原価管理ソフト・システムとは?機能からおすすめ11選まで紹介

原価管理ソフト・システムとは?機能からおすすめ11選まで紹介

「原価管理システムを導入したいけど、どれを選べばいいかわからない」
こういった悩みを持つ方多いのではないでしょうか。
自社に合った原価管理システムを活用することで、複雑な原価計算や損益分析などの複雑な業務を効率化できます。

本記事では、複数業界向け、建設業界向け、製造業向けに分けて、おすすめのシステムを紹介します。

誰でも簡単!原価管理なら『施工管理システム アイピア』

粗利向上を実現したお客様が95%以上!施工管理システムアイピアとは?

原価や粗利管理を行う上で、非常に重要な実行予算を、誰でも簡単に作成できる『施工管理システム アイピア』をご紹介します!
建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアの原価管理機能はどこが便利?3つのポイントを紹介!

  • 作成した見積書を実行予算として転記・編集できる!
  • 作成した実行予算から、発注書をワンクリックで作成できる。
  • 受注時・実行予算時・発注時・請求時四段階の原価・粗利を確認できる。

まずは、体験デモで使用感を体感してみませんか?

原価管理ソフト・システムとは

原価管理ソフト・システムとは、複雑な原価計算を自動算出や標準原価と実際原価の差異分析、収益性を正確に判断する損益分析を行うことができるシステムです。

原価管理システムは、販売管理システムや生産管理システム、会計システムなどと連携して利用することで、より多くの分析を行うことができます。

原価計算や差異分析、損益分析だけでなく、算出した原価データからシミュレーションが可能で、的確な経営判断を行うことに役立ちます。

原価管理ソフト・システムの基本的な機能

原価管理システムは、リアルタイムに原価情報を閲覧・管理できることから、迅速な経営判断や財務の透明化のため多くの企業で導入されています。
システムによって機能は様々で、クラウド型やオンプレミス型など提供スタイルも異なっています。

ここでは、原価管理システムの基本的な機能を7つ度紹介します。

機能1 原価計算を自動で算出

原価計算を行うためには、材料費や労務費、経費など多くの費目を使用し、原価を計算する必要があります。

原価管理システムでは、必要な項目を入力するだけで自動で原価計算を産出することが出来ます
そのため、時間や手間がかかる上、正確な原価を算出することが難しい原価計算ですが、
システムを活用することで、正確に素早く原価計算を行うことが出来ます。

  • 個別原価計算
    製品単位ごとに原価を計算する方法で、受注生産の場合によく利用されます。
  • 総合原価計算
    一定期間に生産した商品の原価をまとめて計算する方法で、食品や飲料など同じ商品を一定期間に大量生産する際に使用されます。
  • 費目別原価計算
    材料費・労務費・経費に製品原価を分類し、「直接材料費」や「間接材料費」といったように「直接」と「間接」に分けて原価を計算します。
  • 部門別原価計算
    費目別計算で算出された費目別原価を、部門ごとに分けて明確化する方法です。
  • 製品別原価計算
    製品の種類ごとに分けて、製品を1単位ごとに原価の計算を行います。

これらのように、原価計算といっても製品が受注製品か大量生産なのかでも計算方法は異なってきます。
システムを活用することで、項目を入力するだけで適切な原価計算をすることが出来ます。

機能2 原価差異分析

原価管理システムでは、計画上の原価(標準原価)と実際にかかった原価(実際原価)の差異を分析することが出来ます。
計画した原価と実際かかった原価の差異を分析することで、原価が高騰している原因を改善することが出来るようになります。

また、原価の差異には、「有利差異」と「不利差異」があり、有利差異は予定よりも原価が低かったことを示し、不利差異は、計画よりも原価が高かったことを示します。
原価差異分析を行い、不利差異について改善を繰り返すことが重要です。

機能3 損益計算

従来、原価管理システムは製品生産後の原価の増減が重要視されていたため、製品の利益アップに使用されることはほとんどありませんでした。

しかし、原価管理システムの機能の中には、収益判断という機能があります。
収益判断機能は、これから発生する可能性があるコストをあらかじめ減らしたうえで原価を考えることが出来ます
これは、製品別のトータルしたコストを把握することにつながり、限界利益の判断や収益性、機会損失の分析が可能になります

機能4 原価シミュレーション

原価管理システムでは、原価シミュレーションを行うことが出来ます。
原価シミュレーションは、原価変動が把握できることにより、変動に応じた対応策を考えることが出来ます
企業にとっては、少しの原価によって利益に大きな損害を与える可能性があるため、原価変動を予測し、対応策を練ることは大変重要になってきます。

また、原価管理システムでは、これまでの原価データが保存されており、そのデータを活用して中長期的な経営シミュレーションを立てることが出来ます。これは、ERP(統合業務パッケージ)の役割を担うため、原価情報を活用して経営戦略に生かすことも可能です。

機能5 配賦

原価管理システムの機能の中に、配賦に関する機能があります。
原価管理システムでは、配賦対象である費用をあらかじめ配賦パターンを形式化できる機能が搭載されています。
また、部門や工程、取引先ごとに配賦方法を設定することができ、部門別配賦や製品別配賦だけでなく、
部品や品群ごとに配賦方法を設定できるものも多くあります。

機能6 他システムとの連携

原価管理システムは、会計システムや在庫管理など、その他の原価に関わるシステムと柔軟に連携することが出来ます
連携することで、今後の生産計画や経営戦略、財務の透明化など経営に必要なデータを効率的に収集することが出来ます。

また、他のシステムと連携できるため、会計システムや販売管理システム、在庫管理システムの情報を収集し、経営情報の一元管理をを実現します。
様々な管理システムと連携させることで、社内の基幹システムを統合的に管理でき、スムーズに情報の共有が行えるほか、運用コストの削減にも役立ちます

機能7 セキュリティ対策が可能

Excelやファイルで原価を管理している場合、情報の紛失や改ざんが容易に行えます。
原価情報は、少しの変動やミスによって収益が大きく変わる可能性があるため、内部統制は大きな課題となっています。

原価管理システムでは、パスワード管理が徹底されており、部門や業務レベルによってアクセス管理が可能です。
また、監査証跡機能やデータ改ざん防止機能などが備わており、内部統制に関する課題を解消することが出来ます

  • 施工管理システム

原価管理ソフト・システムのメリット

原価管理ソフト・システムは、原価計算や原価データの一元管理を行えるだけでなく、経営するうえで様々なメリットがあります。

ここでは、原価管理システムを導入するメリットについてご紹介します。

リアルタイムな情報で経営判断ができる

原価管理システムでは、経営判断に必要なデータをリアルタイムで閲覧することができます。
経営判断には、「原価差異分析」や「損益分岐点」などの重要な情報が用いられます。このような情報を原価管理システムでは、迅速に入手でき、リアルタイムに表示されるため迅速な経営判断に役立ちます。

グローバル化が進んでいる今日では、為替の変動をすばやく把握し原価管理を行わなければいけません。
そのため、リアルタイムな情報を把握できることは会社の存続にかかわる可能性があるのです。

原価管理システムを導入することにより、リアルタイムで正確な情報を把握することで、経営判断に重要となる情報の入手速度を向上させることができるのです。

シミュレーションが可能

原価管理システムの中には、シミュレーションができるものがあります。
原料費の高騰や調達先の急な変更などが発生した際、原価の変動によって自社にどれくらい影響があるのかシミュレーションできるのです。

新型コロナウイルスなどによって、為替や景気の変動が激しくなっているため、自社に与える影響を把握することは大変重要になってきます。
原価管理システムを導入することで、予期せぬ事態でも対応することが可能になります。

ERPとの連動が可能

統合型基幹業務システム(ERP)を導入している企業様では、原価管理が含まれているパッケージソフトを導入することでERPとの連携が可能になります。
ERPと連携させることによって、原価情報を自社のシステム全体に共有することができるため、より迅速な経営判断を行うことができます。
また、帳票や伝票への記載事項を自動で反映してくれるため、人為的なミスを防ぐことができます。

ERPとの連携を行う場合は、単独の原価管理システムと導入するよりも、原価管理システムが含まれているパッケージ商品を導入することで簡単に連携させることができます。

総合力のある原価管理ソフト・システム2選

まずは、建設業や製造業だけでなく、幅広い業界で活用することができる原価管理システムを紹介します。

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、あらゆる業界・業種に対応した「プロジェクト原価管理」システムです。商品仕入から外注仕入、在庫出荷などの発生原価を原価商品単位で管理することが可能です。
プロジェクトごとに原価管理ができるため、案件単位で収益の算出ができ、会社における事業全体の利益率を把握することができます。

施工管理や個別受注生産管理を行いたい企業や、販売管理と施工管理を行っている企業様におすすめのシステムです。

特 徴

  • カスタマイズ可能なイージーオーダーパッケージ
  • 案件NO.をキーにすべての状況が確認可能
  • 案件単位で収支が出せるので、会社の事業全体が見渡せる
環境パッケージソフト
価格お問合せ
体験版なし

原価管理ソフト「売上原価Pro」

売上原価Proは、会社の業務をマニュアル化することができる原価管理・販売管理ソフトです。
受注案件ごとに売上、利益の算出が可能で、担当者別、得意先別、受注別、商品別など最大5段階まで集計が可能です。
また、年間保守契約すると、法改正においてのプログラム変更に無償で対応し、バージョンアップにも無償で対応するなど、手厚いサポートが魅力です。

企業の成長や従業員の増員に合わせて、いつでもシステムを拡大することができます。

特 徴

  • 豊富な実績で幅広い業種に対応
  • 困っていることに対して最適な提案が可能
  • お客様のニーズに迅速な対応
環境オンプレミス、クラウド
価格売上原価Pro for クラウド版
1年利用パック:60,000円~
5年利用パック:270,000円~
1か月あたり目安:5,000円~
売上原価Pro オンプレミス版
M版:100,000円~
U版:250,000円~
MU版:350,000円~
UG版:500,000円~
MUG版:600,000円~
※M版:見積管理 U版:売上管理 MU版:見積と売上管理 UG版:売上と仕入れ原価管理 MUG版:見積管理・売上管理・仕入原価管理
体験版なし

  • 施工管理システム

【建設業向け】原価管理ソフト・システム4選

次に、建設や工事を行っている建設業に適したおすすめの原価管理システムを紹介します。工事別の原価集計など、建設業特有の業務に適したシステムです。

施工管理システム アイピア

アイピアは、建設業・リフォーム業の効率化だけを考えた機能が搭載されているクラウド型業務管理システムです。

見積に含まれる原価情報を取込み、発注までをワンクリックで処理刷ることが可能で、同じ情報を何度も入力する手間が一切なくなり、業務時間が大幅に短縮され発注漏れを防ぎます
見積書の作成や印刷が自由に行え、作成した見積書をそのまま転用して、実行予算を作成することもできます。

また、工事台帳の自動作成や月ごとの売上から粗利集計もなど、様々な集計台帳が作成できます。

特 徴

  • 原価計算から発注までワンクリックで完結
  • 要望に合わせたカスタマイズが可能
  • 見積時の原価から実行予算・発注書の原価の変動をリアルタイムで把握できるため、粗利の低下理由が明確化できる
  • 見積書の原価を実行予算として取り込み、発注書の作成が可能
環境クラウド型
価格ライトプラン:10,000円~、ベーシックプラン:20,000円~、プロフェッショナル:30,000円~
体験版30日間無料トライアルあり

建設原価ビルダー3

建設原価ビルダー3は、コベック株式会社が提供するコスト管理に役立つ工事台帳管理システムです。
こちらにシステムは、あらゆる運用方法に柔軟に対尾いできる原価管理システムで、支払を基準として原価計上を行い、経費の流れを見ながら原価管理を行うことが可能です。
また、業務フローと作業内容が一目で把握できるタイルボタンを採用しており、目的の機能がイラストでわかるため、各処理が効率的に行えます。

特 徴

  • 戦略的思考の原価管理ツールで的確な情報把握が可能
  • 業務フローと作業内容が一目でわかるタイルボタン
  • パスワード管理で利用者別に許可業務を設定可能
  • あらゆる運用方法に柔軟に対応ができる
環境スタンドアロン版
価格本体価格  120,000円+消費税
体験版店頭でのデモンストレーション有り

レッツ原価管理GO 2

レッツ原価管理GO 2は、プロジェクトごとに利益管理ができるクラウド型の原価管理システムです。
このシステムの特徴としては、とにかく分かりやすく誰でも使いやすい点です。見積から発注、発注から仕入、といったように一度入力したデータを次の処理に流せるリレー機能を搭載しているため、二度打ちをなくすことができます。

特 徴

  • どの部門でも使える基幹システムの価値を提供
  • リレー機能が搭載されており、二度打ち不用
  • 導入検討から運用までレッツ独自の手厚いサポート
  • 無料体験で購入までに「使える」を実現
環境スタンドアロン版、クラウド版
価格スタンドアロン版:660,000円、クラウド版:1,100,000円
体験版無料体験あり(45日間)

アイキューブ(原価本家)

アイキューブは、「現場の今、お金の今が分かる」をコンセプトとする、建設業向けの原価管理ソフトです。
建設原価のリアルタイム更新で現場の利益率、進捗情報を把握でき、建設業の利益率を上げることが可能になります。
また、会社の成長や機能のカスタムが柔軟で、必要機能を豊富なオプションから追加することが可能です。

特 徴

  • 実行予算の作成と発注・支払への参照データを同時に作成可能
  • 現場の進捗情報を出来高数量として管理が可能
  • 日報入力により、タイムリーに原価と予算実績対比が可能で無駄だなコストをカット
  • スマートSMEサポーターに認定されている
環境スタンドアロン版、クラウド版
価格お問合せ
体験版なし

  • 施工管理システム

【製造業向け】原価管理ソフト・システム5選

次に、製造業に適した原価管理システムを紹介します。

SmartF

SmartFは、ペーパーレス×見える化で工場改善を目的とした生産管理クラウドシステムです。
案件ごとに原価計算を行い、集計結果をBIツールにより見える化することができます。
また、バーコードで簡単に工程管理や工数集計が可能で、各案件の工程進捗をはあくできるため、納期遅れ防止にも繋がります。

SmartFは、複数のモジュール機能から必要なものだけを選ぶことができるため、スモールスタートで導入することが可能です。

特 徴

  • 各案件の工程進捗の見える化により、納期遅れ防止や進捗確認の手間を削減
  • 案件毎の工数集計によって、正確な原価計算が可見える化能
  • バーコードで簡単に手間なく正しい工程管理が可能
  • 品番・工程・ロット・作業者毎の生産効率や不良品を見える化
環境クラウド版
価格お問合せ
体験版無料体験あり

J-CCOREs

J-CCOREsは、製造業向けの攻めの経営を支える原価管理システムです。
原価計算や損益計算だけでなく、新製品原価や差異分析機能に対応しており、製造コスト、収益の可視化が可能で、原価改善や利益改善につなげることができます。

また、エクセルと連携しているため、システムを導入して使い方が分からず、結局使わなかった・・ということを防ぐことができます。

特 徴

  • プロセス型、組み立て型ともに計算ができる「ころがし計算」の採用
  • 複雑な製造工程でも、標準機能で製品原価の算出が可能
  • Excelから直接データの貼り付け、取り込みが可能
  • 多種多様なシミュレーションを簡単にできる
環境クラウド版
価格お問合せ
体験版なし

FutureStage

FutureStageは、生産管理・販売管理を中心とした製造・流通業向け基幹業務ソリューションです。
「新生産管理システム構築」構築で、分断されていた業務や情報を統一し、原価低減が可能です。
AWS活用モデルで低コストかつフレキシブルなシステムで、業種に特化した業務別テンプレートで業務のフィット感を向上させることができます。
ニーズに応じた柔軟なプランを展開しており、Amazonウェブサービスのクラウド環境を基盤にしたシステムです。

特 徴

  • 中堅・中小規模の製造業、卸売業、小売業に特化した基幹業務パッケージ
  • 在庫・現場・経営などあらゆる情報を見える化
  • 原価低減を実現するための機関構築を実現
  • 製品品番ごとに標準原価の確認が可能で、原価の進捗情報を一目で確認
環境パッケージ型/クラウド型
価格パッケージ型:お問い合わせ、クラウド型:月額84,750円(3CAL付)
体験版なし

AMMIC/Netシリーズ

AMMIC/Netシリーズとは、あらゆる製造業に適用可能なハイブリッド型のERPパッケージです。
製造現場を知り尽くしたプロフェッショナルによる日本製のERPパッケージのため、製造業の生産管理・原価管理に強い点が魅力です。
原価管理システムは、実績原価から標準原価、オーダー別原価など6種類の原価管理を駆使して、生産性の向上を支援します
会計システムと連動できる原価管理システムで、品目別、工程別など様々な切り口で原画管理をすることができます。
また、予算生産計画に基づいた生産実績データをシミュレーション作成でき、予算原価の算出が可能です。

特 徴

  • ABC(Activity-Based-Costing)計算を採用しており、あらゆるレベルの経費の配分が可能
  • 予定計算計画に基づいた生産実績データをシミュレーション作成
  • 標準原価の改訂履歴や比較・承認管理が可能
  • 実際原価との原価差異の算出が可能
環境パッセージ型
価格お問合せ
体験版無料体験あり

鉄人君

鉄人くんは、製造業に特化したクラウド型の生産・販売管理システムです。
納期管理、工程管理、外注管理、自社管理がリアルタイムにどこでも確認することができ、誰でも簡単に操作することができるため、システムに慣れるまでの時間を要しません。
製造会社の規模としては、100名未満の比較的小規模な企業向けのシステムです。

また、ライセンス数に制限はなく、月額料金のみで導入できるため低コストである点も魅力の一つです。

特 徴

  • 工程を入力するだけで原価の確認が可能
  • 取扱う製品の一括管理
  • クラウド型により外出先でも管理が可能
環境クラウド型
価格月額30,000円~
体験版なし

原価管理ソフト・システムの選び方

原価管理システムと一口で言っても価格や種類など、様々です。
ここでは、原価管理システムの選び方うを4つのポイントに分けてご紹介します。

自社の業種や環境に適しているシステム

1点目に自社の業種に対応しているシステムであるかという点です。
原価管理システムは、ERPや販売管理システム、会計ソフトなど多種多様です。
各システムによって適している業種は異なる為、自社の業種、業務体系にあったシステムや、同業種の導入事例が多いシステムを選択すると効果的です。

例として建設業での原価管理は、各工事に共通して発生する原価であっても個別工事ごとに原価計算を行います。
また原価の要素においては、一般会計の「材料費・労務費・経費」に「外注費」が加わります。
こうした特殊な原価管理に対応できるシステムを選択することは、システムを精査する第一歩として重要なポイントです。

システムの連携が可能なシステム

2点目に、様々なシステムとの連携が可能なシステムであるかという点です。
原価管理を行う際には、施工管理や会計データなど工事工程に関わる様々な情報が必要となります。

つまり、原価管理システムは、会計ソフトや見積管理システム、施工管理システムなどと連携することで適切かつ効率的に原価管理を行うことができます。
反対に、システム間の連携ができない場合、必要なデータを手動で共有する為、システム導入前より非効率であったり、データの正確性が低くなる可能性があります。

原価管理システムを選択する際は、既存のツールと連携ができるか原価管理に必要な情報が集約されている一元管理システムを選択すると安心です。

カスタマイズが可能なシステム

3点目に、機能や必要な書類をカスタマイズできるシステムであるかという点です。
自社の業種や環境に適しているシステム”で述べた通り、原価管理システムは自社にあったものを導入すると効果的ですが、特殊な原価計算方法を採用している企業の場合、標準の機能では対応しきれない場合があります。

あらかじめ機能や必要な書類をカスタマイズできるシステムであれば、標準機能では対応できない場合であっても管理方法を大きく変えることなく、スムーズに導入・運用できます。

データの一元化ができるシステム

4点目に、データの一元化が可能であるシステムであるかという点です。
原価計算は、上述したように工事工程に関わる様々な情報が必要であるとともに、そのデータは正確でなくてはなりません。

各部署ごとにデータを管理すると、データ集計に大きな時間を要します。
さらにデータ集計に時間がかかる程、日々更新されるデータに追いつくことができず、各データの正確性が失われていきます。

こうした事態を防ぐためにも、各部署のデータを一元管理できるクラウド型のシステムを選択すると良いでしょう。

  • 施工管理システム

まとめ

原価管理システムは今回ご紹介したものだけでなく、値段や機能面など多種多様です。
また、原価管理は会社の利益に関わってくる大変重要な業務である為、4つのポイントを踏まえながら慎重にシステムを選択すると良いでしょう。
特に、一元管理システムを利用すれば、原価管理はもちろん発注や見積などの他の業務の効率化が見込めるため大変おすすめです。

弊社が提供する『建築業向け管理システム アイピア』は、建築業に特化した一元管理システムです。
工事ごとの原価管理を適切に行うことができるだけでなく、見積機能や案件進捗管理機能、発注管理機能などをまとめて管理できます。
「原価管理を見直したい!」という方は、ぜひ一度アイピアをご検討ください。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ