テンプレートを活用して工事台帳を手書きする方法。

工事台帳 手書き

工事台帳を手書きする方法(建設業向け)

工事台帳 手書き

この章では、工事台帳を手書きする方法をご紹介します。
そもそも工事台帳についてチェックしたい方はこちら
工事台帳とは?保存期間や税額表示など注意点を紹介

工事台帳が適切に作成できている状態とは?

①現場の利益や、収支内容が把握できる
②過去に同じような現場があった場合に、過去の工事台帳から、原価の予測ができる
③完成工事原価、未成工事支出金が把握できる
④公共工事の審査時に提出できる資料になっている

それでは、上記①~④の状態を作るための手順をご紹介します。

手順1.テンプレートを手に入れる(手書き可能)

下記のサイトより工事台帳のテンプレートをダウンロードできます。
テンプレートを活用して作成しましょう。

【無料ダウンロードあり】工事台帳エクセルテンプレートとおすすめ3選
工事台帳手帳 (有料)
工事台帳エクセルテンプレート 無料ダウンロード

手順2.ダウンロードしたテンプレートに手書きで記載する

①基本情報を記載する。
現場番号、現場名、現場住所、連絡先、発注者、受注金額、実行予算、契約日、着工日、竣工日、引渡日など

②未成工事支出金、完成工事原価に関して下記の項目を日付順に記載する。

材料費:仕入れた材料の費用
労務費:現場で作業した自社の従業員の給料・賃金(事務作業などは含まれない)
外注費:外注した費用
経費:現場で発生した光熱費、駐車代、事務作業による従業員の給料など
(材料費、労務費、外注費に含まれないもの)

工事台帳を自動作成するなら建築業向け管理システム『アイピア』がおすすめ

業務管理システム「アイピア」は、顧客管理、売上管理、原価管理、見積作成など工事業におけるあらゆる業務を1つのシステムで一元管理できるクラウドソフトです。インターネットが繋がる環境ならどこからでもデータの入力や確認・帳票の出力ができます。

【機能】
顧客管理/案件進捗管理/見積作成/入金管理/実行予算・原価管理/請求・支払管理/工事台帳作成/工程表管理/現場日報/その他

【価格】
初期費用120,000円~、月額10,000円~

まとめ

テンプレートを活用し、項目通りに、情報の入力を行えば、『工事台帳が適切に作成できてる状態』で作成されます。

ですが、システムを導入することで、入金管理、発注管理、見積作成などを効率化させると同時に、工事台帳が自動で作成することができます。

ただし、デメリットとしては、導入コスト(時間、費用)がかかるため、必要性を考慮し、検討しましょう。

おすすめコンテンツ

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP