原価管理システム業界別おすすめ16選!機能7選も徹底解説

原価管理システム業界別おすすめ16選!機能7選も徹底解説

コスト削減や利益の最大化を図る上で、原価管理システムは欠かせないツールとなっています。

自社に合った原価管理システムを導入することで、原価計算や損益分析などの複雑な業務を効率化できます。

しかし、「どのシステムを選べば良いのかわからない」といった悩みを持つ企業が多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、原価管理システム・ソフトの必要性や目的、具体的な機能を解説するとともに、各業界向けにおすすめのシステムを紹介します。

目次

原価管理システム・ソフトとは

原価管理システム・ソフトとは、複雑な原価計算の自動算出や、標準原価と実際原価の差異分析、そして収益性を正確に判断する損益分析を行うシステムです。

原価管理システムは、販売管理システムや生産管理システム、会計システムなどと連携して利用することで、より多くの分析を行うことができます。

原価計算や差異分析、損益分析だけでなく、算出した原価データからシミュレーションが可能で、経営判断に大いに役立つでしょう。

原価管理システム・ソフトはなぜ必要?

原価管理システムを導入すると、複雑な原価計算が自動化され、財務会計ソフトや勤怠管理システム、ERPシステムなどと連携することで入力作業の負担が軽減されます。

さらに、自動計算により計算ミスが防止され、見積書や注文書などの帳票作成もワンクリックで行えるため、入力ミスが減少します。

また、原価計算や実行予算の迅速な作成が可能で、原価管理業務の効率化が図られます。

原価計算を基にした原価差異の分析や過去データを活用したシミュレーションも簡単に行えるため、経営判断に役立てることができます。

工事原価管理の効率化や担当者の負担軽減、経営判断の精度向上を目指す場合には、工事原価管理システムの導入が必要です。

原価管理システム・ソフトの目的

原価管理システムの目的は、企業が製品やサービスの生産コストを効果的に管理し、利益を最大化することです。

具体的には、原価の把握と分析を通じて、効率化やコスト削減を促進し、経営判断に役立てることができます。

また、製品やサービスの原価を把握し、効率化や損益分岐点の低下を通じて安定した経営が期待できるでしょう。

このシステムによって算出されたデータを分析することで、損益がゼロになる売上高(損益分岐点)を算出することも可能です。

人的コストの削減やリアルタイムな情報に基づく迅速な経営判断も可能となるため、利益の最大化につながります。

原価管理システム・ソフトの機能7選


原価管理システムは、リアルタイムに原価情報を閲覧・管理できることから、迅速な経営判断や財務の透明化のため多くの企業で導入されています。
システムによって機能は様々で、クラウド型やオンプレミス型など提供スタイルも異なっています。

ここでは、原価管理システムの基本的な機能を7つ紹介します。

機能1:原価を自動で算出

原価計算を行うためには、材料費や労務費、経費など多くの費目を使用し、原価を計算する必要があります。

原価管理システムでは、必要な項目を入力するだけで自動で原価計算を産出することができます

そのため、時間や手間がかかる上、正確な原価を算出することが難しい原価計算ですが、システムを活用することで、正確に素早く原価計算を行うことが出来ます。

  • 個別原価計算
    製品単位ごとに原価を計算する方法で、受注生産の場合によく利用されます。
  • 総合原価計算
    一定期間に生産した商品の原価をまとめて計算する方法で、食品や飲料など同じ商品を一定期間に大量生産する際に使用されます。
  • 費目別原価計算
    材料費・労務費・経費に製品原価を分類し、「直接材料費」や「間接材料費」といったように「直接」と「間接」に分けて原価を計算します。
  • 部門別原価計算
    費目別計算で算出された費目別原価を、部門ごとに分けて明確化する方法です。
  • 製品別原価計算
    製品の種類ごとに分けて、製品を1単位ごとに原価の計算を行います。

これらのように、原価計算といっても製品が受注製品か大量生産なのかでも計算方法は異なってきます。

システムを活用することで、項目を入力するだけで適切な原価計算をすることができます。

機能2:原価差異分析

原価管理システムでは、計画上の原価(標準原価)と実際にかかった原価(実際原価)の差異を分析することができます。

計画した原価と実際かかった原価の差異を分析することで、原価が高騰している原因を改善することが出来るようになります。

また、原価の差異には、「有利差異」と「不利差異」があり、有利差異は予定よりも原価が低かったことを示し、不利差異は、計画よりも原価が高かったことを示します。

原価差異分析を行い、不利差異について改善を繰り返すことが重要です。

機能3:損益計算

従来、原価管理システムは製品生産後の原価の増減が重要視されていたため、製品の利益アップに使用されることはほとんどありませんでした。

しかし、原価管理システムの機能の中には、収益判断という機能があります。
収益判断機能は、これから発生する可能性があるコストをあらかじめ減らしたうえで原価を考えることができます

これは、製品別のトータルしたコストを把握することにつながり、限界利益の判断や収益性、機会損失の分析が可能になります

機能4:配賦計算

原価管理システムの機能の中に、配賦(はいふ)に関する機能があります。

原価管理システムでは、配賦対象である費用をあらかじめ配賦パターンを形式化できる機能が搭載されています。

また、部門や工程、取引先ごとに配賦方法を設定することができ、部門別配賦や製品別配賦だけでなく、部品や品群ごとに配賦方法を設定できるものも多くあります。

機能5:原価シミュレーション

原価管理システムでは、原価シミュレーションを行うことができます。

原価シミュレーションは、原価変動が把握できることにより、変動に応じた対応策を考えることができます

企業にとって、わずかな原価の変動が利益に大きな影響を与える可能性があるため、原価変動を予測し、適切な対策を講じることが極めて重要です。

また、原価管理システムでは、これまでの原価データが保存されており、そのデータを活用して中長期的な経営シミュレーションを立てることが出来ます。

これは、ERP(統合業務パッケージ)の役割を担うため、原価情報を活用して経営戦略に生かすことも可能です。

機能6:他システムとの連携

原価管理システムは、会計システムや在庫管理など、その他の原価に関わるシステムと柔軟に連携することができます

連携することで、今後の生産計画や経営戦略、財務の透明化など経営に必要なデータを効率的に収集することができます。

また、他のシステムと連携できるため、会計システムや販売管理システム、在庫管理システムの情報を収集し、経営情報の一元管理を実現します。

さまざまな管理システムと連携させることで、社内の基幹システムを統合的に管理でき、スムーズに情報の共有が行えるほか、運用コストの削減にも役立ちます

機能7:セキュリティ対策が可能

Excelやファイルで原価を管理している場合、情報の紛失や改ざんが容易に行えます。

原価情報は、少しの変動やミスによって収益が大きく変わる可能性があるため、内部統制は大きな課題です。

原価管理システムでは、パスワード管理が徹底されており、部門や業務レベルによってアクセス管理が可能です。
また、監査証跡機能やデータ改ざん防止機能などが備わっており、内部統制に関する課題を解消することが出来ます。

エクステリア・外構工事向け 原価管理ソフトおすすめ4選

  • 施工管理システム

原価管理ソフト・システム導入がおすすめな企業4選

原価管理システムは、原価計算や差異分析などの原価管理業務を効率化するシステムです。

企業が直面する問題はさまざまですが、以下のような課題に直面している企業は、原価管理システムの導入が特におすすめです。

  • 課題:原価計算の複雑化で負担が大きい
    システムに必要な項目を入力するだけで原価が自動計算され、実務担当者の負担が大幅に軽減される
  • 課題:原価情報が分散しリアルタイムで情報共有できていない
    基幹システムとの連携により、原価情報を全体に反映し、経営判断を迅速化できる
  • 課題:原価計算の精度が悪い
    独自の配賦基準や方法を用いて原価を算出し、精度が向上
    正確な原価把握に基づいたコスト改善の経営判断が容易になる
  • 課題:原価変動のシミュレーションができていない
    原料費の変動や為替の影響をシミュレーションし、経営の利益確保やリスク管理に役立つ

これらの課題に対処するためには、原価管理ソフト・システムの導入が効果的です。

原価管理システム・ソフト3タイプ

原価管理システムは、主に以下の3つのタイプに分けられます。

  • 特定業界向け
  • プロジェクト管理
  • 汎用的

それぞれのタイプについて、詳しく解説します。

タイプ1:特定業界向け

特定の業界に特化した原価管理システムです。

製造業や建設業、広告、開発など、それぞれの業界に合わせた原価管理が可能です。

  • 例1:製造業
  • 例2:建築業

原価管理システムによって、特化している業界や活用シーンが異なります。
例えば、建設業界向けのシステムでは、工事進捗や資材管理、作業量の把握などを一元管理できます。

業界特有の業務工程に対応したシステムを導入することで、効率的な業務管理が実現します。

タイプ2:プロジェクト管理

プロジェクト管理型の原価管理システムは、プロジェクト管理も並行して行いたい企業向けに、工数管理やワークフロー機能を備えています。

プロジェクトごとに労務費や外注費などを詳細に把握できる特長があります。

これにより、生産性や収支の分析が可能であり、顧客向けのプロジェクトだけでなく、社内プロジェクトのコスト管理や収支管理にも役立ちます

タイプ3:汎用的

汎用的な原価管理システムは、多様な業界や業務形態に対応可能なタイプです。

業務工程や配賦設定が複雑でない場合に、特に適しています。

また、既存のExcel業務をシステム化し運用支援する製品もあり、業界や業務形態にとらわれず自社のニーズに合わせた活用が可能です。

原価管理システム・ソフト比較のポイント3選

原価管理システムを選ぶ際には、3つのポイントを考慮すると導入がより効果的です。

これらの比較ポイントを考慮することで、最適な原価管理システムを選び、業務を効率化し精度を向上させることが可能です。

原価計算以外の業務機能が必要か否か

システムを選ぶ際には、原価計算のみを必要とするか、それとも在庫管理や生産管理など他の業務機能も必要かを考慮しましょう。

例えば、統合的な業務管理が必要な場合はそれに対応したシステムが適しています。

原価管理システムには、原価計算以外の周辺業務も効率化できる機能がたくさんあります。

周辺業務も効率化したい場合は、その機能に対応したシステムを選ぶことが重要です。

原価の配賦はどのような方法で行うか

原価との差異を抑えるためには、実際の費用に応じた配賦方法を採用する必要があります。
原価管理における「配賦」とは、企業で決めたある基準に則って費用を配分処理することです。

例えば、労務費や間接費についてどのような配分基準を設定し、ルールを確認するかが重要です。

しかし、配分設定は複雑な作業です。
このため、自社の運用に合った配分基準に基づいた自動配分機能を備えた管理システムが有効です。

Excelが活用しやすいか否か

Excelとの連携機能があるかも確認しましょう。

集計結果や詳細分析のためにデータを出力し、Excelで操作するケースが一般的ですが、データ出力やExcelへの貼り付けなどに手間がかかるという課題があります。

この点について、Excelとの連携機能があれば作業がスムーズになるというメリットがあります。

原価管理システム・ソフト比較表16選

厳選したおすすめの原価管理システム・ソフト16選を一覧表にまとめました。
最適なシステム選びの参考にしてください。

原価管理ソフト比較表

次に、それぞれの特徴と導入メリットを詳しく解説します。

原価管理システム・ソフト5選(建設業向け)

まずは、建設や工事を行っている建設業に適したおすすめの原価管理システムを5選紹介します。
工事別の原価集計など、建設業特有の業務に適したシステムです。

施工管理システム アイピア

アイピアは、建設業・リフォーム業の効率化だけを考えた機能が搭載されているクラウド型業務管理システムです。

見積に含まれる原価情報を取込み、発注までをワンクリックで処理刷ることが可能で、同じ情報を何度も入力する手間が一切なくなり、業務時間が大幅に短縮され発注漏れを防ぎます

見積書の作成や印刷が自由に行え、作成した見積書をそのまま転用して、実行予算を作成することもできます。

また、工事台帳の自動作成や月ごとの売上から粗利集計など、様々な集計台帳が作成できます。

特 徴

  • 原価計算から発注までワンクリックで完結
  • 要望に合わせたカスタマイズが可能
  • 見積時の原価から実行予算・発注書の原価の変動をリアルタイムで把握できるため、粗利の低下理由が明確化できる
  • 見積書の原価を実行予算として取り込み、発注書の作成が可能
環境クラウド型
価格ライトプラン:10,000円~
ベーシックプラン:20,000円~
プロフェッショナル:30,000円~
体験版試用版あり

レッツ原価管理GO 2

レッツ原価管理GO 2は、プロジェクトごとに利益管理ができるクラウド型の原価管理システムです。

このシステムの特徴は、非常に分かりやすく誰でも使いやすい点にあります。

見積から発注、発注から仕入れといったプロセスにおいて、一度入力したデータを次の処理に流せるリレー機能を搭載しているため、二重入力を防ぐことができます。

特 徴

  • どの部門でも使える基幹システムの価値を提供
  • リレー機能が搭載されており、二度打ち不要
  • 導入検討から運用までレッツ独自の手厚いサポート
  • 無料体験で購入までに「使える」を実現
環境スタンドアロン版
クラウド版
価格スタンドアロン版:660,000円
クラウド版:1,100,000円
体験版無料体験あり(45日間)

e2-movE

e2-movE(イー・ツゥー・ムーブ)は、建設業、工事業向けの工事原価管理システムです。

建設業界に特化したこのシステムは、工事の進捗管理から原価計算、さらには販売管理まで一元的に行うことが可能です。

複雑になりやすい建設・工事業の金銭に関する業務をパッケージ化したサービスです。

「販売管理」「工事原価管理」「建設会計」を中心に、さまざまなサブシステム(支払管理、手形管理、出面管理など)をパッケージ化し、自社のニーズに合わせてカスタマイズできます。

特 徴

  • 物販と工事、トータルでの実績が一目瞭然
  • 売掛金と工事未収入金を合わせた与信管理を実現
  • マスタ共有やデータ連携で事務コストも削減
  • 建材販売業界の長年のノウハウとユーザーのフィードバックを基にしたコアパッケージ
環境クラウド
価格お問合せ
体験版オンラインデモあり

建設原価ビルダー5

建設原価ビルダー5は、コベック株式会社が提供するコスト管理に役立つ工事台帳管理システムです。

こちらのシステムは、あらゆる運用方法に柔軟に対応できる原価管理システムで、支払を基準として原価計上を行い、経費の流れを見ながら原価管理を行うことが可能です。

さらに、業務フローと作業内容が一目で把握できるタイルボタンを採用しており、イラストで機能が分かりやすいため、各処理を効率的に行うことができます。

特 徴

  • 戦略的思考の原価管理ツールで的確な情報把握が可能
  • 業務フローと作業内容が一目でわかるタイルボタン
  • パスワード管理で利用者別に許可業務を設定可能
  • あらゆる運用方法に柔軟に対応ができる
環境スタンドアロン版
価格本体価格 120,000円+消費税
体験版店頭でのデモンストレーション有り

アイキューブ(原価本家)

アイキューブは、「現場の今、お金の今が分かる」をコンセプトとする、建設業向けの原価管理ソフトです。

建設原価のリアルタイム更新で現場の利益率、進捗情報を把握でき、建設業の利益率を上げることが可能になります。

また、会社の成長や機能のカスタマイズが柔軟で、必要機能を豊富なオプションから追加することが可能です。

特 徴

  • 実行予算の作成と発注・支払への参照データを同時に作成可能
  • 現場の進捗情報を出来高数量として管理が可能
  • 日報入力により、タイムリーに原価と予算実績対比が可能で無駄だなコストをカット
  • スマートSMEサポーターに認定されている
環境スタンドアロン版、クラウド版
価格お問合せ
体験版なし

  • 施工管理システム

原価管理システム・ソフト5選(製造業向け)

次に、製造業に特化した原価管理システム・ソフト5選を紹介し、それぞれの特徴や利点を詳しく解説します。

製造業の現場で効果的に活用できるシステム選びの参考にしてください。

J-CCOREs

J-CCOREs(ジェー・シー・コアーズ)は、製造業向けの攻めの経営を支える原価管理システムです。

原価計算や損益計算だけでなく、新製品原価や差異分析機能に対応しており、製造コスト、収益の可視化が可能で、原価改善や利益改善につなげることができます。

また、エクセルと連携しているため、システムを導入しても使い方が分からずに結局使用しないという事態を防げます。

特 徴

  • プロセス型、組み立て型ともに計算ができる「ころがし計算」の採用
  • 複雑な製造工程でも、標準機能で製品原価の算出が可能
  • Excelから直接データの貼り付け、取り込みが可能
  • 多種多様なシミュレーションを簡単にできる
環境クラウド版
価格お問合せ
体験版なし

ProSee

ProSee(プロシー)は、製造業向けの原価計算・管理会計に特化した原価管理ソフトです。

原価管理・管理会計を専門とする会社により運営されているため、原価計算や管理会計に関する知識がなくても十分に活用できます。

「原価、在庫金額、キャッシュフロー」を見える化し、原価を低減すべき製品や削減可能な在庫を特定します。
これにより、売価の調整や在庫の最適化など、迅速な経営改善が可能となります。

また、原価管理システムの提供だけでなく、原価管理の考え方のレクチャーや、顧客に合わせたコンサルティングも行っています。

特 徴

  • 製造業の原価計算・管理会計の専門会社が運営
  • 製造業の原価計算、管理会計のフレームワーク型パッケージ
  • 現場力の進化と業績との関係を見える化してTPS(トヨタ生産方式)を成功に導く
  • 顧客に合った導入をコンサルティング
環境パッケージソフト
価格お問合せ
体験版無償版あり

SmartF

SmartF(スマートエフ)は、ペーパーレス×見える化で工場改善を目的とした生産管理クラウドシステムです。

案件ごとに原価計算を行い、集計結果をBIツールにより見える化することができます。

また、バーコードで簡単に工程管理や工数集計が可能で、各案件の工程進捗を把握できるため、納期遅れ防止にも繋がります。

SmartFは、複数のモジュール機能から必要なものだけを選ぶことができるため、スモールスタートで導入することが可能です。

特 徴

  • 各案件の工程進捗の見える化により、納期遅れ防止や進捗確認の手間を削減
  • 案件毎の工数集計によって、正確な原価計算が可見える化能
  • バーコードで簡単に手間なく正しい工程管理が可能
  • 品番・工程・ロット・作業者毎の生産効率や不良品を見える化
環境クラウド版
価格お問合せ
体験版無料体験あり

アクロス

アクロスは、機械・電機・電子装置製造業向けの原価管理システムです。
個別受注生産や少量生産を行う工場に適しており、部品調達や進捗管理も効率化します。

材料、外注、労務費、経費の4つの要素から製品の原価を分析・算出できるのが特長です。

また、製造途中の製品原価もタイムリーに把握できるため、早期にコストダウンを実現できます。

事前に端末を無料でレンタルできるため、システムが自社業務に適合するかを確認し、必要に応じてカスタマイズも対応可能です。

特 徴

  • 業種を限定して個別受注生産に特化している
  • 各種マスタ、受注、予算、手配リスト(部品表)、作業日報データをExcelから取込可能
  • 4要素の原価科目から原価明細までドリルダウンにて原価内容を間単に分析
  • 市販の販売管理システムとの連動により、全社統合システムとして使用可能
環境オンプレミス、クラウド
価格お問い合わせ
体験版最長1ヵ月間無料製品貸出あり

FutureStage

FutureStage(フューチャーステージ)は、生産管理・販売管理を中心とした製造・流通業向け基幹業務ソリューションです。

「新生産管理システム構築」構築で、分断されていた業務や情報を統一し、原価低減が可能です。

AWS活用モデルで低コストかつフレキシブルなシステムで、業種に特化した業務別テンプレートで業務のフィット感を向上させることができます。

ニーズに応じた柔軟なプランを展開しており、Amazonウェブサービスのクラウド環境を基盤にしたシステムです。

特 徴

  • 中堅・中小規模の製造業、卸売業、小売業に特化した基幹業務パッケージ
  • 在庫・現場・経営などあらゆる情報を見える化
  • 原価低減を実現するための機関構築を実現
  • 製品品番ごとに標準原価の確認が可能で、原価の進捗情報を一目で確認
環境パッケージ型/クラウド型
価格パッケージ型:お問い合わせ、クラウド型:月額84,750円(3CAL付)
体験版なし

原価管理システム・ソフト3選(プロジェクト管理)

次に、プロジェクト管理に特化した原価管理システム・ソフト3選を紹介し、それぞれの特徴や利点を詳しく解説します。

プロジェクトのコスト管理を改善し、自社に適したシステム選びの参考にしてください。

クラウドERP ZAC

クラウドERP ZAC(ザック)は、IT業やイベント業、コンサルティング業、広告業などさまざまな業種で業務効率化するシステムです。

大手企業や上場企業、ベンチャー企業まで950社以上が導入した実績があります。

受注前の見込の段階から、受発注・工数・請求・支払まで全ての案件情報をプロジェクトごとに一元管理します。

会社の情報を一元管理することで、タイムリーな集計と分析を可能にし、数値にもとづいた的確な経営判断をサポートします。

必要な機能を必要な分だけ購入・利用できるため、将来の組織の成長に合わせて段階的に導入したり、実現したい機能だけを部分的に導入することが可能です。

特 徴

  • コスト×プロジェクトの紐付け
  • 必要なデータの一元管理
  • スピーディーな経営判断
  • モジュールもライセンスも拡張・縮小は自由に可能
環境月額ライセンス利用型
価格お問い合わせ
体験版無料デモあり

マネーフォワードのクラウド個別原価

マネーフォワードのクラウド個別原価は、IT開発・プロジェクト型ビジネスに特化した、クラウド型個別原価管理システムです。

プロジェクトに関わるすべての費用をデータ連携で効率的に収集できるのが特長です。

従業員にも使いやすい画面で、工数データの収集ができます。

個別原価計算はもちろん、プロジェクト申請・工数入力・資産振替・レポート作成までの一連の業務をワンストップでサポートしています。

特 徴

  • 従業員にも使いやすいクラウド
  • ラクに集まるデータを基に早く正確な月次決算を実現
  • 従業員に負荷をかけることなく工数データの収集が可能
  • 経営判断に欠かせないプロジェクトの最新原価を可視化
環境クラウド
価格お問い合わせ
体験版なし

freee販売

freee(フリー)販売は、クラウド会計ソフトと一体で使える、次世代型のクラウド会計ソフトです。

見積書や請求書、受発注などの情報を、案件ごとにひとつの画面で集中管理できるのが特長です。

クラウド型なので、いつでもどこからでも情報をスムーズに共有できます。

さらに、freee会計と連携することで、自動的に会計処理が完了し、業務効率が大幅に向上します。

法人向けおよび個人事業主向けの会計システムだけでなく、人事労務のシステム管理、確定申告、会社設立手続き、開業手続きも強力にサポートしています。

特 徴

  • 案件管理から請求書発行までを一つのシステムで完結
  • 高度な内部統制、法改正にも対応した業務フローの構築
  • 事務業務を速くカンタンに
  • freee会計と連携
環境クラウド
価格お問い合わせ
体験版ベーシック機能無料お試しあり

原価管理システム・ソフト3選(汎用的)

次に、幅広い業種で活用できる汎用的な原価管理システム・ソフト3選を紹介し、それぞれの特徴や利点を詳しく解説します。

自社に最適なシステムを見つけ、効率的なコスト管理を実現するための参考にしてください。

楽楽販売

楽々販売 は原価管理業務に役立つ機能を搭載した、クラウド型の販売管理システムです。

売上に対して複数の原価データを紐づけて一元管理できるため、収支計算の自動化や原価率のリアルタイム把握が実現できます。

また、発注先から見積もりを受け取った段階で原価見込みを自動で算出できるため、原価計算の手間やミスを削減できます。

事業全体の収支だけでなく、プロジェクトや案件ごとの収支管理も可能です。
これにより、現場の責任者や営業担当者は原価率を確認しながらプロジェクトの最適化に活用できます。

特 徴

  • 複雑な金額計算の自動化
  • 請求・計上処理の自動化
  • ルーチンワークの効率化
  • freee会計と連携
環境クラウド
価格70,000円〜/月
体験版無料トライアルあり

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、あらゆる業界・業種に対応した「プロジェクト原価管理」システムです。

商品仕入から外注仕入、在庫出荷などの発生原価を原価商品単位で管理することが可能です。

プロジェクトごとに原価管理ができるため、案件単位で収益の算出ができ、会社における事業全体の利益率を把握することができます。

施工管理や個別受注生産管理を行いたい企業や、販売管理と施工管理を行っている企業様におすすめのシステムです。

特 徴

  • カスタマイズ可能なイージーオーダーパッケージ
  • 案件NO.をキーにすべての状況が確認可能
  • 案件単位で収支が出せるので、会社の事業全体が見渡せる
環境パッケージソフト
価格お問合せ
体験版なし

原価管理ソフト「売上原価Pro」

売上原価Proは、会社の業務をマニュアル化することができる原価管理・販売管理ソフトです。

受注案件ごとに売上、利益の算出が可能で、担当者別、得意先別、受注別、商品別など最大5段階まで集計が可能です。

また、年間保守契約すると、法改正においてのプログラム変更に無償で対応し、バージョンアップにも無償で対応するなど、手厚いサポートが魅力です。

企業の成長や従業員の増員に合わせて、いつでもシステムを拡大することができます。

特 徴

  • 豊富な実績で幅広い業種に対応
  • 困っていることに対して最適な提案が可能
  • お客様のニーズに迅速な対応
環境オンプレミス、クラウド
価格売上原価Pro for クラウド版
1年利用パック:60,000円~
5年利用パック:270,000円~
1か月あたり目安:5,000円~
売上原価Pro オンプレミス版
M版:100,000円~
U版:250,000円~
MU版:350,000円~
UG版:500,000円~
MUG版:600,000円~
※M版:見積管理 U版:売上管理 MU版:見積と売上管理 UG版:売上と仕入れ原価管理 MUG版:見積管理・売上管理・仕入原価管理
体験版なし

  • 施工管理システム

原価管理システム・ソフトの選び方

原価管理システムは、企業のコスト管理を効率化し、利益率を向上させるための重要なツールです。

しかし、多くのシステムがあり、自社に最適なものを選ぶのは簡単ではありません。

ここでは、原価管理システムを選ぶ際に考慮すべき4つのポイントを解説します。
自社に最適なシステムを見つけるための参考にしてください。

自社の業種や環境に適しているシステム

1点目は、自社の業種に適しているシステムを選ぶことです。

原価管理システムには、ERPや販売管理システム、会計ソフトなどさまざまな種類があります。
それぞれのシステムが向いている業種は異なるため、自社の業種や業務体系に合ったシステムや、同じ業種で多くの企業が導入しているシステムを選ぶと効果的です。

例えば、建設業では、各工事ごとに個別に原価計算を行いますが、共通して発生する原価もあります。
また、原価には「材料費・労務費・経費」に加えて「外注費」なども含まれます。

こうした特殊な原価管理に対応したシステムを選ぶことは、システムを選定する上で重要な最初のステップです。

システムの連携が可能なシステム

2点目は、他のシステムと連携できるかどうかです。

原価管理では、施工管理や会計データなど、工事の進行に関連するさまざまな情報が必要です。

つまり、原価管理システムは、会計ソフトや見積管理システム、施工管理システムなどと連携することで、適切かつ効率的に原価管理を行うことができます。

一方、システム間での連携ができない場合、データを手動で共有する必要があり、導入前より非効率的であり、データの正確性が低下する可能性があります。

原価管理システムを選ぶ際には、既存のツールとの連携が可能か必要な情報が一元管理されているかを確認することが重要です。

カスタマイズが可能なシステム

3点目は、機能や必要な書類をカスタマイズできるシステムであるかどうかです。

先に述べたように、自社の業種や環境に適したシステムを選ぶことが重要ですが、特定の原価計算方法を採用している企業では、標準の機能だけでは対応できないことがあります。

機能や必要な書類を事前にカスタマイズできるシステムであれば、標準機能だけでは対応できない場合でも、管理方法を大幅に変更せずに導入や運用をスムーズに行うことができます。

データの一元化ができるシステム

4点目は、データを一元化できるシステムであるかどうかです。

原価計算には、工事工程に関連するさまざまな情報が必要であり、そのデータは正確でなければなりません。
各部署でデータを管理すると、データの集計に多くの時間がかかります。

さらに、集計に時間がかかればかかるほど、日々更新されるデータに追いつくことが難しくなり、データの正確性が損なわれる可能性があります。

こうした問題を回避するためには、各部門のデータをクラウド型システムで一元管理できるシステムを選ぶことがおすすめです。

一元管理システムで可能なこととは?経営資源別に詳しく解説!

  • 施工管理システム

原価管理システム・ソフトを導入するメリット

原価管理ソフト・システムは、原価計算や原価データの一元管理を行えるだけでなく、経営するうえで様々なメリットがあります。

  • リアルタイムな情報で経営判断ができる
  • 原価変動のシミュレーションができる
  • 統合型基幹業務システム(ERP)との連動ができる

ここでは、原価管理システムを導入するメリットについて解説します。

リアルタイムな情報で経営判断ができる

原価管理システムでは、経営判断に必要なデータをリアルタイムで閲覧できます。

経営判断には、「原価差異分析」や「損益分岐点」などの重要な情報が利用されます。
このような情報は原価管理システムを通じて迅速に入手し、リアルタイムで表示されるため、迅速な経営判断に貢献します。

現代のグローバル化が進む中で、為替の変動を迅速に把握し、原価管理を行う必要があります。
そのため、リアルタイムな情報の把握が企業の存続に直結する可能性があります。

原価管理システムの導入により、リアルタイムで正確な情報を取得し、経営判断に必要な情報の入手速度を向上させることができます。

シミュレーションが可能

原価管理システムには、シミュレーション機能が備わっているものがあります。

例えば、原料費の急激な上昇や調達先の変更などがあった場合、原価がどれくらい影響を及ぼすかをシミュレーションすることが可能です。

新型コロナウイルスなどにより、為替や経済の変動が激しい状況下で、企業に与える影響を正確に把握することが非常に重要です。
原価管理システムを導入することで、予期しない事態にも迅速に対応する準備ができます。

ERPとの連動が可能

統合型基幹業務システム(ERP)を導入している企業では、ERPに含まれる原価管理パッケージソフトを導入することで、ERPとのシームレスな連携が可能になります。

これにより、 原価情報を企業全体で共有し、より迅速な経営判断を行うことができます。
また、帳票や伝票への自動反映機能により、人為的なミスを防ぐことができます。

ERPとの連携を考える際には、単独の原価管理システムよりもERPに含まれる原価管理機能を利用することで、連携を簡素化することができます。

まとめ

原価管理システムは今回ご紹介したものだけでなく、値段や機能面など多種多様です。

また、原価管理は会社の利益に関わってくる大変重要な業務である為、4つのポイントを踏まえながら慎重にシステムを選択すると良いでしょう。

特に、一元管理システムを利用すれば、原価管理はもちろん発注や見積などの他の業務の効率化が見込めるため大変おすすめです。

弊社が提供する『建築業向け管理システム アイピア』は、建築業に特化した一元管理システムです。

工事ごとの原価管理を適切に行うことができるだけでなく、見積機能や案件進捗管理機能、発注管理機能などをまとめて管理できます。
「原価管理を見直したい!」という方は、ぜひ一度アイピアをご検討ください。

建築業向けの管理システム「アイピア」

アイピアは建築業に特化したクラウドの一元管理システムです。
外出先でもスマートフォンやタブレットなどで操作が可能で場所を選びません。

  • アイピアの機能

    顧客管理、見積機能、
    原価管理、工程表、出面管理、
    現場写真管理、経営分析など

    アイピアの機能
  • アイピアのミッション

    1. 利益の最大化
    2. 人材の獲得と育成
    3. 事業の持続可能性
  • 導入を検討している
    皆様へのメッセージ

    入を検討している皆様へのメッセージ

    現代の建設業は様々な課題があり、多くの企業が困難に直面しています。アイピアは、システムを通じて、建設業の課題解決に役立つサービスを提供しています。

    利益向上や業務のマニュアル化による教育の負担軽減、正確な経営情報の提供など、課題解決に必要な機能を継続的にリリースしています。
    また、導入後のサポートにも重点を置き、システムを最大限に活用していただけるよう丁寧に対応いたします。

  • 今後のチャレンジ

    アイピアは採用に関する課題を解決する仕組みを検討しています。システムを活用し、若者が魅力を感じる環境の整備や採用プロセスの効率化を実現できるサービスの提供を目指します。


"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • IT導入補助金を使って「最大80%」まで補助が受けられるチャンス!!今こそお得にアイピアを導入しよう!
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • GoogleDrive x アイピア|GoogleDriveで誰でも簡単対応!「改正 電子帳簿保存法対応ガイド」βユーザー募集中!「詳しい情報はこちら」