施工管理の4大管理とは?DXで業務効率化!

施工管理の4大管理とは?DXで業務効率化

本記事では、建設工事の円滑な進行を支える施工管理の4大管理について、徹底的に解説しています。

具体的な作業内容やおすすめの資格に加えて、施工管理DXによる作業効率化についても詳しく取り上げ、読者の方々がより効果的な施工管理手法を身につけることができるように配慮しています。

時間削減・利益UP・情報共有ができる

IT導入補助金でお得に導入!

業務効率化ならアイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、工事の情報を一括で管理できるため情報共有の手間が削減されます。さらにアイピアはクラウドシステム。外出先からでもデータを確認できます。

施工管理とは?

施工管理は、建設工事の進行を確保しながら、安全や工期、予算、品質を守る重要な役割を果たします。

具体的には、工程計画の策定や人員配置、資材の手配、コスト管理、書類作成、業者との調整など、多岐にわたる業務を担います。安全管理も欠かせず、事故の防止に全力を尽くします。

現場監督や作業員、外部業者など、多くの関係者が関与する中で、安全かつ円滑な工事進行を実現することが施工管理者の責務です。

やりがいのある仕事でありながら、その責任も重大です。建設業界の発展に不可欠な役割を果たしていますので、建設業界に興味がある方や責任ある仕事に挑戦したい方には、おすすめの職種です。

施工管理の4大管理とは?

施工管理の4大管理とは、工程管理、安全管理、品質管理、原価管理のことを指します。
このセクションでは、これらの管理項目について、それぞれの概要や具体例、おすすめの資格などを丁寧に解説しています。

施工4大管理:工程管理とは

工程管理は、建設工事において、計画段階から施工完了まで、一連の作業を効率的に進め、目標の達成を確実に導く重要な役割を担っています。
いわば、工事全体の羅針盤のような存在です。

工程管理の目的

工程管理の主な目的は、以下の3つに集約されます。

  1. 工期:工事を所定の期間内に完了すること
  2. 予算:工事を所定の予算内で完了すること
  3. 品質:工事が所定の品質基準を満たして完了すること

これらの目的を達成するために、工程管理者は綿密な計画策定、進捗管理、調整、問題解決などを行います。

工程管理の主な業務内容

工程管理の具体的な業務内容は、大きく以下の5つに分類されます。

計画策定

  1. 工事全体のスケジュールを策定する工程表の作成
  2. 工事に必要な人員、資材、設備などを評価し、調達計画を策定する
  3. 工事の予算を見積もり、コスト管理計画を策定する

進捗管理

  1. 工程表に基づき、実際の作業の進捗状況を監視する
  2. 遅延が発生した場合は、原因を分析し、適切な対策を講じる
  3. 必要に応じて、工程表を修正する

調整・段取り

  1. 関係者間の調整:工事に関わる施主、設計者、施工業者など、様々な関係者との調整
  2. 外部要因への対応:天候や資材の納期遅延、行政手続きなど、外部要因による影響への対応

問題解決

  1. 予期せぬ問題が発生した際には、迅速かつ効果的に解決する
  2. リスク管理を行い、問題が発生する前に予防します

文書管理

  1. 工程表、進捗状況報告書、会議議事録など、工程管理に関わる全ての文書を作成・管理

工程管理に必要なスキル

工程管理には、建設プロジェクトを円滑に進めるために幅広い知識とスキルが必要です。
まず、建築、土木、設備などの専門知識と、建築基準法や消防法、労働安全衛生法などの法令知識が重要です。
工事請負契約書などの契約書を理解し、適切に対応する能力も求められます。
また、工程計画の作成、進捗管理、問題対応などを含む管理能力、関係者との円滑なコミュニケーション能力、現場監督としてのリーダーシップが必要です。
予期せぬトラブルに対処する問題解決能力も求められます。
さらに、施工管理ソフトやCADソフトなどのコンピュータスキル、工程表や報告書の作成能力も重要です。施工管理技士や一級建築士などの資格があると有利で、海外プロジェクトには英語力や異文化理解能力も必要です。

施工4大管理:安全管理

施工管理における安全管理は、建設現場における労働災害の防止と、安全な作業環境の維持を目的とした重要な役割です。
労働災害は、作業員の健康被害や命に関わる重大な事故につながるだけでなく、工期遅延やコスト増加などのプロジェクト全体への悪影響も招きえます。

安全管理の目的

安全管理の主な目的は、以下の3つに集約されます。

  1. 労働災害の防止:作業員の健康被害や命に関わる重大な事故を未然に防ぐ
  2. 安全な作業環境の維持:作業員が安心して働ける安全な作業環境を維持する
  3. 法令遵守:労働安全衛生法などの法令を遵守し、安全な施工を行う

安全管理の主な業務内容

安全管理の具体的な業務内容は、大きく以下の5つに分類されます。

安全計画の作成

  1. 工事全体の安全計画を作成
  2. 現場の状況や作業内容を踏まえ、必要な安全対策を検討
  3. 安全目標を設定

安全教育の実施

  1. 作業員に対して、安全に関する教育を実施
  2. 作業内容に応じた安全知識や技能を習得させる
  3. 定期的な安全教育を実施

安全パトロールの実施

  1. 定期的に現場を巡回し、安全状況をチェック
  2. 危険箇所や安全設備の不備などを発見したら、速やかに対応

事故・災害の調査

  1. 万が一事故・災害が発生した場合、原因調査を実施
  2. 再発防止策を検討

文書管理

  1. 安全計画、安全教育実施記録、安全パトロール記録、事故・災害調査報告書など、安全管理に関わる全ての文書を作成・管理

安全管理に必要なスキル

施工管理における安全管理は、労働災害を防ぎ、安全な現場を実現するために重要です。
必要なスキルには、法令知識、リスクアセスメント、安全設備、ヒヤリハット事例に関する知識などの安全知識があります。
また、安全管理計画の作成・実行・管理、現場巡視、安全パトロール、安全教育、事故対応、関係者とのコミュニケーションなどの安全管理スキルも求められます。
さらに、コミュニケーション能力、問題解決能力、リーダーシップ、資料作成能力、コンピュータスキルなども重要です。

厚生労働省 労働安全衛生総合ポータルサイト
  • 施工管理システム

施工4大管理:品質管理

施工管理における品質管理は、設計図書に基づいて、所定の品質基準を満たした工事を完成させるための重要な役割です。
高品質な工事を完成させることで、建物の安全性、耐久性、機能性、美観性を向上させ、施主の満足度を高めることができます。

品質管理の目的

品質管理の主な目的は、以下の3つに集約されます。

  1. 設計図書の遵守:設計図書に定められた仕様通りに工事を進める
  2. 品質基準の達成:所定の品質基準を満たした工事を完成させる
  3. 施主満足度の向上:高品質な工事を完成させることで、施主の満足度を高める

品質管理の主な業務内容

品質管理の具体的な業務内容は、大きく以下の5つに分類されます。

品質計画の作成

  1. プロジェクト全体の品質計画を作成
  2. 使用する材料、施工方法、検査方法などを定める
  3. 品質目標を設定

品質検査の実施

  1. 材料、施工、完成品などを検査し、品質基準を満たしているかどうかを確認
  2. 不具合を発見したら、原因調査を行い、是正措置を講じる

品質記録の作成・管理

  1. 検査結果、是正措置内容などを記録し、管理
  2. 後々のトラブル発生時に備える

品質改善活動の実施

  1. 過去の品質問題を分析し、再発防止策を検討
  2. 品質向上のための改善活動を実施

文書管理

  1. 品質計画、検査結果、是正措置内容、品質改善活動記録など、品質管理に関わる全ての文書を作成・管理

品質管理に必要なスキル

施工管理における品質管理は、設計図書通りに工事を進め、所定の品質を確保するために重要です。必要なスキルは以下の3つです。
まず、品質に関する知識が必要です。これには、品質管理に関する法令・規範(建築基準法、消防法、JIS規格など)、施工に関する専門知識、材料・部材、施工方法、検査・試験方法の知識が含まれます。
次に、品質管理のスキルが求められます。これには、品質管理計画の作成・管理、施工中の検査・試験の実施と評価、不具合の原因究明と対策、関係者とのコミュニケーションが含まれます。
また、コミュニケーション能力、問題解決能力、資料作成能力、コンピュータスキルなども重要です。

施工4大管理:原価管理

施工管理における原価管理は、予算内で工事を完成させるための重要な役割です。
工事の原価には、材料費、労務費、経費などが含まれ、これらの原価を適切に管理することで、無駄なコストを削減し、利益を確保することができます。

品質管理の目的

原価管理の主な目的は、以下の3つに集約されます。

  1. 予算の遵守:予算内に工事を完成させる
  2. コスト削減:無駄なコストを削減し、利益を確保する
  3. 経営体質の強化:原価管理を通じて、経営体質を強化する

原価管理の主な業務内容

原価管理の具体的な業務内容は、大きく以下の5つに分類されます。

原価計画の作成

  1. プロジェクト全体の原価計画を作成
  2. 外注費、材料費、労務費、経費などを算定し、予算を設定

原価実績の把握

  1. 実際の原価実績を把握し、予算との比較を行う
  2. 予算超過が発生している場合は、原因を分析し、対策を講じる

コスト削減策の検討

  1. 材料費、労務費、経費などを分析し、コスト削減策を検討
  2. 資材の共同調達、施工方法の改善、省力化設備の導入など

コスト管理ツールの活用

  1. 原価管理専用のソフトウェアなどを活用し、効率的な原価管理を行う

文書管理

  1. 原価計画、原価実績、コスト削減策など、原価管理に関わる全ての文書を作成・管理

原価管理に必要なスキル

施工管理における原価管理は、予算内で工事を完成させるために資材費、人件費、重機費などを管理する重要な役割です。必要なスキルは以下の3つに分類されます。
まず、原価に関する知識が必要です。これには原価計算、コスト管理、工事請負契約書、会計法や税法の知識が含まれます。
次に、原価管理のスキルです。原価計画の作成・管理、コスト分析・評価、コスト削減対策、関係者とのコミュニケーション、原価管理システムの運用が求められます。
さらに、コミュニケーション能力、問題解決能力、資料作成能力、コンピュータスキルも重要です。

施工管理におすすめの資格

本記事で述べたように、施工管理の業務内容は幅広く、豊富な知識が求められます。
そこで、これらの知識を証明したり学ぶためにおすすめの資格を紹介します。

建築施工管理技士

建築施工管理技士とは、「施工管理技術検定」として毎年実施される試験に合格した者を指します。
この資格には、1級と2級の2つのレベルがあり、建築施工管理職へのスキルアップや転職を検討している方にとって必須の資格といえます。

1級建築施工管理技士は、管理できる工事の規模に制限がなく、大規模な工事に携わることができます。
一方、2級建築施工管理技士は、主に中小規模の工事を担当することが一般的です。
そのため、1級を取得すると、さまざまな分野で活躍する機会が広がります。

建築業界では施工管理者の不足が深刻な課題となっており、この資格を有する人材は貴重です。そのため、需要も非常に高い状況にあります。

  • 施工管理システム

施工管理DXで業務効率化

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、生活や仕事のあり方をデジタル化する過程を指します。
新たな技術の登場によって、これまでのやり方が変わっていく中で、その使い方や適用が課題となります。
大手ゼネコンなども積極的にDX化に取り組んでおり、中小企業もこれに見据えて取り組むことが推奨されます。

建築業界においても、DXが進展し始めており、新たな市場やアイデアが生まれつつあります。
IT技術を活用し、製品やサービスの品質向上や業務の効率化を実現することが求められます。

しかし、2025年の「IT人材の崖」と呼ばれる課題も浮上しています。
この問題を解決するためには、企業がIT人材の確保と古い基幹システムのDX化に取り組むことが重要です。
これによって、経済損失を抑えることができ、建築業界の未来につながります。

【厳選】施工4大管理におおすめ施工管理システム3選

効率的な施工管理を行うためのおすすめの施工管理システムをご紹介します。
重視するポイントは、建設業務をクラウド上で一元管理できることです。操作性やサポート体制、費用感なども考慮しています。

施工管理システム アイピア

『施工管理システム アイピア』は、建築業に関わる業務を一元管理するためのシステムです。
顧客管理や案件進捗管理、見積管理、原価管理、発注管理、請求管理など、さまざまな機能が備わっています。
工事に関する情報を統合管理することで、必要な情報を素早く検索・確認でき、作業時間の短縮につながります。
このシステムはデータ管理に注目されがちですが、工程表の作成・管理も誰でも簡単に行えます。

特徴

  • 全体工程表は絞り込み機能が充実!見たい工程をすぐに確認
  • スケジュールがずれた場合に一括でバーの移動ができる
  • 工程表のテンプレートを準備し、取り込むことができる
  • 2週間、1ヵ月、3ヵ月の印刷期間の変更ができる
  • 業者さんごとに絞込みができ、空き状態の確認ができる
  • PDFまたはエクセル形式でのダウンロードが可能
環境クラウド型
価格初期費用120,000円~ / 月額利用料10,000円~
試用版あり
サポート体制 メールサポート、電話サポート、リモートサポートに対応。
また、リモート研修は何度でも無料。
カスタマイズ制オリジナル帳票の作成が可能です。

ANDPAD(アンドパッド)

アンドパッドは、建築工事などの施工管理が行えるアプリです。工程表の作成や共有だけでなく職人さんや施主様と一緒に使えるチャットツールが特徴的です。
また、アンドパッドには写真や資料を保存できるドライブ機能が搭載されておりアプリから手軽に管理ができます。

特徴

  • 自動でお知らせ通知機能
  • 写真・図面管理機能
  • チャット機能
  • 業務報告機能

環境クラウド型
価格要お問合せ
試用版要お問合せ
サポート体制 カスタマーサクセス、カスタマーサポート(メールサポート、電話サポート)
カスタマイズ制 要問合せ

原価管理システム どっと原価3

「どっと原価3」は、見積もり積算機能だけでなく、原価管理機能にも特化しており、原価を詳細に分析したい方に最適です。
調査結果では、従来の作業時間を80%削減し、業務ステップ数を70%削減できることが示され、生産性を向上させることができます。
※株式会社建設ドットウェブ調べ

特徴

  • オプション選択式で企業ごとに最適な構成ができます。
  • 外部ソフトと連携が可能です。
  • 6階層までに対応した見積書作成が可能です
  • エクセルデータなどを読込み見積書を作成できます。
環境クラウド型
価格要お問合せ
試用版要お問合せ
サポート体制 カスタマーサクセス、カスタマーサポート(メールサポート、電話サポート)
カスタマイズ制 要問合せ

まとめ

本記事では、施工管理の4大管理である工程管理、安全管理、品質管理、原価管理について大まかに解説しました。
それぞれの管理項目は専門性が高く、十分な学習や実務経験が求められます。
また、これらの業務を効率的に行うには、ITツールの活用が欠かせません。それらの中でも、クラウドベースの施工管理システムが特に注目されています。

建築業向けの管理システム「アイピア」

アイピアは建築業に特化したクラウドの一元管理システムです。
外出先でもスマートフォンやタブレットなどで操作が可能で場所を選びません。

  • アイピアの機能

    顧客管理、見積機能、
    原価管理、工程表、出面管理、
    現場写真管理、経営分析など

    アイピアの機能
  • アイピアのミッション

    1. 利益の最大化
    2. 人材の獲得と育成
    3. 事業の持続可能性
  • 導入を検討している
    皆様へのメッセージ

    入を検討している皆様へのメッセージ

    現代の建設業は様々な課題があり、多くの企業が困難に直面しています。アイピアは、システムを通じて、建設業の課題解決に役立つサービスを提供しています。

    利益向上や業務のマニュアル化による教育の負担軽減、正確な経営情報の提供など、課題解決に必要な機能を継続的にリリースしています。
    また、導入後のサポートにも重点を置き、システムを最大限に活用していただけるよう丁寧に対応いたします。

  • 今後のチャレンジ

    アイピアは採用に関する課題を解決する仕組みを検討しています。システムを活用し、若者が魅力を感じる環境の整備や採用プロセスの効率化を実現できるサービスの提供を目指します。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • IT導入補助金を使って「最大80%」まで補助が受けられるチャンス!!今こそお得にアイピアを導入しよう!
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • GoogleDrive x アイピア|GoogleDriveで誰でも簡単対応!「改正 電子帳簿保存法対応ガイド」βユーザー募集中!「詳しい情報はこちら」