リフォームの挨拶でリフォーム会社が出来る施主への気遣いとは?

リフォームの挨拶でリフォーム会社が出来る施主への気遣いとは?

リフォーム工事は一部で「クレーム産業」と揶揄されてしまうことがあります。
人と人とのやり取りのうえに生まれるのがリフォームなので、コミュニケーション上のトラブル等さまざまな場面に要因は生まれうるでしょう。
そういった場面は施主だけとは限りません。近隣にお住まいの方々にご迷惑をおかけする可能性もあります。

今回は、そんな場面でクレームを起こさないように近隣挨拶でリフォーム業者ができることをまとめます。

近隣挨拶が必要な理由


数日で終わる簡易的な工事ならまだしも、長期にわたるような施工であったり大きな音が出る場合には近隣挨拶は必須です。

以下では、近隣挨拶が必要な理由を紹介します。

近隣トラブルを避ける

リフォーム工事は、施主にとってより良い生活を送るための一助となるはずです。
にも関わらず、リフォーム工事によって近隣住民からの印象が悪くなり、住みづらくなってしまうこともあります。

騒音や振動、塗料の香りなどが長期間続くと、生活を送るうえで様々な不都合が生じます。
特に音や匂いに敏感な方やアレルギー症状のある方は、頭痛や吐き気などの健康被害につながってしまう場合があります。
また、会議や授業などに自宅からオンラインで参加する場合や自宅で子育てや介護をしている場合など、リフォーム工事によって迷惑を被るケースは多くあります。

工事について事前に周知しておくと、騒音や匂いの原因もわかり、工事の時間帯は自宅外に出ておくなど対処できる場合もあります。
トラブルに発展しないよう、リフォーム工事を始める前には近隣への挨拶を怠らないようにしましょう。

トラブルの具体例

近隣トラブルの具体例として、以下のような事例が考えられます。

  • ホコリがひどく、洗濯物や布団が干せない
  • 工事車両が邪魔で、車の出し入れができない
  • エレベーターが使えない
  • 共用スペースに工事用具や資材があり、通行の邪魔になる
  • 塗料の匂いの子どもへの影響が心配だった

自社の宣伝になる可能性

リフォームの成功事例は、施主を介して近隣住民に伝わります。

営業担当はご挨拶を兼ねて自社紹介を行うこともあるかと思います。

そういったときに近隣住民の印象がよかったり施主から施工結果の良い評判が伝わっていれば、リフォームを検討している近隣住民が他社調査をする前に問い合わせをくれるというケースも多々あります。

  • 施工管理システム

挨拶のタイミング

リフォーム工事を行う際に近隣への挨拶が必要な理由について確認しました。
では、どのタイミングで挨拶をするのが適切なのでしょうか。

近隣への挨拶は、着工1週間前まで済ませるのが良いとされています。
しかし、挨拶に行った日に不在にしている方もいるはずです。
再訪しなければならない可能性も考えて計画するようにしましょう。

また、挨拶にいく曜日や時間としては、土日のお昼過ぎがおすすめです。
平日の場合は、夕方以降に訪問すると良いでしょう。

不在の際には、手紙の投函をして次回いつ伺うのかを伝えておくようにしましょう。

投函する手紙の内容


不在時に投函する手紙には、以下の内容を含めると分かりやすく伝わります。

  • リフォームする期間
  • リフォームする時間帯や曜日
  • リフォームの内容
  • 不明点やクレームがあった場合の緊急連絡先

リフォームする期間の中でも、特別騒音が出る日などがあれば特筆しておくと良いでしょう。

挨拶をする近隣の範囲に注意


戸建て、マンションなどリフォームする建物種類によっては、どの程度の近隣まで挨拶に行くのかが異なるケースがあります。

施主に頭を悩ませてしまわないよう、どの程度まで行くべきかをアドバイスできるようにしましょう。
施主からの信頼感はより厚くなるはずです。

戸建ての場合

戸建て住宅の場合は、最低でも前後左右の4軒と斜め向かいの4軒は抑えておきましょう。

施主の物件からは見えなくとも、工事していると向こうからはよく見える、というケースがあるので注意が必要です。

マンションの場合

マンションの場合、両隣・上下階の住民はもちろんのことエレベーターや階段前の住民にも挨拶しておくとベターです。

施工の際には搬入・搬出で頻繁に通ることになるので気を使っておいて損はありません。

  • 施工管理システム

挨拶まわりの注意点

リフォーム工事を行う際の挨拶のタイミングや範囲について、詳しく確認してきました。
以下では、挨拶まわりを行う際の注意点を紹介します。

挨拶のタイミングは施主と相談


リフォームの挨拶を行う際は施主と相談して、「施主がいつ挨拶を行うか」を確認しておきましょう。

リフォーム会社だけで挨拶を済ませるケースもありますが、その事自体がトラブルになってしまう可能性があります。
リフォーム会社は施主の挨拶に同行するか、できれば先に施主に挨拶を済ませておいてもらうのが無難です。

それを踏まえて、どのタイミングで近隣挨拶を行うかを施主と相談しておきましょう。

手土産は必要?

リフォームは「施主のもの」として、できるだけ施主に「自分で決めた」と思ってもらえると好印象です。

もし施主が手土産を持っていきたいと考えているようなら、近隣住民1世帯あたり1000円前後のものをおすすめします。

菓子折り、タオル、洗剤など日常消耗品が無難です。
リフォーム会社によってはこの予算を施工原価に含ませて、施主の要望に合わせて用意するケースもあります。

リフォーム会社の顧客管理なら『建築業向け管理システム アイピア』

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。 さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。


まとめ

近隣挨拶は施主に任せきりというリフォーム会社も多く存在します。
しかし、この点について施主と相談できれば「気の利くリフォーム会社」と思ってもらえます。
良い印象を残すことができれば、近隣住民からの問い合わせにつながったり、施主から再び依頼をいただくことになったりするかもしれません。

ただし、こういったマナーには正解がありません。
リフォーム内容と同様、挨拶に関しても、施主の意向を第一に考えることが重要です。
過去事例に囚われず施主としっかり相談し、施主がどうしたいかを汲みながらアドバイスできるようになりましょう。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ