アイピア

建築会社が抑えておくべき原価計算と原価管理とは?

建築 リフォーム 原価管理 粗利管理 システム

建築業の原価管理はとても複雑です。リフォームの場合では工事中に仕様が変わったり、図面上ではできそうなのに、

現場では全然できないなど、臨機応変に対応することが求まられます。

その分原価が当初よりオーバーすることもあります。普段当たり前のように言っている原価を改めて確認をして、今後施工方法に役立てましょう。

原価について学ぶ

原価計算と原価管理の違いとは?

会社を運営していく際に、売上を上げることと、原価を抑えることは安定した経営をするうえで重要です。

特に、原価の管理は、売上と違い、業務効率の改善や働きかけ、工夫によって抑えることができます。

建築業界では、売上から原価を引いた金額である粗利の管理が重要です。

売上は下がったが粗利率が上がったことで、結果的に会社に残るお金が増えたといった話は

よくあります。

建築会社「粗利管理はしている」という言葉を聞きますが、

実際に詳しく話を聞いてみると、原価計算だけ行っており。

原価管理はできていないという事が分かりました。

原価計算と原価管理という会社の原価について見ていきましょう。

まずは、原価計算と原価管理は全く違います。

原価計算から見ていきましょう。

原価計算とは

原価計算とは、原価管理を行う為に必要な原価を計算します。

費用の内原価に分類するサービスや商品などを集計・分析を行う方法です。

原価管理とは

原価管理とは原価計算の結果(原価金額や割合(粗利)など)を用いて、会社の経営に活かすことです。

原価管理をする際のポイントが3つあります。

・標準単価の設定

単価が人によってばらつきがあると、利益が大きくなる時もあれば、

同じ売上なのに利益が全然取れないことがあります。

このような単価のばらつきがあった際に基準となるのが、標準単価です。

会社として単価の基準を作ることで人によってのばらつきや

何個販売すれば目標を達成できるのかが算出しやすくなります。

この考え方は原価だけではなく、建築業だと案件ごとの粗利率でも

同じように使う事ができます。

・標準単価の設定
単価が人によってばらつきがあると、利益が大きくなる時もあれば、 同じ売上なのに利益が全然取れないことがあります。 このような単価のばらつきがあった際に基準となるのが、標準単価です。 会社として単価の基準を作ることで人によってのばらつきや 何個販売すれば目標を達成できるのかが算出しやすくなります。 この考え方は原価だけではなく、建築業だと案件ごとの粗利率でも 同じように使う事ができます。

 

・原価の統制
標準単価をベースに結果が達成したのか、未達成だったのかを確認をします。
ただ、数字を見比べるだけではなく、なぜそうなったのか?
をしっかりと分析するのが原価の統制です。

 

・原価の低減
原価の値段を下げる努力をすることです。 大量購入による割引や業者の見直しなどによって仕入れの原価が下がるように企業努力を行います。 最近、社会で入れている生産性向上や業務改善も、今までの時間で今まで以上の商品、サービス、価値を 生み出すことができれば、原価の低減といえます。

総合原価と個別原価

次に、総合原価と個別原価について見ていきましょう。

建築業は、個別原価で計算をしますが、対になる言葉が総合原価になります。

総合原価と個別原価は何が違うのでしょうか?

総合原価

総合原価とはある一定の期間で発生した原価を総合的に計算する方法です。

例えば、100均をイメージしてください。

多くの商品を大量に生産して全国に運んでいます。

1つ1つの原価を管理するのは、現実的ではな事がお分かりいただけるでしょう。

そのような場合は、原則として1か月間で発生した原価を総合原価を用いて管理します。

個別原価

個別原価とは受注生産で使われる計算方法です。

建築業では、案件別に工事場所や商品や業者が変わってきます。

その為、案件ごとに原価を計算しないと、

実際に今どれくらい儲かっているのかが、分かりません。

建築業ではこの個別原価がうまく管理ができず粗利の低下につながります。

原価管理ができる クラウド経営管理システムアイピアとは?

 

特徴 ・過去の見積書の検索や見積単価表を簡単に作成できる
・見積の情報はもちろんのこと、業務の情報を一元管理できる
・申告・承認機能でミスを防ぐ
価格 初期費用:¥120,000~
月額費用:¥30,000~
環境 クラウド
体験版 あり

 

 アイピアとは、建築業向けにカスタマイズされて業務管理システムです。

業務フローが予算と見積→発注→請求書(業者)→入金といった社内の業務を

一元で管理することができます。

業務フローに沿って管理できるので、重複入力や新人の方でも

すぐにお使いいただくことができます。

原価管理ができるシステム比較一覧

yahoo!DMP(ヤフー!DMP)

http://www.icubenet.co.jp/

特徴 ・建設原価のリアルタイム更新で現場の利益率、進捗率を把握。経営判断の指標にまで貢献。
・工事代金の請求・入金状況から外注先への発注・支払まで、お金に関する今を全面管理。
・99%の出面ニーズに対応。特殊な計算式、丙欄対応等あらゆる問題を出面本家が解決。
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 インストール
体験版 なし

トッド原価NEO

http://www.kendweb.net/

特徴 ・ドリルダウン機能でジャンプできる簡単操作!
・工事進捗や経営計画に対する業績指標(KPI)を自動集計し見やすい棒グラフ・折れ線グラフなどで可視化できます。
・スマートフォンで勤怠打刻クラウド経由でらくらく集計!
価格 標準価格:¥216,000~
参考(月額):¥18,000~/5クライアントライセン
環境 クラウド
体験版 あり

Const

http://blackhand.co.jp/

特徴 ・クラウド環境での運用が可能
・請求書管理からの資金繰り・工事原価
・見積から原価管理まで一本道
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 クラウド
体験版 なし

建設原価ビルダー3

http://www.kobec.co.jp/kensetugenka/

特徴 ・的確な状況把握で御社が見える。戦略的志向の原価管理ツール。
・それぞれのご意見が利益確保の礎。多彩な帳票でご要望を網羅。
・あらゆる運用方法に柔軟に対応できる原価管理システム!
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 クラウド
体験版 なし

 

建て役者(標準版)

https://www.tateyakusha.jp/

特徴 ・的確な状況把握で御社が見える。戦略的志向の原価管理ツール。
・それぞれのご意見が利益確保の礎。多彩な帳票でご要望を網羅。
・あらゆる運用方法に柔軟に対応できる原価管理システム!
価格 初期費用:¥240,000
月額費用:¥36,000~
環境 クラウド
体験版 なし

 

顧客志向

http://products.rikcorp.jp/

特徴 ・的確な状況把握で御社が見える。戦略的志向の原価管理ツール。
・それぞれのご意見が利益確保の礎。多彩な帳票でご要望を網羅。
・あらゆる運用方法に柔軟に対応できる原価管理システム!
価格 初期費用:要問合せ
月額費用:要問合せ
環境 クラウド
体験版 なし

関連記事

  1. 【工務店向け】原価管理で利益を創出する5つのポイントとシステム3…
  2. 生産性 業務改善 アイピア 活用 生産性が向上するアイピアの機能100連
  3. PDCA もう古い サイクル フレームワーク PDCAとは?もう古いと言われている今だからこそ確認しておきたい…
  4. クラウド 見積 ソフト 比較 見積ソフトを導入する際に知っておきたい!クラウド見積ソフトとイン…
  5. ERP 基幹システム ERPの導入効果とは 管理者・マネージャー・現場それぞれから見た…
  6. 見積書 有効期限 一般 注意点 見積書の有効期限はどれくらいが一般的?有効期限と設定する際の注意…
  7. 【人事・総務担当向け】テレワーク(在宅勤務)の勤怠管理の正解とは…
  8. 【工務店向け】工程表とは?施主を安心させるポイントとおすすめシス…

おすすめ記事

  1. 建築業に特化した見積ソフト比較一覧。見積作成時間を短縮して業効率改善。 見積 見積作成ソフト 業務改善
  2. ストック型ビジネスとフロー型ビジネスで強い企業にする ERP 基幹システム
  3. 【生産性向上】やる気のない社員は従業員エンゲージメントで変わるのか? 従業員エンゲージメント モチベーション 顧客満足度 生産性向上

おすすめ記事

勤怠管理 システム クラウド 基幹システム クラウド勤怠管理システムでバックオフィスを業務改善!

勤怠管理の方法を見直す企業が増えてきています。大きな理由として、働き方改革の浸透やスマホ・タブレ…

アーティサン 教職員の働き方改革支援クラウドサービス「NoverTi」の打刻アプリオプションを公開

今回公開する「打刻アプリオプション」は、PowerApps / Microsoft Flowで作成さ…

ホットリンク、SNSマーケティングツール「BuzzSpreader®」に2つの新機能を追加Twitterのフォロー&RTキャンペーン管理、Instagram画像へのハッシュタグレコメンド

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長内山幸樹、以下ホット…

PDCAサイクル 業務改善 これで出来る!PDCAサイクルをうまく回しきる為に必要な事とは?

ほとんどの社会人が一度はPDCAを回したことがあるのではないでしょうか?しかし、多くの方が途中で…

DMPとは データの整理 DMPとは?活用方法から学ぶ基礎知識

皆様は、データの活用を効果的に出来ている自信はありますか?アンケートや、購買履歴を取っているが、…

業務改善を必ず成功させる方法とは?目的と具体的な進め方のポイント

業務改善で検索をすると、「ネタ探し」という候補が出てくることをご存知でしょうか?多くの方が業務改…

PAGE TOP