マネジメント

ITコーディネータとは?資格の概要・難易度や試験対策を解説

ITコーディネータとは?資格の概要・難易度や試験対策を解説

今回は、「ITコーディネータ」という資格を紹介します。ITを駆使した業務改善やコンサルティングを行いたい方にぴったりの資格です。

◆あなたへのおすすめ◆

【2018年版】マーケティング担当者の必須資格一覧13選
マーケティング検定とは?難易度と対策は?
【2018年版】業務改善に役立つツール9選と目的に沿った選び方ポイント
属人化の原因を徹底分析!標準化と使い分けて、業務効率を数倍高める方法

ITコーディネータとは?

ITコーディネータとは、通商産業省(現:経済産業省)が2001年に国家プロジェクトの一環として設けられた資格制度です。「経営に役立つIT利活用」が行える人材育成を目的としており、経営者へのITコンサルティングを通じて、IT経営の実現を支援することが出来ます。

現在ではおよそ6500名の資格保有者がおり、製造業・小売業・サービス業をはじめ自治体・病院・学校など業種を問わない幅広いジャンプで多くの実績を上げています。

経済産業省を実施していた施策「攻めのIT経営中小企業百選」でも、ITコーディネータによる助言を受けた多くの企業が選定されています。残念ながらこの施策は昨年2017年で終了してしまいましたが、コスト削減などの「守り」だけでなく製品・サービス開発強化などの「攻め」のIT活用にも貢献してきたといえるでしょう。

どんな方が受験するのにおすすめ?

ITを活用したコンサルティング業を行いたい方

ITコーディネータの試験を通じて、IT経営に関わる様々な役割(企業経営者など)の活動やその支援方法を学ぶことが出来ます。また、ITコーディネータとして登録されれば、運営事務局から経営戦略相談の斡旋を受けることが可能になります。ホームページでは一般ユーザーからの問合せも受け付けています。

コンサルティング業務そのものは資格がなくても実施できるものですが、ITコーディネータがあることでより一層業務の幅や量を増やせることは間違いありません。

試験概要

ITコーディネータに合格するには、筆記試験と6日間にわたるケース研修を修了する必要があります。ケース研修の受講には216,000円という高額な費用が必要です。研修は受講さえすれば良いものですが金額を考えてもあまり気軽なものではありません。

筆記試験

受験資格  制限なし
問題形式  多肢選択式・CBT試験
問題数  100問 :必須60問+選択40問(経営系or情報系)
試験時間  120分
受験料金  19,440円(税込)
試験時の携帯品  本人確認書類・Web予約確認書
合格通知  試験当日に受験結果発表

ケース研修(筆記試験合格後)

費用  216,000円(税込)
開催場所  北海道、宮城、栃木、東京、富山、石川、愛知、

京都、大阪、兵庫、広島、香川、熊本

研修概要
  • 講義
  • グループ討議、ロールプレイを通じた疑似体験
  • IT経営推進プロセスガイドラインの基本の理解
  • グループワークを通じ、ファシリテーション能力を向上をはかる
  • 受講期間中、インストラクターによる今後のアドバイスを行う
カリキュラム  週末(土日)または平日(月火または水木)で6日間

試験の難易度

筆記試験の出題範囲はかなり広く、さながら中小企業診断士のIT特化版といったような印象です。それだけに覚えることや理解すべき内容はかなり多いのですが、出題元は以下の2冊からと明確で、対策を立てやすくなっています。受験資格もとくに設けられていないこともあり、どんな方でもしっかりと時間をかければ問題なく合格できる試験です。

ITコーディネータとは?資格の概要・難易度や試験対策を解説

試験概要やケース研修の内容紹介をしてくれる無料ガイダンスが全国で実施されているので、受験前に一度話を聞いておくとイメージがしやすいでしょう。

参考:

 ITコーディネータ:役立つ試験対策情報/資格紹介セミナー

受験方法

受験の際はまずITコーディネータのポータルサイト「ITC+(アイティーシープラス)」に登録し、そこから受験者登録を行います。以後ITC+から教材の購入なども行えます。

受験はCBT方式で行われます。

参考:

 CBTとは?コンピューターで資格試験をより気軽なものにしよう

まとめ

コンサルティング業務は、知識と経験さえあれば資格がなくても行うことができます。ですが、ITコーディネータのように明確にコンサルティングスキルを明示できる資格を保有していることが仕事の幅を広げることは明白です。費用も高く気軽にチャレンジできるものではありませんが、ぜひ挑戦していただきたい資格です。

参考記事

【2018年版】マーケティング担当者の必須資格一覧13選
マーケティング検定とは?難易度と対策は?
【2018年版】業務改善に役立つツール9選と目的に沿った選び方ポイント

属人化の原因を徹底分析!標準化と使い分けて、業務効率を数倍高める方法

関連記事

  1. 【経営者必見!】利益を生み出す財務指標! 【経営者必見!】利益を生み出す財務指標!
  2. 脱Excel!わかりやすいマニュアル作成のポイントとツール 脱Excel!わかりやすいマニュアル作成のポイントとツール
  3. SFA導入を失敗したくない。成功している企業がやっている3つのコト SFA導入を失敗したくない。成功している企業がやっている3つのコ…
  4. ECRSで業務改善!AippearNetの活用事例をご紹介! ECRSで業務改善!AippearNetの活用事例をご紹介!
  5. 「エンゲージメント」とは?上得意客を作るためのSNS活用法!
  6. 管理会計とは?経営者が知っておくべき会計の基礎知識 管理会計とは?経営者が知っておくべき会計の基礎知識
  7. 組織マネジメントとは?押さえておきたい組織の7S 組織マネジメントとは?押さえておきたい組織の7S
  8. SFA(営業支援システム)39選徹底比較!価格・基本機能の早見表付き SFA(営業支援システム)39選徹底比較!価格・基本機能の早見表…

ピックアップ記事

  1. IT 業務管理
  2. IT 業務管理
  3. ホームページを作成しただけでは、問合せは発生しない
PAGE TOP