リフォーム施工管理の仕事内容は?向いている人や必要なスキルを紹介

リフォーム施工管理の仕事内容は?向いている人や必要なスキルを紹介

こんなお悩みを持っている方がよく読まれています。

  • 施工管理の方法を知りたいリフォーム会社の方
  • リフォームの施工管理の特長を知りたい方
  • リフォームの施工管理に求めれるスキルを知りたい方

建築現場で不可欠な役割の1つが、施工管理です。この仕事は、建築工事を迅速かつ安全に進めるために重要な役割を果たしています。

しかし、類似した名前の職種である現場管理との違いが明確でない場合もあるでしょう。

この記事では、特にリフォーム工事に焦点を当て、施工管理の特徴や仕事内容、求められるスキルについて詳しく解説していきます。

リフォームの施工管理とは

施工管理とは、建築工事の指揮監督をして工事全体を管理することを意味しています。
工期のスケジュールや予算に関わる重要な仕事です。

施工管理の主な業務は「4大管理」と言われる以下の4つです。

  • 工程管理
  • 品質管理
  • 原価管理
  • 安全管理

また、施工管理と混同しやすい言葉に「現場監督」がありますが、意味は少し異なっています。

現場監督は工事現場の指揮を取ることを主な業務としていますが、施工管理では工事現場だけではなく、書類の作成や役所への届出など工事に関わる全体のことを管理します。

リフォーム工事の施工管理と他の建築プロジェクトとの違いは?

では、リフォーム工事における施工管理は他の施工管理とどのように異なるのでしょうか。
リフォームは他の工事と異なり、住宅や建物の所有者との入念な打ち合わせが必要であったり、床や壁の撤去といった解体工事を含む場合があります。
そのため、リフォームの施工管理では施主とのコミュニケーションを重視し、柔軟な対応が求められます。さらに、様々な工事に対応するための管理も重要です。
さらに、リフォーム工事では利用者が居住している場合が多く、作業中の利用者や周囲の人々への配慮も不可欠です。

  • 施工管理システム

リフォーム施工管理の特徴

リフォーム工事の施工管理では、施主や近隣への配慮が必要であること、臨機応変な対応が求められることなど、他の工事にはない特徴があります。

ここではその中でも3つの特徴について解説していきます。

リフォーム施工管理の特徴①【同じ現場はない】

リフォーム工事は、常に違う現場で行われます。

同じような工事の繰り返しになりがちな他の工事とは異なり、リフォームではさまざまな内容の工事が行われます。
加えて、工事の内容自体は同じでも異なる住宅や建物で行われたりするため、その都度工事計画を入念に練る必要があります。

こうした理由から、施工管理においては豊富な知識を求められることが多いです。

リフォーム施工管理の特徴②【施主や周辺への配慮】

先述の通り、リフォーム工事では住宅に居住者がいたり建物の中に利用者がいる状況の中で作業する場合があります。

そうした際には、そこに住む施主への配慮や、周辺の住宅への配慮が必要とされます。
例えば、居住者の生活スペースの確保や、近隣への迷惑にならないための騒音への配慮などが求められます。

作業が長引くほど、施主の生活への支障も大きくなり、近隣から苦情がくる可能性もあるため、スピーディーな作業が必要です。

そのため、リフォームの施工管理では細やかな工程管理をしなければなりません。

リフォーム施工管理の特徴③【臨機応変な対応が必要】

住宅全体ではなく、一部分の工事を行うことが多いのがリフォーム工事です。
それ故に、予定していた作業計画では工事が進まない、といったトラブルも他の工事より発生しやすいです。

このようなトラブルにも臨機応変に対応し、再度計画を練り直して迅速に作業を再開させる柔軟な対応力が、リフォームの施工管理ではより必要とされます。

施工管理の主な仕事内容

リフォーム工事の特徴をこれまで見てきましたが、ここからは実際にリフォームの施工管理の主な仕事内容についてご説明していきます。
打ち合わせや書類作成など、その仕事内容は多岐にわたっています。以下で確認していきましょう。

仕事内容①【施主との打ち合わせ】

工事を担う側として、施主との打ち合わせに参加します。
リフォームは特に施主との距離が近いため、ここで十分な説明がなされていないと後にトラブルに発展する可能性もあります。

工事に詳しくない方も多いので、分かりやすくしっかりと相手の疑問や不安に答えていく必要があります。

特に予算については、どのような工事を行う予定でそれにどれくらいの費用がかかるのか、きちんと説明し、納得していただけるようにしましょう。

仕事内容②【現地調査】

依頼内容に最適な工事プランが行えるのか、実際に現地調査に赴き確認します。
簡単な工事であれば省かれることもありますが、大抵の工事では行われます。

建物の状態や配線・配管の確認、造作物の寸法の確認、機材や資材の搬入出のルート確認など、チェックする点はいくつかあるため、事前にリストを作成していくのが望ましいです。

仕事内容③【見積作成】

打ち合わせと現地調査の後は、見積書の作成をします。

施主との打ち合わせの際に伺った予算を参考にしながら、作成していきましょう。
追加工事が発生しそうな場合には、事前に施主にも説明しておくことが望ましいです。

見積書はテンプレートを利用したり、管理システムを用いると、簡単に作成することができます。

仕事内容④【工事計画の作成】

見積内容や工事内容の合意がとれたら、次に実際に工事をどのように行うか、計画を練ります。
きちんと施主の希望通りの日程で作業が行えるよう工程表を作成します。

加えて、必要があれば建築申請や工事届出書などの提出も行います。
提出漏れがあっては、作業の遅れに繋がりかねないため、しっかりと確認を取るようにしましょう。

仕事内容⑤【現場での打ち合わせ】

実際に現場で、工事を行う業者との打ち合わせをします。
作成した工程表をもとに作業工程を確認したり、資材や機材の搬入出ルートの確認を綿密に行います。

リフォーム工事ではスピーディーな作業が求められるため、ここでしっかりと打ち合わせをしておく必要があります。

仕事内容⑥【現場管理】

最後に挙げる仕事は現場管理です。
リフォーム工事の現場管理は、細かな工程の管理や近隣住宅などの現場以外の場所への配慮が必要とされます。

騒音や埃に関するクレームが最も多いと言われているため、工事現場の養生をきちんと行ったり、周囲への挨拶をしておくと、後のトラブルの防止に繋がります。

  • 施工管理システム

リフォーム施工管理に求められるスキル

これまでリフォーム工事での施工管理について、特徴や仕事内容についてご説明してきました。

では、実際にリフォーム施工管理をするにあたって、どのようなスキルが担当者には必要とされるのでしょうか。
必要とされるスキルについて、以下で詳しく解説していきます。

求められるスキル①【不測の事態への対応力】

リフォーム工事には、予期せぬ配線や配管が隠されていたり、追加工事が必要になったりと、実際に着工してみないと分からないことがあります。

現場はその都度異なるため、前の現場では可能だったことが今の現場ではできない、といった事態も発生するでしょう。

リフォームの施工管理には、このような不測の事態や急な工事計画の変更に柔軟に対応できる能力が求められます。

求められるスキル②【危機管理能力】

住宅の居住者や建物の利用者がいるなかで工事を行うのが、リフォーム工事の特徴のひとつであると先ほどお伝えしました。
そのため、リフォーム工事ではより慎重な安全管理が求められます。

作業員以外は工事現場に入らないよう管理を徹底したり、機材は他の人が触れられないようにしておく、など作業員や周囲の人びとの安全を確実に確保できる危機管理能力が必要です。

求められるスキル③【コミュニケーション能力】

先述したようにリフォーム施工管理の仕事の中には、施主との打ち合わせも含まれます。

リフォームは施主の希望を汲み取りながら行われるものですので、施主とのやり取りを楽しみながら行えるコミュニケーション能力も求められます。
施主が抱える不安や要望に寄り添い、的確な提案ができる力も必要です。

リフォーム施工管理に向いている人の特徴

リフォームは、新築と異なり、既存の建物を活かして行うため、様々な制約やイレギュラーな状況が発生することも珍しくありません。

臨機応変な対応力と問題解決能力が求められるとともに、施主の要望を正確に理解し、共感しながら提案できるコミュニケーション能力も重要です。

さらに、リフォーム工事は複数の職種が携わるため、それぞれの職種の専門知識を持ち、的確な指示を出せる知識と経験も必要となります。

リフォーム施工管理は、施主の喜びと感謝を実感できる、やりがいのある仕事です。
責任感があり、コミュニケーション能力に自信がある人、建築に関心がある人、問題解決が好きだという人におすすめです。

まとめ

リフォーム工事における施工管理は、施主や近隣への配慮が必要であったり、同じ現場がないために豊富な知識が求められたりするなど、他の工事にはない特徴を持っています。

また仕事内容も、施主との打ち合わせや工事計画の作成、見積書などの書類作成など多岐にわたっており、決して簡単な仕事ではありません。

少しでも効率的な仕事ができるように、施工管理システムやアプリで業務改善を図ってみてはいかがでしょうか。

建築業向けの管理システム「アイピア」

工務店・リフォーム会社が選ぶ「建築業向け管理システム アイピア」社内の情報を一元管理!

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • IT導入補助金を使って「最大80%」まで補助が受けられるチャンス!!今こそお得にアイピアを導入しよう!
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • GoogleDrive x アイピア|GoogleDriveで誰でも簡単対応!「改正 電子帳簿保存法対応ガイド」βユーザー募集中!「詳しい情報はこちら」