アイピア

人材 マネジメントとは?メリットとポイントを解説!!

人材マネジメントとは

人材マネジメントとは、企業のビジョンを達成するために、人事施策からアプローチする企業作りに欠かせない重要な戦略です。
人材マネジメントは、従業員一人ひとりの能力を最大限に発揮するにはどのようなことが必要なのかを検討し、実施する作業になるため、一般的に、企業規模と人材マネジメントの実施負担は比例すると言われています。

具体的な項目としては下記が上げられます。

①人材採用
自社の経営戦略から、自社が求めている人材を明確に採用する必要があります。
新卒採用と中途採用に分け、それぞれにあった採用戦略を立てることが重要です。

②人事評価
社員の能力や成果が正しく評価し、モチベーションを維持・向上させる必要があります。
どのような評価基準なのかを明確化しておくことで、自社が求める人材を社員と共有します。
その結果、自社が必要とする人材へと成長を促すことができます。

③人材育成
どのように社員に成長して欲しいのかイメージし、社員のスキルアップのための育成計画を考え進めていきます。
実践的な訓練以外にも、社内外の研修会、セミナー、資格取得の補助などを通して、社員の成長を図ります。

③人材配置・異動
社員一人ひとりの能力や適正を把握し、もっとも能力を発揮できる人員配置をします。
配置場所が異なるだけで、成果が大きく変わる社員も存在するため、しっかりと適正を判断する必要があります。
また、現状は能力を発揮できない配置だとしても、経営戦略的な配置も考慮する必要があります。

④昇進・昇格・報酬設定
人事の評価から、働き方や、能力、役割に応じて正しい額の設定が必要です。
社員のモチベーションとしては深く関係するため、対象者とコミュニケーションを取りします。

これら、一つ一つは、人事業務とほぼ同じですが、人材マネジメントでは、一項目ずつ見るのではく、一体的に扱うことになります。
企業のビジョンを達成するために、これらの項目の中身を考え、実施します。

また、従業員は企業にとって財産(人財)として扱います。
従業員のパフォーマンス力の向上は、生産性向上に繋がり、企業の成長につながります。
そのため、人(従業員)に対して、様々な投資をしていき大切にしていく必要があります。
例えば、社員旅行、資格手当て、研修・セミナーなどもその対策のひとつです。

人材マネジメントを行うメリット

・ビジョン達成に向けた、企業・従業員の成長
・従業員全体の能力の底上げができる
・企業の意思決定時の選択肢の増加
・企業と従業員の信頼関係の向上
・離職率の低下
・従業員一人ひとりの士気を高め、能力を向上させる
・自立型の従業員の育成ができる

中小企業では、教育体制が管理者の一存になってしまっており、企業のビジョンに合わせた教育がされていないケースがあります。
また、直接指導する先輩には、育成方針が伝わっていないということはありませんか?
企業全体で、どのような考えで取り組みを実施するのか明確にしておいた方が良いでしょう。

人材マネジメントのポイント

企業のビジョン・組織戦略との一貫性を持たせる

人材マネジメントの対策の戦略を考える際に、軸を明確にし、それに沿って戦略を考えるのがポイントになります。
ここでいう軸とは、企業のビジョンや目標になります。
ここが一つ一つの項目でずれていると、本当の目的や目標がわからなくなってしまいます。
逆に一貫性があることで、従業員の視点からでも、なんのために、この戦略があり、どのような行動をすれば良いが明確になるので、目標達成の精度が高まります。
また、新規プロジェクトの立ちあげ時や、様々なビジネスシーンでも、軸(ビジョン)との一貫性を持つことは、非常に重要になってきます。(理由は上記と同じです)

自立した成長を促す

従業員に企業のビジョンを正しく伝え、理解をしてもらいます。
理解した上で、企業全体の目標を達成するために具体的にどのような施策が必要なのか、自ら考え、また、個人の目標も自分で設定する仕組みにします。
そうすることで、社員一人ひとりが自立した人材へと成長し、能力を最大限に引き出すことができます。

情報を公開し、共有する

企業の情報を公開するとこで、従業員一人ひとりが、現状を正しく把握し、目標を達成するために何が必要なのかを考えることができます。
公開タイミングとしては、出来る限り、リアルタイムが良いです。
成果や結果がすぐに分かることで、軌道修正が必要なことがすぐに分かるため、思考をする機会を多くつくることができます。
また、成果がすぐ分かるので、モチベーションアップにつながります。
但し、成果が芳しくない場合は、フォローも必要になってくるため、ただ共有すれば良いというわけではありません。
共有した情報をもとに考え、行動しなければ意味がありません。

人材マネジメントに活用される「HR Tech」とは?

「HR Tech」とは「Human Resource」と「Technology」を組み合わせた言葉。
HR(人事)×テクノロジーの略

冒頭で紹介した人材マネジメントの要素において、最新のテクノロジーを駆使して、業務の効率化、目標達成の精度をアップあせます。
最新のテクノロジーとは、クラウドサービス、ビックデータの解析、人口知能など。
具体的には、採用管理システム、人事管理システム、労務管理システム、目標管理システムをさします。

『人材マネジメントの要素』
①人材採用
②人事評価
③人材育成
④能力開発
⑤人材配置・異動
⑥昇進・昇格・報酬設定

HR Techのメリット

①業務の効率化
②情報の一元管理
③品質向上(評価制度の精度向上)
④リアルタイムでの情報共有

HR Techのデメリット

①導入コストがかかる
②浸透させるのに工数がかかる

基幹システム アイピアで人材マネジメント活用

① 【メンタルケア】日報・メンタル管理機能で、部下のメンタルケアが可能です。
② 【人材育成】タスクに価値を設定することで、定量評価の測定が可能です。
③ 【目標管理】目標の達成状況をリアルタイムに把握し、適切なアドバイス・意思決定が可能です。
④ 【課題発見】商談履歴・お客様対応・見積情報などあらゆるデータを一元管理し把握することで、課題を発見します。
⑤ 【生産性向上】見積作成の手間を削減、情報検索時間の削減、資料作成時間の削減などが期待できます。

現状、様々なデータが散乱しており、有効活用できていない。
管理がちゃんとできているか不安な方は、基幹システム(ERP)の導入をお勧めします。
※詳しくはページ下のバナーよりご確認ください。

まとめ

人材マネジメントについて、ご紹介しましたが、従業員を雇っている企業は、少なからず考えている内容かと思います。
事業継続に必ず必要な人に対して、最大限の効果を発揮できる仕組みになっていなえれば、とても勿体ないことです。
もし、なんとなくで進めてしまっていた場合は、人材マネジメントを学び、是非活用してください。
また、企業が成長し、従業員が増えてきた場合は、「HR Tech」などを活用し、効率的な運用をお勧めします。

おすすめ記事

  1. 目標管理 マネジメント モチベーション向上 業務改善