アイピア

【生産性向上】やる気のない社員は従業員エンゲージメントで変わるのか?

従業員エンゲージメント モチベーション 顧客満足度 生産性向上

働き方革命や働き手不足など様々な要因で、「従業員エンゲージメント」が注目されています。
実際に、従業員エンゲージメントを取り入れて、業績向上・生産性向上・社員満足度アップ・モチベーションアップ・離職率低下など多くの成果が上がっています。

具体的には、従業員エンゲージメントの低い企業と従業員エンゲージメントが高い企業を比べた際に、業績の伸び幅が約3倍になったというデータもありました。

今回は、生産性向上と言う視点で従業員エンゲージメントを見ていきます。
従業員エンゲージメントを学び自社で取り入れてみてください。

従業員エンゲージメントとは

従業員エンゲージメントとは、「企業と従業員の信頼関係」や「自発的な貢献意欲」で使われ、企業の理念・ビジョン・目指すべき目標を共有して、従業員が企業に愛着心を持った状態で、従業員は自発的に行動をすることを言います。
エンゲージメントは従業員以外にも顧客エンゲージメントやワークエンゲージメントなど様々あります。
また、従業員エンゲージメントを向上させると、優秀な人材を集め、離職の防止にもつながります。

従業員エンゲージメントのよくある間違い

顧客満足度との違い

顧客満足度は従業員が、働いいる企業に対して満足をはかるだけであり、顧客満足度を高めても、業績の向上にはつながりません。
逆に顧客満足度を意識して、従業員働きやす従業員が堕落して生産性が落ちたといったケースもあります。

モチベーションとの違い

やる気が出るということなら、モチベーションと同じと考える方もいますが、モチベーションと従業員エンゲージメントは違います。
モチベーションは個人の中から湧き出るもので、会社を辞めて独立をするために頑張るでもモチベーションは上がります。
エンゲージメントは、企業と従業員との関係性を表すもので、従業員エンゲージメントを高めることで、企業と従業員がともに同じ未来を描き企業に愛着心を持ち主体的に行動し、企業に長く所属してもらう事につながります。

従業員エンゲージメントで生産性は上がるのか?

従業員エンゲージメントを高めることで、生産性は上がります。
従業員エンゲージメントの向上は従業員が企業に対して愛着心を強め、自発的に行動をするようになります。
従業員が能動的に業務を取り組むことで、新たな価値を生み出し、商品・サービスの質の向上や顧客満足度の向上が期待できます。
従業員エンゲージメントは直接的に生産性や業績を上げるモノではありませんが、従業員のポテンシャルを高めることができるので、結果として生産性や業績が向上します。

従業員エンゲージメントを成功させる要因

理念・ビジョンの浸透

従業員エンゲージメントでは企業と従業員が同じ方向を向く必要はあります。
同じ方向を向くための指標が理念やビジョンです。
理念やビジョンが浸透することで、従業員は迷うことなく仕事ができます。
また、従業員エンゲージメントが高まるという事は自発的な貢献につながりますので、「何」に対して貢献するのか?や企業として「ダメ」なことを共通認識する必要があります。

ワークライフバランスの推進

従業員が前向きに充実して仕事をするためには、心身が健康である必要があります。
過度なストレスや過度な仕事量があると従業員エンゲージメントは低下していきます。
ですが、従業員を甘やかすという事ではありません。成長の為に多少のストレスや仕事量は必要です。
従業員一人一人をしっかりと見てバランスを見極めていきましょう。

社内コミュニケーション

業務を円滑に行う為には社内コミュニケーションは必須です。
各個人の従業員エンゲージメントが高くても社内コミュニケーションが円滑でなければ、業務は回っていきません。

最近では、オープンなコミュニケーションが言われており、Googleではどんな会議でも希望さえ出せば参加ができます。
オープンなコミュニケーション(情報共有)が会社の透明性につながっていきます。

従業員エンゲージメント成功事例

Googleでは、従業員エンゲージメントを重視しており、様々なことをしています。
今回はその中でGoogleが掲げる「最高の上司」の8つの条件を紹介します。

●専門知識を持った良いコーチである
●チームを勢いづけ、マイクロマネジメントをしない
●部下が健康で過ごし、成果を挙げることに関心を払う
●生産的かつ成果主義である
●チームの良き聞き手であり、コミュニケーションを活発に取る
●部下のキャリア形成を手助けする
●明確なビジョンと戦略を持つ
●チームにアドバイスできる技術的な専門知識を持つ

 出典:Doda「Googleの「最高の上司」がチームの生産性を高めるためにしていること」

まとめ

企業の継続的な成長をするには「人」は最重要項目です。
従業員エンゲージメントを導入して、優秀な人材が集まるようにして優秀な人材が会社を離れないようにしましょう。
また、従業員エンゲージメントは従業員が少人数の時や、新人が入社した際に教育することが浸透しやすく、効果が出やすいでしょう。

おすすめ記事

  1. Wiki 属人化 業務改善 情報共有
PAGE TOP

最新の記事情報やオススメITツール情報をお届けします!
メルマガ登録はこちら