建築業に役立つノウハウ集

自己資本比率とは? 図で簡単解説。会社の安全性を把握しよう

自己資本比率とは

自己資本比率とは

自己資本比率とは、返済不要の自己資本が全体の資本(総資本)のうち自己資本が占める割合を指します。

詳しくは貸借対照表の記事をご確認ください。
貸借対照表とは?資産、負債、純資産に分けて解説!

簡単に貸借対照表の解説。自己資本比率の計算に必要な資産と資本について
■資産
・流動資産( 流動資産 (現金、貯金、受取手形、売掛金、短期有価証券) 、棚卸資産 )
・固定資産(有価固定資産、無形固定資産、投資、その他の投資)
・繰越資産

■他人資本(負債)
・流動負債(支払手形、買掛金、未払金、短期借入金)
・固定資産(社債、長期借入金、退職給与引当金)

■自己資本
・資本金
・資本剰余金
・利益剰余金

自己資本比率 = 自己資本 ÷ 総資本 (自己資本 + 他人資本) 

自己資本比率

<ポイント>

  • 自己資本は返さなくてもよい資本です。
    (具体的には資本金と資本剰余金、利益剰余金)
  • 総資本は自己資本と他人資本に分かれます。
  • 自己資本比率は、貸借対照表から読み取ることができます。
  • 自己資本比率とは、資本のうち返さなくてもよい資本の率です。
  • 自己資本比率とは、企業の安全性を示す指標です。
  • 自己資本比率は目安となる基準が業種ごとに異なります

自己資本比率が高いほど、財務的には安定し、倒産しにくいとされています。
逆に自己資本率が低いということは、借入金で調達している割合が多い事になるので、不安定といえます。

自己資本比率は一般的に下記のように評価されています。

超優良企業70%
優良企業40%~69%
安定企業20%~39%
これから0~19%
欠損企業0%未満

 

令和2年中小企業実態基本調査速報

令和2年中小企業実態基本調査速報から一部抜粋

こちらの調査結果より、自己資本比率は令和元年度では、全産業での加重平均値は43.84%という数値になっていますね。
自社と比べてどうでしょうか? ただし、業種ごとでの平均値は異なります。詳しく、数値を確認したい方は令和2年中小企業実態基本調査速報をチェックしてみてください

自己資本比率表

 

建築業管理システム アイピアでリアルタイムに数値を把握しよう

アイピアは、建築業向けの管理システムです。アイピアでは、リアルタイムの売上や支払情報を確認することができます。
現時点での粗利、営業利益なども確認できます。
※一般管理費なども登録した場合

その他にも、見積作成、発注管理、請求管理など様々な業務を一つのシステムが完結できるため、業務効率化を図ることができます。
また、登録された情報を分析し、売上、利益の向上につなげる事もできます。
このようなシステムを導入する際は、難しく、失敗した事例はよくありますが、アイピアでは、機能を最小限にカスタマイズが可能で使いやすさを追求しております。
電話サポート、FAQサイトも工夫されており、比較的スムーズに運用をスタートして頂けます。

【アイピアで出来ること(一部)】
・顧客管理
・見積書作成
・請求書作成・入金管理
・原価管理(労務費管理も可能)
・粗利管理
・発注書作成・業者請求管理
・工程表作成
・案件進捗管理
・現場日報
・帳票(100種類以上)
・スクリーニング機能(分析機能)

おすすめコンテンツ

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP