Kensuke NEOとは?見積ソフトの機能や料金、カスタマイズ性など紹介!

【注目】自社にとって本当に必要な見積ソフトとは?
もしもこの記事をご覧いただいている方の中でもっと簡単で使いやすい見積ソフトをお探しの方がいらっしゃいましたら、ぜひまずはじめにアイピアのホームページをご覧ください。」

Kensuke Neoとは

Kensuke Neoは、株式会社アドバンが提供する建築業向け見積作成システムです。工事原価作成システムのNeo原価とともに人気のある見積ソフトですが、今回はこれを詳しく見てみましょう。

機能の特徴

工事規模を問わず利用できる自由度の高い積算ソフト

最大で10階層までの見積も作れる対応力があるので、小規模なリフォーム工事から鉄骨・RC造などの大規模工事まで幅広い見積を作成できます。

もちろん他社ソフトでも良く搭載している過去の見積データから見積を複製する機能や、エクセルデータを取り込む機能も搭載されています。

機能的な利便性をしっかり確保しつつ、幅広い工事規模に対応できるのでどんな企業でも使っていけそうです。

ネットワーク対応で、同一物件を「複数人」で作成できる

工事規模によっては、積算作業を何人かで実施することがあります。ところがエクセルでは同時編集ができないので「Aさんが終わってからBさんが作業を始める」ことを求められ、それだけで完成までの時間は膨れ上がります。

その点、kensuke NEOは「複数人同時接続」ができます。

ネットワーク対応なので、kensuke NEOをいくつかのパソコンで利用できる状態にさえしておけば同じ見積情報に何人かでアクセスして作業ができます。

「解体工事の積算はAさん、給排水設備の積算はBさん」と同時分業することでスピードを大幅に上げることができますね。

カスタマイズ性は?

概算ソフト「AUTO-SANSUKE」と連動してCADデータ等の取込が可能に

AUTO-SANSUKEはKensuke NEOの開発元であるアドバン社が提供する仕上げ積算ソフトです。

CADデータや図面データを読み取り、図面情報から自動積算ができるソフトで、これとKensuke Neoが連動することでより円滑な積算ができます。

導入の費用は?

残念ながら費用に関する情報は一般公開されていませんが、少しでもイメージが湧くように導入までの流れを見てみましょう。

【Kensuke NEO導入までの流れ】

①お問合せ・ご相談
②業務診断
③システム設計
④調整&特別仕様
⑤本格導入

業務診断に基づいたシステム設計や、調整・特別仕様への対応もあるようなので各社使いやすい形を提供してくれそうですが、その分費用は増えるかもしれません。

サポート体制は?

導入事例などを見てみると、サポート体制は非常に好評のようです。電話での問合せも実施しています。

Kensuke NEOのサポートにあたり、「3つの保証」として以下が明言されています。

【3つの保証をお約束】

  1. サポート体制の充実をはかり、迅速かつ丁寧な指導につとめます。
  2. 快適な使用環境のために、絶えずバージョンアップを図ってまいります。
  3. 「導入先100%稼働」を続けるため、誠心誠意最善を尽くしてまいります。

こういったソフト導入は右も左も分からない不安があることがほとんどです。こんな名言があるのは安心ですよね。

※建築設備業積算見積ソフト「Kensuke NEO」「AUTO-SANSUKE」は株式会社アドバンの商標登録です。
※本記事で紹介した画像・スクリーンショット等は、開発元である株式会社株式会社アドバンさまに帰属します。
※本記事で紹介した内容は2020年2月21日時点での情報です。

おすすめ記事

  1. 発注書 注文書
  2. 誰でもデキる営業マンになれる!営業スキルを標準化する基礎知識6選