかし、東京スカイツリーや横浜ランドマークタワーなどの公共性を持つ建物は、価格相場が存在しません。

これらの建物は、それぞれ独自のシンボル性を持っており、建設にかかる価格は現場の作業過程や工法によって大きく異なります。

つまり、建設業の見積もりは、案件ごとに大きな違いが生じるのです。

建築業の見積作成の方法は?

見積書を作成する方法には、「エクセルやワードで作成する方法」「テンプレートを使う方法」「見積ソフトを利用する方法」の3つがあります。

多くの場合、エクセルやワードを使っているため、少ない費用で済むでしょう。

インターネットを検索すれば、たくさんの見積書テンプレートが見つかるので、それらを利用することもオススメです。

ただし、テンプレートを使う場合は、必要に応じて修正が必要な場合があります。

見積ソフトを使えば、簡単に見積書を作成できるだけでなく、帳票を一括管理・閲覧することもでき、業務効率も向上します。

見積作成する方法はいろいろありますので、自社に最適なものを選んでください。

建築見積ソフトを導入するメリットは?

建築業界では、工事を受注するにあたり見積書の作成が必須ですが、一から作成するのは時間と手間がかかります。

そんなときに便利なのが「建築見積もりソフト」 です。

一般的な見積りソフトは、見積書に必要な情報を入力すれば自動で計算してくれる ため、ミスが起こりにくく、スピーディに見積書が作成ができます。

さらに、過去に作成した見積書のデータを取り込めば、一から見積書を作成する手間を省けるので、業務の効率化につながります。

建築業向けの見積ソフトの特徴は?

建設業向けの見積ソフトは、主に下記の機能を備えており、建設業の見積作成業務を効率化します。

  • 階層見積り作成に対応している
  • 表紙・集計・明細に分けて印刷できる
  • 見積りの項目をカスタマイズできる

請求書の作成も見積もりソフトから行えるので、見積もりに関する全般的な業務をほとんどカバーできるでしょう。

まとめ

建築業の見積作成は、専門性が高く複雑だと言われます。

効率的に、より精度の高い見積書を作成するためには、見積ソフトの導入がおすすめです。
特に、建築業向けの見積ソフトであれば、多階層の見積書を作成することができます。

弊社が提供する『アイピア』は、建築・リフォーム業向けの一元管理システムです。
見積作成のほか、顧客管理や工程管理など業務全体の効率化を実現します。
無料の体験デモも実施していますので、是非お気軽にお問い合わせください。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • IT導入補助金を使って「最大80%」まで補助が受けられるチャンス!!今こそお得にアイピアを導入しよう!
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • GoogleDrive x アイピア|GoogleDriveで誰でも簡単対応!「改正 電子帳簿保存法対応ガイド」βユーザー募集中!「詳しい情報はこちら」