建築業に役立つノウハウ集

キャッシュフロー計算書とは?基礎知識から目的まで簡単に解説

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement)とは貸借対照表と損益計算書に並ぶ財務諸表の一つであり、C/SやC/Fと呼ばれます。上場企業などの大規模な会社はキャッシュフロー計算書の作成が義務付けされています。

キャッシュフロー計算書とは

その名の通りキャッシュ(現金)のフロー(流れ)であり貸借対照表や損益計算書では知ることができなかった一会計期間の現金の流れを知ることができます。

貸借対照表:一定時点の財政状態(資産、負債、資本など)

損益計算書:一定期間の経営成績(収益と費用など)

キャッシュフロー計算書:一会計期間の現金の流れ

損益計算上で利益があったとしても黒字倒産してしまうことがあります。店頭で商品を売り上げた場合にはその場でお金を受け取ることができますが、大きな取引では掛け(後払い)で取引することがほとんどです。その場合お金を受け取るのは数カ月先になってしまいます。黒字倒産とは売上があっても手元に現金がないため返済することができずに倒産してしまうということです。損益計算書で商品が売れたら現金が入ってきていなくても売上の項目に計上されますが、キャッシュフロー計算書では売り上げた時点ではまだ記入されません。実際に現金が支払われて初めて記入されるのです。

キャッシュフロー

営業活動、投資活動、財務活動

キャッシュフロー計算書には営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローの三項目があります。

①営業活動によるキャッシュフロー

企業にとって営業活動によるキャッシュフローが最も重要な項目であり、本業の営業活動での現金の流れを示します。経営を安定させるためにはこの項目をプラスにしなければなりません。マイナスの場合は本業の営業活動で売上による現金を得ることができていないと言えます。

②投資活動によるキャッシュフロー

将来利益を生むものへ投資する際の現金の流れを示します。設備や有価証券への投資、三カ月以上の定期預金などです。この項目は投資活動がうまくいっていればマイナスであることが多いです。プラスである場合は将来への投資ができていないと考えられます。営業キャッシュフローの金額を超えていないか注意が必要です。

③財務活動によるキャッシュフロー

借入や返済、出資などの現金の流れを示しています。プラスであれば金融機関などからお金を借りて手元の現金が増えている状態で、逆にマイナスであれば借入金などの返済で現金が減っている状態です。

フリーキャッシュフロー

以上の三項目とは別にフリーキャッシュフローという項目があります。営業キャッシュフローから投資キャッシュフロー引くことで求められ、会社が自由に使うことができるお金です。

「フリーキャッシュフロー」=「営業キャッシュフロー」-「投資キャッシュフロー」

フリーキャッシュフローの使い道は主に三つです。①株主への配当金 ②借入金の返済 ③事業拡大のための費用

フリーキャッシュフローがプラスであれば会社は金融機関に頼らずとも配当金や借入金返済、事業拡大などに自由にお金が使うことができます。マイナスであれば資金調達が必要であると言えます。しかし成長段階の会社が金融機関からお金を借りて事業拡大のためにお金を使っているなどの場合は別です。今はマイナスでも将来プラスになる見込みがあるためです。フリーキャッシュフローは短期的ではなく長期的に見ることが重要です。

直接法と間接法

営業活動によるキャッシュフローの求め方には直接法と間接法の二つがあります。直接法とは現金の動きをすべて書き出す方法で、間接法は貸借対照表や損益計算書をもとにして導く方法です。間接法では損益計算書の税引前当期純利益から減価償却費を足し、そのあと売掛金や買掛金の増減によって差し引きしていきます。多くの企業は貸借対照表や損益計算書を作成しているため間接法によってキャッシュフロー計算書を導き出すことが多いです。

減価償却費の考え方

キャッシュフロー計算書では減価償却費が加算されます。減価償却費とは何?という方のために順を追って説明していきます。損益計算書とキャッシュフロー計算書での減価償却費の扱いの違いを理解するために重要なポイントを4つ挙げておきます。

・間接法ではキャッシュフロー計算書は損益計算書をもとに作成される

・減価償却費は実際の現金は動かない費用

・キャッシュフロー計算書では実際に動いた現金しか書くことができない

・減価償却費は損益計算書では引く、キャッシュフロー計算書では足す

損益計算書での減価償却費

減価償却費とは非現金支出費用と言われる実際には現金が動かない費用のことです。

損益計算書での減価償却費の考え方から見ていきましょう。損益計算書の減価償却費は固定資産を購入した時に一度に計上されるのではなく耐用年数に従って少しずつ計上されます。設備や機械は劣化などにより少しずつ価値が下がっていくという考え方です。

例えば耐用年数6年で300万円の車を買ったとします。一度に300万円を経費として計上してしまうとその年だけ大きな赤字となり、次の年からは黒字が続くことになります。これでは正確な損益が反映されません。そのため300万円を6年で割り、一年50万円ずつ費用として計上していくわけです。

キャッシュフロー計算書の減価償却費

キャッシュフロー計算書ではどうなるでしょうか。ここで大事なのは間接法とキャッシュフロー計算書の特性です。間接法は損益計算書の税引前当期純利益をもとにして求める方法だと紹介しました。損益計算書で減価償却費は見かけ上の費用として計上されていきます。しかしキャッシュフロー計算書では実際に動いた現金しか計上することができません。

ということは損益計算書で差し引かれてしまった減価償却費を足し戻さなければならないということです。一会計期間の現金の流れを表すのがキャッシュフロー計算書ですので、購入した年に購入した分の費用が計上され、次の年からはたとえ減価償却費があったとしてもそれは過去に支払い終わった費用なので足し戻さなければならないのです。

建築業向け管理システム アイピア


アイピアは、クラウド上で、建築業に必要な機能が揃った一元管理システム。
請求書や見積書等様々な帳票に対応しています。
その他にも、定期的にバージョンアップを行っている為、より便利にお使いいただけます。

【アイピアで出来ること(一部)】
・顧客管理
・見積書作成
・請求書作成・入金管理
・原価管理(労務費管理も可能)
・発注書管理
・工程表作成
・案件進捗管理
・労務費管理(出面表)
・帳票(工事台帳、見積書など100種類以上)
・スクリーニング機能(分析機能)

 

キャッシュフロー計算書を活用しましょう

キャッシュフロー計算書を作成することで資金繰りなどの問題にいち早く気づき対処することができるようになります。キャッシュフロー計算書の作成は一部の企業しか義務付けされていませんが、会社の資産の動きを知るためにも確認してみてはどうでしょうか。

参考記事

キャッシュ・フローとは|3分で分かるキャッシュ・フロー計算書の基本
キャッシュ・フロー計算書で減価償却費を加算するのはなぜ?
キャッシュフロー計算書の作り方!間接法と直接法を紹介!
【基礎から学べる決算書の読み方講座】4時間目~キャッシュフロー計算書ってどんなもの?~

おすすめコンテンツ

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP