建築業に役立つノウハウ集

貸借対照表とは?資産、負債、純資産に分けて解説!

貸借対照表とは

貸借対照表(Balance Sheet: B/S)とは一定時点の会社の財政状態を示す計算書のことです。

貸借対照表を見ることで資産、負債、純資産(資本)のバランスから会社の財政状態を見ることができます。貸借対照表に記載される各項目の意味や役割について見ていきましょう。

貸借対照表

資産とは

営業活動をするために持っている財産のことを指し、将来会社にプラスの影響を及ぼすものです。資産は大きく流動資産と固定資産に分けられます。

流動資産

一年以内に現金化される資産のことを言います。流動資産の中でも当座資産、棚卸資産、その他の流動資産の三つに分けられます。細かく見ていきましょう。

〇当座資産

例)現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券

流動資産の中でも特に現金化しやすいものです。現金は言うまでもなく、預金や受取手形などもすぐに現金に換えることができます。当座資金に含まれる有価証券は短期で売買することを目的としています。この当座資産とはいわば支払いのためにすぐに使うことができるお金ということです。

  • 受取手形:一定期日に決められた金額を支払ってもらう約束をした証券、支払われる権利
  • 売掛金:商品やサービスを販売し、あとで売上代金を受け取る権利
  • 有価証券:株式や国債、社債など

〇棚卸資産

例)材料在庫、商品在庫

材料や商品など在庫として残っているものを指します。商品は資産に入りますが、たくさん持っていればいいというわけではなく、在庫の量は調整していく必要があります。

〇その他の流動資産

例)短期貸付金、前払費用、前払金、未収入金

当座資産、棚卸資産以外の流動資産です。具体的に短期貸付金、前払費用、未払金などが入ります。

  • 短期貸付金…一年以内の返済期間で貸し付けたお金
  • 前払費用…家賃や地代のように継続的なサービスに対して先に払った費用
  • 前払金…一時的なサービスや商品の購入の際に先に払ったお金
  • 未収入金…営業取引以外で生じる一年以内に回収することを約束した未回収金

固定資産

一年以上保有しているものや、長期にわたって現金化されない資産のことです。それ自体を販売することを目的とするのではなく、機械や土地のように商品を製造するためや営業活動をするうえで必要になるものです。固定資産は有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産の三つに分けられます。こちらも細かく見ていきましょう。

〇有形固定資産

例)土地、建物、機械設備、車両運搬具

その名の通り形として見える資産で、土地や建物、機械設備、車両運搬費などが入ります。
〇無形固定資産

例)ソフトウェア、特許権

ソフトウェアや特許権のようにモノとしては存在しませんが、長期的に活用する目に見えない資産のことです。

〇投資その他の資産

例)投資有価証券、長期預金

有形固定資産と無形固定資産に入らない固定資産のことです。短期で売買することを目的にしていない投資有価証券や長期的な銀行預金などが入ります。

負債とは

お金や物品、サービスなどを返済しなければならない義務のことを指し、将来会社にマイナスの影響を及ぼすものです。負債は流動負債、固定負債に分けられます。

流動負債

例)支払手形、買掛金、短期借入金
一年以内に返済しなければならない負債のことを言います。支払手形、買掛金、短期借入金などが含まれます。

  • 支払手形:一定期日に決められた金額を支払う約束をした証券、支払う義務
  • 買掛金:商品やサービスを購入し、あとで売上代金を支払う義務

固定負債

例)社債、長期借入金、預かり保証金
一年を超えてから返済する負債、言い換えると一年以内に支払い義務がない負債のことを言います。長期借入金や社債、預かり保証金が含まれます。いずれも一年以内に支払い期限が来ないものが固定負債として扱われます。

純資産(資本)

事業を始めるときの元手などを指し、返済の義務がないものです。純資産(資本)=資産-負債という式で表され、資産から負債を引くことで純資産の計算ができます。純資産は株主資本と株主資本以外の二つに分けることができます。そして株主資本はさらに資本金、資本剰余金、利益剰余金の三つに分けられます。

〇資本金

株主からの出資のうち会社設立や新規事業を始めるために使った元手

〇資本剰余金

株主からの出資のうち資本金として使わなかったお金であり、資本剰余金は資本準備金とその他資本準備金から成ります。

〇利益剰余金

会社の儲けのうち社内に保留しているお金であり、利益準備金とその他の利益準備金から成ります。

貸借対照表の役割

貸借対照表の勘定科目やその中身について説明してきましたが、そもそも貸借対照表とはどんな役割があるのでしょうか。

株主や取引先などの利害関係者は会社の貸借対照表を見て、その会社が安定した経営をしているのかを判断することができます。例えば、流動資産が極端に少ない会社だとすぐに支払うことができる資産が少なく、安定しているとは言えないでしょう。逆に純資産の割合が大きい会社は安定した経営状況であると言えます。

流動比率

上で説明したように流動負債は一年以内に支払わなければならない負債です。そして流動資産は一年以内に現金化することができる資産です。つまり流動負債を流動資産が上回っていないといけないということになります。

流動比率はこの関係性を数値化したものです。

流動比率=流動資産÷流動負債

流動比率が100%を下回っていれば経営状況は危ないことがわかります。120%を超えている会社は経営状況がかなりいいと言えるでしょう。

建築業向け管理システム『アイピア』

二級建築士

建築業向け管理システム『アイピア』の機能を一部紹介

アイピアは、建築業に特化した管理システムです。
建築業ならではの、階層見積や、原価管理の機能を搭載しています。
下記のように多くの機能がありますが、必要な機能だけをONにする事で簡単な見た目にカスタマイズ可能なため安心して導入して頂けます。

  • 顧客管理機能(BtoB対応)
  • 物件管理機能
  • 営業進捗管理機能
  • 現場管理機能
  • 原価管理機能
  • 見積機能
  • 工程管理機能
  • 労務日報機能
  • 勤怠管理機能
  • 帳票出力
    発注書、顧客向け請求書、見積書、工事台帳など
  • 集計帳票
    完工一覧、請求書発行一覧、キャンセル一覧など50種類以上
  • データ分析機能(グラフ、ダッシュボード、スクリーニング機能)

貸借対照表を使いこなそう

会社の経営や投資をするには貸借対照表の理解は必ず必要です。貸借対照表には今回説明してきた内容に加えてさらに細分化されて項目が存在します。それぞれの項目の意味と役割をしっかりと理解していきましょう。

 

参考記事

おすすめコンテンツ

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP