【無料ダウンロードあり】工事台帳エクセルテンプレートとおすすめ3選

【無料ダウンロードあり】工事台帳エクセルテンプレートとおすすめ3選

「工事が終わって粗利計算をしたら赤字工事だった」
「会社で決めている最低粗利率を下回っていた」

これらは、どのような工事に関わる業種でも必ずぶち上る課題のひとつです。

この問題は、工事原価を管理する「工事台帳」の作成によって防ぐことができます。

今回は、どなたでも無料で使える工事台帳エクセルテンプレートを作成しました。使い方も含めてご紹介しますので、ぜひ貴社の原価管理にお役立てください。

工事台帳とは

工事台帳とは、リフォームや建築業など工事に関わる業種において、原価を適切に把握するために作成される管理表のことです。

工事中に業者から届いた請求書やホームセンターで購入した材料などを入力することで、原価がどれだけかかっているかをリアルタイムに把握することができます。

また、見積段階の想定では黒字工事であっても、工事の追加や変更を通じて粗利を大きく落とす事態を未然に防ぐことも可能です。

完工後に粗利低下に気付いても、どうすることもできません。工事台帳を通じて工事中にしっかり粗利管理することが重要です。

【参考記事】工事台帳作成・原価管理ソフト7選

工事台帳:無料エクセルテンプレート

このテンプレートは、「わかりやすさ」と「使いやすさ」を重視し誰でも簡単に使えるものを目指し作成しました。

工事台帳:エクセルテンプレートの使い方

この工事台帳テンプレートは、4つのブロックに分かれています。

・基本情報
・入金情報
・原価情報
・粗利の推移

基本情報

「基本情報」は、お客様の情報や日付(契約日や着工日など)を記入する項目です。

後から見返した際にどの現場の工事台帳なのかがわかるように入力をしていきましょう。

入金情報

「入金情報」の現場の入金予定ごとに予実管理ができる項目です。

項目名:(例)着工金、リフォーム工事代金 など
入金予定日:入金の予定日を入力
入金予定額:入金の予定額を入力
入金日:実際に入金があった日付を入力
入金額:実際に入金があった金額を入力
手数料:振込手数料があった場合に入力

原価情報

「原価情報」は明細を入力するブロックと、明細を月ごとに集計されるブロックに分かれています。

背景が白色のセルに入力することで、黄色のセルに自動で計算します。

原価情報(原価明細入力ブロック)

日付:購入日を入力
業者名:業者名や購入先を入力
内容:原価の内容(商品名など)を入力
科目:材料費、労務費、外注費、経費の4種類に分かれています。該当する科目に金額を入力

原価情報(科目別集計ブロック)

原価明細で入力した日付と科目をもとに、自動で月ごとに科目別で集計されます。

粗利の推移

このブロックでは、工事の粗利を受注時、予算時、締め時の3段階で管理することが出来ます。白色の背景部分を入力してください。

おすすめの工事台帳エクセルテンプレート3選

ご紹介したエクセルテンプレートがあまり自社に馴染まない・・・という方は、ぜひ下記3つのサイトで紹介しているテンプレートもチェックしてみてください。貴社に合う無料テンプレートが見つかるかもしれません。

トラスト

「トラスト」では、土木関連で使えるエクセルテンプレートを多数提供をしています。
各現場の工事台帳だけでなく、全体を管理するための管理用エクセルが用意されている点が特徴的です。
管理用エクセルのおかげで、各現場用の工事台帳が増えても、どこに保存したか分からなくなるといったことがなくなります。

また、データはZip形式でダウンロードされるのでファイルを解凍するだけで使用することが出来ます。ファイルの中には操作方法のマニュアルも含まれており、操作方法に悩むこともなさそうです。

経費削減実行委員会

「経費削減実行委員会」は、人件費・残業代、福利厚生費、接待交際費など企業でかかる経費の削減を応援する経費削減サービスの比較サイトです。

見積書、請求書、注文書など業務効率に使えるビジネス書式テンプレートも紹介しています。

ビジネス書式テンプレートの中に、「10%対応済 工事台帳」があります。契約の情報、入金・回収、原価をまとめて管理できるエクセルテンプレートです。

uconnect 悪魔のエクセルテンプレート

ERPクラウドや粗利管理クラウドソフトを販売している株式会社unlimitedが提供をしているエクセル工事台帳です。原価一覧(原価明細)に日々の支払を入力することで、実行予算に対しての支払い状況や残予算の状況が一目でわかります。

工事台帳以外にも現金出納帳や年間カレンダーなど様々なテンプレートが用意されており、他の業務もカバーしてくれそうですね。

原価管理を効率化したいなら、原価管理システムの導入がおすすめ!

エクセルテンプレートは誰でも手軽に使えて便利であるものの、セキュリティや管理の煩雑さに課題が残ります。使っているうちに、工事ごとに増えていくエクセルシートの管理に頭を抱える場面が出てくることでしょう。

パソコンのデータ容量や工事台帳の管理に手間をかけたくない!とお考えなら、原価管理システムの導入がおすすめです。

工事台帳の管理が効率化するだけでなく、見積書や請求書など様々な情報と連携することで入力そのものを簡略化し、作業時間を圧倒的に削減できるかもしれません。

【参考記事】工事台帳作成・原価管理ソフト7選

工事台帳をエクセルで簡単管理

今回は工事台帳のエクセルテンプレートをご紹介しました。原価管理がうまくできていないと思っていましたら、まずは工事台帳エクセルテンプレートをダウンロードしてお試しください。

また、原価管理だけではなく、顧客・案件情報や見積情報など、社内の情報を一元管理したいと思われる方は、建築・リフォーム業向けの情報管理ツールを検討してみるのもおすすめです。

建築,リフォーム,見積,システム,ソフト

side bnr

  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP